教育業界
最終更新日

教育業界に転職したい人必見!おすすめ転職エージェント・サイト

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月20日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「教育業界に転職したい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。教育は子どもの成長を促すやりがいのある仕事という側面もあれば、大人の人生を豊かにする側面もあり、一生涯関わっていける事業のひとつです。社会全体をよくすることに関心のある人であれば、大きなやりがいをもって働けます。

しかし、実際に教育業界で働くとなると、どの職場が自分に合っているのかいまひとつピンと来ない人もいるでしょう。そこで本記事では、教育業界のおもな転職先候補やおすすめの転職エージェント・サイトをご紹介します。

教育業界に転職するメリット・デメリットも詳しく分かる内容になっているので、未経験から転職したい人も必見ですよ。

教育業界の転職先候補とは?

ひと口に教育業界といっても、さまざまな転職先候補があります。まずは、考えられるおもな職場をひとつずつ確認していきましょう。

学校教育に関わる仕事

絵を描く男の子出典:Unsplash

学校教育に関わる仕事は、多くの人が思い浮かべる教育業界の転職先です。おもな職種として、小学校・中学校・高校・大学などで、生徒に教育を施す教員が挙げられます。

そのほかにも、学校教育に関わる仕事として、スクールカウンセラーや学校事務職員、大学職員などがあります。

特に学校事務は人気が高い職種として知られているため、競争率が激しいことは覚悟しなければなりません。

学校によって募集される職種は異なるため、求人をしっかり確認することが大切ですよ。

幼児教育や子どもに関する仕事

小さな子どもへの教育を担う仕事に転職したいなら、幼児教育ができる職場がおすすめです。例えば、保育園や幼稚園、幼児教室などが転職先の候補として挙げられます。

保育園や幼稚園で働く場合は、教員免許や保育士免許など資格が必要となる場合があります。資格を持っていない場合は、長期的な計画を立てて行動に移すことが大切です。

なお、チャイルドカウンセラーやベビーシッターなどは、法的な資格がなくても働ける場合があります。

募集要項をよく読み、応募の段階で資格が求められるのかチェックしましょう。

受験対策を行う仕事

教室出典:Unsplash

教育に携われる職場のなかには、学校のような公的な施設だけでなく、民間企業が運営している学習塾や予備校などがあります。

学習塾や予備校では、講師のほかにも教室長やスクールマネージャー、事務職がおもな職種です。生徒のメンタルをケアするカウンセラーを募集しているところもあります。

講師を目指す人もいますが、これまで培ってきたマネジメント経験を活かして、スクールマネージャーとして活躍する人も少なくありません。

選考時には経歴やスキルを採用担当者にアピールしてみてくださいね。

教材制作やITC分野

未経験から教育業界に転職しやすい職場として、教材制作やITテクノロジーと教育を融合させたITC分野が挙げられます。

例えば、e-ランニングをはじめとした通信教育を提供する企業や、教育に関連したWebツールを開発するIT企業などさまざまです。

特に、教材のコンテンツ制作ができる人やシステム開発ができる人は重宝される傾向にあります。

たとえ教育業界が未経験であっても、専門的な知識があれば転職しやすいかもしれませんよ。

研修・人材育成に関わる仕事

チェックリスト出典:Pixabay

昨今では、社会人になったあとでも教育を受けたい人や社員のレベルを底上げしたい企業が多々あります。そこで必要とされるのが、研修・人材育成に関わる仕事です。

企業向けの社員研修サービスを企画・運営し、社員の育成に大きく貢献します。リーダーシップ研修やマネジメント研修などがおもな例です。

これまでの経験を活かして講師として活躍する人もいれば、研修内容を一から企画する人もいます。

これまでの経験を活かせるチャンスでもあるので、ぜひ転職先の候補に入れてみてくださいね。

語学教育に携わる仕事

グローバル化の影響を受けて、語学教育の需要は大きく広がっています。そのため、語学教育に携わる仕事も教育業界で働きたい人にうってつけです。

語学教育に携われる職場の一例として、英会話教室やオンライン英会話などが挙げられます。また、出版社や教材開発企業を転職先の候補とする人もいます。

語学教育に携わる仕事では、一定以上の語学力を求められる場合があるので注意が必要です。

応募時点でどれくらいの語学力が求められるのか、確認しておきましょう。

生涯教育に関する仕事

ホワイトボードの前で話す人出典:Unsplash

地域密着型で教育に携わりたいなら、生涯教育に関する仕事がおすすめです。老若男女問わず、幅広い年代層とコミュニケーションをとる機会があるため、大きなやりがいを感じられるでしょう。

生涯教育に関する仕事の例として、図書館や公民館、コミュニティーセンターやカルチャーセンターがあります。

これらの施設では、正社員の募集が非常に少ないのが現状です。

人気が高く募集を早々に締め切られてしまうこともあるため、こまめに求人をチェックするとよいでしょう。

教育業界に転職するメリット

教育業界に転職すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。気になるメリットをひとつずつご紹介します。

大きなやりがいを得られる

ビジネスマン出典:Pixabay

教育業界に転職すると、大きなやりがいを得られるのがメリットです。教育は人間の成長に欠かせない大切なものである分、やりがいを見出しやすいでしょう。

特に、講師や教員として教育に携わると、生徒の努力や成果が目に見えてわかります。苦手科目を克服している生徒を見ると、喜びもひとしおです。

日々の仕事にやりがいを持ちながら働けるため、モチベーションを高めることもできます。

働く喜びを実感したい人や社会に貢献したい人にうってつけですよ。

景気に左右されることが少ない

景気に左右されることが少ないのも、教育業界に転職するメリットです。教育は極端に予算が削られる分野ではないため、多少景気が悪くても利益が見込めます。

特に、受験に関しては景気に関わらず毎年実施されています。民間企業が運営する学習塾や予備校であっても、利益がマイナスになることは少ないでしょう。

そのため、安定した収入を得たい人にとって大きな魅力となり得ます。

腰を据えて長く働ける業界を探している人にもおすすめですよ。

未経験でも採用されやすい

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

意外にも、未経験者であっても採用されやすいのが教育業界に転職するメリットです。特に、営業やマネジメント経験がある人は、優遇されやすいでしょう。

デジタル化が進む現代において、教育業界も徐々にデジタルに移行しつつあります。システム開発をはじめとしたIT技術に精通している人も、重宝されやすいでしょう。

たとえ教育業界が未経験であっても、カバーできるだけのスキルがあれば転職がうまくいくことも多々あります。

選考時には、これまでの経歴やスキルを存分にアピールしましょう。

教育業界に転職するデメリット

一方、教育業界に転職することでデメリットは生じるのでしょうか。考えられるメリットを2つご紹介します。

休日が少ない場合がある

教育業界に転職すると、休日が少なくなる場合があります。特に、受験対策を行う学習塾や予備校では、受験シーズンの1月から3月は繁忙期です。

年末年始であっても教室を開けて、生徒の受験をサポートするケースも少なくありません。受験シーズンは毎年訪れるため、繁忙期に備えて相応の覚悟が必要です。

しっかり休みを取りたいのであれば、教材を開発している企業への転職がおすすめです。

学生と直接関わることはできないものの、比較的休みを取りやすい傾向にありますよ。

責任感が大きい

あまりにも責任が大きいため、プレッシャーを感じてしまう人も少なくありません。その結果、心身ともに支障をきたしてしまう可能性があります。

特に、子どもと深く関わる教育現場では、自身の発言ひとつで子どもの未来が大きく変わってしまうこともあります。子どもの人生を左右しかねないため、言動には慎重にならなくてはいけません。

責任感が大きければ大きいほど、負担に感じてしまう人もいるでしょう。

プライベートで適度に休息をとりながら、仕事を進めていくことが大切ですよ。

教育業界に向いている人の特徴とは?

教育業界に向いている人には、どのような特徴があるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

コミュニケーション能力に長けている人

ハイタッチする人出典:Unsplash

コミュニケーション能力に長けている人は、教育業界に向いている可能性が高いです。特に、講師や教員のように生徒と接する機会が多ければ多いほど、コミュニケーション能力が求められるでしょう。

話す力ももちろん大切ですが、聞く力が大切な場面も多々あります。生徒にしっかりと寄り添い、学習をサポートしていくことも仕事のひとつだからです。

また、教材開発企業であれば、外部の人とやりとりする機会もあります。

その際に、コミュニケーション能力が大いに求められるでしょう。

根気よく物事に向き合える人

根気よく物事に向き合える人も、教育業界に欠かせない人材です。教育は一朝一夕で成果が出るものではないため、長期的な視点で物事を考えなければなりません。

特に、生徒に教える職種では、粘り強さが大きく求められるでしょう。子どもの成績が一進一退であることも少なくありません。

飽きっぽい人や短気な性格の人には、向いていない可能性が高いです。

諦めない気持ちを大切にしている人なら、きっと教育業界で活躍できますよ。

社会に貢献したい気持ちが強い人

話し合う男性出典:Unsplash

社会に貢献したい気持ちが強い人は、教育業界に向いている可能性が高いです。教育は多くの人の人生を豊かにできる分野といえます。

よりよい社会の実現に向けて、大きく貢献したい人は志高く働けるでしょう。日々の仕事においても、「自分が社会を支えている」とやる気になるかもしれません。

特に、小学校や中学校など公的な機関であれば、より社会へ貢献することが期待できます。

どのような社会が理想なのか、教育によってどう実現していきたいのか考えるとよいでしょう。

教育業界に転職するなら転職エージェントの活用がおすすめ!

グッドポーズ出典:Pixabay

教育業界に転職を考えているなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントに登録すると、自分に合った求人の提案が期待できます。

特に、教育業界で働きたいことは決まっているものの、実際にどのような仕事があるのか分からない人にうってつけです。

また、履歴書・職務経歴書などの応募書類添削や面接対策といった選考サポートを受けられるメリットがあります。

はじめての転職で選考対策が不安な人は、ぜひ転職エージェントを利用してみてくださいね。

教育業界の転職におすすめの転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 教育に関する求人が2,000件以上
  • 転職のプロによるキャリア相談を受けられる
  • 独自に分析された業界・企業のレポートを提供してくれる

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年5月時点で、教育に関する求人が2,843件ありました。

求人のなかには学習塾の講師やインストラクター、教育コンサル、教育系コンテンツ制作会社などがあり、幅広い選択肢が魅力です。

転職のプロによるキャリア相談を受けられるので、わからないことがあればすぐに聞けるメリットもあります。

はじめての転職で不安な人は、リクルートエージェントに登録してみてくださいね。
公開求人数 233,643件
教育業界の公開求人数 55,458件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022/7/20現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報を掴める
  • 第三者視点で強みやキャリア観を確認してくれる
  • 夜間や土曜日の相談も受け付けている

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントには、企業に直接足を運んでいるスタッフがいます。

選考前に企業の雰囲気や働く人の様子を事前に教えてくれるので、自分がその職場で働いているイメージを掴みやすいでしょう。

また、第三者視点で強みやキャリア観をアドバイスしてくれるのもメリットです。

自己PRが苦手な人や、教育業界でどのようなキャリアを歩むべきか迷っている人に向いていますよ。
公開求人数 要問い合わせ
教育業界の公開求人数 要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022/5/13現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催している
  • 転職に役立つコンテンツが豊富

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでは経歴やスキルを登録しておくと、企業から直接スカウトを受け取れる場合があります。

特に、営業経験やマネジメント経験がある人は、採用担当者の目に留まりやすいでしょう。これまでの経歴や実績を詳細に記載しておくことをおすすめします。

また、転職フェアや相談会を定期的に開催しているのもメリットです。

選考前に直接話を聞けるチャンスでもあるので、時間が許す限り積極的に参加してみてくださいね。
公開求人数 147,087件
教育業界の公開求人数 143,094件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022/7/20現在

まとめ

今回は、教育業界へ転職したい人に向けて、転職先の候補やメリット・デメリットなどを解説しました。教育業界は人や社会の成長・発展に貢献できるやりがいのある仕事です。教員や講師以外にも、さまざまな職種があるため自分に合った職場を選びやすいでしょう。未経験者歓迎の企業も多く、門戸が広いのもメリットです。

教育業界に転職する際は、転職エージェント・サイトの登録がおすすめです。希望条件に合致した求人に出会えるチャンスが広がり、効率よく転職活動を進められます。ぜひこの記事を参考にして、教育業界への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022/7/20
https://www.r-agent.com/
マイナビエージェントで業界のプロに相談|転職エージェント 2022/7/20
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022/7/20
https://doda.jp/


おすすめの記事