美容師 転職
最終更新日

美容師からの転職|よくある転職理由やおすすめの転職先を解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月28日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「美容師から別の職業に転職したい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。美容師の資格を活かしてキャリアアップを目指す人もいれば、まったくの異業種に転職する人などさまざまな人がいます。大切なのは、転職することでキャリア目標を本当に達成できるのか、自分らしく働けるのか考えることです。

そこで本記事では、美容師から別の職業へ転職したい人に向けて、おすすめの転職先や異業種へ転職するメリットを徹底的に解説します。

美容師からの転職を目指す人におすすめの転職エージェント・サイトもあわせてご紹介するので、ぜひチェックしてみてくださいね。

美容師が異業種へ転職を考える理由

美容師が異業種へ転職を考える理由には、どのようなものがあるのでしょうか。考えられる5つの理由を解説します。

美容師が異業種へ転職を考える理由
  • 給料が低い
  • 残業が慢性化している
  • 休日が少ない
  • 体力的につらい
  • 人間関係の不満

給料が低い

ブタの貯金箱出典:Pixabay

美容師が異業種へ転職を考える理由のひとつに、給料の低さが挙げられます。美容師は国家資格が必要な職業でありながら、比較的給料が低い職業として知られています。

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、美容院の平均年収は311万4000円でした。月収として換算すると25万円ほどで、一般的なサラリーマンよりも低い傾向です。

昨今は美容院の競争が激化しており、価格競争を行っているサロンも少なくありません。

価格が下がれば美容師の給料に還元されにくくなり、結果的に年収が下がってしまいますよ。

※出典:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」 2022/7/20

残業が慢性化している

残業が慢性化しているのも、美容師が転職を考えるおもな理由です。美容師の仕事は店の営業時間だけに留まらず、さまざまな業務が課せられます。

アシスタントの場合は開店前・閉店後にカット練習をしなければならず、独り立ちしたあとも技術を磨いたり、後輩へ教育したりする必要があるのです。

残業をすればするほど、プライベートの時間が減ってしまうため、体が休まらないでしょう。

残業時間が少ない職場で働きたいと考えている人も多いようですよ。

休日が少ない

スケジュール帳出典:Pixabay

美容師は一般的なサラリーマンのように、土日休みではありません。お客さんが多くなりがちな土日はシフトに入らざるを得なくなります。

また、業界の競争が激化しているため、昔のように定休日を設けない美容室も増加傾向です。想像以上に休みが少なく、転職を考えている人も少なくありません。

休日が少ないだけでなく、有給休暇を取得しにくいサロンもなかにはあります。

特に、子どもがいる家庭では、保育園や学校の行事に出席したくてもできないケースが多数見受けられますよ。

体力的につらい

美容師のなかには、働くうえで体力の限界を感じて転職を考えている人もいます。美容師は一見華やかな仕事に思えますが、実際は大いに体力が求められます。

長時間立ちっぱなしなことに加え、土日や年末年始などの忙しいタイミングでは、お昼休憩もままらないことも多いようです。

さらに、シャンプーや整髪料をひんぱんに手に取ることがあるため、手荒れがひどくなる人もいます。

日常生活に支障が出てしまうほどのつらさを抱えているケースも少なくありません。

人間関係の不満

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

人間関係に不満を抱き、転職を検討する美容師もいます。美容室のなかには体育会系の風土が根強いところもあり、人によっては働きにくいと感じてしまうでしょう。

美容室ではしばしば指名制が採用されています。たとえ同じ店舗で働く同僚といえども、指名に関してはいわば従業員全員がライバルのような存在です。

ライバルがいることで前向きに頑張れるのなら問題ありませんが、少しでも人と比べて落ち込んでしまう人は指名の増減で日々一喜一憂してしまうでしょう。

同世代の美容師が自分よりも多く指名を取っているのを見ると、悲しくなってしまう人は要注意ですよ。

美容師が異業種への転職で活かせる経験・スキル

美容師が異業種へ転職するとどのような経験・スキルを活かせるのでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

美容師が活かせる経験・スキル
  • 美容に関する専門的な知識
  • クリエイティブな発想
  • コミュニケーションスキル

美容に関する専門的な知識

美容に関する専門的な知識は異業種への転職において活かしやすいでしょう。美容師なら美容の基礎知識や最新トレンドまで熟知しているため、企業から重宝される可能性が高いです。

知識を携えているだけでなく、実際にお客さんに対して接客をしたという実務経験があるのも大きなアドバンテージといえます。

特に、美容業界に転職を考えているなら、美容師として得た知識や経験を活かしやすいでしょう。

美容師の経験は決して無駄にならないので、安心して転職活動をしてくださいね。

クリエイティブな発想

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

クリエイティブな発想ができるのも、強みのひとつです。美容師はお客さんの要望やトレンドをおさえながら、理想のヘアスタイルにすることが仕事です。

0から1のものを生み出す力があるため、どの職場であっても受け入れられやすいでしょう。特に、クリエイティブな職業へキャリアチェンジしたい人に向いています。

しかし、クリエイティブな発想は一朝一夕で身につくものではありません。

そのため、美容師としてクリエイティブな発想をしてきた人なら、周りとの差をつけやすいですよ。

コミュニケーションスキル

美容師はお客さんとコミュニケーションをとりながら、施術を進めていく方法が一般的です。そのため、コミュニケーションスキルを身につけていることがほとんどです。

コミュニケーションスキルは多くの企業で必要とされるスキルでもあるため、市場価値が高い存在になり得るでしょう。

なお、コミュニケーションスキルは決して話す力だけではありません。

お客さんの要望を聞く力も兼ねそろえているため、企業から求められる人材といえますよ。

美容師から異業種に未経験転職できる?

ドアを選ぶ電球出典:Pixabay

美容師から異業種に未経験で転職することは可能です。実際多くの人が異業種への転職を成功させています。

ヘアケアなどの美容系の知識やスキル、接客スキル、クリエイティブな発想など、美容師として働いてきた中で培った経験やスキルを活かせる業種であれば、転職しやすいでしょう。

例えば、美容系の知識を活かして転職したいと考えている人には、シャンプーやスタイリング剤などのヘアケア製品を扱う美容系メーカーへの転職も1つの選択肢です。販売や商品開発など、多岐にわたってチャレンジできる可能性があります。

美容師としての経験や資格を直接活かせる業種に転職したい場合は、美容専門学校の講師などもおすすめですよ。

美容師からの転職におすすめな職業

ここからは、美容師から異業種に転職したい人に向けて、おすすめの職業をご紹介します。どのような職業が向いているかわからないなら、ぜひチェックしてみてください。

美容師からの転職におすすめな職業
  • 美容関係の営業職
  • 販売・サービス職
  • 事務職
  • IT関連職

美容関係の営業職

チェックリスト出典:Pixabay

美容関係の営業職は美容師の経験やスキルを活かしやすいのでおすすめです。美容に関する知識をそのまま製品の説明やプレゼンテーション時に活用できるでしょう。

特に、美容室へ営業をかける美容メーカーの営業なら、美容師目線でお客さんに話ができるため、結果に結びつきやすいメリットがあります。

また、美容関係の営業職には美容ディーラーという職種もあり、顧客である美容室に対して卸を担当するのがおもな仕事です。

美容ディーラーも美容師として働いた経験を存分に活かせますよ。

販売・サービス職

先述したとおり、美容師として働くとコミュニケーションスキルを培えます。その経験を活かして、販売・サービス職に転職する人も少なくありません

販売・サービス職はお客さんの要望をくみ取り、商品を提案する仕事です。多くのお客さんとやりとりする機会があるのは、美容師の仕事と似通っているといえるでしょう。

販売・サービス職は未経験であっても応募できるほど、門戸が広いことでも知られています。

美容師として働いた経験があるとわかれば、きっと選考が有利に進むでしょう。

事務職

パソコンと男の人出典:Pixabay

意外にも、デスクワークが中心となる事務職もおすすめの職業です。事務職は一人で黙々と仕事に打ち込むイメージがありますが、実は協調性が必要な仕事といえます。

事務職は他部署の人からの依頼をもとに仕事を進めるケースがほとんどです。そのため、どのような依頼なのか、相手の意図をきちんとくみ取る必要があります。

お客さんの要望をしっかり聞いてきた美容師の経験があれば、他部署からの依頼意図をキャッチしやすいでしょう。

パソコンスキルは必要となりますが、今後勉強していけば身につきますよ。

IT関連職

美容師と同じく手に職をつけるという意味では、IT関連職も選択肢のひとつです。取っつきにくいと感じるかもしれませんが、意外にも未経験者を採用している企業も多々あります。

IT関連職に代表されるのが、ITエンジニアやWebデザイナーです。特に、Webデザイナーは流行りや美的感覚が必要とされるため、美容師に向いている職業といえます。

昨今ではIT関連職を志望する未経験者向けのスクールやセミナーなどが開講されているため、興味がある人はぜひチェックしてみてください。

期間や費用などはスクール・セミナーによって異なるので、自分に合ったものを選択しましょう。

美容師が異業種に転職するメリット

美容師が異業種に転職すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。ひとつずつ解説します。

美容師が異業種に転職するメリット
  • 年収アップを期待できる
  • キャリアの幅を広げられる
  • 体力的・精神的に余裕が持てる

年収アップを期待できる

ビジネスマン出典:Pixabay

美容師が異業種へ転職するメリットのひとつに、年収アップを期待できることが挙げられます。

特に、美容メーカーやIT業界など成長が著しい分野であれば、従業員の給料に還元されやすいでしょう。

また、業績がよければボーナスが支給されることもあります。

企業によっては、数ヶ月分のボーナスが支給されるため、年収アップを大いに実感できるでしょう。

キャリアの幅を広げられる

キャリアの幅を広げられるのも、異業種へ転職するメリットです。美容師を長年続けていても、大きなキャリアアップを目指せないケースが多数見受けられます。

しかし、異業種に転職することで、多様な選択肢のなかからキャリアアップを目指せるでしょう。

例えば、美容メーカーの営業として転職したあと、商品企画やマーケティングなど上流を目指せることもあります。

さまざまな選択肢があれば仕事のモチベーションにもつながりますよ。

体力的・精神的に余裕が持てる

笑顔の女性出典:Pixabay

体力的・精神的に余裕を持ちやすいのも、美容師から異業種へ転職するメリットといえます。

特に、事務職やIT関連職などデスクワークが多い職場へ転職した際に感じることが多いでしょう。立ちっぱなしの仕事から解放されるだけでも、楽に感じる場合があります。

体力的・精神的に余裕ができれば、プライベートの時間を存分に楽しめるのが魅力です。

これまでやりたくてもできなかった趣味に挑戦するのもいいかもしれませんね。

美容師から転職するなら、転職エージェントの活用がおすすめ

美容師から異業種へ転職する際に、どのような仕事が合っているのかわからない人も多いでしょう。そこでおすすめなのが、転職エージェントの活用です。転職エージェントをおすすめするのには、以下のような理由があります。

転職エージェント利用のメリット
  • 自分の適正年収を知れる
  • 非公開求人を紹介してくれる可能性がある
  • 履歴書や志望動機作成のアドバイスをしてくれる

自分の適正年収を知れる

ビジネスマン

出典:unsplash

美容師から異業種の転職活動をスムーズに進めるには、転職市場における自分の価値を知り、適正年収を把握しておくことが大切です。適正年収は、大手転職情報サイト「doda」を利用して調べられます。

無料の会員登録をしたのち、これまでの職務経験を入力すると適正年収が算出されます。適正年収の診断は、3分程度しかかかりません。

自分に合った転職先を見つけるために、適正年収を把握しておくことは重要なポイントです。

「転職」と「適正年収」 年収査定 |転職ならdoda(デューダ) 2022.7.20

非公開求人を紹介してくれる可能性もある

転職エージェントを利用すると、一般には公開されていない非公開求人を紹介してくれることがあります。一般の求人サイトに公表すると応募が殺到する人気企業や、経営戦略上、求人内容を競合他社に知られたくない場合は非公開求人として扱われていることも少なくありません。

自分に合った求人をどれだけ入手できるかによって、転職の成功率は左右されます。非公開求人は条件がよいものも多数あるため、転職エージェントを活用することをおすすめします。

よい条件の求人情報がなかなか見つからない人は、転職エージェントが扱う非公開求人の中から見つかる可能性もありますよ。

履歴書や志望動機作成のアドバイスをしてくれる

書類

出典:pixabay

履歴書や職務経歴書作成のアドバイスをしてくれるのも、転職エージェントを利用するメリットです。今までに多くの求人者をサポートしてきたキャリアアドバイザーは、アピール度が高い志望動機の書き方などを熟知しています。

プロの目線から応募書類の添削やアドバイスをしてもらえば、選考通過の確率が高まります

面接時によく聞かれる質問や対応方法など、面接対策もしてもらえますよ。

美容師からの転職におすすめの転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開求人数が19万件以上
  • 転職のプロによる親身なアドバイス
  • 充実した転職サポートを受けられる

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年5月時点で、取り扱っている公開求人数が191,230件ありました。

幅広い業界を扱っており、IT・Web系や小売・サービス、商社などさまざまです。きっと自分に合った求人が見つかるでしょう。

また、転職のプロによる親身なアドバイスも魅力です。

転職においてわからないことや困ったことがあれば、気軽に相談してみてください。
公開求人数 233,643件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022/7/20現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 企業の雰囲気や働く人の様子が事前にわかる
  • 強みやキャリア観を客観的に教えてくれる
  • 履歴書・職務経歴書の添削を丁寧に行ってくれる

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントでは、企業に直接足を運んでいるリクルーティングアドバイザーがいます。

リクルーティングアドバイザーが企業の雰囲気や、働く人の様子をしっかりチェックしてくれているので、入社する前の段階で自分に合う企業か判別しやすいでしょう。

また、強みやキャリア観を客観的にアドバイスしてくれるのも魅力です。

アピールポイントがいまひとつわからない人は、ぜひ一度マイナビエージェントを利用してみてくださいね。
公開求人数 要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022/7/20現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる場合がある
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催している
  • 転職に役立つコンテンツが豊富にある

効率的に転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴・スキルを登録しておくと、企業の採用担当者から直接スカウトを受け取れる場合があります。

特に、美容師として働いていた経験は、多くの企業から重宝されるでしょう。具体的な職務内容や美容師時代に得た経験を詳細に記載しておくことをおすすめします。

また、転職フェアや相談会を定期的に開催しているのも魅力です。

選考前に企業と直接話せるチャンスでもあるので、都合がつく限り参加してみてくださいね。
公開求人数 147087件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022/7/20現在

美容師からの転職に関するよくある質問

ここでは、美容師からの転職に関する、よくある質問を紹介します。

異業種へ転職を考える美容師に多い理由は?
転職理由として多いのは、給料が低い、労働時間が長い、休日が少ない、手荒れや腰痛がつらいなどが挙げられます。見習いであれば営業時間外に残って技術を磨く必要もあり、「このままの環境で働き続けるのはつらい…」として異業種への転職を考える人は少なくありません。
美容師から異業種への転職におすすめの転職エージェント・サイトは?
美容師から異業種への転職におすすめの転職エージェント・サイトは、リクルートエージェントです。リクルートエージェントは、転職支援実績No1を誇り、求人数は業界トップクラスなので、さまざまな業種の転職先を紹介してもらえます。また、提出書類の添削・アドバイスや面接対策はもちろんのこと、独自に分析した各業界の分析情報の提供も行っており、サポート体制が充実しています。
転職エージェント・サイトに登録するおすすめの時期・タイミングは?
一般的に転職活動をスタートしてから転職先に入社するまでは、3ヵ月〜半年程度かかります。そのため、転職エージェント・サイトには、転職希望時期の3〜6ヵ月前に登録しておくと、転職活動がスムーズに進めやすくなります。
美容師から未経験で異業種に転職するのは難しい?
美容師としてこれまで培ったきたスキルや経験を活かせる業種は多数あります。ヘアケアの知識やクリエイティブな発想力、接客スキルなどの強みを上手くアピールすることで、未経験でも異業種への転職は十分に可能です。
美容師におすすめの転職先は?
美容師の資格や経験を直接活かせるのは、ブライダル業界や美容専門学校などの教育関係、アイラッシュサロンなどの転職先が挙げられます。また、接客スキルを活かしてアパレル業界や不動産業界などに転職するのもおすすめです。
美容師から異業種に転職する際にアピールできる資格やスキルは?
アピールできる大きなポイントには、美容に関する幅広い専門知識が挙げられます。専門性の高い知識を持っているのは、転職で有利に働くでしょう。また、顧客とのコミュニケーションスキルや、トレンドを押さえたクリエイティブな発想力なども異業種への転職の際に強みになります。
美容師からの転職で失敗しないために注意すべきポイントは?
転職理由を明確にし、その理由が解決できる転職先を選ぶことが大切です。また、書類選考を通過するために、履歴書には志望動機を明瞭に記載するようにしましょう。職務経験が活かせることが伝わる内容になっているか、企業が求める人材を理解し、入社意欲が感じられる内容になっているかなどを意識して履歴書を作成する必要があります。さらに、面接対策も入念に行っておくことも重要なポイントです。
転職エージェント・サイトは無料で利用できる?
転職エージェント・サイトは、無料で利用できます。求人の紹介から必要書類や面接のサポートまで全て無料です。

まとめ

今回は、美容師から異業種へ転職を考えている人に向けて、候補となる転職先や異業種へ転職するメリットなどを解説しました。美容師は美容の知識があるだけでなく、コミュニケーションスキルに長けている人が多い傾向です。企業からも貴重な人材として重宝される傾向が高いため、異業種への転職であってもさほどハードルは高くないでしょう。

美容師からの転職を目指す際は、転職エージェント・サイトの活用がおすすめです。今回ご紹介した転職エージェントは、履歴書の添削や模擬面接などの選考対策を実施しているので、心強い味方になってくれるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、美容師から異業種への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022/7/20
https://www.r-agent.com/
マイナビエージェントで業界のプロに相談|転職エージェント 2022/7/20
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022/7/20
https://doda.jp/
厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査」 2022/7/20
https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/chingin/kouzou/z2019/index.html


おすすめの記事