アパレル 転職
最終更新日

アパレル業界に転職したい人必見!未経験でも成功を目指すコツ

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年8月2日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「アパレル業界に正社員転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。衣服や鞄、靴などを扱うアパレル業界は、ファッションに興味がある人にうってつけの職場です。働きながらファッションセンスを磨けるのも醍醐味といえます。

しかし、なかには「未経験から転職できるのか」「高収入は目指せるのか」など不安や疑問が多く、迷っている人もいるでしょう。そこで本記事では、アパレル業界の仕事内容やメリット・デメリットを徹底的に解説します。

アパレル業界への転職におすすめな転職エージェント・サイトもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アパレル業界はおもに3つに分類される

ひとくちにアパレル業界といっても、さまざまな種類があります。ここからは、おもに3つに分類されるアパレル業界をチェックしていきましょう。

アパレル業界のおもな種類
  • 総合アパレル
  • SPA小売
  • ファッションECモール

総合アパレル

総合アパレルは婦人服や紳士服、子供服やベビー服など最低2部門以上を設けている企業を指します。代表的な企業として、ワールドや三陽商会などが挙げられるでしょう。

百貨店やファッションビル、ショッピングセンターを中心に店舗を展開しているのが特徴です。誰もが知るようなアパレルメーカーで働きたい人に向いています。

総合アパレルはブランドや店舗を多数展開しているので、経営が安定しているのもメリットです。

働くうえで安定性を重視したい人にも適していますね。

SPA・小売

ミシン出典:Pixabay

SPA・小売りは企画から製造・販売まで一気通貫で行うメーカーを指します。なかでも、ファストファッション型と業界横断型に分かれているのが特徴です。

ファストファッション型に代表される企業として、世界各国で人気を集めているZARAやH&Mが挙げられます。手頃な値段で消費者にファッション性の高い洋服を提供しているのです。

業界横断型の企業として、日本ではニトリが代表格といえるでしょう。

製造・物流・販売経路を自社で一貫して行うことで、リーズナブルな価格で商品を提供できます。

ファッションECモール

近年勢いを増しているのが、ファッションECモールです。リアル店舗を持たず、インターネットを通じて消費者にアパレル商品を展開しています。

代表的なファッションECモールとして、ZOZOTOWNが挙げられるでしょう。また、定額ファッションレンタルを行う企業もファッションECモールとして扱われます。

ファッションECモールはIT・Web業界の側面も大きく、年々成長している実感を持てるでしょう。

新しい分野に挑戦してみたい人や成長スピードの早い企業で働きたい人にうってつけですよ。

アパレル業界の気になる仕事内容をチェック!

実際に、アパレル業界で働くとなると、どのような仕事があるのでしょうか。アパレル業界の代表的な仕事内容をご紹介します。

アパレル業界の仕事内容
  • 接客・販売
  • 商品企画・ファッションデザイナー
  • バイヤー
  • プレス

販売・接客

多くの人が「アパレル業界」と聞いてイメージするのが販売・接客の仕事ではないでしょうか。売り場に立ってお客様へ接客するだけでなく、在庫管理や清掃をするのも仕事のひとつです。

販売・接客は未経験者でも募集しているブランドが多く、アパレル業界へすぐにでも転職したい人に向いています。

経験を積めば店長やエリアマネージャーなど、マネジメントを任せてもらえる可能性が高いです。

キャリアアップを目指したい人にも適しています。

商品企画・ファッションデザイナー

タブレットで作業する男性出典:Pixabay

商品企画やファッションデザイナーは、新たな商品を企画する仕事です。ファッションの流行を取り入れつつ、ブランドのコンセプトに合った商品を企画しなければなりません。

商品企画やファッションデザイナーに未経験で応募できる求人は少ないでしょう。スクールに通って、専門的な知識を身につけなければなりません。

商品企画・ファッションデザイナーを目指すなら、専門学校へ通う以外にもアシスタントとして修行する方法が挙げられます。

どちらの方法も一朝一夕ではありません。長期的なスケジュールを立てて、行動することが大切ですよ。

バイヤー

商品の買い付けを行うのがバイヤーの仕事です。アパレル業界のなかでも人気の高い職種で、「ゆくゆくはバイヤーを目指したい!」と考えている人も多く見受けられます。

バイヤーは消費者のニーズや流行をいち早く察知し、売れそうな商品をキープするのが特徴です。ブランドの売上に直結するため、責任感が大きいもののやりがいを感じられるでしょう。

自分のセンスだけで買い付けを行うのではなく、分析力やブランドコンセプトへの正しい理解も求められます。

各地を飛び回る必要もあるため、体力も欠かせませんよ。

プレス

パソコンと女性出典:Pixabay

ブランドの広報・宣伝を行うのがプレスの仕事です。雑誌やWebなどのさまざまな媒体で、ブランドと消費者の架け橋となる業務を行います。

一人でも多くブランドのファンを増やせるよう、戦略を練ることが大切です。展示会やショーの準備など、大がかりな仕事も含まれるため、やりがいを感じられるでしょう。

昨今ではSNSを駆使して、広報活動するブランドも増えています。

消費者と気軽にコミュニケーションをとれますが、SNS炎上しないように細心の注意を払う必要がありますよ。

未経験からアパレル業界に転職できる?

疑問 女性出典:Pixabay

未経験からアパレル業界に転職できるのか、気になる人もいるでしょう。結論から言うと、未経験でもアパレル業界に転職することは可能です。

未経験者歓迎の企業も多く、比較的門戸が広い傾向にあります。特に、販売や営業などの経験があると、優遇される可能性が高いです。

アパレル業界に転職するうえで、特に資格は必要ではありません。しかし、「ファッション販売能力検定」を取得していると、採用担当者からやる気を評価されやすいでしょう。

まずはアパレルの販売・接客から経験を積んで、徐々に上流の仕事へシフトしていくことを考えている人が多いようです。

アパレル業界に必要な資格・スキル

アパレル業界に転職するために、必要な資格・スキルにはどんなものがあるのでしょうか。これからアパレル業界に転職したいと考えている人は必見です。

アパレル業界に必要な資格・スキル
  • コミュニケーション能力
  • 好奇心・向上心
  • Web・IT関連の知識

コミュニケーション能力

チェックリスト出典:Pixabay

販売員はもちろんのこと、バイヤー・デザイナー・スタイリスト・営業・広報などアパレルに関わるどんな職種でもコミュニケーション能力は必須です。

アパレル企業の社員は顧客をはじめ、メーカーや工場、メディアといった社外の関係者とともに仕事を進める機会が多く、問い合わせ対応や調整・交渉といった業務を行うこともあります。

仕事はチームで行うのが基本です。販売員なら店舗スタッフと連携し、本社であればデザイナーやパタンナー、生産管理部門と一つのチームとなって製品作りを進めます。

そのため、誰とでも円滑にコミュニケーションをとれるスキルが必要ですよ。

好奇心・向上心

アパレル業界では、自ら行動したり発信できる人材が求められています。

常にアンテナを張って最新のトレンドをキャッチし、いち早く新しいことにチャレンジする積極性もアパレルの仕事には重要です。

また、華やかなイメージとは違い、アパレルの仕事は販売員からデザイナー、広報まで地道にコツコツと仕事をすることが求められます。

日頃からキャリアアップやスキルアップを目指して努力を重ねる向上心のある人がアパレルの仕事には向いているでしょう

WebIT関連の知識

今や、ファッションアイテムのネット購入は当たり前で、新商品の広報やPRもネット広告・SNSを通して行われます。対面の接客と店舗販売しかしていないというブランドは少数派でしょう。

アパレル業界にもWebデザインやネット広告・SNS運用、プログラミングといったWeb・IT関連のスキルが求められるようになってきているのです。

プログラマーやシステムエンジニアといった資格を持っている人は業務経験を活かせますし、スキルや資格のない人でも基礎的な知識を備えれば、キャリアの幅を広げられるでしょう。

転職前に基本的なPCスキルをできるだけ身につけておくといいですよ。

アパレルに転職する4つのメリット

ここからは、アパレル業界に転職するメリットを解説します。本格的にアパレル業界へ転職したい人はぜひ参考にしてみてください。

アパレルに転職するメリット
  1. 努力次第で高収入を目指せる
  2. 好きなことを仕事にできる
  3. メイクやネイルを自由にできる
  4. 従業員割引で安く購入できる

1. 努力次第で高収入を目指せる

昇進出典:Pixabay

求人ボックスの求人統計データによると、アバレル販売の平均年収は正社員で342万円他の職種と比べてあまり高収入とは言えないでしょう。

しかし、なかには同世代の会社員等と比べて高年収の販売員や、20代・30代で年収1,000万円を超える人もいます。

そうした人たちは、販売士やカラーコディネーター、シューフィッターなどの資格を持っており、専門知識を生かしたセールストークで売り上げアップに貢献しています。

努力や経験次第で、売り上げをアップさせインセンティブを得たりキャリアアップをしたりして、高収入を目指すことは十分可能です。

※参考:アパレル販売の仕事の平均時給は984円/平均年収は342万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス 7.13

2. 好きなことを仕事にできる

自分の好きなファッションを仕事にできるのが最大のメリットです。ファッションやおしゃれが好きであればあるほど、楽しみながら働けるでしょう。

一緒に働く上司・同僚もファッション好きな人が多いため、自然と共通の趣味で盛り上がることもあります。ファッションに関する情報交換ができるのも魅力です。

仕事は人生の3分の1を占めるといわれています。

どうせなら楽しく働きたい・自分の趣味を活かしたいと考えている人にうってつけですよ。

3. メイクやネイルを自由にできる

コスメ出典:Pixabay

アパレル業界では、メイクやネイルに制限を設けていない企業がほとんどです。ブランドコンセプトを大きく逸脱していなければ、自由にファッションやおしゃれを楽しめます。

特に、店頭に立って販売・接客をする店員の場合、消費者に憧れを持ってもらえるような自己プロデュース力が不可欠です。

最新のメイクやネイルで自身を表現することで、新たなブランドのファンを獲得できることもあります。

仕事でもプライベートでも、思いっきりファッションを楽しめますね。

4. 従業員割引で安く購入できる

従業員割引で商品を定価よりも安く購入できるのも、アパレル業界で働くメリットです。特に、店舗で販売・接客をする人に従業員割引が適用されるケースが多数見受けられます。

割引率はブランド・メーカーによって異なるものの、定価の40〜60%引きで購入できる企業もあるようです。

好きなブランドであれば仕事で着用するだけでなく、プライベートでも大いに活用できるでしょう。

お得に好きなブランドの洋服を手に入れたい人におすすめですね。

アパレルに転職する2つのデメリット

一方、アパレル業界に転職するとどのようなデメリットが生じるのでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

アパレルに転職するデメリット
  1. 体力が必要
  2. 土日休みが取りにくい

1. 体力が必要

疲れた女性出典:Pixabay

アパレル業界は一見おしゃれで華やかなイメージですが、実は体力がいる仕事も多く含まれています

例えば、店舗で働いていると、商品の管理を行うことがあります。バックヤードで商品の棚卸しをすることもあり、体力的に負荷がかかるでしょう。

また、本部でバイヤーやプレスの仕事をする際も、外部の人と交渉したり、各地を飛び回ることもあります。

入社後にミスマッチをおこさないよう、仕事内容を知っておくことが大切ですよ。

2. 土日休みが取りにくい

店舗で働く場合、土日休みが取りにくいというデメリットがあります。土日はお客様の出入りが多いため、暗黙の了解でシフトに入らざるを得なくなります。

また、お盆時期や年末年始はセールを行うブランドが多い傾向です。セール時期は人手を必要とするため、働くことを求められるでしょう。

家族や友人と休みが合わず、遊びの予定を立てられないこともあります。

特にお子さんがいる人は、アパレル業界に転職する際に家族の理解が必要ですね。

アパレルに転職するなら転職エージェントがおすすめ!

グッドサイン出典:Pixabay

アパレル業界に転職を考えているなら、転職エージェントの活用がおすすめです。効率的な転職活動が叶うので、はじめての転職でも安心できるでしょう。

転職エージェントを利用すると、あらゆる求人と出会えるチャンスが広がります。自分では見つけられなかった掘り出し物の求人と出会える可能性もゼロではありません。

また、応募書類の添削や面接サポートなど、選考サポートを受けられるのもメリットです。

無料で利用できる転職エージェントがほとんどなので、積極的に活用してみてくださいね。

アパレル転職におすすめの転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • アパレル業界の求人が500件以上
  • 転職のプロによるキャリア相談が受けられる
  • 独自に分析された業界・職種のレポートを提供してもらえる

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年7月時点で、アパレル業界の求人が88件ありました。

執筆時点では、店舗スタッフやECサイトディレクター、商品企画デザイナーなどの求人が見受けられます。アパレル業界の求人を幅広く探したい人にうってつけです。

また、転職のプロによるキャリア相談を受けられるのも魅力といえます。

アパレル業界の話を詳しく聞きたい人にもうってつけです。
公開求人数 227,618件
アパレルの公開求人数 88件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
料金 無料

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.13現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報を掴める
  • 強みや価値観を第三者視点で確認してくれる
  • 応募書類を丁寧に添削してくれる

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、マイナビエージェントがうってつけです。マイナビエージェントには、企業に直接足を運んでいるスタッフがいます。

企業の雰囲気や働く人の様子を事前に伝えてくれるので、自分に合っている企業かどうか掴みやすくなるでしょう。

また、強みや価値観を第三者視点で確認してくれるのもメリットです。

自己PRの仕方がいまひとつわからないなら、ぜひ一度マイナビエージェントに相談してみてください。
公開求人数 要問い合わせ
アパレルの公開求人数
要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.7.13現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトが届く可能性がある
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが充実している

効率的に転職活動を行いたいなら、dodaがおすすめです。dodaでこれまでの経歴やスキルを登録しておくと、企業からスカウトが届く場合があります。

特に、接客や営業経験がある人は、アパレル業界からスカウトが届く可能性が高くなります。詳細に記載しておくとよいでしょう。

また、転職フェアや相談会を定期的に開催しているというメリットがあります。

採用担当者から選考前に直接話を聞けるチャンスなので、都合をつけて参加してみてください。
公開求人数 145,329
アパレルの公開求人数
88件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.13現在

アパレル転職に役立つ志望動機のポイント

アパレル業界に転職する際、志望動機は慎重に練らなければなりません。志望動機のポイントをチェックしていきましょう。

ブランドへの憧れや関心度の強さをアピール

ファッションブランド出典:Pixabay

まず、ブランドへの憧れや関心度の強さをアピールすることが大切です。あらゆるブランドのなかで、なぜこのブランドを志望したのか採用担当者に納得してもらう必要があります。

ブランドの好きなポイントをいくつか列挙するよりも、「なぜこのブランドが好きなのか」「ブランドを好きになったきっかけ」などエピソードを交えて書くとよいでしょう。

ブランドのコンセプトに共感できるかどうかも重要なポイントです。

ただブランドコンセプトを丸写しするのではなく、自分の言葉でどのようにコンセプトを捉えたのか考えておきましょう。

目指したいキャリア像も忘れずに

「ブランドが好き」「ファッションに関心がある」だけでは、「消費者のままでよいのでは?」と採用担当者から思われてしまいがちです。

そこで、目指したいキャリア像を志望動機のなかに落とし込む方法がおすすめです。しっかりとした目標があれば、「なぜこのブランドで働きたいか」という説得力が出ます。

志望動機にキャリアプランを盛り込む際は、求人票に書かれているキャリアアップ例を入念に確認しましょう。

企業が想定していないキャリアプランを書いてしまうと、はじかれてしまう場合があるので気をつけてください。

アパレル転職の注意点

アパレル業界に転職する際は、以下のポイントに気をつけましょう。

アパレル転職の注意点
  • 年収が下がる可能性がある
  • 事前にしっかり情報収集しておく
  • 転職理由を明確にしておく

年収が下がる可能性がある

お金で悩む人出典:Unsplash

アパレル販売の平均年収は342万円です。※1  全業界の平均年収約433万と比べると100万円近く下がります。※2

もし現在、他の仕事に就いている人が未経験からアパレル業界を目指すとなると、年収が下がってしまう恐れがあるでしょう。

ただ、同じアパレル業界でも接客販売以外の職種の場合や、接客販売でも地域や各店舗、どんなブランドを扱うかによって年収は変わってきます。また、役に立つ資格や経験・スキルを持っていればよい給与条件で働けることもあります。

転職を考えているなら自分が目指す職種や、働きたい店の給与や待遇はよく確認しておきましょう。

※1 参考:アパレル販売の仕事の平均時給は984円/平均年収は342万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス
※2 出典:国税庁「民間給与実態統計調査

事前にしっかり情報収集しておく

転職に際しては、事前にしっかり情報収集をしておきましょう。アパレル業界は「おしゃれで華やか」「トレンドの最先端」といった良いイメージもありますが、一方で「労働時間が長い」「実は力仕事」といった噂もあります。

しかし、こうしたアパレル業界のイメージが実際に転職した後も同じかどうかは、公開されている求人情報の内容だけでは分かりません。

応募先が決まったら、求人情報だけでなくネットで実際に勤めたことのある人の口コミや評判を調べ、労働環境や働き方、職場の雰囲気などを掴んでおきましょう。

もし、身近にアパレル業界に勤めている人がいるのなら話を聞くのも良いですね。

転職理由を明確にしておく

アパレル業界に転職する際には、転職理由を明確にしておきましょう。華やかなイメージのあるアパレル業界ですが、実際の仕事内容は地道なものが多かったりします。

そのため、ただ「働いてみたい」「憧れている」といった転職理由では、採用担当者に「すぐに辞めてしまうのでは」と思われる可能性があります。

面接で転職理由を聞かれた際は、求職者にやる気や意欲があるか、会社にマッチする人材か、アパレル業界で働くための適性はあるかが判断されます。

なぜ転職しようと思ったのか、なぜアパレル業界を選んだのか、その理由に加えて自分のスキルや経験をどう活かせるかを、面接前に整理しておきましょう。

アパレル転職に関するよくある質問

未経験からアパレル業界に転職できる?
アパレル業界には、販売接客・デザイナー・バイヤー・広報など多くの職種がありますが、未経験が最も歓迎されるのは販売接客の職種です。
未経験歓迎として出ているアパレル求人のほとんどを占めています。その他の専門的な職種となると未経験からの転職は難しく、ある程度の実務経験や実績が必要とされます。
店長の経験は転職で活かせる?
アパレル販売の店長経験は転職の武器になります。
店長は店舗をまとめる重要な役割を担っており、そこで身に付けた販売実績やリーダーシップ・マネジメントスキルは大きなアピールポイントになります。
特に管理力・指導力・決定力を指すマネジメントスキルは、どんな業界・職種に転職したとしても、管理職には必ず求められる要件です。
アパレル業界は勤務時間が長いって本当?
本社勤務なら出退勤時間は一般の会社員とあまり変わりません。
しかしアパレル販売員の場合は、シフト制で早番・中番・遅番と分かれており、基本的には1日8時間の勤務です。
ただ、開店準備やミーティングのために早く出社したり、閉店後は翌日の準備もします。
セール前ともなれば準備などで残業が増え、拘束時間が長くなりがちです。
アパレル業界で高収入を目指すには?
アパレル業界で高収入を目指すためにはスキル・経験に加えて、専門知識が強い味方となるでしょう。
販売士・カラーコーディネーターなど、専門知識を生かした接客をする販売員は、高い販売力で店舗の売り上げをアップさせることができ、社内の評価が高まったりインセンティブを得られたりするなど、高収入が期待できます。
アパレル業界の将来性は?
アパレルを取り巻く環境は大きな転換期を迎え、これまでの事業戦略やアプローチの方法が通用しなくなってきています。
とはいえ、服は生活必需品ですからニーズがなくなることはありません。
ただ、ブランドやメーカーごとの競争はますます熾烈になっていきますので、独自の強みを持ち、他社とどれだけ差別化できるかがカギとなるでしょう。
アパレル業界の平均年収はどれくらい?
アパレル業界の平均年収は正社員で約352万円です。※2 月給に換算すると29万円で、全業界の平均年収約433万と比べると低めだと言えるでしょう。※1 地域別で見ると、最も平均年収が高いエリアは関東です。
東京では368万円、神奈川県では361万円、埼玉県では354万円と東京を中心に首都圏の平均年収が軒並み高い結果となりました。※2
※1参考URL:国税庁「民間給与実態統計調査」 2022.7.13
※2参考:アパレル販売の仕事の平均時給は988円/平均年収は352万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス 2022.7.13

まとめ

今回は、アパレル業界で働きたい人に向けて、仕事内容やメリット・デメリットを解説しました。アパレル業界とひとくちに言っても、さまざまな業界や職種があります。まずは目指したいキャリアを明確にして、自分に合った企業を探してみましょう。

未経験からアパレル業界に正社員転職する際は、志望動機をしっかり練ることが大切です。また、転職エージェント・サイトを活用すると、さらに効率よく転職できるでしょう。転職のプロが面接対策や履歴書の添削など、一連の選考をサポートをしてくれます。ぜひこの記事を参考にして、アパレル業界への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.13
https://www.r-agent.com/
マイナビエージェントで業界のプロに相談|転職エージェント 2022.7.13
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.7.13
https://doda.jp/
国税庁「民間給与実態統計調査」 2022.7.13
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/pdf/002.pdf

アパレル販売の仕事の平均時給は988円/平均年収は352万円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス 2022.7.13
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E3%82%A2%E3%83%91%E3%83%AC%E3%83%AB%E8%B2%A9%E5%A3%B2%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6


おすすめの記事