40代向け 転職サイト
最終更新日

【40代向け】転職サイトおすすめランキング|求人数も徹底比較

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)
※本記事は2022年8月10日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「40代におすすめの転職サイトが知りたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。転職サイトは求人を効率的に探せるだけでなく、選考サポートを受けられる場合があります。しかし、さまざまな転職サイトがあるなかで、どれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで本記事では、40代におすすめの転職サイト12選をご紹介します。また、求人数比較ランキングもあわせて紹介するので、40代で転職を視野にいれている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事を読めば40代の転職情報もマルっと把握できますよ。

40代におすすめの転職サイト7選【エージェント型】

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 一般の求人サイトに掲載されていない非公開求人多数
  • 求人を厳選して紹介
  • 独自に分析した業界や企業の情報を教えてくれる

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントでは、非公開求人を多数保有しています。ほかの求人サイトに掲載されていない求人が多く、ライバルの少なさがメリットです。

非公開求人は、プロフェッショナルな人材を求めている可能性が高く、求められるハードルが高い場合があります。

しかし40代なら、これまで積み上げてきたスキルや実績があるので、非公開求人にも応募しやすいでしょう。選考基準のハードルが高い分、年収アップやキャリアアップも叶うのが魅力です。

独自に分析した業界や企業の情報を教えてくれるので、選考対策を行いやすいのもメリットですよ。
公開求人数 233,643件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.29現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 社内の雰囲気や働く人の様子が事前にわかる
  • これまでの職務経歴を丁寧に棚卸ししてくれる
  • 夜間や土曜の転職相談も可能

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、マイナビエージェントがうってつけです。マイナビエージェントには、企業へ足を運んでいるリクルーティングアドバイザーがいます。

企業の担当者と直接会って話をしているため、社内の雰囲気や働く人の様子を知り得ているのが魅力です。

求人票には掲載されていない情報がわかると、転職後のミスマッチを防げるでしょう。

特に40代は、ミスマッチによる短期離職をしてしまうと、次の転職先を見つけるのが困難な場合があります。事前に知っておきたい情報はできるだけキャッチアップし、後悔しない転職先を探すのがおすすめです。

夜間や土曜日の転職相談を受け付けているので、現職の仕事が忙しい人でも安心して利用できますよ。
公開求人数 要問い合わせ
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.7.29現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる
  • 転職に役立つコンテンツが豊富
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催

スピーディーに転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで履歴書・職務経歴書を登録しておくと、企業から直接スカウトを受け取れる場合があります。

スカウトのなかには、面接を確約しているものもあります。

特に40代は若手世代と比べるとアピールポイントが多いため、すぐに面接へ進める可能性が高いでしょう。

また、転職に役立つコンテンツが豊富なのも魅力です。例えば、必要事項を入力していくだけで、年収査定ができます。現時点における自分の市場価値を確認したい人は試してみてください。

定期的に転職フェアや相談会を実施しています。企業の採用担当者と直接話せるチャンスなので、積極的に参加してみるといいですよ。
公開求人数 147,087件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ちコンテンツ
対応エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.29現在

ミドルの転職

ミドルの転職

おすすめポイント
  • 専門分野に精通したエージェントによる転職サポート
  • 経営幹部や営業部長などハイクラス求人多数
  • 会員限定の非公開求人やスカウトが届くことも

手厚いサポートを希望している人はミドルの転職がうってつけです。ミドルの転職には、専門分野に精通したエージェントが多数在籍しています。転職理由や希望条件を丁寧にヒアリングしてくれるのが魅力です。

また、ミドルの転職ではハイクラスの求人を多数取り揃えています。

例えば、経営幹部や管理部長、営業部長など多種多様です。40代でキャリアアップを目指したい人にうってつけの転職サイトといえるでしょう。

ミドルの転職に登録すると、会員限定の非公開求人やスカウトが届くことがあります。公開求人よりも待遇に優れた場合が多く、より年収アップ・キャリアアップを望んでいる人はチェックしてみてください。

ミドルの転職のサイト内には、求人特集が組まれています。求人を効率的に探せるので、あわせて確認しておくといいですよ。
公開求人数 166,299件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト機能
対応エリア 全国
運営会社 エン・ジャパン株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・ミドルの転職公式サイト対象・2022.7.29現在

JAC Recruitment

JAC Recruitment

おすすめポイント
  • 30〜50代のハイクラス転職に特化
  • ハイレベルな提案力と質の高いサポート
  • 外資系・グローバル企業への転職支援実績が豊富

JACリクルートメントは管理職・エグゼクティブ・専門職といったハイクラス転職に特化したサービスです。

転職決定者の年齢は40代〜45歳以上が半数を占めているため、40代転職者にうってつけのエージェントであることが分かります

業界・職種に特化した専門コンサルタントは、業界出身者も多く、業界に関する専門的な知識も豊富。コンサルタントは求人企業を直接訪問しているため、採用背景や企業の経営方針など求人企業を熟知しています。

JACリクルートメントの累計転職支援実績は約43万件。※1   約25,000件もの求人案件を保有しており、大手・優良企業との取引実績も多数あります。

年収800万円以上のハイクラス転職や外資系・グローバル転職を目指しているならおすすめのエージェントですよ。
公開求人数 14,892件
おもなサービス
  • レジュメ添削
  • 面接対策
  • 個別転職相談
対応エリア 全国・海外
運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント

※株式会社ゼロアクセル調べ・JAC Recruitment公式サイト対象・2022.7.29現在
※1 参考:転職支援実績|会社情報|会社概要|転職エージェントのJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント) 2022.7.29

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

おすすめポイント
  • 高い英語力と専門性を生かせるグローバル求人が豊富
  • 英語での選考も万全サポート
  • 外資系エージェントならではの独自コンテンツ

ロバートウォルターズは1985年に英国ロンドンで設立された人材紹介会社です。世界32ヵ国にオフィスを構え、外資系・日系グローバル企業の転職支援を行ってきた実績があります。

ロバートウォルターズでは求職者のキャリア・価値観・スキルなどを把握しマッチ率の高い求人を紹介してくれます。そのため選考のアドバイスが的確で、選考通過率が高いと評判です。

他にはない外資系ならではのコンテンツも充実しています。「英文履歴書」「英語面接対策」はもちろん、「採用動向レポート」「バイリンガルサーベイ」といったグローバル人材に嬉しい資料も豊富です。

スキルや実績を活かして、グローバルに活躍したいハイクラス層の40代におすすめですよ。
公開求人数 1,941件
おもなサービス
  • 転職アドバイス
  • 面接対策
  • 条件交渉
対応エリア 東京・大阪・海外
運営会社 ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・ロバートウォールターズ公式サイト対象・2022.7.29現在

ランスタッド

ランスタッド

おすすめポイント
  • グローバル・外資系求人に強い
  • 幅広い業界を網羅した求人が揃っている
  • 全体の80%が非公開求人で、独占ハイクラス求人も

ランスタッドはオランダを拠点に世界39の国と地域に展開する転職エージェント。独自のコネクションで得た、グローバル・外資系求人を多数保有しています。

医療・製造・IT・金融・販売・管理部門など、ランスタッドは幅広い領域をカバー。コンサルタントは各業界に精通しているプロフェッショナル揃いのため、専門性の高いアドバイスが期待できます。

ランスタッドで公開されている求人はごく一部で、全体の80%は非公開求人です。求人のなかには、年収1,000~3,000万円のハイクラス求人もあります。

幅広い業種・業界・企業規模で、ハイクラス求人を探したい人におすすめですよ。
公開求人数 6,622件
おもなサービス
  • 求人紹介
  • 応募書類添削
  • 条件交渉
対応エリア 全国・海外
運営会社 ランスタッド株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・ランスタッド公式サイト対象・2022.7.29現在

40代におすすめの転職サイト5選【求人広告型】

ビズリーチ

ビズリーチ

おすすめポイント
  • 優良企業や一流ヘッドハンターからスカウトが届く
  • プロフェッショナル人材向けの求人多数
  • 優秀なヘッドハンターに転職相談できる

40代でキャリアアップを考えているなら、ビズリーチを検討してみてください。ビズリーチでは、経営幹部や管理職などのプロフェッショナル人材向け求人を多数取り扱っています

キャリアアップに伴う年収アップも夢ではありません。年収1000万円以上のハイクラス求人も多く掲載されています。

現職で年収が頭打ちになっている人にこそ、使ってほしい転職サイトです。

ビズリーチは登録しておくだけで、企業やヘッドハンターからスカウトが届く仕組みです。求人を探す手間が省けるので、仕事や育児などで忙しい人でも気軽に使えるでしょう。

ビズリーチには優秀なヘッドハンターが多数在籍しています。

転職するうえでわからないことがあれば、ヘッドハンターに相談するのがおすすめですよ。
公開求人数 79,741件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト機能
対応エリア 全国
運営会社 株式会社ビズリーチ

※株式会社ゼロアクセル調べ・ビズリーチ公式サイト対象・2022.7.29現在

FROM40

FROM40

おすすめポイント
  • 登録後はスカウトが届くのを待つだけ
  • 40代の転職に役立つ情報が満載
  • 特集が組まれていて求人を探しやすい

FROM40に登録すると、スカウトが届きます。条件に合致した企業からスカウトが届くケースが多いため、効率よく転職活動ができるでしょう。仕事や家庭のことで忙しい人でも安心です。

また、40代の転職に役立つ情報が満載なのも魅力です。

例えば、「40代から未経験職種に応募するには?」「40代の転職に有利な資格とは?」などが挙げられます。40代の転職情報を収集したい人におすすめです。

求人特集が組まれているのもメリットといえます。「エグゼクティブ求人特集」「ITエンジニア求人特集」などがその一例です。

希望条件が明確に決まっている人は、特集もチェックしてみましょう。
公開求人数 16,908件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ちコンテンツ
対応エリア 全国
運営会社 株式会社ダトラ

※株式会社ゼロアクセル調べ・FROM40公式サイト対象・2022.7.29現在

リクナビNEXT

リクナビnext

おすすめポイント
  • 全業界・職種の求人を保有
  • スカウト登録で企業からオファーが届くことも
  • リクルートエージェントに同時登録でサポートの幅が広がる

リクナビNEXTの特徴は、取り扱っている求人の豊富さです。対応エリアは全国で、全業界・職種の求人を保有しているため、求人の限られやすい40代には登録必須のサービスと言えるでしょう。

職務経歴や転職希望条件を匿名で登録しておくと、企業やエージェントから直接スカウトが受けられます。忙しくて求人を探す時間がないという人にもおすすめです。

リクナビNEXTのスカウト登録時に、リクルートエージェントにも同時登録できます。キャリアアドバイザーによる手厚いサポートを受けながら、良い求人を網羅的に探せて便利です。

転職を決心したら、はじめに登録しておきたい転職サイトですよ。
公開求人数 62,743件
おもなサービス
  • スカウト機能
  • グッドポイント診断
  • 使いやすい求人検索機能
対応エリア 全国・海外
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクナビNEXT公式サイト対象・2022.7.29現在

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

おすすめポイント
  • 求職者に合った求人を丁寧に提案してくれる
  • 年収800万~2000万円の求人多数
  • 登録後はスカウトを待つだけ

キャリアアドバイザーと2人3脚で転職活動を進められるのが、リクルートダイレクトスカウトのメリットです。求職者の希望条件や転職理由を丁寧にヒアリングしてくれるので、転職がはじめてでも心強いでしょう。

リクルートダイレクトスカウトでは、年収800〜2000万円の求人を多数取り扱っています。

大手企業・人気企業の求人も多く、40代で年収アップ・キャリアアップを考えている人におすすめです。

リクルートダイレクトスカウトに登録すると、待っているだけで企業の採用担当者からスカウトが届きます。直接採用担当者とやりとりができるので、転職活動に時間を割きたくない人にもうってつけです。

登録後は、ほかの求人サイトに掲載されていない非公開求人の閲覧ができるのも魅力ですよ。
公開求人数 109,051件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • スカウト機能
対応エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートダイレクトスカウト公式サイト対象・2022.7.29現在

iX転職

ix転職

おすすめポイント
  • 年収800万円以上の求人を多数掲載
  • 市場価値向上を長期的にサポート
  • 業界に精通したヘッドハンターが在籍

iX転職では、年収800万円以上のハイクラス求人を多数掲載しています。ハイクラス求人は年収が高いだけでなく、現在よりも上のポジションを目指せるのが魅力です。成長意欲のある40代に、ぜひ登録してほしい転職サイトといえます。

iX転職は、市場価値の向上を長期的にサポートしてくれるのがメリットです。

ヘッドハンターがキャリア観やこれまでの経歴を深掘りしてくれるので、求職者が気づいていない強みまでしっかり把握できます。

iX転職では、履歴書・職務経歴書をはじめとした書類添削や面接対策も魅力です。業界に精通したヘッドハンターがしっかりサポートしてくれます。

わからないことや困ったことがあれば、気軽に相談してみてくださいね。
公開求人数 要問い合わせ
おもなサービス
  • キャリア相談
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・iX転職公式サイト対象・2022.7.29現在

40代におすすめの転職サイト求人数比較ランキング

※記事内で紹介した転職サイトの公開求人数を比較し、多いものから順にランキング形式で発表します。
※情報は2022年7月29日時点のものです。最新情報とは異なる場合があります。

1. リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 一般の求人サイトに掲載されていない非公開求人多数
  • 求人を厳選して紹介
  • 独自に分析した業界や企業の情報を教えてくれる

2. doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる
  • 転職に役立つコンテンツが豊富
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催

3. ミドルの転職

ミドルの転職

おすすめポイント
  • 専門分野に精通したエージェントによる転職サポート
  • 経営幹部や営業部長などハイクラス求人多数
  • 会員限定の非公開求人やスカウトが届くことも

40代向け転職サイトの選び方

ここまで、40代におすすめの転職サイトを紹介してきましたが「どれが自分に合うか分からない」と迷っている人もいるでしょう。そんな人は、以下のポイントを参考にしてみてください。

40代向け転職サイトの選び方
  • 求人の質・数
  • サポート内容
  • 40代の転職支援実績・顧客満足度

求人の質・数

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

40代の転職では、若手向けと比べてどうしても求人数が少なくなってしまいます。選択肢を少しでも広げるためにも、求人数の多い大手総合サイトへの登録は必須です。

また、大手総合サイトに加えて「ハイキャリア特化」「業界・職種特化」といった専門性の高い転職サイトにも登録しておくとよいでしょう。大手にはない独占・非公開求人を紹介してもらえる可能性があります

はじめは2~3社の転職サイトに複数登録するのがおすすめです。

サービスの質や取り扱っている求人などを比較して、自分に合う転職サイトを見極めましょう。

サポート内容

20~30代以上に手厚いサポートの必要な40代の求職者にとって、転職サイトのサポート力は転職の成否を左右する重要な条件です。

応募書類の添削や面接対策、マッチング精度の高い求人紹介など転職サイトによって力を入れているサポート内容は異なります。

転職サイト選びに際しては「自分にとって必要なサポートは何か」を重視して選ぶとよいでしょう。

転職サイトの公式HPや口コミサイトをチェックして、自分に合ったサイトを探してみてくださいね。

40代の転職支援実績・顧客満足度

チェックリスト出典:Pixabay

転職サイトは、求職者の属性によって合う・合わないが大きく分かれます。たとえ転職支援実績が多くても、若手向けの転職サイトでは、40代の求職者に合う求人を見つけるのは難しいでしょう。

転職サイトを選ぶときは利用者の年齢構成も調べておく必要があります。また、顧客満足度の高さも重要なポイントです。

内定率が高くても、希望通りの職につけていなければ、当然顧客満足度は下がります。

顧客満足度は、希望通りの転職を叶えられるサイトかどうかを見極めるバロメーターの一つと言えるでしょう。

40代向け転職サイトを利用した転職活動の流れ

40代の転職活動の流れ
  1. 準備
  2. 求人探し・応募
  3. 選考
  4. 内定・退職

1. 準備

ノートとカフェラテ出典:Pixabay

転職を決意したら、転職活動を始めるための準備に取り掛かりましょう。ここでは、キャリアの棚卸し自己分析を行います。

キャリアの棚卸しは、これまでの経歴の中で培ってきた経験・知識・スキルを整理し、自分の市場価値の把握やアピールポイントの発見に役立てます。

また、自己分析で「転職で何を実現したいのか」と自分の気持ちを整理してみることで、志望動機の具体化と求人の絞り込みができるでしょう。

自己分析やキャリアの棚卸しは軽く済ませてしまいがちですが、準備をしっかりしておくことで、転職活動をスムーズに進められますよ。

2. 求人探し・応募

目指す業界・職種が定まったら転職エージェントに登録して、いよいよ求人探しを始めます。複数の転職サイトに登録し、なるべく多くの求人情報を得るようにしましょう。

よい求人が見つかれば、サイトを通して応募します。応募の際に履歴書・職務経歴書の提出は必ず求められるため、事前に準備しておきましょう。

転職サイトによっては応募書類添削サービスもありますので、ぜひ利用してみてください。

3. 選考

パソコンを持つ手出典:Pixabay

志望先の企業に応募すると、はじめに書類選考が行われます。書類選考を通過すると、次は対面での面接に進みます。

エージェント型の転職サイトの場合、コンサルタントが企業とのやりとりを行ってくれますが、求人広告型の転職サイトの場合、自分で日程調整や企業とのやり取りをしなくてはいけません。

一般的に、面接は内定までに2~3回ほど行われます。

面接に不安のある人はエージェント型の転職サイトを利用して、面接対策を受けるといいですよ。

4. 内定・退職

無事に内定が出て入社が決まったら、入社日・退職日の調整をします。現在勤めている会社に退職の意思を伝え、業務の引継ぎや関係先への報告・挨拶がスムーズに進むよう、しっかりと打ち合わせを行いましょう。

退職に際しては社内承認・引継ぎ・退職手続きなどの業務が発生しますので、できるだけ期間には余裕を持って退職を伝えます。

あくまで円満退職を心掛け、退職が決まったからといって会社に不満を言ったり、迷惑をかけたりしないようにしましょう。

40代の転職事情を徹底解説!

ここからは、40代の転職事情について解説します。40代の平均年収や求められることをひとつずつチェックしましょう。

40代の転職事情
  • 転職率
  • 転職成功率
  • 平均年収
  • マネジメント力が求められる

40代の転職

昇進出典:Pixabay

厚生労働省「令和2年雇用動向調査」では、令和2年度の1年間において性別・年齢別の入職・離職率は、40代男性で約5〜6%、女性で約10〜14%となっています。

男女ともに最も入職・離職の活発な20〜24歳では約30〜35%前後であることに比べると、40代の転職率はかなり低いと言えるでしょう。

また、入職者のうちパートタイム労働者に占める割合は40代男性で約19%前後、女性では60%前後です。

入職率では男女にそれほど大きな開きはありませんが、内訳を見ると女性は圧倒的にパートタイム労働者が多く、男性はフルタイム労働者が多いことが分かります。

※出典:令和2年雇用動向調査結果の概要|厚生労働省 2022.7.29

40代の転職成功率

人材紹介会社大手dodaの調査によると、2020〜2021年の年代別の転職成功者のうち、40歳以上は全体の約15%前後です。

最も多い25〜29歳の40%前後と比べて半分以下であることから、40代の転職成功率はかなり低いと言えるでしょう。

職種別に見ていくと、最も多い企画・管理系が25.9%、専門職系が22.1%、技術系(建築/土木)が20.5%と、とりわけ専門的な経験やスキルが重視される職種の転職成功率が高いことがわかります。

調査ではこうした個人の専門スキルに加えて、人材育成やマネジメント経験も重要視されることが分かっています。

※出典:【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ)2022.7.29

40代の平均年収

お金 植物出典:Pixabay

国税庁の『令和2年分 民間給与実態調査』によると、40代前半の平均年収が470万円・40代後半が498万円という結果になりました。

男女別に見るとその差は大きく、男性のほうが女性よりも250万円以上年収が高いことがわかります。

女性は出産・育児などのライフイベントによって、年収が低くなる傾向です。

40代は20代・30代と比べて、実績やスキルが伴っています。そのため、企業に対して上手にアピールできれば、平均年収より高い給与を受け取れる可能性が高いです。

転職サイトを活用しながら、年収アップを目指すことをおすすめします。

出典:国税庁『令和2年分 民間給与実態調査』 2022.7.29

マネジメント力が求められる

40代の転職には専門的な知識・スキルのほかに、マネジメント力が求められます。マネジメント力とは部下の育成やプロジェクトの管理・運営を行うスキルです。

ハイクラス求人は管理職のポジションが多いことからも、企業はマネジメント力が備わっている人材を強く求めています。

20代・30代にはないマネジメント力をアピールすることで、キャリアアップや年収アップが叶うでしょう。

マネジメントの実績をどのようにアピールすればいいか不安な人は、転職のプロに相談してみてください。

40代が転職を成功させるための5つのコツ

40代が転職活動を成功させるコツ
  1. 転職サイトに複数登録する
  2. 志望動機をはっきりさせておく
  3. 家族からの理解を得ておく
  4. 譲れない条件・譲歩してもいい条件を整理する
  5. 求人広告型とエージェント型を併用する

最後に、40代が転職活動を成功させるコツをご紹介します。転職活動を成功させたい40代は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 転職サイトに複数登録する

パソコンと男の人出典:Pixabay

40代が転職を成功させたいなら、転職サイトに複数登録しましょう。複数の転職サイトに登録しておくと、さまざまな求人に出会えるチャンスが広がります。

多くの求人に目を通すことで、希望条件に合致した企業を見つけやすくなるのでおすすめです。

特に希望する業種・職種が定まっていないなら、複数の転職サイトに登録しましょう。転職サイトによって、サービス内容や特徴はそれぞれ異なります。

複数の転職サイトに登録すると、さまざまなサービスを受けられるのも魅力ですよ。

2. 志望動機をはっきりさせておく

選考通過のためには、志望動機を明確にしておかなくてはいけません。志望動機では応募先の企業を選んだ理由入社後に実現したいことを説明します。

即戦力としての活躍が求められる40代は、これまでに身に着けた自分の経験やスキルなどと紐付けたアピールが重要です。

専門性の高さ(経験・知識・技術力)はもちろん、人材育成やマネジメント力といった年齢相応の能力を備えていることを伝えましょう。

また、企業は転職者が職場に溶け込めるかどうかといったところも見ていますので、若い人や新しい環境に馴染む姿勢もアピールします。

3. 家族からの理解を得ておく

親子3人出典:Pixabay

転職は生活や環境が大きく変化する人生の一大イベントです。転職による変化は本人はもちろんのこと、家族の生活環境にも及びます。

転職サイト「ミドルの転職」の利用者アンケートによると、ミドル(35歳以上)ユーザーのうち、5割が「家族に転職を反対され内定を辞退したことがある」と答えています。

転職を反対した家族は76%が「妻」で、反対理由の約半分が「年収が下がること」となっています。転職後の新しい環境では、家族のサポートは必要不可欠です。

自分ひとりで決めてしまう前に家族とよく話し合って転職活動を進めるようにしましょう。

※参考:エン・ジャパン『ミドルの転職』ユーザーアンケート集計結果 2022.7.29

4. 譲れない条件・譲歩してもいい条件を整理する

譲れない条件を明確にしておくことも大切です。勤務地や給料、仕事内容など希望条件が明確であればあるほど、求人を探しやすくなります。

譲れない条件を明確にしておくのと同様に、譲歩してもいいことも整理するとよいでしょう。

すべての希望条件に合致した企業を探すとなると、大幅に時間を要してしまうからです。

たとえ希望条件に合致していた企業があったとしても、スキル・実績不足で弾かれてしまう可能性も多々あります。転職活動をスムーズに進めるためには、譲歩してもいい条件を整理しておきましょう。

譲れない条件と譲歩してもいい条件のバランスがとれていると、転職活動は成功しやすいですよ。

5. エージェント型と求人広告型を併用する

転職サイトは、自分で求人を探して企業とやりとりを行う「求人広告型」と、キャリアコンサルタントに求人を紹介してもらい選考に進む「エージェント型」があります。

エージェント型の場合、企業とのやりとりや選考対策などを手厚くサポートしてもらえます。転職活動を短期間で、効率的に進めたい人におすすめです。

転職サイトは自分のペースで進められるメリットがありますが、転職エージェントでは利用者の年齢やキャリアに合わせた手厚いサポートが用意されています。

転職エージェントと転職サイトそれぞれのメリットを柔軟に取り入れ、40代の転職を成功させましょう。

40代が転職の際に注意すべきこと

40代が転職の際に注意すべき点
  • 基本的に40代で未経験転職は難しい
  • 転職先が決まるまで退職しない
  • 給与や待遇にこだわりすぎない

基本的に40代で未経験転職は難しい

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

40代で未経験業界や職種への転職をすることは、基本的には難しいということは理解しておきましょう。

40代はこれまでのスキルや経験に加えて、マネジメント経験や専門知識といったレベルの高い条件を求められます。

企業は若手の育成には積極的ですが、長期的なキャリアを育むことが難しく、会社の風土や環境に馴染める柔軟性が期待しづらい40代の採用には及び腰です。

過去の経験やスキルを活かせたり、条件にこだわりすぎなければ未経験転職も可能ですが、難易度が高いことは承知しておいてください。

転職先が決まるまで退職しない

転職者の中には転職活動に専念するため、退職してから転職活動を始めようと考えている人もいるでしょう。

しかし、40代の転職は若い頃の転職と比べて難航して長期化しやすい傾向があり、計画していた通りの期間で転職先が決まるとは限りません。

退職後、収入のない状態で転職活動を行うことで強いストレスや不安を感じたり、なかなか内定が出ない焦りから不本意な転職先を選んでしまったりする可能性もあります。

在職中の転職活動は大変ですが、できるだけ金銭的・精神的余裕のある状態で転職活動を行った方が良いでしょう。

給与や待遇にこだわりすぎない

40代ともなれば、これまで培ってきた自分の実績やスキル、能力に自信を持っている人も多いはずです。

しかし、40代向けの求人数は豊富にあるわけではないため、あまり希望条件を絞り込みすぎてしまうと転職活動が難航してしまう恐れがあります。

希望条件には優先順位をつけ、妥協できる最低ラインがどこなのか、折り合いをつけて転職活動に臨むようにしましょう。

なかなか転職活動が思うように進まない場合には、一度希望条件を整理し直してみるのがおすすめですよ。

40代の転職に関するよくある質問

40代におすすめの転職サイトは?
40代におすすめの転職サイトは「ビズリーチ」です。
ビズリーチは30~40代の管理職・プロフェッショナルといったハイクラス向け転職サイト。
転職者の4割が40歳以上で、40代の転職後の平均年収は960万円となっています。
ある程度の企業経験を経て相応の実績やスキルを持っている人なら、ぜひ利用したい転職サイトですね。
40代におすすめの転職エージェントは?
40代におすすめの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。
株式会社リクルートが運営している業界最大手のエージェントで、業界最大級の求人数を誇ります。
業界・職種・エリアを問わず様々な企業の求人が揃っており、未経験歓迎の求人も多数あります。
求人の幅が狭まりやすい40代はまず登録しておいて損のないサービスでしょう。
40代で転職は難しい?
40代の転職は、20~30代と比べて求人数が少なく、求職者に求められる能力も高いものになります。
特に、未経験業界・職種への転職といったこれまでの経歴やスキルを活かしにくい転職を成功させるのはかなり難しいでしょう。
しかし、企業の求めるスキルや経歴、マネジメント能力をアピールできれば、年収アップ転職も十分可能です。
転職サイト・エージェントは無料で利用できる?
転職サイト・エージェントは基本的に無料で利用できます。
転職サイト・エージェントを運営する人材紹介会社は、企業紹介した求職者が入社した時点で、求人を出した企業から成功報酬を受け取ります。
そのため求人紹介はもちろん、応募書類添削や面接対策、年収交渉といった転職支援サービスの全てを求職者は無料で受けられるのです。
40代は転職サイト・エージェントから利用を断られることがあるって本当?
40代は転職サイト・エージェントにサービスを断られることもあります。
「年齢に見合ったスキルがない」「ブランクが長い」「マッチする求人がない」など様々な理由で紹介できる案件がないと言われてしまうのはよくあることです。
その時は、別の転職サイト・エージェントに登録したり、ハローワークも活用したりしてみましょう。
転職サイト・エージェントに登録するおすすめのタイミングは?
転職活動には平均3~6ヶ月かかると言われています。
しかし、40代向けは求人の絶対数が少なく、また年齢相応のキャリアや経験を持っていれば、希望条件や待遇などで折り合えないこともあるでしょう。
20~30代の頃の転職活動とは違い、40代の転職は6ヶ月を超える長期戦になることもあると、覚悟して臨む必要があります。
40代で未経験の業界・職種に転職できる?
即戦力としての活躍を求められる40代の未経験業界・職種への転職は厳しいです。
上司からはマネジメントしにくいと思われてしまったり、転職前より給与が下がったりするリスクもあります。
とはいえ、人手不足の業界では経験・年齢不問の求人も多く、営業・販売・接客・介護・ドライバーといった職種であれば資格がなくても就職しやすいでしょう。
40代の転職を成功させるためのポイントは?
40代の求職者には経験やスキルはもちろんのこと、マネジメント力や提案力、専門性が求められます。
また、キャリアの棚卸をして自分の市場価値を客観的に捉え、他の人にはない自身の強みは何か、企業が求める人材にどれだけマッチしているかを確認しましょう。
希望条件に優先順位をつけて、年収や役職にはこだわりすぎないことも大切です。
40代は転職で収入アップを目指せる?
厚生労働省「令和3年上半期雇用動向調査 転職入職者の状況」によると、前職の賃金に比べ増加したと答える人が40~44歳は39.9%、45~49歳は34.1%となっています。
逆に減少したと答える人は40~44歳で22.6%、45~49歳で30.4%です。
40代では年収をアップさせている人が多数派だと言えます。
参考URL:厚生労働省「令和3年上半期雇用動向調査 転職入職者の状況」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/22-1/dl/kekka_gaiyo-04.pdf
転職サイト・エージェントに登録しても会社にバレない?
基本的に、求職者の氏名や勤務先の情報は応募先企業にしか伝わりません。
ただ、勤務先の企業が使っているのと同じ転職サイトを利用していた場合、「スカウト機能」を通して身元がバレてしまう可能性があります。
スカウト機能は求職者の情報をある程度見られるので、「職務経歴」「年齢」「学歴」などから推測できてしまうためです。

まとめ

今回は、40代におすすめの転職サイト12選と求人数比較ランキングをご紹介しました。転職活動において、転職サイトの利用は欠かせません。特に40代は転職活動が長期に及ぶ場合があります。より効率的に転職活動を進めるためにも、転職サイトに登録することをおすすめします。

今回ご紹介したほとんどの転職サイトは、無料で利用可能です。40代でキャリアアップを目指したい人は、ハイクラス求人を多数扱う転職サイトがうってつけです。ぜひこの記事を参考にして、40代の転職活動を成功させてみてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.29
https://www.r-agent.com/
転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト 2022.7.29
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト 2022.7.29
https://doda.jp/

選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】 22022.7.29
https://www.bizreach.jp/

転職|30代、40代のハイクラス転職サイト【ミドルの転職】エンジャパン 2022.7.29
https://mid-tenshoku.com/
40代・50代のミドルシニア転職求人情報 – FROM40  2022.7.29

https://www.from-40.jp/
ハイクラス転職ならリクルートダイレクトスカウト 2022.7.29
https://directscout.recruit.co.jp/

ハイクラス転職サービス – iX転職【アイエックス】 2022.7.29
https://ix-tenshoku.jp/
令和2年分 民間給与実態統計調査 – 国税庁(p23「年齢階層別の平均給与」) 2022.7.29
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/pdf/002.pdf
令和2年雇用動向調査結果の概要|厚生労働省 2022.7.29
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-2/dl/kekka_gaiyo-03.pdf
【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ)2022.7.29
https://doda.jp/guide/age/?cid=003043600600500&utm_id=003043600600500
転職支援実績|会社情報|会社概要|転職エージェントのJAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント) 2022.7.29
https://www.jac-recruitment.jp/service/profile/performance
転職ならリクナビNEXT|希望の転職先が見つかる転職サイト 2022.7.29
https://next.rikunabi.com/
管理職、専門職の転職エージェント │ JAC Recruitment(ジェイ エイ シー リクルートメント)【 公式 】 2022.7.29
https://www.jac-recruitment.jp/
ランスタッド(Randstad)の求人・転職・派遣情報 2022.7.29
https://www.randstad.co.jp/
外資系企業への転職・求人、日系グローバル企業への転職求人ならロバート・ウォルターズ 2022.7.29
https://www.robertwalters.co.jp/


転職サイトの関連記事
おすすめの記事