Amazon
最終更新日

Amazonに転職したい人必見!難易度や年収、評判を事前にチェック

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)
※本記事は2022年8月2日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「Amazonに転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。Amazonは世界を代表するIT企業のひとつでもあり、全世界にECサイトを構築しています。グローバルに事業を展開しているため、知名度が高いのも魅力です。日本にも支社があり、最先端の技術に触れながら、世界を相手にやりがいのある仕事ができます。

しかし、実際にAmazonに転職するとなると、評判や転職難易度が気になり迷ってしまう人もいるでしょう。そこで本記事では、Amazonの仕事内容や転職を成功させるポイントを徹底的に解説します。

Amazonへの転職におすすめの転職エージェントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Amazonの基本情報

まずは、Amazonの基本情報を解説します。Amazonのおもな職種をあわせて解説するので、どの職種が自分に合っているかイメージしながら読んでみてください。

会社名 Amazon.com,Inc.
創立日
1994年7月5日
資本金 1000万円
社員数 130万人(全世界合計)

Amazonは比較的新しくできた会社です。設立してから30年未満でありながら、世界有数のIT企業に成長しているほど、成長率が高い会社として知られています。

Amazonの従業員数は130万人となっており、世界的に見てもこれほど従業員を抱えている企業は早々ないでしょう。なお、Amazonの物流センターや配送ドライバーも従業員数に含まれています。

自宅にいながら買い物ができるECサイトは、今後ますます利用者の増加が見込まれます。

成長速度が著しいAmazonで働くことで、自分自身の成長も期待できるでしょう。

※出典:Amazon「会社概要|地球上で最も豊富な品揃え ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング」 2022.7.28

Amazonのおもな部門

ここからは、Amazonのおもな部門をご紹介します。それぞれの特徴を詳しく解説するので、自分が就きたい仕事をイメージして読んでみてください。

フルフィルメントセンター

物流センター出典:Unsplash

フルフィルメントセンターは、Amazonの物流拠点で働く部門を指します。最先端のシステムや設備が導入された物流倉庫で、商品の入荷から出荷まで管理を行うのがおもな仕事です。

また、本社の戦略部門やテクノロジー部門と連携しながら、物流のネットワークを新たに構築する役目を担っているのも、フルフィルメントセンターといえます。

2021年8月時点で、日本国内のフルフィルメントセンターは20拠点を超えており、今後ますます規模が拡大することでしょう。

さまざまな人と連携しながら業務を進めるため、チームで動くことが好きな人に向いていますよ。

サプライチェーンマネジメント・ミドルマイル

サプライチェーンマネジメント・ミドルマイルは、Amazonの配送スピードをコントロールする部門です。

商品が物流拠点と仕分け拠点を通過し、最終配送拠点にたどり着く前に膨大なデータを分析しています。データ分析後は、課題解決・企画立案を通じて、より最適な物流網構築を目指すのが仕事です。

社内ではさまざまなプロジェクトが進んでおり、コンサルタントやアナリストとも協働することが多々あります。

他人とコミュニケーションをとることが好きな人に向いているでしょう。

ラストマイル

配送出典:Unsplash

ラストマイルは、配送ネットワークの構築・運用を担う部門です。ハイクオリティな配送サービスをお客様に提供できるように、業務を進めています。

既存の配送システムを改善するだけでなく、新しい配送のあり方を考えるのもおもな仕事です。アイデアを形にすることが好きな人や、イチから新しい取り組みを考えることが得意な人に向いています。

ユーザーが求める物流のニーズは日々進化しています。

物流のリーディングカンパニーであるAmazonで、物流をアップデートできることにやりがいを感じるでしょう。

カスタマーサービス

カスタマーサービスは、Amazon唯一のお客様の声を直接聞ける部門です。「地球上で最もお客様を大切にする企業」というビジョンを体現しています。

カスタマーサービスには、リアルタイムでお客様をサポートする部門と、長期的にお客様の満足度を向上させるといったふたつの部門があります。

Amazonに寄せられたお客様からの意見をその場で反映するのと同時に、長期的な視点で活かせるよう工夫しているのが特徴です。

お客様ファーストで行動する社員にあふれており、やる気や熱意を大いに感じられるでしょう。

オペレーション技術開発

データ分析出典:Pixabay

オペレーション技術開発は、物流プロセスの設計・導入・改善を行う部門です。お客様の意見を取り入れながら、より快適にショッピングを楽しめるような取り組みを行っています。

エンジニアをはじめとして、専門的な知識をもつスペシャリストがアイデアを出し合いながら、Amazonが抱えている課題の解決策を導き出しているのが特徴です

自身のアイデアが形になることにやりがいを見いだせるでしょう。

時には、シアトル本社の社員とも連携しながら、世界に通用するシステムを創出することもありますよ。

Amazonの転職難易度は?

Amazonの転職難易度は、職種によって異なります。物流管理やオーペレーションなどの一般職は、専門的なスキルは求められず、仕事に対する熱意や人間性が重視される傾向にあります。そのため、転職難易度はそれほど高くありません。

しかし、Amazonは知名度が高い世界的な大企業であるがゆえに、応募者が多く競争率が高めです。転職難易度があまり高くないといえども、内定を勝ち取るための対策は練っておく必要があります。

一方、マーケティングや人事、アナリスト、事業開発などのハイレイヤー職は、それぞれの職種のスキルや実務経験が必要なため、転職難易度は高いです。職種や部門によっては、英語力も求められます。

職種によっては未経験者の転職も受け入れていますよ。

Amazonの募集職種

ここでは、Amazonの募集職種の一部を解説します。

Amazonの募集職種
  • 営業・コンサルタント
  • 人事
  • クリエイティブ

営業・コンサルタント

営業・コンサルタント職の募集要項は以下の通りです。

営業・コンサルタントの募集要項
  • 業界を問わず3年以上の営業、もしくはコンサルティングの経験
  • 長期的かつ多角的に顧客とWin-Winの関係を築く能力
  • 新しいビジネスマーケットを開拓する情熱

募集要項を見てみると実務経験だけでなく、Amazonの社風やカルチャーに合ったマインドをもった人材が求められていることが分かります。

あわせて中級レベル以上の英語レベルがあるとより好ましいですよ。

人事

面接

出典:unsplash

人事は、おもに4つのポジションの求人があります。

人事のおもなポジション
  • リクルーター
  • HRビジネスパートナー
  • リクルーティングコーディネーター
  • HRスペシャリスト

募集要項では、3年以上の人事採用経験高いコミュニケーション能力、数値管理能力、TOEIC700点以上の英語力などが求められています。

高いスキルが求められる職種ですが、選考倍率が数十倍になることも少なくありません。

クリエイティブ

Amazonのクリエイティブ部門ではおもに、デザイナー職を募集しています。

デザイナーのおもなポジション
  • Webデザイナー
  • UX/UIデザイナー
  • ビジュアルデザイナー

デザイナー職ではおもに、ウェブサイト制作経験顧客視点に立ってデザインに取り組める能力、コミュニケーション能力、複数のプロジェクトを効率よく手がけられる能力などが求められます。

チームで仕事を進めることが多いため、デザインスキルだけでなくコミュニケーションスキルも重視されますよ。

Amazonの平均年収・福利厚生

ここでは、Amazonの平均年収と福利厚生について紹介します。

Amazonの平均年収・福利厚生
  • 平均年収
  • 福利厚生

平均年収

お金

出典:pixabay

オープンワーク株式会社の調査によると、Amazonの平均年収は1,001万円となっています。職種別の平均年収は、以下のとおりです。

マーケティング 1,242万円
マネージャー 1,177万円
営業 1,075万円
管理 895万円
オペレーション 815万円

職種によって差があるものの、給与水準はかなり高いことが分かります。

Amazonは新卒、中途、年齢など関係なく実力主義で評価されて年俸が決まります。

※参考:アマゾンジャパン合同会社の「年収・給与制度」 OpenWork

福利厚生

Amazonの福利厚生は、以下の通りです。

Amazonの福利厚生
  • 社会保険(アマゾンジャパン健康保険組合、厚生年金、労災保険、雇用保険)
  • 確定拠出年金
  • 制限付株式(RSU)
  • 各種休暇(有給休暇、特別有給休暇、パーソナル休暇)
  • 社内公募制度
  • 健康診断
  • 会員制福利厚生制度
  • 社員割引
  • 団体生命保険
  • 従業員アシスタントプログラム

社内公募制度は、対象の社員が海外・国内問わずAmazonの募集中のポジションに応募できる制度です。グローバルに活躍できるチャンスがあります。

有給休暇は初年度最大14日間、パーソナル休暇は年間最大5日間です。

※参考:福利厚生 | アマゾンジャパンキャリアサイト

Amazonの選考フローを解説!

ここからは、Amazonの選考フローについて解説します。それぞれのフローについて、ひとつずつ確認していきましょう。

1. エントリー

パソコンと男性出典:Unsplash

まずは、Amazonの公式サイトからエントリーを行います。勤務地・部門・職種の3つのカテゴリーのなかから、自分に合った方法でエントリーしましょう。

エントリーをする際には、レジュメが必要です。レジュメとは日本でいう履歴書・職務経歴書にあたるため、事前に用意しておくと安心でしょう。

レジュメを添付したあとは、いくつかの質問に答えていきます。

回答漏れがないかどうか確認したら、「送信ボタン」を押してエントリー完了です。

2. 書類選考

エントリーが終わったら、Amazon側で書類選考が行われます。レジュメだけで判断できない場合は、追加の質問や電話にてインタビューされることもあるので、認識しておきましょう。

公式サイトによると、書類選考の結果は2週間以内をめどに連絡がくるようです。多少時間がかかってしまいますが、気長に待ちましょう。

なお、書類選考以後のステップに進めない場合は、個別で連絡がくることはありません。

次のステップに進むためにも、応募書類の作り込みが大切ですよ。

3. 1次面接

話し合う男性出典:Unsplash

書類選考を通過したあとは、1次面接に進みます。1次面接の選考基準は明らかにされていませんが、業界・Amazonへの理解度をチェックされることが予測できます。

また、PCを使ったテストを実施することもあるようです。どのようなテストであっても動じないよう、事前に準備しておきましょう。

面接では、Amazonで働きたい気持ちを直接社員に伝えらえるチャンスです。

後悔することが無いように、面接対策を練っておくことが大切ですよ。

4. ループ面接

1次面接を無事通過したら、最終選考でもあるループ面接です。ループ面接では複数の面接官と候補者1人で面接を行います。

希望するポジションごとに面接官の人数は異なります。たとえ複数の面接官がいたとしても、こちらのペースを乱すことなく落ち着いて回答しましょう。

また、面接の前に特定のトピックスについて、文章にまとめることも要求される場合があるようです。

日頃からニュースや新聞を読んでおき、自分の考えをまとめるクセをつけておくとよいですね。

5. 内定・入社

パソコンを持つ手出典:Pixabay

すべての選考を終えたら、Amazonへの内定が決まります。多くの企業では内定後に、オファー面談が実施されます。

オファー面談とは、給与や待遇などが改めて提示され、内定を承諾するかどうか決める面談です。この時点で、待遇や仕事内容などに不明な点があれば、必ず解決しておきましょう。

内定を承諾したら、入社日を決定します。

現職との兼ね合いを考えながら、慎重に入社日を決定してください。

Amazonへの転職を成功させるポイント

Amazonへ転職を成功させるには、どのようなポイントを意識すればよいのでしょうか。ひとつずつ解説します。

Amazonへの転職を成功させるポイント

スキルを身につける

昇進出典:Pixabay

Amazonへ転職を成功させるポイントとして、まずスキルを身につけることが大切です。Amazonの中途採用の場合、業種・職種ともに未経験の人は選考通過が難しい可能性が高いでしょう。

例えば、システムエンジニアの募集要項には活かせる経験・スキル欄に「CADソフトウェア活用」「物流システム・設備の自動化などに関する知識」と記載されています。

また、Amazonは知名度が高いため、候補者も専門スキルを身につけた人が多い傾向です。

そのため、選考に通過するためには、一定のスキルを身につけておく必要がありますよ。

語学力を磨く

語学力を磨くのも、Amazonへ転職を成功させるうえで重要といえます。本社がアメリカにあるAmazonでは、本社からの指示や依頼が英語です。

グローバル企業のAmazonでは、日本支社であっても外国籍の社員が多数います。日本語よりも英語のほうが、スムーズにコミュニケーションできることもあるでしょう。

語学力を磨いておくと、選考でアピールできるだけでなく、入社後にも大いに役立ちます。

語学力はすぐに身につくものではないため、継続的な勉強が不可欠ですよ。

企業研究を徹底的に行う

Amazonに転職したいなら、企業研究を徹底的に行わなければなりません。売上高や利益率などをきちんと確認しておきましょう。

Amazonのビジョンやカルチャーを知っておくことも大切です。Amazonのビジョンである「地球上で最もお客様を大切にする企業」に共感できるのか、チェックされる可能性が高いでしょう

なぜAmazonのビジョンに共感できるのか、エピソードを交えることで説得力が増します。

選考が進む前に、なぜAmazonを志望するのか考えておきましょう。

Amazonへの転職を成功させるなら転職エージェントがおすすめ!

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

Amazonへ転職を成功させるなら、転職エージェントの活用もおすすめです。転職エージェントを利用すると、転職のプロから有益なアドバイスを受けられます。

特に、Amazonは名の知れた企業であるため、転職エージェントも細かくリサーチしている可能性が高いです。企業研究の仕方を教えてくれるのも、心強く感じるでしょう。

また、マンツーマンで選考対策を受けられるのもメリットです。

応募書類の添削や面接対策などを行ってくれるので、転職がはじめての人でも安心ですね。

Amazon転職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポート
  • 応募書類の添削が受けられる
  • 独自に分析された企業レポートの提供

リクルートエージェントに登録すると、各業界に精通したキャリアアドバイザーによるサポートを受けられます。転職に関する有益な情報を得られるチャンスです。

また、応募書類の添削を受けられるのもメリットといえます。Amazonではエントリー時にレジュメを提出する必要があるため、事前にレジュメを確認してもらえると安心です。

リクルートエージェントでは、独自に分析された企業レポートを提供してくれるといった魅力もあります。

企業研究をなにからはじめればいいか分からない人は、ぜひ利用してみてくださいね。
公開求人数 240,637件
Amazonの公開求人数
36件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.28現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 求人票だけでは知りえない情報がわかる
  • 求職者の強みや価値観を言語化してくれる
  • 平日の夜や土曜日にも転職相談できる

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントには企業に直接足を運んでいるスタッフがいます。

Amazonの雰囲気や働く人の様子を事前に教えてくれるので、自分に合った環境かどうか判断しやすくなるでしょう。外資系企業のAmazonでは、日系企業と雰囲気が大きく異なる場合もあるため、事前に知っておくと安心です。

また、求職者の強みや価値観を言語化してくれるのも魅力といえます。

Amazonの選考に際して、どのような点をアピールすればいいかわからない人にうってつけですよ。
公開求人数 要問い合わせ
Amazonの公開求人数
要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.7.28現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 直接スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を全国で実施している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴やスキルを登録しておくと、採用担当者から直接スカウトを受け取れる可能性があります。

Amazonでは専門的なスキルを身につけた人を採用しているため、アピールできるスキルを習得しているなら詳細に記載しておきましょう。

また、全国で転職フェアや相談会を実施しているのもメリットです。

Amazonが出展していることもあるため、適宜情報を確認しておくことをおすすめしますよ。
公開求人数 149,980件
Amazonの公開求人数
146件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.28現在

よくある質問

Amazonへの転職に関するよくある質問をまとめました。

Amazonの転職難易度は?
専門的なスキルや英語力、実務経験が求められるマーケティングや人事、アナリスト、事業開発などのハイレイヤー職は、転職難易度が高いです。専門的なスキルよリも人間性や仕事に対する情熱などが重視される物流管理やオーペレーションなどの一般職は、転職難易度は高くありません。
Amazonに転職するにはどれくらいの英語力が必要?
英語力が必要かどうかは、職種によって異なります。例えばエンジニア職は、英語文書の読解・記述、英語でのコミュニケーションが問題なく取れるビジネスレベルの英語力が必要で、英語力はTOEIC800点以上が目安です。マーケティングや人事もTOEIC700点以上程度の英語力が求められます。
未経験からAmazonに転職する方法はある?
未経験でAmazonの総合職や一般職に転職したい場合は、大手転職エージェントを利用するとよいでしょう。Amazonは募集しているポジションが多いので、全業界・全職種を網羅している転職エージェントを利用することで、希望条件に近い求人を効率よく見つけられます。
Amazonに転職する際、直接応募したほうがいい?
Amazonに直接応募するよりも、転職エージェントを利用して応募することをおすすめします。転職エージェントを利用すると、プロのキャリアアドバイザーが提出書類の添削や面接対策などのサポートをしてくれるので、転職の成功率アップにつながります。
Amazonの将来性は?
2021年1〜12月期通期決済によると米・アマゾンの売上は、前期比21.7%増の51.2兆円。このうちオンラインの売上は前期比12,5%増の24.2超円でした。Amazonはコロナ禍の巣ごもり需要の影響もあり売上を大きく伸ばしました。プライム会員制度によって継続利用する人が増えている、クラウド事業のAWSのキャッシュフローが伸びているなどの前向きな要因により、長期的にまだまだ伸びていくと予想されています。(日本ネット経済新聞参考)
Amazonの社風・カルチャーは?
Amazonの社風・カルチャは、新規プロジェクトが多くチャレンジしやすい環境が整っている、意思決定スピードが早く柔軟な対応力が求められる、若いスタッフが多く、良好な関係を築きやすい雰囲気などが挙げられます。
Amazonの面接ではどんなことが聞かれる?
Amazonの面接では、志望動機や挫折した経験、これまでの人生で最も成長した出来事・最も苦労した出来事などが質問されます。挫折や苦労をした際、どのように対処したかを説明できるようにしておきましょう。また、扱いが困難なチームをどうやってマネジメントするかなど、回答に窮するような質問をされることもあります。

まとめ

今回は、Amazonに転職したい人に向けて、Amazonの仕事内容や転職を成功させるポイントについてご紹介しました。Amazonは世界有数のIT企業であり、グローバルに事業を展開しています。ECサイトのリーディングカンパニーとして広く知られているため、やりがいを持って働けるでしょう。

ただし、Amazonは英語力や高い専門スキルが求められる場合が多いため、転職難易度が高い点には注意が必要です。Amazonへの転職を本格的に考えているなら、転職エージェントの活用をおすすめします。転職のプロが履歴書の添削や面接対策などをしてくれるので、効率的に転職活動を進められるでしょう。ぜひこの記事を参考に、後悔のない転職を実現してください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.28
https://www.r-agent.com/
マイナビエージェントで業界のプロに相談|転職エージェント 2022.7.28
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.7.28
https://doda.jp/
Amazon『会社概要|地球上で最も豊富な品揃え ストアの優れたセレクションからオンラインショッピング』 2022.7.28
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=4967767051
アマゾンで働く | 全国27か所 | フルフィルメントセンター/デリバリーステーション | アマゾンジャパン公式 2022.7.28
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=6054631051
アマゾンジャパン合同会社の「年収・給与制度」 OpenWork 2022.7.28
https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000GWbg&q_no=2
福利厚生 | アマゾンジャパンキャリアサイト 2022.7.28
https://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5600255051
米・アマゾン、売上は21.7%増の51.2兆円 EC売上は全体の47%、純利益は3.6兆円 | 日本ネット経済新聞|新聞×ウェブでEC&流通のデジタル化をリード 2022.7.28
https://netkeizai.com/articles/detail/5582


おすすめの記事