経理 転職
最終更新日

経理に転職したい人必見!おすすめの転職エージェント・サイト

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月20日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「経理に転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。経理は企業のお金周りを支える縁の下の力持ちのような存在です。どの企業でも必要とされる職種なので、スキルや経験を積み重ねていくうちに、年収アップやキャリアアップを叶えられるでしょう。

しかし未経験から経理へ転職を目指す人のなかには、実際にどのような仕事を行うのか・未経験では難しいのではないのかと気になる人もいますよね。そこで本記事では、経理の仕事内容や未経験から転職するために必要なことなどを徹底解説します。

経理の転職におすすめの転職エージェント・サイトもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

経理の仕事内容

まず、経理の仕事内容を解説します。経理のおもな仕事内容や会社規模の観点から、詳しく確認していきましょう。

日次業務

電卓

参照:Pixabay

日次業務は経理になって最初に任されることが多い業務です。1日単位で発生する取引に関して、お金の管理を行います。

例えば、経費の精算や伝票の発行、銀行振込の確認などが挙げられます。ミスのないように、細かい部分まで気を配りましょう。

また、売上・仕入に関するお金の管理も行います。

買掛金・売掛金など、経理の仕事をするうえで必要なキーワードは覚えておきましょう。

月次業務

月ごとに生じるお金の管理を行うのが月次業務です。社員の給与払いも業務に含まれるため、責任重大の業務といえます。

給与支払いのほかにも、取引先からの入金や支払管理・未収入金の管理などもあわせて行うのが経理の役目です。

その月の売上額が左右されるため、気を引き締めて業務にあたることが求められます。

慣れてきたら、月次決算を担当することもありますよ。

年次業務

電卓出典:Pixabay

年次業務は経理の仕事のなかで、最もハードルが高い業務です。1年間の取引をまとめる仕事なので、お金周りの仕組みをきちんと把握する必要があります。

具体的な仕事内容は、年次決算や子会社・親会社との連結決算などです。他部署や社外の人とやりとりする機会も多いでしょう。

また、税務申告や外部向けの開示資料を作成する場合があります。

高度な知識やスキルが必要となるため、日々の勉強が欠かせませんよ。

会社の規模による経理の仕事内容の違いとは?

会社の規模によって、経理の仕事内容に違いは生じるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

大手企業・上場企業

大手企業・上場企業は経理の人員が充足されている傾向が高いです。そのため、それぞれの役割が分業されているケースが多数見受けられます。

例えば、財務担当・決算担当などに割り振られ、それぞれの業務を行うことがほとんどです。

分業されているので仕事量がそこまでハードではありません。

ただ、経理全体の知識やスキルを身につけたい人はやや物足りなさを覚える可能性がありますよ。

中小企業

中小企業はそもそもバックオフィス業務の人員を最小限に抑えている可能性があります。経理の人員も限られてしまいがちです。

そのため、中小企業のなかには1人で経理業務を行うケースも少なくありません。総務の業務と兼任する場合もあります。

優先順位を決めながら仕事をしないと、手が回らないこともあるでしょう。

ある程度、経理の仕事を覚えた人に適した環境ですよ。

外資系企業

外資系企業は日系企業と違って、海外に拠点を置く親会社に対して決算報告をしなければいけません。

そのため、たとえ経理であっても、ビジネスレベルの英語力が必要です。語学力を活かしたい人におすすめの環境といえます。

また、日本国内での税務申告用の決算も大切な仕事です。

国内外それぞれに合わせて、業務を進めることが大切ですね。

経理に転職する4つのメリット

経理に転職すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

1. 会社から必要とされる実感を得られる

経理に転職すると得られるメリットのひとつに、会社から必要とされる実感を得られることが挙げられます。

企業はお金の動きを正確に記録する必要があり、そのためには経理の存在が必要不可欠です。

経理のいない企業はほぼ存在しないといっても過言ではないほど、どのような規模・業種であっても経理は欠かせません

企業の縁の下の力持ちのような存在として、存在意義を見出しやすいでしょう。

2. 専門的な知識が身につく

ビジネスマン出典:Pixabay

専門的な知識が身につくのも、経理に転職するメリットです。経理はお金周りの業務を担当することから、専門的な知識が大いに身につきます。

例えば、会計管理や財務など、一般の人ならほとんど知らないような知識を習得できるのが魅力です。

また、経理はお金の流れを日次・月次・年次の順で日々チェックしています。そのため、経営者の視点が身につきやすくなるでしょう。

いずれ起業や独立を考えている人にとっては、絶好の学びの場となる可能性が高いですよ。

3. 突発的な残業・休日出勤が起きにくい

経理はワークライフバランスを比較的重視できる職業です。ある程度スケジュールが決まっているため、予定の調整をしやすい傾向にあります。

決算期は忙しいケースも多数見受けられますが、決算期以外の期間は比較的穏やかに業務を進められる可能性が高いです

突発的な残業や休日出勤が起きにくいため、育児や家庭と両立しながら働きたい人に適した環境といえます。

働きがいと同じくらい働きやすさを求めている人は、経理の転職を検討してみてはいかがでしょうか。

4. キャリアステップがわかりやすい

昇進出典:Pixabay

経理はキャリアステップがわかりやすいのがメリットです。日次業務・月次業務・年次業務の順番で難易度が上がります。

自分のスキルが現在どれくらいのレベルなのかわかりやすいため、目標を定めやすいのが大きな魅力です。

営業をはじめとしたほかの職種は、現在自分がどれくらいのレベルなのかいまひとつ分からないという人も少なくありません。

経理なら自分の現在位置をすぐに把握できるため、目標を持ちながら日々の業務に取り組めますよ。

経理に転職する3つのデメリット

一方、経理に転職するとデメリットは生じるのでしょうか。考えられるデメリットをいくつか解説します。

1. 決算期が多忙

経理に転職すると、決算期が多忙を極めがちです。決算期は通常業務と同時並行で年次決算を進める必要があります。

年次決算は1年間のお金の出入りや取引実績をまとめたものです。そのため、経理業務のなかでも必然的にボリューミーになります。

決算期以外では残業がなくても、決算期になると残業が発生する可能性も大いにあります。1年を通じて必ず定時退社をしたいと考えている人は注意が必要です。

1年間の平均残業時間を調べると同時に、決算期の平均残業時間をチェックするのもおすすめですよ。

2. 人間関係が閉鎖的

頭を抱える男性出典:Unsplash

経理は人間関係が閉鎖的になりがちです。営業のような出入りが激しい部署とは異なり、腰を据えて働くケースが多数見受けられます。

そのため、もし人間関係が悪化してしまうと、会社にいづらくなってしまうのがデメリットです。

人間関係を悪化させないためにも、関係性の維持に努めましょう。もし困ったことがあれば、すぐに上長へ相談することが大切です。

居心地のよい人間関係を築けると、仕事もやりやすくなります。

3. 大幅な給料アップが望めない

大幅な給料アップを望めないのも、経理に転職するデメリットです。経理は営業や企画開発などのような成果を出す職種ではありません。

会社の売上に直接貢献しているわけではないので、インセンティブや業績賞与などの対象から外れてしまうことも多々あります。

昇給に関しても同様です。営業のように目標値を定めにくいため、会社側が昇給の判断をしにくい場合があります。

もし、同世代よりも稼ぎたい・今よりも大幅な給料アップを狙いたいと考えているなら、経理への転職を考え直したほうがよいでしょう。

経理に向いている人の特徴

ここからは、経理に向いている人の特徴を解説します。自分にあてはまるかどうか、ぜひチェックしてみてください。

コツコツとした業務が得意な人

勉強している人出典:Pixabay

コツコツとした業務が得意な人は経理の素質があります。経理は事務作業が多いため、日々デスクに向かって業務をこなしていく必要があるからです。

また、数字を扱う業務が多いため、細かい部分まで気を配れる人も経理に向いています。几帳面な性格の人は、自身の特性を大いに活かせるでしょう。

経理の業務は仕訳ソフトやExcelなど、ツールを使用する機会が多々あります。

デジタルツールに抵抗がない人にも、経理の仕事は向いているでしょう。

計画を立てて物事を進められる人

スケジュール管理が得意な人も経理は向いています。経理の仕事は日次・月次・年次業務とカテゴライズされており、どの仕事も計画をもって進めなければいけません。

特に、年次決算は前もって決められたスケジュールに沿って、計画的に業務を進めることが求められます。

計画を立てることが得意な人や、計画に従って業務を進めることが好きな人におすすめです。

スケジュール管理ができると、周りからも重宝される存在になるでしょう。

未経験から経理に転職するために必要なこと

未経験だからといって、経理に転職できないということはありません。ここからは、未経験から経理に転職するためにできる具体的な方法を解説します。

資格を取得する

未経験から経理に転職するなら、経理の仕事に役立つ資格取得がうってつけです。資格を取得することで、周りのライバルと差をつけられます。

おすすめの資格として、日商簿記検定が挙げられます。日商簿記検定を取得することで、経理担当者に求められる経理の知識を総合的に身につけられるでしょう。

また、FP技能士も人気の高い資格です。資金計画が立てられることを目指した資格なので、日々の生活にも役立てられるメリットがあります。

市販されているテキストや問題集などを使って、独学で資格取得できるのも利点ですね。

転職理由を明確にする

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

転職理由をきちんと整理しておくことも重要です。特に、未経験から経理に転職したいと考えている人は欠かさずに行いましょう。

転職理由を明確にしておかないと、面接の場で採用担当者を納得させることができません。きちんと自分の言葉で話せるように、時間をかけて考え尽くすことが大切です。

「なぜ経理を目指そうと思ったのか」「前職で何が合わなかったのか」など、自分なりに考えておくことで転職の軸を作れます。

転職の軸が定まっていれば、迷うことなく志望動機を書けるでしょう。

転職エージェントに登録する

意外にも見落としがちなのが、転職エージェントの登録です。転職エージェントに登録すると、効率的に転職活動を進められます。

あらゆる業種・職種に精通した転職のプロが在籍しているため、経理の転職で悩み事や困ったことが生じたら気軽に相談可能です。

また、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるメリットがあります。志望動機や自己PRの書き方で迷ったら、アドバイスをもらいましょう。

基本的に転職エージェントは無料で利用できます。気兼ねなく活用してみてくださいね。

経理転職におすすめの転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 経理の公開求人が6,000件以上
  • 実績豊富なアドバイザーが多数在籍
  • 充実した選考サポートが受けられる

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年5月時点で、経理の公開求人は2,617件・非公開求人は4,130件もあります。

誰もが知る大手・有名企業から、成長スピードが著しいベンチャー・スタートアップ企業まで幅広く求人を扱っているのがポイントです。

取り扱っている求人数が多ければ多いほど、自分に合った求人を見つけやすくなります。特に、希望条件が明確に定まっている人におすすめです。

実績豊富なアドバイザーが多数在籍しているので、わからないことがあれば気軽に相談できるでしょう。
公開求人数 233,643件
経理の公開求人数 6,642件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.20現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 働く人の様子や企業の雰囲気が事前にわかる
  • 強みや価値観を第三者視点で言語化してくれる
  • 応募書類を丁寧に添削してくれる

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、マイナビエージェントがうってつけです。マイナビエージェントには、企業に直接足を運んでいるリクルーティングアドバイザーがいます。

企業の雰囲気や働く人の様子までリサーチしてくれるため、求人票に掲載されていない情報を事前につかむことが可能です。

特に、経理はクローズドな人間関係の場合が多いため、事前に働く人の様子をキャッチアップしておくと転職後のミスマッチ解消が期待できます

強みや価値観を第三者視点で言語化してくれるのも、転職活動をするうえで大きなメリットになりますね。
公開求人数 要問い合わせ
経理の公開求人数 要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.7.20現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる場合がある
  • 転職に役立つコンテンツが豊富
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催している

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでは実績やスキルを登録しておくと、企業から直接スカウトが届く可能性があります。

特に、これまで経理として働いてきた人は、業務内容やスキルを詳細に記載しておきましょう。採用担当者の目に留まりやすくなるのでおすすめです。

未経験から経理に転職を考えているなら、取得した資格を記載する方法がおすすめです。学ぶ意欲を採用担当者にアピールできるでしょう。

転職フェアや相談会を定期的に開催しています。採用担当者と直接話したい人は必見ですよ。
公開求人数 147,087件
経理の公開求人数 7,809件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職フェア
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.20現在

まとめ

今回は、経理に転職したい人に向けて、経理の仕事内容やメリット・デメリットなどをご紹介しました。企業に欠かせない存在である経理は、縁の下の力持ちのような存在です。決して表にでることはありませんが、企業を支える存在として大きなやりがいを持ちながら働けるでしょう。

もし未経験から経理に転職したいなら、資格を取得する方法がおすすめです。仕事の流れをつかみやすくなるだけでなく、採用担当者へアピールできます。また、転職エージェント・サイトに登録しておくと、効率的に転職活動ができるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、経理への転職を成功させてください。

(提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.20
https://www.r-agent.com/
マイナビエージェントで業界のプロに相談|転職エージェント 2022.7.20
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.7.20
https://doda.jp/


おすすめの記事