AWS 転職
最終更新日

AWSへ転職は難しい?難易度が高い理由と成功のポイントを解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月14日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「AWSに転職したい!」「AWSへの転職に興味がある」と考えている人も多いのではないでしょうか。AWSとは、アマゾンウェブサービスの略称です。クラウドコンピューターを利用したサービスを展開しており、デジタル化が進む昨今において、大きなニーズが見込まれています。

しかし、実際にAWSへ転職するとなると、本当に自分が転職できるのか不安を抱えてしまう人もいるでしょう。そこで本記事では、AWSの転職難易度AWSへの転職を成功させるポイントを詳しく解説します。

記事の最後には、AWSに転職したい人におすすめの転職エージェントをご紹介するので、AWSに興味がある人はぜひ参考にしてみてください。

AWSの基本情報

まずは、AWSの基本情報からチェックしていきましょう。AWSの創立日や社員数などのデータは以下のとおりです。

会社名 アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社
創立日 2009年8月
社員数 341,400名(グループ総数)
本社 東京都品川区大崎

AWSは2009年8月に創立された比較的新しい会社です。Amazonが提供している100以上のクラウドコンピューティングサービスの総称を指します。

1台のパソコンと通信環境さえあれば、クラウドコンピューティングサービスによって、さまざまなサービスを利用できます。人々の生活を豊かにすることに貢献できるでしょう。

2022年7月現在、社員数はグループ総数で341,400名にものぼります。

規模が大きい会社であることは間違いありません。影響力の高い仕事をしたい人にうってつけです。

※出典:アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 2022.7.14

AWSのおもな役割

実際に、AWSはどのような業界で役立つサービスなのでしょうか。ここからは、おもに3つの分野に焦点をあてて解説します。

AWSのおもなサービス

広告とマーケティング

タブレットで作業する男性出典:Pixabay

AWSは広告とマーケティング分野で大きな役割を担っています。AWSを利用することで、より速く機械学習や分析ができるのです。

そのため、これまでにないスピードで広告の最適化を狙えるのがAWSの魅力です。秒単位で変化する広告にも十分対応できます

また、相互運用性が向上できるのも、AWSの役割といえるでしょう。

AWSを介して、代理店や広告会社、マーケターがデータを共有でき、連携しながらビジネスにあたれます。

教育

学習者・教育者・管理者・研究者問わず、教育コミュニティ全体を通じてAWSを活用できるというメリットがあります。

AWSクラウドを利用すれば、学生の学習状況を瞬時に判断し、一人ひとりに合わせた学習方法を導くことが可能です。

人工知能や機械学習が導入されており、効率的な学習を提示してくれます。

まさに、次世代型の教育方法といえるでしょう。

小売

小売業界が慢性的に抱えてきた非効率性の撤廃を掲げているのが、AWSの小売分野での役割です。AWSが消費者と店舗の架け橋となっているのです。

ITの力によって、オペレーションを効率化するのがおもな狙いといえます。店舗の生産性の増強やサプライチェーンの自動化などに役立っているのです。

オペレーションが効率化されれば、店舗で働く人の負担も減り、別の業務へ時間を回せます。

AWSによって、より小売業界が活気づくことでしょう。

AWSの転職難易度が高いといわれる4つの理由

AWSは転職難易度が高いといわれています。どのような点が転職難易度を高めているのか、確認していきましょう。

1. 高給与・高待遇であるから

お金 植物出典:Pixabay

AWSは高給与・高待遇であることから、同時に転職難易度も高いといわれています。AWSは外資系の企業であるため、日系企業のような年功序列制度を採用していない可能性が高いです。

そのため、実力やスキルがあれば正当に評価されやすく、同年代よりも高い収入を得られる仕組みが整っています。

また、昨今のDX化やデジタル化に伴い、AWSのサービスは高く評価されています。

ユーザーからの需要が大きくなればなるほど、利益率が伸び、社員にも給与として還元されるでしょう。

2. 学歴不問の求人が多いから

学歴不問の求人が多いことからも、AWSの転職難易度を底上げしています。一般的に、「学歴不問であれば転職難易度は低いのでは?」と考える人もいるでしょう。

しかし、学歴不問の求人は裏を返すと、求職者への門戸が広いことにつながります。そのため、多くの人が応募しやすい状況となっているのです。

また、学歴不問のかわりに、実績やスキルはシビアに判断されがちです。

学歴だけを武器にできるわけではないので、注意しましょう。

3. 安定的な成長が見込めるから

昇進出典:Pixabay

安定的な成長が見込めるのも、AWSの転職難易度が高い理由のひとつです。Forbes JAPANの記事によれば、2021年第四半期のAWSの売上高は約2兆円を突破しています。

営業利益に関しては、前年比32%を達成し、全部門のなかで最も成長率が著しい部門となりました。

今後ますますAWSの需要が見込まれるため、安定的な成長企業へ転職したいと考える人が少なくありません。

将来の不安を感じることなく、業務に打ち込めるのは求職者にとって大きな魅力です。

※参考:好調続くアマゾンのクラウド「AWS」、四半期2兆円の売上 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 2022.7.14

4. 労働環境がいいから

労働環境が優れているのも、AWSの転職難易度を高めています。労働環境のよさは働きやすさに直結するため、AWSを志望する人が多く、結果的に倍率が高くなるでしょう。

オフィス環境も十分に備わっており、広大なフリースペースやトレーニングスタジオが設けられています。

平常時には有志の社員がヨガの講師を務め、業務中にリラックスできる環境が備わっているようです。

決して息苦しさを感じることなく、フラットな気持ちで仕事に臨めそうですね。

AWSの企業カルチャー

ここからは、AWSの企業カルチャーのおもな特徴を解説します。自分がAWSとカルチャーマッチするかどうか、照らしあわせて読んでみてください。

チャレンジ精神を大切にしている

ハイタッチする人出典:Unsplash

AWSではチャレンジ精神を大切にしています。というのも、「失敗とイノベーションは切り離せない」と考えているのです。

たとえ失敗したとしても受け入れ、失敗したことから学びを得るのがAWSのカルチャーといえます。

失敗から学ぶことで、よりお客様に喜んでもらえるイノベーションを生み出せると考えられているのです。

多様性を認め合う

多様性を認め合うのも、AWSの大きな魅力です。国籍や人種、性別などのくくりなく、社員の意見を大切にしてくれます。

どの社員においてもフラットに評価されるため、国籍や性別の区別によってもどかしさを感じている人におすすめです。

誰にとっても働きやすい環境であることを期待できるでしょう。

AWSの選考フロー

ここからは、AWSの選考フローについて解説します。AWSへの転職を本格的に考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

1. エントリー

パソコンと男の人出典:Pixabay

まずは、AWSの公式サイトから、応募用のアカウントを作成することからはじめましょう。応募した内容が一か所にまとめられ、管理されるようです。

応募に関する有効な情報が配信されることもあるため、連絡先は普段使い慣れているものを選びましょう。

アカウントを通じて求人情報が送られてくる可能性もあります。

2. 書類選考

エントリーをしたあとは、書類選考にうつります。エントリー時に提出されたレジュメをもとに、合否が判断されるようです。

合否の結果が届く期間は明記されていないため、気になるのであれば個別に問い合わせてみましょう。

応募者が多いことも考慮して、気長に結果を待つ姿勢も大切です。

3. 1次面接

パソコンを持つ手出典:Pixabay

書類選考に通過したら、1次面接を行います。面接前には、Amazonの面接スタイルが理解できる資料を事前に配布してくれるようです。

面接の各段階において、ポイントごとに整理されているので、必ず目を通しておきましょう。

よくされがちな質問や答え方のヒントまで掲載されているので必見です。

※参考:AWS 採用チームのご紹介|AWS (アマゾン ウェブ サービス) 2022.7.14

4. 2次面接

1次面接をクリアしたら、2次面接へと進みます。多くの場合、2次面接が最終面接となるケースが多いようです。

最終面接では複数人の面接官を相手に、話をする必要があります。

緊張して自分の力を発揮できないことを避けるため、入念に準備して臨んでください。

5. 内定

グッドポーズ出典:Pixabay

すべての選考に通過すれば、無事に内定です。内定後は年収や待遇面などを含めた条件を提示される可能性があります。

この時点でわからないことや、迷っていることがあれば遠慮なく伝えましょう。

双方の合意をもってしてはじめて、入社が決定となります。

AWSへの転職を成功させるポイント

AWSへ転職を成功させるためのポイントを解説します。AWSへの転職を視野に入れている人は必見です。

スキルを身につける

昇進出典:Pixabay

まず大前提として、スキルを身につけることが大切です。AWSで募集されている求人の多くは、未経験者の入社を想定していません。

例えば、コンサルティングやSlerの職種において、「5年以上のパートナー営業の経験」「ITインフラやアプリケーションの知識があり、得意とすること」などが募集資格として定められています。

相応のスキルが身についていなければ、応募することさえ叶わないので注意が必要です。

経験が浅いと感じているなら、まずはスキルを身につけることからはじめましょう。

転職エージェントを活用する

AWSへの転職を成功させたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職のプロが多数在籍しており、AWSへの転職を成功に導いてくれるでしょう。

また、応募書類の添削や面接対策などの選考サポートを受けられるのも魅力です。AWSの選考に特化したサポートを受けられる可能性があります。

AWSだけに狙いを定めて転職するなら、事前にキャリアアドバイザーへ伝えておきましょう。

サポートを受けやすくなるだけでなく、非公開求人を紹介してくれる可能性もあります。

AWSの転職におすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界に詳しいキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 転職イベントやセミナーを実施
  • 独自に分析された業界・企業の情報提供

AWSの転職に際して、有益なアドバイスを受けたいならリクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントには、業界に特化したキャリアアドバイザーが多数在籍しています。

特に、AWSは成長著しい企業でもあるため、転職市場においても需要が高い可能性があります。AWSの転職について、有益なアドバイスを得られるチャンスです。

また、独自に分析された業界・企業の情報を提供してくれるメリットがあります。

企業研究のやり方がわからない人でも、安心して任せられるでしょう。
公開求人数 229,653件
AWSの公開求人数  13件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.14現在

Green

Green

おすすめポイント
  • IT業界に特化した転職エージェント
  • 企業の雰囲気がわかりやすい
  • 面接前にカジュアルに会える

AWSはIT業界に位置づけられるため、IT業界に特化した転職エージェントであるGreenもおすすめです。さまざまなIT企業の求人があり、AWSの求人と見比べられます。

求人ごとに写真がふんだんに掲載されており、企業の雰囲気がわかりやすいのも魅力です。ミスマッチ防止に役立てられるでしょう。

条件を満たせば、面接前にカジュアル面談できるというメリットがあります。

選考前に気軽に話せるチャンスですよ。
公開求人数 30,213件
AWSの公開求人数  要問い合わせ
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社アトラエ

※株式会社ゼロアクセル調べ・Green公式サイト対象・2022.7.14現在

doda

doda

おすすめポイント
  • スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を各地で開催
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaにて経歴・スキル・実績などを記載しておくと、AWSの採用担当者からスカウトを受け取れる可能性があります。

AWSは経験やスキルを重視する傾向にあるため、経歴やスキルが採用担当者にヒットすることもあるでしょう。

スカウトを受け取るためにも、経歴やスキルの丁寧な記載は欠かせません。

これまでの経歴を振り返りながら、しっかりと記載していきましょう。
公開求人数 147,273件
AWSの公開求人数  1件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.14現在

まとめ

今回は、AWSに転職したい人に向けて、転職難易度や転職成功の秘訣について解説しました。AWSは成長著しい企業でもあり、世界中から注目を集めています。求職者のなかにはハイクラス人材も多数応募している可能性があり、転職難易度の高さは容易に想像できるでしょう。しかし、必ずしもAWSへ転職できないわけではありません。

英語力やスキルを身につけたり、入念に対策をしたりすれば、必ず転職成功の道が開けます。そのためにも、転職を成功させたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職のプロが有益なアドバイスをしてくれるほか、必要書類の添削・面接対策などの選考サポートを行ってくれます。ぜひこの記事を参考にして、AWSへの転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

好調続くアマゾンのクラウド「AWS」、四半期2兆円の売上 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) 2022.7.14
https://forbesjapan.com/articles/detail/45696

AWS 採用チームのご紹介|AWS (アマゾン ウェブ サービス) 2022.7.14
https://aws.amazon.com/jp/careers/recruiting/

アマゾン ウェブ サービス ジャパン合同会社 2022.7.14
https://mid-tenshoku.com/agency/a-3320/

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.14
https://www.r-agent.com/

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen 2022.7.14
https://www.green-japan.com/

転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.7.14
https://doda.jp/


おすすめの記事