30代 転職
最終更新日

30代の転職を成功させるコツ|転職事情やメリットを徹底解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年6月9日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「30代で転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。一般的に30代は中堅社員として見なされる場合が多く、即戦力として働ける人材として企業から重宝されがちです。また、即戦力としての働きが期待されている分、満足できる年収や待遇を企業から提示されやすい年代ともいえます。キャリアップや年収アップを考えている30代は転職がおすすめです。

しかし、実際に30代で転職しようとすると、情報をいまひとつ掴めず、勇気が出ない人もいるのが現状です。そこで本記事では、30代の転職事情や成功させるコツについて徹底解説します。

記事の最後には、30代の転職におすすめの転職エージェントもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

まずは知っておきたい30代の転職事情!

はじめに、30代の転職事情を解説します。転職活動を始める前に基本的なデータをチェックしておきましょう。

転職者の平均年齢は31.7歳!

大手転職サービスdodaによると、2021年に転職した人の平均年齢は31.7歳ということがわかりました。

男女別でチェックすると、男性が32.5歳・女性が29.9歳です。男性のほうがやや高くなっています。

20代で経験やスキルを積んだ人が、30代前半で転職していることがこのデータから読み取れます。キャリアアップや年収アップを目指すなら、30代で転職がおすすめです。

また、転職者の平均年齢は年々高くなっています。

30代の転職は決してめずらしいことではありませんよ。

※出典:doda「【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ)」 2022.6.9

転職者で年収アップを叶えた30代が多い

“上りグラフ“出典:Pixabay

厚生労働省の「令和2年度転職者実態調査」によると、30代で転職した人のなかで平均年収がアップしたと回答した人は44.6%という結果になりました。

年収アップに成功したと回答した年代は30代が一番多く、40代・50代と比べて大きく差をつけています。

30代は即戦力として働くことを期待されながらも、40代・50代に比べると伸びしろを評価されやすいです。

そのため、企業から高待遇のオファーを受けやすく、年収アップにつながることが予想できます。

※出典:厚生労働省「令和2年度転職者実態調査」 2022.6.9

転職活動にかける期間は?

厚生労働省の「令和2年度転職者実態調査」によれば、30代が転職活動にかける期間は1ヵ月以上3ヵ月未満がボリュームゾーンでした。

半年以上も転職期間がある人は極端に少なく、全体のわずか数%ほどです。長くても3ヵ月を目途に転職活動をしている人が多いことがわかります。

ただし、3ヵ月というのはあくまで目安です。

納得できる企業に出会えるまで転職活動を続ける人も多いので、参考程度に留めておきましょう。

※出典:厚生労働省「令和2年度転職者実態調査」 2022.6.9

30代が転職を考えるおもな理由とは?

30代が転職を考えるおもな理由には、どのようなものが挙げられるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

職場の人間関係

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

転職を考えるおもな理由として、職場の人間関係だと答える人が多く見受けられます。職場の人間関係が悪いと、日々の業務にモチベーションを保てなくなってしまうでしょう。

特に、直属の上司と相性が合わない場合、苦労する人も少なくありません。仕事がやりづらくなるだけでなく、評価に響くことも考えられます。

また、いわゆるお局社員の存在も気がかりです。

社内に一人でもお局社員がいると、萎縮してしまうでしょう。

労働時間をはじめとした労働条件

労働時間をはじめとした労働条件に関する悩みも、転職を考える理由のひとつです。残業時間が慢性的に多い会社や休日出勤がデフォルトの会社は要注意といえます。

昨今では働き方改革が進んでおり、月60時間以上の残業は規制されています。しかし、なかにはサービス残業と称して、タダ働きをさせる企業も未だにあるのが現状です。

残業時間が長くなればなるほど、プライベートの時間を犠牲にしてしまい、働く理由を見いだせなくなってしまうでしょう。

体調を崩す前に、転職を視野にいれてみてください。

給料の低さ

お金で悩む人出典:Unsplash

毎日一生懸命働いているにも関わらず、給料が低いと仕事へのやる気も下がってしまいます。給料が低いゆえに、転職を考える人も多数見受けられます。

国税庁の「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、30代の平均年収は400~437万円でした。女性に至っては、300~311万円に留まっています。

もちろん業種や職種によって給料の相場は異なりますが、同世代よりも格段に給料が低いと気になる人もいるでしょう。

年収アップをすぐにでも実現したいなら、転職がおすすめですよ。

※出典:国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査」 2022.6.9

将来の不安

会社の将来に不安を感じてしまい、転職を検討する人もいるようです。特に、斜陽産業や赤字経営が続いている企業で働いている人は、将来に不安を感じてしまうのも無理はありません。

社員のなかに目標としたいロールモデルがいない企業も要注意です。ロールモデルがいないということは、自分が理想とする働き方をこの企業で実現しにくいことを意味します。

そのほかにも、業務改善や要望を申し出たのにも関わらず、聞き入れてもらえない企業だと無力感を覚えてしまいます。

将来の不安を払拭するためには、新しい職場を探すこともひとつの方法ですよ。

仕事内容がマッチしていない

仕事内容がマッチしていないと感じ、転職を考える人もいます。仕事内容がマッチしていないと、パフォーマンスを十分に発揮できません。

特に、30代は若手を指導することもあります。仕事内容がマッチしていなければ、若手に指導することもままならないでしょう。

仕事内容がマッチしていないと思うのであれば、その理由を明確にすることがおすすめです。

もし現職でマッチする仕事がないと思うのであれば、転職を検討してみてください。

30代で転職するメリット

30代で転職すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

年収アップを見込める

30代で転職すると、年収アップを見込めるというメリットがあります。多くの企業では30代を即戦力の人材として見なしており、その分提示される給料も高い傾向です。

同業種・同職種のなかでキャリアアップを目指している人は、企業からも歓迎されやすいです。大幅な年収アップを見込める人も少なくありません。

年収アップを目指すのであれば、まずは自身の市場価値を知ることが大切です。

これまでの経験やスキルから、自身の市場価値を確認しましょう。

これまでの経験を活かしてキャリアアップできる

チェックリスト出典:Pixabay

これまでの経験を活かしてキャリアアップできるのも、30代で転職するメリットといえます。30代は若手社員と比べると、社会人としてのスキルを身につけている人が多い傾向です。

例えば、営業職を経験した人なら、コミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルを兼ねそろえているでしょう。

営業として現場を知っていれば、上流部門の企画・マーケティングなどにもその知見を活かしやすいです。

キャリアアップを通じて、自己実現を叶えられるでしょう。

やりがいをもちながら働ける

やりがいをもちながら働けるのも、30代で転職する醍醐味といえるでしょう。30代は若手社員と比べて、転職直後に大きな仕事を任せてもらえる可能性が高いです。

前職の経験を活かせる職業であれば、すぐに即戦力として働けます。転職前に思い描いていた仕事ができる人も多くいます。

やりがいをもちながら働けると、モチベーションアップにもつながるでしょう。

いきいきしながら日々の業務を進めたい人にうってつけですよ。

30代で転職する前に気をつけたい注意ポイント

一方、30代で転職する前に気をつけたい注意ポイントはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

即戦力として見なされる可能性が高い

悩む 中年男性出典:Unsplash

先述したとおり、30代は若手社員と比べると即戦力として見なされる可能性が非常に高いです。そのため、入社後に「結果を出さなきゃいけない」とプレッシャーを感じることもあるでしょう。

経験者であれば、若手社員の育成を任されるケースも多々あります。たとえ入社して間もなくとも、30代は即戦力としての働きを大いに期待されるでしょう。

教えてもらうという受け身の姿勢でいるのではなく、積極的にキャッチアップしていくことが大切です。

プレッシャーを極端に感じすぎる必要はありませんが、能動的に働きかけることを求められるでしょう。

未経験職種の転職は厳しい傾向

30代の転職は未経験職種だと難しい傾向にあります。なぜなら、未経験の社員が入社してくると、教育コストがかかるからです。

20代の若手社員が入社してくるのであれば、育成枠として教育コストを支払うのは致し方ないと考える企業が多数見受けられます。

しかし、30代に教育コストを割くことに抵抗感を覚える企業も少なくありません。

30代による未経験職種への転職は、ハードルが高いことを肝に銘じておきましょう。

30代の転職を成功させる流れ

30代の転職を成功させるには、どのような手順を踏めばいいのでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

1. 転職スケジュールをたてる

スケジュール帳出典:Pixabay

まずは、転職スケジュールをたてましょう。いつまでに転職活動を完了させたいか・いつごろ新しい職場に入社したいかゴールを決めておきます。

大まかでもゴールが定まっていれば、応募するタイミングや面接時期の調整をしやすくなります。現時点で希望がなくても、ある程度決めておきましょう。

ただし、転職スケジュールは無理のない範囲で設定することが重要です。

在職しながらの転職活動は想像以上にハードなので、ゆとりをもってスケジュールを調整しましょう。

2. 自己分析を行う

次に、自己分析を行いましょう。どのような仕事に就きたいのか・どのような環境で働くのが理想なのかしっかり考えることが大切です。

自分の適性がわからない場合は、キャリアの棚卸しを行ってみてください。キャリアの棚卸しとは、これまでの経験と培ってきたスキルをセットで書き表す方法です。

キャリアの棚卸しをすることで、自分の得意な業務・苦手な業務の傾向が見えてきます。

得意な業務の傾向を掴めれば、自ずと適性がわかるはずです。

3. 企業の情報や求人をチェック

チェックリスト出典:Pixabay

自己分析が終わったら、企業の情報や求人をチェックします。業界地図や四季報などを用いて、業界の動向や今後の将来性を確かめてみる方法もおすすめです。

企業によっては、転職サイトや自社の採用サイトなどで、社員のインタビューを掲載しているところもあります。

求人票だけではつかめない情報を収集できるチャンスでもあるので、ぜひ積極的に閲覧してみてください。

インタビュー記事を読んでいくと、企業の雰囲気もわかりやすいですよ。

4. 選考対策

応募してみたい求人が見つかったら、選考対策にうつります。1次選考として書類選考を行う企業が多いので、まずは履歴書・職務経歴書をはじめとした応募書類の対策が必要です。

企業の採用担当者は「これまでどのような業務を経験してきたか」「培ってきた経験が自社で活かせそうか」という2点をおもに注目しています。

これまで培ってきた経験をわかりやすく書くだけでなく、どのようなポイントを活かせるのか記載しておくとよいでしょう。

書きあげたあとは、可能であれば一度誰かに見てもらうことをおすすめしますよ。

5. 面接

スーツを着る男性出典:Unsplash

書類選考に無事通過したら、面接を行います。面接前には、想定される質問をリストアップし、それにまつわる回答のポイントを整理しておく方法がおすすめです。

しかし、面接前に台本をつくり、回答を丸暗記することは控えたほうがよいでしょう。あくまで面接は会話のキャッチボールなので、丸暗記したことを話すと逆効果です。

企業にもよりますが、面接は複数回行われる場合がほとんどです。

1次面接と最終面接の回答で矛盾しないように、一貫した姿勢が大切といえますよ。

6. 内定・入社

すべての選考を通過したら、無事に内定です。内定後は給料・待遇の交渉をするラストチャンスでもあるので、気になることがあれば忘れずに話しておきましょう。

現職を円満退職することも大切です。しこりを残したまま退職すると後味が悪いだけでなく、トラブルに発展してしまう可能性もあります。

現職の就業規則を再確認し、退職を申し出るタイミングをおさえておきましょう。

まずは直属の上司だけに伝え、周りに噂が広がらないようにすることも忘れずに行ってください。

30代の転職を成功させるなら、転職エージェントの活用がおすすめ!

グッドサイン出典:Pixabay

30代の転職を成功させるなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントに登録すると、転職のプロから有益なアドバイスをもらえます。

転職活動は独りよがりになってしまいがちですが、転職のプロがいることで改善ポイントがわかりやすくなるのが魅力です。些細なことでも、気になることがあれば相談してみてください。

また、応募書類の添削や面接対策もマンツーマンで行ってくれます。

これらのサポートが基本的に無料で受けられるので、ぜひ気軽に利用してみてください。

30代の転職におすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 利用者の62.7%が年収アップを実現※1
  • 業界トップクラスの求人数※2
  • 転職支援実績No.13
  • 完全無料

なるべく多くの求人を見てから選びたい人には、リクルートエージェントがおすすめです。公開・非公開ともに、業界トップクラスの求人数を取り扱っています。※2 

リクルートエージェントは創業から40年以上もの間、数多くの求職者の転職を支援し続けてきました。豊富な転職データを活かしたサポートを受けられるのは、リクルートエージェントならではといえます。

転職エージェント選びに迷ったら、最初にリクルートエージェントに登録しておいて損はないでしょう。

実際に年齢・職種問わず多くの人から利用されており、転職支援実績No.1を誇っていますよ。※3
公開求人数 233,526件※2
非公開求人数 273,022※2
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 転職実績データ | リクルートエージェント 2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイトを対象・2022.7.19現在 ※3 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績・2020年6月時点)2022.7.19

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 20〜30代の転職におすすめ
  • 転職を無期限でサポートしてくれる
  • 平日の夜・土曜日にも相談可能
  • 完全無料

手厚い転職サポートを受けたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。一般的に転職エージェントは3ヶ月間と期間が定まっている場合がほとんどですが、マイナビエージェントなら利用者が納得いくまで親身にサポートしてくれます。

平日の夜・土曜日にも相談可能なので、働きながらの転職活動を考えている人や、長期的に転職活動を続けたい人にもうってつけです。

また、第二新卒や若手向けの求人を豊富に取り扱っていることから、主に20〜30代を中心に人気を集めています。

中小企業を中心に、幅広い業界・職種の求人を保有していますよ。
公開求人数 要問い合わせ
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国 
主な対象年齢層 20〜30代
株式会社ゼロアクセル調べ マイナビエージェント公式サイト対象 2022.7.19現在

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める※1
  • 年収600万円以上を目指す人におすすめ
  • 自分に合った担当者を選べる
  • 登録後は職務経歴書を登録するだけでOK
  • 優良企業から直接スカウトが届く

年収600万円以上でハイキャリアの求人を目指したい人には、ビズリーチがおすすめです。ビズリーチは、ハイクラス・エグゼクティブ向けのスカウト型転職エージェントです。

職務経歴書を登録した後は、スカウトを待つだけでOK。優良企業から直接スカウトが届くこともあり、スムーズに転職活動を進められる可能性があります。

ビズリーチは転職エージェントのなかではめずらしく、自分で担当者を選べます。各業界に精通した一流のヘッドハンターに相談することで、転職活動の効率もアップすることでしょう。

まずは無料プランで気軽に登録してみてはいかがでしょうか。
公開求人数 79,685件※2
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料プラン: 無料 タレント会員: 3,278円(税込) ハイクラス会員: 5,478円(税込)
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 ビズリーチ調べ(2021年1月)2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・ビズリーチ公式サイト 2022.7.19

doda

doda
dodaのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 大手優良企業への転職を目指す人におすすめ
  • 無料の転職イベント・セミナーが豊富
  • 年収査定・転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツが充実
  • 完全無料

大手優良企業への転職を目指しているなら、doda転職エージェントがおすすめです。幅広い業界・職種の求人を取り扱っており、多くの選択肢から自分に合った求人を探せます。

doda転職エージェントは、転職に関する無料のイベント・セミナーが豊富。現在はオンラインを中心に、書類選考や面接対策に役立つイベント・セミナーを随時開催しています。

他にも、年収査定や自己PR診断、転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツも充実しています。気軽に転職のヒントを得られるでしょう。

転職を悩んでいる人もまずは無料登録してみることをおすすめしますよ。
公開求人数 147,893
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢

まとめ

今回は、30代で転職を考えている人に向けて、転職するメリットや転職を成功させる流れなどを解説しました。30代は即戦力として働くことを期待されがちな年代ですが、その分やりがいをもちながら働けるというメリットがあります。30代は年収アップを目指しやすい世代でもあるため、転職におけるメリットは計り知れません。

30代で転職を検討しているなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職のプロが親身に寄り添ってアドバイスしてくれるので、有益な情報を得やすいです。また、選考対策をマンツーマンで行ってくれるため、はじめての転職でも心強い味方になってくれるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、30代の転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

令和2年度転職者実態調査|厚生労働省 2022.6.9
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/6-18c-r02-2-01.pdf
【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ) 2022.6.9
https://doda.jp/guide/age/
令和2年分民間給与実態統計調査 2022.6.9
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/pdf/002.pdf
転職エージェントならリクルートエージェント 2022.6.9
https://www.r-agent.com/
転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト 2022.6.9
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト 2022.6.9
https://doda.jp/
選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】2022.6.9
https://www.bizreach.jp/

 


転職ノウハウの関連記事
おすすめの記事