アクセンチュア
最終更新日

アクセンチュアへの転職難易度は高い?年収や成功のコツを解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年8月1日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「アクセンチュアに転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。大手外資系コンサルタントであるアクセンチュアでは、グローバルな案件にも数多く携われます。世界を股にかけて活躍したい人だけでなく、自分の力を試してみたい向上心の高い人にうってつけの環境です。

しかし、いざ実際にアクセンチュアに転職しようとなると、仕事内容や選考の難易度が気になり躊躇してしまう人もいるでしょう。そこで本記事では、アクセンチュアの仕事内容や転職の成功ポイントを詳しく解説します。

記事の最後には、アクセンチュアへのおすすめの転職エージェントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アクセンチュアの基本情報

まずは、アクセンチュアの基本情報を解説します。おもな事業内容もあわせて紹介するので、アクセンチュアで働く自分の姿をイメージをしながら読んでみてください。

会社名 アクセンチュア株式会社
創立日
1995年12月
資本金 3億5000万円
社員数 約18,000人(2022年3月1日時点)

アクセンチュアは1995年に設立された比較的新しい企業です。アイルランドのダブリンに登記上の本社を置いていますが、実際はアメリカのシカゴとニューヨークに本拠点があります。

多国籍企業として知られており、日本にも複数の拠点があります。例えば、港区の赤坂・横浜のみなとみらいの首都圏だけでなく、大阪や北海道、福岡などにも支店を構えています。

2022年3月時点で、およそ18,000人の社員がいるのも特徴です。

さまざまな国に社員がいるため、どこにいても仲間意識を持ちながら働けるでしょう。

※出典:アクセンチュア「会社概要・地図」・2022.8.1

アクセンチュアのおもな事業内容

ここからは、アクセンチュアのおもな事業内容をひとつずつ解説します。アクセンチュアに入社したあと、どのような事業に携わりたいか想像しながらチェックしてみてください。

アクセンチュアのおもな事業内容
  • ストラテジー&コンサルティング
  • アクセンチュアソング
  • テクノロジー
  • オペレーション
  • コーポレート

ストラテジー&コンサルティング

パソコンを持つ手出典:Pixabay

「We Shape」をミッションに掲げ、クライアントが抱える経営上の課題や戦略的な取り組みをサポートするのが、ストラテジー&コンサルティングの仕事です。

実際に、クライアント企業の経営者と対話を重ね、信頼関係を築きながら課題をひとつずつ解決していきます。時には、専門家と協力しながら、プロジェクトを推進することもあるでしょう。

アクセンチュアにはAIやデザイン・テクノロジー領域の専門家集団を抱えており、協働することが求められます。

さまざまな立場の人に働きかける必要があるため、チーム単位で働くことが好きな人にうってつけですよ。

アクセンチュアソング

人々の暮らしの変化に寄り添い、企業の成長を実現するのがアクセンチュアソングの事業です。情報化社会の現代において、人々の価値観やニーズは絶えず変化しています。

企業が生き残るためには、価値観やニーズの変化に乗り遅れることなく、常に先を見据えながら事業を展開していかなければなりません。

アクセンチュアソングでは、想像力やテクノロジーを駆使しながら、社会やビジネスへ大きなインパクトを与えられます。

世の中に影響力のある仕事をしたいと思っている人におすすめですよ。

テクノロジー

パソコンを触る女性出典:Unsplash

ITの力を通じて、企業が抱える問題を解決に導くのがテクノロジー部門の仕事です。通信メディア・金融・公共サービスなど、さまざまな業界のITコンサルティングを担当します。

システム開発の将来像の策定やプランニングだけでなく、実際にシステムを開発し、保守・運用まで一気通貫して行うのが魅力です。

自分が担当したシステムを最後まで見届けられるため、大きなやりがいを感じられるでしょう。

ITに関する仕事を極めたい人や最後まで責任をもってサービスを届けたい人に向いていますよ。

オペレーション

デジタルの力でクライアントの業務改善を図るのが、オペレーション部門の役割です。近年話題にあがりつつある「DX化」の事業を行うのもオペレーション部門です。

クライアント企業のバックオフィス業務だけでなく、サプライチェーンや営業・マーケティングに関しても、DX化によって効率化を図ります。

DX化による業務改善だけでなく、業務オペレーションそのものをセットで請け負うため、持続的なコンサルティングが可能です。

DX化に知見がある人や新しい分野で自分を試してみたい人に適していますよ。

コーポレート

壁を見る男の人出典:Pixabay

コーポレート部門は、いわゆるバックオフィス業務に該当します。人事や総務、法務・情報システムが一例として挙げられます。

コーポレート部門はフロントに立つ社員のパートナーとして、日々業務を進めています。アクセンチュアが事業を大きくしている実感を、バックオフィスの立場から実感できるでしょう。

社員から頼られる機会が多いのも、コーポレート部門の魅力です。

誰かの役に立ちたい・裏方に徹するほうが得意と考えているなら、ぜひコーポレート部門への転職を検討してみてくださいね。

アクセンチュアの転職難易度は?

世界的企業のアクセンチュアは、コンサルティング業界で知名度が高く人気があることから、転職難易度は高めです。

求められる経験やスキルが高いことも転職難易度が高い理由の1つ。実務経験はもちろんのこと、コンサルティング業界における高度な知識や専門性、論理的思考が求められます。

さらに、どんなマインドを持っているのか、人間性も重視されます。アクセンチュアで働くには、「既存の概念にとらわれない」「信念を持ち誠実さを貫ける」などのマインドが必要です。

アクセンチュアが求める人物像については公式サイトに詳しく記載されているので、確認しておきましょう。

アクセンチュアの平均年収

オープンワークス株式会社の調査によると、アクセンチュアの平均年収は858万円となっており、かなり高い給与水準です。職種別の平均年収は、以下となっています。

コンサルタント 911万円
エンジニア・SE 612万円
アナリスト 559万円
テクノロジー 885万円
ディレクター 727万円

アクセンチュアのなかでは平均年収が低めなアナリスト職であっても、日本の給与所得者の平均年収433万円を上回っています※1コンサルタント職やテクノロジー職にいたっては2倍も平均年収が高く、この年収の高さも転職希望者が多い1つの理由です。

アクセンチュアは成果主義で給与は年俸制です。ボーナスは原則ありません。

※参考:アクセンチュアの「年収・給与制度」 OpenWork 2022.8.1
※1 参考:標本調査結果|国税庁 2022.8.1

アクセンチュアの選考フローを解説!

実際に、アクセンチュアの選考はどのように進むのでしょうか。選考フローをひとつずつ確認していきましょう。

アクセンチュアの選考フロー
  1. エントリー・書類選考
  2. 1次面接
  3. ケース面接
  4. 内定・入社

1. エントリー・書類選考

パソコンと男性出典:Unsplash

まずは、アクセンチュアの公式サイトからエントリーを行います。アクセンチュアのサイト内でアカウントを作ることからはじめましょう。メールアドレスやパスワードを入力するだけで簡単に作成できます。

エントリー時には、履歴書や職務経歴書の役割を果たすレジュメを書かなければなりません。いきなり書きはじめるのではなく、これまでの経歴やスキルを整理したうえでレジュメを記入することが大切です。

書類選考では経歴やスキルだけでなく、文章力や情報の整理力もチェックされます。

コンサルタントとして通用する基礎力があるか確認されるので、レジュメは丁寧にまとめましょう。

2. 1次面接

1次面接では、レジュメに記載されている経歴やスキルについて聞かれる可能性が高いです。コンサル業界に限らず、どの職場でも聞かれがちな質問といえます。

これまでどのような経験をしてきたのか、端的にわかりやすく伝えられる練習をしておくとよいでしょう。身につけたスキルをひとつずつ整理する方法もおすすめです。

また、今後のキャリアプランについて質問される可能性もあります。

アクセンチュアに入社した後の5年後・10年後のキャリアについて考えておくとよいでしょう。

3. ケース面接

話し合う男性出典:Unsplash

ケース面接とは、実際に起こりうる課題に対して、どのような解決策を導くのか確認する方法です。課題解決によってクライアントを支えるコンサル業界では、比較的よく見られる面接形態といえます。

アクセンチュアのケース面接では、お題を提示されたあと、10分間考えをまとめる時間が用意されています。しかし、ケース面接に慣れていないと、10分の間に考えをまとめることは難しいでしょう。

ケース面接を練習する書籍も販売されているので、もし慣れていないなら入念に準備をすることをおすすめします。

準備をしておけば自信がつき、リラックスした状態で面接に臨めますよ。

4. 内定・入社

すべての選考に通過したら、無事に内定です。内定後はほかの企業と同じく、オファー面談が行われる可能性があります

オファー面談とは、給与や待遇などが提示され、候補者が納得して内定承諾するための場です。この時点でわからないことがあれば、必ず確認しておきましょう。

入社するまでに時間があれば、ニュースや新聞などを読んで、知見を深めるのもおすすめです。

ケース面接用の書籍を購入したのであれば、再度目を通しておくのもよいでしょう。

アクセンチュアに転職する前に適正年収を調べてみよう

アクセンチュアへの転職を考えている人は、まず自分の市場価値を知るために適正年収を調べてみましょう。

適正年収は、転職サイトdodaの”年収査定シミュレーター”で簡単に割り出せます

無料登録を行い簡単な質問内容に答えるだけで、適正年収および現在よりいくら年収アップするかなどが分かります。所要時間は3分程度で気軽に試せるので、利用してみてください。

doda会員186万人のビッグデータから、アンサンブル学習アルゴリズムによって適正年収を導き出しているので、参考になるでしょう。

アクセンチュアへの転職を成功させるコツ

アクセンチュアへ転職を成功させるには、どのようなことをすればいいのでしょうか。考えられる4つのコツを解説します。

アクセンチュアへの転職を成功させるコツ
  1. スキルを身につける
  2. 語学力を磨く
  3. 企業研究を徹底的に行う
  4. 転職エージェントを活用する

1. スキルを身につける

昇進出典:Pixabay

スキルを身につけることは、アクセンチュアへの転職を成功させる近道でもあります。なぜなら、アクセンチュアの中途採用では未経験者の選考通過が難しいからです。

例えば、ストラテジー&コンサルティングの募集要項には、応募資格として「3年以上のコンサルティング経験・事業会社での実務経験」と記載されています。

そもそも未経験者の場合は応募すら叶わないため、事前にスキルを身につけることはマストといってもよいでしょう。

現職で経験を積むことが難しければ、未経験歓迎の企業で力をつける選択肢もありますよ。

2. 語学力を磨く

アクセンチュアはグローバルに事業を展開している企業です。そのため、英語をはじめとした語学力は欠かせません

アクセンチュアに掲載されている募集要項を読むと、望ましい経験・スキル欄に「ビジネスレベルの英語力」と記載されています。英語力に長けていれば、周りの候補者と差をつけられるでしょう。

アクセンチュアは外資系の企業でもあります。世界中から社員が集まるため、英語のほうが社員とコミュニケーションをとりやすい場面もあるでしょう。

語学力はすぐに身につくものではないため、継続して勉強を行うことが大切ですよ。

3. 企業研究を徹底的に行う

企業研究を徹底的に行うことも、アクセンチュアへの転職を成功させるポイントです。売上高や利益率など、基本的なデータは抑えておきましょう

アクセンチュアのカルチャーにフィットしているかどうかも、選考基準になります。アクセンチュアでは助け合いの精神を大切にしているので、カルチャーに合うエピソードを用意しておきましょう。

そのほかにも、アクセンチュアのビジョンへの理解も必要不可欠です。

ビジョンをただ暗記するのではなく、心から共感できるレベルまで熟考することをおすすめしますよ。

4. 転職エージェントを活用する

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

アクセンチュアへ転職を本格的に考えているなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントを活用すると、さまざまなメリットを得られます。

例えば、転職のプロによるアドバイスを受けられるのが魅力です。コンサル業界に詳しいキャリアアドバイザーが親身に相談にのってくれるため、有益なアドバイスを得られるでしょう。

また、選考対策をマンツーマンで受けられるのもうれしいポイントです。

応募書類の添削や面接対策を受けられるので、はじめて転職活動をする人にも心強い味方になってくれますよ。

アクセンチュア転職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • コンサル業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍
  • 応募書類の添削をしてくれる
  • 独自に分析された企業情報の提供

リクルートエージェントには、コンサル業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しています。アクセンチュアについて詳しい話が聞きたいなら、一度相談してみるとよいでしょう。

また、応募書類の添削を行ってくれるのもメリットです。自分ではなかなか手直しが難しい書類に関しても、転職のプロが実のあるアドバイスをしてくれます。

独自に分析された企業情報を提供してくれるため、企業研究が捗るのも魅力です。

企業研究の仕方がいまひとつわからない人や、手っ取り早くアクセンチュアの情報を知りたい人に向いていますよ。
公開求人数 246,844件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
対象エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.8.1現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 事前に雰囲気や働く人の様子を掴める
  • 強みや価値観を言語化してくれる
  • 平日の夜や土曜日にも相談できる

アクセンチュア入社後にミスマッチを引き起こしたくないなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントには、企業に直接足を運んでいるスタッフがいます。

そのため、アクセンチュアの企業風土や働く人の様子を選考前にキャッチアップできるのが魅力です。アクセンチュアは外資系企業であるため、日系企業の雰囲気と大きく異なることが予測されます。

事前に情報を掴めていれば、入社後のミスマッチを心配する必要がなくなるでしょう。

平日の夜や土曜日にも転職相談できるため、在職しながら転職活動する人にもおすすめですよ。
公開求人数 要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
対象エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.8.1現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 直接スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を定期的に実施している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

効率よく転職活動を行うなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴・スキルを記載しておくと、採用担当者からスカウトを受け取れる場合があります。

アクセンチュアの採用担当者がスカウトを送る可能性もゼロではありません。経歴やスキルなどをきちんと記載しておくことで、スカウトを受け取れる可能性を底上げできます。

また、転職フェアや相談会を定期的に実施しているのもメリットです。

アクセンチュアが出展していれば、選考前に話を聞けるチャンスなので、ぜひ参加してみましょう。
公開求人数 189,269件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
対象エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.8.1現在

転職に関するよくある質問

ここでは、アクセンチュアへの転職に関するよくある質問をご紹介します。

アクセンチュアの転職難易度はどれくらい?
専門性の高い知識やスキルが求められるため、アクセンチュアの転職難易度は高いです。未経験者も募集している職種もありますが、実務経験がある求人希望者も多いため、採用に至るのは簡単ではないでしょう。求められる人材は、コンサルティングファーム出身者やITインフラ業務経験者、システム開発経験者などです。
アクセンチュアの面接でよく聞かれる質問は?
アクセンチュアの面接では、前職の退職理由や志望動機はもちろん、アクセンチュアに入社後の目標やチャレンジしてみたいことなどが聞かれます。また「自分の趣味をどのようにしたら売れるのか」「自分を動物に例えると何か」など、一般的な面接ではあまり聞かれないような少し変わった質問をされることもあります。そのため、事前に企業研究をしてしっかりと面接対策をしておくことが大切です。
アクセンチュアへの転職を失敗しないために知っておくべきことは?
アクセンチュアは世界規模の有名な外資系コンサルティング会社なことから、華やかなイメージがあるかもしれません。しかし、実際は資料作成を長時間しなければならないなど、裏方の地味な作業も多くあります。華やかなイメージとのギャップに「イメージしていたコンサルと違う…」として転職して間もないうちに離職してしまう人もいます。そうならないためにも、転職エージェントを利用して、なるべく多くの情報を入手しておくとよいでしょう。
アクセンチュアは未経験でも転職可能?
アクアセンチュアは、未経験の転職も受け入れています。しかし、未経験でも高い水準の論理的思考能力や問題解決能力が求められるので、しっかりと対策を練っておく必要があります。
アクセンチュアの社風・カルチャーは?
アクセンチュアは、それぞれの社員独自の貢献を尊重し、信頼し合いながら他者を受け入れていく社風です。「海外のプロジェクトに参加したい」「これまでやったことのない仕事にチャレンジしたい」といった社員も多く、社員の希望を積極的に認めています。
アクセンチュアへの転職に年齢や転職回数は影響する?
アクアセンチュアへの転職希望者に対して、年齢や転職回数の制約はありません。また、性別や国籍も不問です。採用は、転職希望者の持っているスキルや経験に基づいて選考が行われます。 ※参考:採用情報|アクセンチュア
アクセンチュアの選考期間はどれくらい?
選考期間は1〜2ヵ月程度です。ただし、職種によって選考プロセスが異なるため、あくまでも目安として覚えておくのがよいでしょう。
アクセンチュアに転職するにはどのくらいの英語力が必要?
TOEICスコアなど、英語力の具体的な基準は設けられていませんが、問題なく英語でコミュニケーションが取れるレベルの英語力が必要です。
アクセンチュアの福利厚生は?
アクセンチュアの福利厚生は、確定拠出年金制度、従業員株式購入プラン、長期収入所得補償、契約施設の施設・ホテルなどの割引特典、ポイント・割引サービス、健康サポートなどがあります。
アクセンチュアは副業可能?
副業は原則禁止となっています。しかし、申請をして審査を行った上で承認されることもあります

まとめ

今回は、アクセンチュアに転職を考えている人に向けて、仕事内容や転職成功のポイントなどを解説しました。アクセンチュアはグローバルに事業を展開しているため、やりがいをもちながら働けるでしょう。また、さまざまな分野の専門家と協力してプロジェクトを進めることも多く、チーム単位で働くことに喜びを感じる人にとってうってつけの環境です。

アクセンチュアへの転職を本格的に考えているのなら、転職エージェントの活用をおすすめします。転職のプロから面接時の注意点やアドバイスなどを受けられるので、効率的に転職活動を進められるはずです。ぜひこの記事を参考にして、アクセンチュアへ後悔のない転職をしてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.8.1
https://www.r-agent.com/
マイナビエージェントで業界のプロに相談|転職エージェント 2022.8.1
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.8.1
https://doda.jp/
会社概要・地図|アクセンチュア 2022.8.1
https://www.accenture.com/jp-ja/about/company/japan
アクセンチュアの「年収・給与制度」 OpenWork 2022.8.1
https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000G33n&q_no=2
標本調査結果|国税庁 2022.8.1
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/minkan.htm
「転職」と「適正年収」 年収査定 |転職ならdoda(デューダ) 2022.8.1
https://assess.doda.jp/
採用情報|アクセンチュア 2022.8.1
https://www.accenture.com/jp-ja/careers


おすすめの記事