銀行員 転職
最終更新日

銀行員からの転職を有利に進めるには?成功のポイントを徹底解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月25日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「銀行員から転職したい!」「銀行員を辞めて別の職業に就きたい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。銀行員は市民のお金周りに関するやりがいのある仕事である一方、仕事内容が合わずミスマッチを引き起こしてしまう人も少なくありません。ミスマッチを引き起こすとモチベーションを保てなくなり、結果的に転職を視野にいれるという現状があります。

しかし、いざ銀行員から別の職業に転職したいと思っても、情報をいまひとつつかめず勇気が出ない人もいるのではないでしょうか。そこで本記事では、銀行員から転職を考えている人に向けて、銀行員に多い転職理由や活かせる強み、有利になる資格などを徹底解説します。

記事の後半では、銀行員から別の職業に転職したい人におすすめの転職エージェントもあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

銀行員が転職を考えるおもな理由とは?

銀行員が転職を考えるおもな理由には、どのようなものがあるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

1. 仕事とプライベートを両立しにくい

頭を抱える男性出典:Unsplash

仕事とプライベートの両立が難しく、退職を考える人がいるようです。業務量があまりにも多く、仕事から帰ってきても趣味や余暇の時間を持てないケースが多々あります。

転勤があり、単身赴任者が多い銀行では飲み会の頻度が高いこともあるでしょう。時には、土日に上司からゴルフに誘われることもあり、気の休まる瞬間を持てない人も少なくありません。

プライベートの時間を確保できないと、何のために働いているのかわからなくなってしまいます。

自分の時間を自由に持ちたいと考えている人が、銀行員からの転職を考えているようです。

2. ノルマが苦痛

銀行員から別の職業に転職したいと考えている人のなかには、ノルマを苦痛に感じている人も多く見受けられます。融資や金融商品などのノルマを課せられ、ノルマをクリアするために働かなくてはなりません。

「目標が高いほど頑張れる!」という人には向いていますが、ノルマに追われることがストレスとなり、心身共に支障をきたす人もいます。ノルマをクリアできないと、上司から叱責されることもあるでしょう。

ノルマがなく自由にのびのびと働きたいなら、やはり転職を視野にいれる方法がおすすめです。

あなたの特性を活かしながら、ノルマを背負うことなく働ける環境はたくさんありますよ。

3. 資格取得の負担が大きい

パソコンを見てる男の人出典:Pixabay

銀行員は入行したあとも、資格取得のために勉強を続けていかなくてはなりません。そのため、資格取得の負担が大きく、銀行員を辞めたいと考えている人もいるでしょう。

例えば、証券外務員や生命保険募集人・損害保険募集人(一般)の資格は、入行1年目で取得する資格です。1年目の行員は土日であっても資格取得の勉強に追われ、気が休まらないでしょう。

そのほかにも、ファイナンシャルプランナーや中小企業診断士などの資格を取得するよう、上司から強いられる可能性もゼロではありません。

資格取得はモチベーションになることもありますが、強いられると苦痛に感じてしまいます。

4. 上下関係が厳しい

行内の上下関係が厳しく、銀行員を辞めたいと考える人もいます。多くの銀行では年功序列の文化が根強く残っており、上司から言われたことには必ず従わなくてはならないケースが多く見受けられます。

上司から言われたことに従わない場合、出世が阻まれることもあるでしょう。それどころか、左遷や降格といった不当人事を受けるという最悪の事態も考えられます。

こうした上下関係が厳しい環境で働くのは、息が詰まってしまいがちです。

上司ともフラットな関係を築きたいと考えているなら、転職をおすすめします。

5. 将来的に不安

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

現在銀行員として働いている人のなかには、将来に不安を抱えている人も数多くいます。デジタル化が進んでいる昨今では、人々が銀行に直接出向かなくても済むことが増えてきました。

例えば、預金口座の作成や振込みに関しては、インターネットから申し込める段階にシフトしています。こうした背景から、支店を減らしてコストを削減している銀行も増えているようです。

また、融資に関してもAIによる代替作業が可能となりつつあり、ますます銀行員の将来が危ぶまれる時代になっています。

このままで本当にいいのだろか?と考え始めている人が、転職を視野にいれているようですよ。

銀行員は転職に有利?

実際に、銀行員は転職に有利な職業なのでしょうか。ここからは、銀行員の代表的な強みをご紹介します。

ストレスに強い

ストレス耐性があるのは銀行員がもつ強みのひとつです。先述したとおり、銀行員はノルマを課せられたり、上司から叱責されたりといったストレスに耐えている傾向があります。

ストレスに強い人というのは、「困難な場面に直面しても逃げ出さず、責任を持って最後までやりきる」能力があると企業から評価を受けやすい人材ともいえるでしょう。

どの企業であっても、働いていれば多かれ少なかれ困難な場面に直面するのは避けられません。

そのようなときでも決して諦めることなく、最後まで頑張れる人は重宝されますよ。

数字に抵抗がない

グッドポーズ出典:Pixabay

数字に抵抗感がないというのは、大きな武器になります。特に、財務や決算といった会社を運営するうえで欠かせない知識がある人には、他の候補者と差別化できる強みとなるでしょう。

数字に強ければ論理的に物事を分析できるため、企業にとっても欠かせない人材となり得ます。選考の際は、ぜひ数字に強い点をアピールしてみてください。

ただし、銀行員として働いているときから「自分は数字に弱いかもしれない」と感じていたなら、アピールしないほうが得策といえるでしょう。

過度に期待されてしまうと、入社後に自分が困ってしまうので注意が必要ですよ。

お金に関する専門的な知識がある

お金に関する専門的な知識があるのも、銀行員の強みです。銀行員は常日頃からお金周りの全般に関わる業務を行っているため、お金にまつわる知識を兼ねそろえています。

例えば、資産運用・資産形成の知識や節税方法の知識は、会社を運営するうえで欠かせません。特に、人手が不足しているベンチャー・スタートアップ企業なら重宝される人材となるでしょう。

また、金融業界の異なる職種に転職したとしても、お金まわりの知識は十分活かせます。

銀行で得た知識は無駄にならないので、安心してくださいね。

銀行員が転職で活かせる資格とは?

ここからは、銀行員が転職で活かせる資格をご紹介します。転職を本格的に考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

銀行員からの転職で役立つ資格

ファイナンシャルプランナー(FP)

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

「FP」と略されることが多いファイナンシャルプランナーは、銀行員の多くが取得している国家資格です。ファイナンシャルプランナーは1級・2級・3級に分かれており、2級を所持している銀行員が多い傾向にあります。

ファイナンシャルプランナーは、金融や証券、保険・年金の知識だけでなく、ローンや税金など幅広い知識が求められます。ファイナンシャルプランナーの資格を持っているだけで、企業から評価されやすいでしょう。

特に、顧客から相談を受けやすい金融業界や保険業界への転職を目指している人にうってつけです。

まだファイナンシャルプランナーの資格を持っていない人は、この機会にぜひ取得してみてください。

証券外務員

証券外務員は銀行員であれば、誰でも取得を促される資格です。ほとんどの場合、入行して1年目の職員が取得するケースが多く見受けられます。

証券外務員は二種外務員資格と一種外務員資格に分かれており、一種外務員資格のほうがレベルが高いという特徴があります。一種外務員資格なら、信用取引やデリバティブ取引などリスクの高い金融商品も扱えるのです。

銀行員から証券会社へ転職したい人にとって、証券外務員は大いに有利となる資格といえるでしょう。

信託銀行への転職を考えている人にもおすすめですよ。

銀行員におすすめの転職先

銀行員にはどのような転職先がおすすめなのでしょうか。すすめしたい3つの職業をご紹介します。

銀行員におすすめの職業

生命保険業界

銀行員で培った営業スキルを活かしたいなら、生命保険業界がおすすめです。特に、外資系保険企業なら、より営業に打ち込めるでしょう。

銀行員で得たお金周りの知識やスキルを存分に活かせるので、転職後でもキャッチアップしやすいというメリットがあります。転職後も即戦力としてバリバリ働きたい人に向いている職場です。

しかし、銀行員時代と同じく、ノルマを課せられやすい点には気をつけましょう。

あくまで営業として活躍していきたい人に向いている業界ですよ。

コンサル業界

ハイタッチする人出典:Unsplash

転職によって年収アップを目指したいなら、コンサル業界がおすすめです。コンサル業界に転職して、年収が数百万円単位でアップしたという事例も珍しくありません。

銀行で培ったスキルが評価されやすいのも、コンサル業界に転職するメリットです。特に、財務や決算の知識がある人は、コンサル業界でも十分活躍できるでしょう。

ただ、コンサル業界は業務量が多い業種としても知られています。

昨今の働き方改革により改善されつつありますが、残業時間が多いと感じる人は一定数いるようです。

IT業界

IT業界も銀行員が転職するのにおすすめの業界です。特に、法人営業を担当してきた人ならすぐになじみやすく、ITの知識がなくても即戦力として働けるでしょう。

IT業界はベンチャー企業が多く、日系企業にありがちな古い風習がないケースがほとんどです。年功序列の風土に嫌気が指していた人にとっても、働きやすい環境といえるでしょう。

しかし、IT業界は日々情報がアップデートされる業界です。

そのため、必要であれば情報収集のために勉強しなければならないことも忘れてはいけませんよ。

銀行員が転職を成功させるためのポイント

銀行員が転職を成功へと導くためには、どのようなポイントがあるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

転職理由を明確にする

壁を見る男の人出典:Pixabay

まずは、転職理由を明確にすることからはじめましょう。転職理由が明確でなければ、転職活動の軸があいまいになってしまい、求人探しに時間がかかってしまいがちです。

転職理由を明確にする際は、現職で物足りないと思っている項目を一つひとつ列挙してみてください。物足りないと感じている項目を挙げていくうちに、次の職場で大切にしたいことが見えてきます。

銀行員から別の職業へ転職したい理由が明確になれば、転職活動を進めやすくなるでしょう。

ぜひ時間を見つけて、ゆっくり丁寧に考えてみてください。

情報収集を徹底的に行う

銀行からの転職を考えるならまずは情報収集を徹底的に行いましょう。求人サイトの閲覧や転職エージェントの登録をすることで、世の中に今どんな仕事があり、どんな人材が求められているかが分かります。

また、自分が目指す業界の平均年収や仕事内容が分かるだけでなく、自分のスキルや経験が企業にとって魅力的かどうか市場価値を知る目安にもなります。

口コミサイトなどで従業員の生の声を知って、現実と理想のギャップを埋めることも大切です。

やみくもに資格取得したり、企業へ応募するのではなく業界や世の中の流れを掴んだうえで、将来性のある仕事を見つけましょう。

強みを生かした自己PRを作成しておく

パソコンと男の人出典:Pixabay

転職活動を始めるにあたって、自分の強みを活かした自己PRを作成しておくことがおすすめです。

「自分の経験やスキルはどのように活かせるか」を事前にまとめておくことで、数ある求人の中から自分に合った仕事を見つけやすくなります。

例えば、銀行員であれば、ストレス環境に強い・コツコツ、地道な作業を正確に行える・数字に強いなどが挙げられます。

自分の強みが分かったうえで仕事を探すと、良い求人に出会えた時に履歴書やエントリーシートの記入、面接の際も自信を持って挑戦できるでしょう。

徹底的に自己分析を行うことで、興味のなかった業界にも可能性を見出すことができますよ。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用することも、転職を成功に導くポイントです。転職エージェントには転職のプロが多数在籍しており、転職活動に関する有益なアドバイスが期待できます。

銀行員として培った実績・スキルやキャリア観などを、キャリアアドバイザーと話していくうちに言語化できるのも魅力です。「銀行員から転職したいけど、どこを目指せばいいかわからない」という人に適しています。

また、応募書類の添削や模擬面接のような選考対策が充実しているのもうれしいポイントです。

特に、はじめて転職活動する人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

銀行員から転職したい人におすすめの転職エージェント3選

1. リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開求人が23万件以上
  • 各業界に精通したアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業情報の提供

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年7月時点で、公開求人が233,643件ありました。さまざまな業種・職種の求人を取りそろえているので、きっと自分に合った求人が見つかることでしょう。

各業界に精通したアドバイザーが多数在籍。銀行で働いていた人の転職も多数支援しているはずなので、きっと有益なアドバイスを得られるでしょう。

独自に分析された業界・企業情報を提供してくれるのもポイントです。

特に、業界・企業研究をしたことがない人に適していますよ。
公開求人数 233,643件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022/7/20現在

2. type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報を掴める
  • 独自の求人も紹介してくれる
  • 応募書類の添削や面接対策などのサポート

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、type転職エージェントがおすすめです。求人票に掲載されていない情報を教えてくれるので、企業のカルチャーをいち早くつかめます。

特に、銀行で働いていた際、企業風土が合わないと感じている人にうってつけです。担当エージェントに「どのような点が合わなかったのか」具体的に話したうえで、求人を提案してもらいましょう。

また、応募書類の添削や面接対策などの選考サポートをしてくれるのも魅力です。

わからないことや悩みごとがあれば、気軽に相談してみてくださいね。
公開求人数 5,983件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国

※株式会社ゼロアクセル調べ・type転職エージェント公式サイト対象・2022/7/20現在

3. doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を全国で開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

効率よく転職活動したいなら、dodaがおすすめです。dodaでこれまでの経歴や培ってきたスキルを登録しておくと、採用担当者の目に留まり、スカウトを受け取れる可能性があります。

特に、銀行員として働いてきた人なら、営業のスキルやお金周りの知識を兼ねそろえており、企業からも重宝される人材になり得ます。余すところなく経歴やスキルを登録しておきましょう。

さらに、転職フェアや相談会を全国で開催しているのもポイントです。

企業の採用担当者と直接話せる絶好の機会でもあるので、できる限り参加してみてくださいね。
公開求人数 147,087件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022/7/20現在

銀行員からの転職に関するよくある質問

銀行員から別の職業への転職は難しい?

20代では、ポテンシャル採用も多いので、異業種なら自分の経験やスキルをどのように活かせるかをアピールしましょう。30代では、即戦力となることが期待されます。これまでの経験や実績を数値化してアピールし、自分を雇うことのメリットを明確にしましょう。40代は、転職が非常に厳しくなる年代です。高度なスキルとマネジメント経験、取引先などの人脈を活かして会社にどの程度貢献できるかを伝えられるかがカギとなります。

銀行員からの転職で有利になるスキル・資格は?
外回りや融資営業で培ってきた営業力や交渉力、問題解決能力は高く評価されます。資格としては、ファイナンシャルプランナーは人生に関わる保険・ローン・税金・不動産など幅広い知識が得られるので、金融機関や証券、コンサルで活躍できるでしょう。宅建は不動産、建築、住宅メーカーで重宝されます。簿記は財務諸表を読んだり、会計知識など経営管理に必要な基本的な知識が得られるので企業の経理部や税理士、会計事務所に有利です。
銀行員からの転職におすすめの転職エージェントはどれ?

リクルートエージェントは、非公開求人10万件以上と豊富な求人情報を持つ業界最大手の転職エージェントです。他の転職エージェントにはない情報量で、自分の可能性を広げられます。事務職の求人も豊富なので、女性も利用しやすいのが特徴です。懇切丁寧なサポートで、短期間で仕事探しをしたい人におすすめです。
参考元:リクルートエージェント

銀行員は転職先で使えないって本当?

結論から言うと、銀行員が転職先で使えないというのは嘘です。数字に対する正確さや上司からのプレッシャー、ノルマに対してのストレス耐性、目標達成能力、お金に関する知識は歓迎される傾向があります。「銀行員は使えない」というのは、銀行で身につけるスキルは専門性が高く、他業界では使えないことが多いためです。転職時には、汎用性の高いスキル(マネジメント力や交渉力、営業力など)をアピールすると良いでしょう。

女性銀行員が転職を成功させるには?

女性はライフイベントにより仕事に大きな影響を与えます。在宅勤務できる経理や営業サポートのような仕事も増えているので、育児の片手間に働くなら、時短勤務や在宅ワークがある企業を選ぶと良いでしょう。逆に、キャリアアップを目指すなら、女性が活躍している業界や女性の活動を推奨している企業だと力を発揮しやすいかもしれません。いずれも従業員の声を口コミでチェックする必要があります。

銀行員からの転職は年収が下がる?

他の業界に比べ銀行員は一般的に年収は高いとされているため、異業種への転職においては年収は下がる傾向にあります。高度な専門スキルや経験、実績があれば転職先によっては年収アップも見込めますが、そうでない場合は今よりもダウンする覚悟で活動しましょう。結婚している場合は、家族に相談して生活水準が下がることも視野にいれて転職活動する必要があります。

転職エージェントは無料で使える?
はい。転職エージェントでは、専任のキャリアアドバイザーが転職希望者の要望や経験、スキルにあった企業を紹介しています。そのうえ、面談対策や職務経歴書の書き方など、転職成功のアドバイスや業界の傾向、内定につながるノウハウの伝授を無料で行ってくれるのです。一人で転職活動するよりも内定の確率が格段にアップするので積極的に活用していきましょう。
銀行員として働きながら転職活動はできる?
働きながらの転職活動は可能です。ただし、転職先が決まるまでは周囲に知られないようにしましょう。なぜなら、銀行側は近い将来、転職する可能性がある人を昇進や評価アップの対象にしないからです。一度転職を考えたものの、転職を考え直すことはよくあります。本来あるはずの昇進がなくなるのはモチベーションが下がるので、安易に周囲に話さないように気をつけましょう。
銀行員から転職する際の注意点は?
銀行を就職先として選んだ人は、年収や福利厚生、安定しているという点を魅力に感じて入行した人が多いかと思います。転職する際は、ネームバリューや待遇の良さに飛びついて、同じような職場環境や労働条件の企業を選ばないよう気をつけたいものです。転職にあたって、どのようなキャリアを積みたいのかを忘れないようにしましょう。
銀行員からの転職で準備しておくべきことは?
在職中は、転職先でアピールできるようなキャリアを積むよう意識して生活しましょう。銀行業界は、そこでしか通用しないスキルが多いと言われるがゆえに、他の業界でも必要とされる営業力やリスク管理能力などを磨く努力は必須です。日々、ルーティンワーク化されている仕事の意識を変えることで自分の持っている能力を伸ばすことに繋がり、転職活動もよりスムーズになります。

まとめ

今回は、銀行員から別の職業へ転職したい人に向けて、おすすめの転職先や有利になる資格や強みなど、転職成功のポイントを徹底解説しました。銀行員はストレス耐性があるだけでなく、数字周りに強いため企業から重宝される場合が多いです。選考時には、自分の魅力を存分にアピールしてください。

転職活動の仕方がわからない人は、転職エージェントを活用する方法がおすすめです。転職のプロが多数在籍しているので、有益なアドバイスが期待できます。選考対策も充実しており、有利に転職活動を進められるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、銀行員から別の職業への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.20
https://www.r-agent.com/

転職ならtype転職エージェント|納得感を大切にする転職・求人サイト 2022.7.20
https://type.career-agent.jp/

【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ) 2022.7.20
https://doda.jp/guide/age/


おすすめの記事