20代 転職
最終更新日

20代で転職したい人必見!成功のコツやおすすめの職種を解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年6月7日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「20代で転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。一般的に20代は若手として位置づけられており、ポテンシャルがあると判断されがちです。そのため、現時点で実力が伴っていなくても、のびしろを見て評価してくれる企業も多く、比較的転職しやすい年代だといわれています。

しかし、いざ転職活動を行おうとしても、情報がいまひとつつかめず不安に感じてしまう人もいるでしょう。そこで本記事では、20代の転職について徹底的に解説します。

おすすめの職種や20代が転職を成功させるコツについてもご紹介するので、20代で転職を考えている人はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

20代の転職はコロナ禍でどう変化した?

まず、コロナ禍において20代の転職はどのように変化したのか確認していきましょう。今後転職活動を進めるうえで、ヒントになるかもしれません。

コロナ禍2年目の20代転職者はやや増加

“上りグラフ“出典:Pixabay

dodaの「年代別転職のポイントも解説!コロナでどう変わった? 転職成功者の平均年齢調査【最新版】」によると、以下のことがわかりました。

転職成功者の年代別の割合を2020年と2021年で比較してみると、25~29歳の転職成功者が微増しています。前年の2020年と比べて1.7ポイントアップしました。

コロナ禍がはじまった2020年当初は第二新卒の採用を控えていた企業が、翌年には採用をスタートしたことがおもな理由として考えられます。

今後ますます第二新卒・若手向けの採用強化が進み、20代の転職が有利になることが期待できるでしょう。

営業から転職成功した20代が多い傾向

職種別にチェックしていくと、営業系・販売/サービス・事務系から転職した20代の割合が多いという結果になりました。

特に、営業系の仕事はコロナの影響で新しい形態にシフトしています。例えば、ネットショッピングが多様化しているため、ITと営業をかけ合わせた仕事の需要が高くなっているのです。

コロナ禍特有の背景から営業系の求人が増え、よりやりがいがもてる仕事へ転職する人も少なくありません。

さらに営業系の仕事はポテンシャル採用されやすい職種です。

未経験者の応募を歓迎している企業も多く、20代が転職しやすいことにも頷けます。

※出典:doda『【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ)』 2022.6.7

20代が転職を考えるおもな要因とは?

そもそも、まだ入社間もない20代が転職を考えるおもな要因とは、なにが挙げられるのでしょうか。それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

職場の人間関係

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

20代が転職を考えるおもな要因のひとつに、職場の人間関係が挙げられます。週に5日・1日に8時間以上顔を合わせなくてはならないため、職場の人間関係が良好でないと仕事にいくモチベーションを保てないでしょう。

直属の上司や教育係の先輩との相性が悪いと、仕事を上手に覚えることができません。仕事を覚えられないとミスが多発してしまい、自己肯定感が下がってしまいます。

また、同世代の社員がいない会社では、そもそも雑談する人がいないという事態にも陥りがちです。

仕事を円滑に進めるには、人間関係の良しあしが非常に大きく関係しますよ。

労働時間をはじめとした労働条件

労働条件が劣悪な環境であれば、20代のうちに転職したいと考えるのは当たり前のことです。例えば、残業時間が多い・休日出勤を課されるといったいわゆるブラック企業があてはまります。

労働時間が長ければ長いほど、プライベートの時間を確保することが難しくなります。それどころか、人間に必要な睡眠や食事も疎かになり、体調を崩してしまう人もいるでしょう。

昨今の働き方により残業時間は厳しく管理されるようになりつつありますが、未だに過酷な残業を強いる企業も少なくありません。

体調悪化で手遅れになる前に、転職を視野にいれてみてください。

給料の低さ

お金で悩む人出典:Unsplash

給料の低さが原因で、転職を考える人もいます。一般的に20代は中堅社員と比べて給料が低く設定されていますが、あまりにも生活に余裕がもてない場合は要注意です。

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、20代男性の年収中央値は229~266万円・20代女性の年収中央値は224~249万円という結果になりました。

月収に換算すると19〜22万円です。地方や実家暮らしなら問題ないかもしれませんが、都内で一人暮らしともなると、生活にゆとりを持てないと感じる人も多いでしょう。

20代の若手であっても、社員に給料として還元してくれる企業は多数あります。

今の会社で収入アップが見込めないなら、転職を考えてみてもよさそうです。

※出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」 2022.6.7

将来の不安

将来に不安を抱えて、転職を視野にいれる人も少なくありません。20代の社員は会社に染まりきっていないため、「この会社にいても大丈夫かな?」と客観的に考えられます。

例えば、経営状況が赤字続きであったり、パワハラやセクハラが横行していたり、不当な人事異動を目の当たりにした際に、より一層不安を感じることでしょう。

また、業務改善を訴えても聞き入れてもらえない企業も要注意です。社員のことを大切にしてくれない企業は、今後も改善する姿勢をもたないことが容易に想像できます。

将来の不安を抱えたまま日々の業務をこなすよりも、安心して働ける職場のほうがパフォーマンスも向上しますよ。

仕事内容がマッチしていない

仕事内容がマッチしていないと感じ、転職に踏み切る人も多く見受けられます。なかには、新卒で入った会社の仕事内容にギャップを感じてしまい、悩む人がいるようです。

社会のことをまだ知らない新卒社員が、自分に合った仕事に出会えるのは困難といえます。働いていくうちに自分の適性を知り、自分が活躍できる場を探すことが大切です。

しかし、新卒で入社してすぐに「自分に合わない」と考えるのはおすすめできません。

仕事をこなしていくうちに徐々にスキルが身についていき、やりがいを持てることもありますよ。

20代が転職しやすいおすすめの職種

ここからは、20代が転職しやすいおすすめの職種をご紹介します。転職先の職種を決めかねている人はぜひ参考にしてみてください。

営業職

チェックリスト出典:Pixabay

先述したとおり、コロナ禍の影響を受けて営業職の形態は変化しています。そのため、どの企業でも営業人材を欲しているところが多く、比較的20代でも転職しやすいのが魅力です。

企業にもよりますが、営業が未経験であっても募集しているところも多々あります。これまでのスキルや経歴ではなく、コミュニケーション能力やフットワーク力が重視される傾向が高いです。

営業は固定給だけでなく、努力次第でインセンティブをもらえることもあります。

すぐにでも年収アップを考えているなら、営業職に転職がおすすめですよ。

介護職

人手不足が社会問題となっている介護職では、若手人材を欲している職場が多々あります。比較的体力のある20代なら、即戦力として働けるでしょう。

介護職には介護福祉士初任者研修・介護福祉士実務者研修・ケアマネージャーというように、段階を踏んで資格を取得していく仕組みが整っています。

資格を取得するごとに基本給アップが叶ったり、資格手当を支給されたりと給料に還元されやすいのが魅力です。入職後に資格取得を目指すことをおすすめします。

しかし、なかには劣悪な環境の職場もあるので、労働条件はしっかり確認してくださいね。

ITエンジニア

パソコンと男の人出典:Pixabay

デジタル化が進む現代において、ITエンジニアの需要は急速に高まっています。そのため、20代の若手であっても、ITエンジニアを目指すことは可能です。

昨今では、ITエンジニアを目指す人向けの教材やスクールが充実しているため、完全な未経験であっても転職の糸口を見つけ出せます。

また、ITエンジニアとしてスキルを身につけたら、ゆくゆくは独立を目指せるというメリットがあります。組織に縛られることなく、自由に働けるのは大きな魅力です。

企業のなかには未経験者の育成に力をいれているところもあるので、根気強く求人を探してみてくださいね。

事務職

未経験からデスクワークを志望するのであれば、事務職がおすすめです。事務職は専門的な知識やスキルを必要としない場合が多く、20代の若手でも転職しやすい職種といえます。

いくら専門的な知識・スキルが必要ないとはいえ、WordやExcelといったOfficeツールの基本的な使い方は習得しておくことが大切です。

そもそもパソコンで作業する機会がこれまでなかった人は、転職活動を始める前にスクールや講習会などで学習することをおすすめします。

事務職とひと口に言ってもさまざまな種類があるため、自分に合った事務系の職種を探してみましょう。

20代が転職に失敗してしまう理由とは?

20代が転職に失敗してしまうおもな理由を解説します。下記の失敗例を参考にして、転職活動に役立ててください。

企業研究を疎かにしている

チェックリスト出典:Pixabay

企業研究を疎かにしていると、転職活動が失敗に終わってしまう可能性が高いでしょう。というのも、企業の採用担当者は「なぜうちの会社に入社したいのか?」という点が気になるからです。

企業研究を疎かにしていると、「なぜこの会社に入社したいのか」明確に話すことができません。そのため、採用担当者は納得感を得られず、採用を見送ってしまうケースが多々あります。

また、仮に入社できたとしても、転職後のミスマッチを招いてしまうリスクもあるでしょう。

求人の条件面だけでなく、仕事内容や企業の雰囲気までしっかり情報収集することが大切ですよ。

転職理由がネガティブなまま

転職理由がネガティブなままだと、企業の採用担当者から「またすぐに辞めてしまうのでは?」と疑問を持たれてしまいがちです。

特に20代は、「入社して数年足らずで転職しようとしている」と思われている可能性が高いです。それに加えて転職理由がネガティブだと、企業も二の足を踏んでしまうでしょう。

ネガティブな転職理由の一例として、「人間関係が悪かった」「給料が低い」などが挙げられます。

前職の愚痴を転職候補先の面接で披露しないように注意が必要です。

譲れない条件を整理できていない

ノートを書く人の手出典:Pixabay

譲れない条件を整理できていないと、求人探しに時間がかかってしまいます。求人探しに時間がかかればかかるほど、転職活動が長期化してしまい、精神的に疲弊してしまうでしょう。

多くの求職者は譲れない条件として、年収や待遇に目がいきがちです。しかし、年収や待遇だけでは、自分に合った求人に出会える可能性が低くなります。

そこで、職場の雰囲気や働く人の様子なども視野にいれ、求人を探す方法がおすすめです。

リモートワーク推奨やフレックスタイム制度など、働き方に関する条件もチェックしてみましょう。

誰にも相談せずに進めている

誰にも相談せずに転職活動を進めている人は要注意です。はじめて転職活動をする場合、転職活動の仕方がわからず悩んでしまう人が多数見受けられます。

誰にも相談せずに転職活動を進めてしまうと、改善点があっても改善できないままでしょう。書類選考で落とされたとしても、どこを改善すればいいのかわからないのです。

すぐに転職活動をはじめる前に、まずは実際に転職した人から話を聞く方法がおすすめです。

身近に転職した人がいないなら、WEBサイトやSNSで情報を集めるのもよいでしょう。

20代が転職を成功させるコツとは?

20代が転職を成功させるために、コツはあるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

自己分析をしっかり行う

まず、自己分析をきちんと行うことが大切です。「自分にどのような適性があるのか」「どのような職場で働きたいと思うのか」など、時間をかけて考えてみましょう。

適性を見つけるための方法として、キャリアの棚卸しがあります。キャリアの棚卸しとは、これまで行ってきた業務と業務を行ううえで身についたスキルをセットで書き表すことです。

キャリアの棚卸しを行うことで、これまで行ってきた業務が可視化されます。それと同時に、どの業務が得意・苦手なのか判断しやすくなるでしょう。

得意な業務に印をつけていくと、自分の適性が見えてきますよ。

転職理由をポジティブに変換する

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

転職理由をポジティブに変換することも大切です。先述したとおり、ネガティブな転職理由をそのまま面接官に伝えてしまうと、「またすぐに辞めてしまうのでは?」と不信感を持たれてしまいがちです。

ただし、転職理由に嘘をつくことをおすすめしているのではありません。面接のプロであれば、嘘の転職理由をすぐに見抜いてしまうでしょう。

大切なのは、ネガティブな転職理由をポジティブに変換することです。例えば、「残業が多くて嫌だ」という理由なら、「働きやすい環境でパフォーマンスを発揮したい」と置き換えてみましょう。

ポジティブに転職理由を変換することで、自分がどのような職場で働きたいのか考えやすくなるというメリットもありますよ。

エントリーする企業を絞りすぎない

20代の転職を成功させるには、エントリーする企業を絞りすぎないことも忘れないでください。特に、大手企業ばかりエントリーしている人は要注意です。

いくら20代が転職しやすいからといって、大手・有名企業は多くの求職者が集まります。なかには、すぐに即戦力として働ける人も応募しているでしょう。

エントリーする企業を絞りすぎると、転職活動が難航してしまう可能性もゼロではありません。

大手企業にエントリーするだけでなく、中小企業やベンチャー企業など幅広くチェックしておきましょう。

20代で転職するなら、転職エージェントの活用もおすすめ!

グッドサイン出典:Pixabay

20代で転職するなら、転職エージェントの活用もおすすめです。転職エージェントには、転職のプロが親身に寄り添ってキャリア相談をしてくれるメリットがあります。

転職活動中の悩みや不安を気軽に相談できるため、不安感を覚えることなく転職活動に専念できるでしょう。特に、はじめて転職活動を行う人にうってつけです。

また、応募書類の添削や模擬面接など、選考対策を受けられるのもうれしいポイントといえます。

これらのサービスは基本的に無料で受けられるので、ぜひこの機会に転職エージェントの活用を検討してみてください。

20代の転職におすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 利用者の62.7%が年収アップを実現※1
  • 業界トップクラスの求人数※2
  • 転職支援実績No.13
  • 完全無料

なるべく多くの求人を見てから選びたい人には、リクルートエージェントがおすすめです。公開・非公開ともに、業界トップクラスの求人数を取り扱っています。※2 

リクルートエージェントは創業から40年以上もの間、数多くの求職者の転職を支援し続けてきました。豊富な転職データを活かしたサポートを受けられるのは、リクルートエージェントならではといえます。

転職エージェント選びに迷ったら、最初にリクルートエージェントに登録しておいて損はないでしょう。

実際に年齢・職種問わず多くの人から利用されており、転職支援実績No.1を誇っていますよ。※3
公開求人数 233,526件※2
非公開求人数 273,022※2
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 転職実績データ | リクルートエージェント 2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイトを対象・2022.7.19現在 ※3 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績・2020年6月時点)2022.7.19

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 20〜30代の転職におすすめ
  • 転職を無期限でサポートしてくれる
  • 平日の夜・土曜日にも相談可能
  • 完全無料

手厚い転職サポートを受けたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。一般的に転職エージェントは3ヶ月間と期間が定まっている場合がほとんどですが、マイナビエージェントなら利用者が納得いくまで親身にサポートしてくれます。

平日の夜・土曜日にも相談可能なので、働きながらの転職活動を考えている人や、長期的に転職活動を続けたい人にもうってつけです。

また、第二新卒や若手向けの求人を豊富に取り扱っていることから、主に20〜30代を中心に人気を集めています。

中小企業を中心に、幅広い業界・職種の求人を保有していますよ。
公開求人数 要問い合わせ
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国 
主な対象年齢層 20〜30代
株式会社ゼロアクセル調べ マイナビエージェント公式サイト対象 2022.7.19現在

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める※1
  • 年収600万円以上を目指す人におすすめ
  • 自分に合った担当者を選べる
  • 登録後は職務経歴書を登録するだけでOK
  • 優良企業から直接スカウトが届く

年収600万円以上でハイキャリアの求人を目指したい人には、ビズリーチがおすすめです。ビズリーチは、ハイクラス・エグゼクティブ向けのスカウト型転職エージェントです。

職務経歴書を登録した後は、スカウトを待つだけでOK。優良企業から直接スカウトが届くこともあり、スムーズに転職活動を進められる可能性があります。

ビズリーチは転職エージェントのなかではめずらしく、自分で担当者を選べます。各業界に精通した一流のヘッドハンターに相談することで、転職活動の効率もアップすることでしょう。

まずは無料プランで気軽に登録してみてはいかがでしょうか。
公開求人数 79,685件※2
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料プラン: 無料 タレント会員: 3,278円(税込) ハイクラス会員: 5,478円(税込)
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 ビズリーチ調べ(2021年1月)2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・ビズリーチ公式サイト 2022.7.19

doda

doda
dodaのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 大手優良企業への転職を目指す人におすすめ
  • 無料の転職イベント・セミナーが豊富
  • 年収査定・転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツが充実
  • 完全無料

大手優良企業への転職を目指しているなら、doda転職エージェントがおすすめです。幅広い業界・職種の求人を取り扱っており、多くの選択肢から自分に合った求人を探せます。

doda転職エージェントは、転職に関する無料のイベント・セミナーが豊富。現在はオンラインを中心に、書類選考や面接対策に役立つイベント・セミナーを随時開催しています。

他にも、年収査定や自己PR診断、転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツも充実しています。気軽に転職のヒントを得られるでしょう。

転職を悩んでいる人もまずは無料登録してみることをおすすめしますよ。
公開求人数 147,893
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢

まとめ

今回は、20代で転職したい人に向けて、おすすめの転職先や転職成功のコツについて解説しました。20代はポテンシャルやのびしろを評価されやすく、比較的転職しやすい年代といえます。転職活動を始める前に、自己分析を通じて自身の適性や企業に求める条件を明確にすることが大切です。

また、転職エージェントの活用もおすすめです。転職のプロがしっかりサポートしてくれるので、どんな些細なことでも気軽に相談できます。応募書類の添削や模擬面接などの選考サポートを受けられるのも魅力です。ぜひこの記事を参考にして、20代の転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ) 2022.6.7
https://doda.jp/guide/age/
令和元年賃金構造基本統計調査 2022.6.7
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/dl/03.pdf
転職エージェントならリクルートエージェント 2022.6.7
https://www.r-agent.com/
転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト 2022.6.7
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト 2022.6.7
https://doda.jp/
選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】2022.6.7
https://www.bizreach.jp/


転職ノウハウの関連記事
おすすめの記事