広島
最終更新日

広島に転職したい人必見!おすすめ転職エージェント・サイト

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月20日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「広島へ正社員で転職したい!」「Uターンをして地元の広島で働きたい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。広島は中国地方を代表する県のひとつでもあります。さまざまな産業が盛んなので、求人の探しやすさも期待できるでしょう。また、首都圏と比べて生活費が安い傾向にあるので、できるだけ支出を抑えたい人にうってつけです。

しかし、いざ広島へ転職しようとなると、いまひとつ情報がつかめず、勇気が出ない人もいるはずです。そこで本記事では、広島の転職事情転職成功するためのコツを徹底的に解説します。

広島の転職におすすめな転職エージェント・サイトもあわせて紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

広島の転職事情を解説|平均年収・有効求人倍率

まずは、広島の転職事情を解説します。転職を考える前に、平均年収や有効求人倍率をチェックしておきましょう。

広島の平均年収はどれくらい?

お金の木出典:Unsplash

求人ボックス給料ナビによると、広島の平均年収は約324万円※1です。正社員の給料分布は276~338万円※2がボリュームゾーンとなりました。

日本人全体の平均年収403万円※2と比べると、広島の平均年収はやや下回ってしまいます。しかし、首都圏よりも生活費を抑えられる点を考慮すれば、妥当な額といえるでしょう。

なお、厚生労働省の「地域別最低賃金の全国一覧」によれば、広島の最低賃金は2021年10月時点で899円※3となりました。

中国地方のなかで比較すると、最低賃金はやや高い傾向にありますよ。

※1出典:求人ボックス給料ナビ「広島の平均年収」 2022.7.20
※2出典:doda「日本人全体の平均年収」2022.7.20
※3出典:厚生労働省「地域別最低賃金の全国一覧」 2022.7.20

広島の有効求人倍率は?

広島へ転職を考えているなら、有効求人倍率もあわせて確認しましょう。有効求人倍率とは、求職者1人に対して、どれくらい求人が探しやすいかを示す指標です。まずは、有効求人倍率が1倍をこえているかどうか、チェックすることが大切です。

独立行政法人労働政策研究・研修機構の調査によれば、広島県の有効求人倍率は2022年4月時点で1.48倍でした。全国平均値が1.23倍であることからも、広島は比較的求人を探しやすい地域といえるでしょう。

特に、広島の中心部である都市では、より求人を探しやすい傾向があります。

広島で効率的に求人を探したいなら、ぜひ中心部への転職を考えてみてくださいね。

※出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「職業紹介-都道府県別有効求人倍率」 2022.7.20

転職前に知っておきたい広島の地域特性

ここからは、転職前に知っておきたい広島の地域特性について解説します。広島についてより深く知りたい人は必見です。

広島のおもな産業

“技術職出典:Pixabay

広島はさまざまな産業によってバランスよく成り立っていますが、特に卸売業・小売業が盛んです。広島県の公式サイトによると、卸売業・小売業の事業所数は全体の約26%を占めています。

また、造船・鉄鋼・自動車などの重工業や電気機械・電子部品といった先端産業の製造も行われています。日本をものづくりの観点から支えたい人にとって、うってつけの環境といえるでしょう。

そのほかにも、観光地である特性を活かして、宿泊や飲食といったサービス業にも力を注いでいます。

さまざまな産業に成り立っていることからも、求人の探しやすさが伺えます。

※出典:広島県「広島県の産業・企業情報」 2022.7.20

広島の気候

広島は同じ県でありながら、地域によって気候の特徴がそれぞれ異なります。例えば、沿岸部は瀬戸内式気候に属しており、年間を通じて晴天が多く、過ごしやすい地域といえるでしょう。

一方、北部の山間地域は降水量が多い傾向にあります。冬になると雪が積もる可能性もあるため、首都圏から移住を考えている人は注意が必要です。

気象庁のデータによると、広島県全体の最深積雪は平均5cmでした。

山間部ともなると、さらに多く雪が降る可能性があるので、事前にしっかり調べましょう。

※出典:気象庁「気象庁|過去の気象データ検索」  2022.7.20

広島への転職を成功させるコツ

広島へ転職を成功させるためには、どのようなコツがあるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

転職理由を明確にする

チェックリスト出典:Pixabay

まずは、転職理由を明確にすることが大切です。転職理由があいまいなままだと転職の軸を定めきれず、求人を絞れなくなってしまいます。結果的に、転職活動が長期化してしまうでしょう。

転職理由を明確にする際は、現職で足りない・不満に思っているポイントを列挙していく方法がおすすめです。どうしても改善したいことをいくつかピックアップすると、転職理由が自ずと見えてきます。

年収や待遇だけでなく、職場の雰囲気や働く人の様子といったソフト面にも目を向けましょう。

総合的に転職理由を考えることで、次の職場で本当に大切にしたいことが見えてきますよ。

広島で開催されている転職フェアに足を運ぶ

広島で開催されている転職フェアに足を運ぶのもおすすめです。直接足を運ぶことで、インターネット上だけではわからなかった優良企業に出会えるチャンスでもあります。

また、選考前に人事担当者と直接話せるのもメリットです。肌感覚で企業の雰囲気をつかめるため、転職後のミスマッチを防止できるかもしれません。

転職フェアの多くは、大手人材会社や地方自治体によって主催されていることがほとんどです。人事担当者と顔見知りになっておけば、選考がスムーズに進むこともあるでしょう。

足を運ぶ際は日程や場所だけでなく、あらゆる業界がまんべんなく出展するかどうかも、確認しましょう。

転職エージェントに登録する

ガッツポーズ出典:Pixabay

転職エージェントに登録することも、広島での転職を成功させる秘訣のひとつです。転職エージェントには、これまで多くの人の転職を支援してきた転職のプロが在籍しています。

転職の進め方について有益なアドバイスをくれるため、転職活動に不慣れな人でもスムーズに進められるでしょう。広島にも拠点がある転職エージェントなら、優良企業を教えてくれるチャンスでもあります。

そのほかにも、転職エージェントに登録すると、選考サポートを受けられるというメリットもあります。

履歴書・職務経歴書の添削や面接指導など、選考対策を強化したい人は必見ですよ。

広島に転職したい人におすすめの転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 広島の求人が3,800件以上
  • 実績豊富なアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業情報の提供

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年6月時点で、広島県の求人は3,976件ありました。求人は半導体製造や産業システムの開発や、生命保険の営業、WEBディレクターなどバラエティに富んでいます。

実績豊富なアドバイザーが多数在籍しているのも、魅力といえるでしょう。アドバイザーが親身になってキャリア相談にのってくれるので、転職活動の進め方に疑問点や不安なことがある人は、気軽に相談してみてください。

さらに、独自に分析された業界・企業情報を提供してくれるのも、メリットのひとつです。業界・企業研究の仕方がわからない人にとって、参考資料となること間違いありません。

気になる企業があれば、積極的に相談してみてくださいね。
公開求人数 233,643件
広島の公開求人数
3,976件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.20

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報を知り得る
  • 書類の添削や面接対策などのサポート
  • 企業とのやりとりを代行

転職後のミスマッチをできる限り避けたい人は、type転職エージェントがおすすめです。type転職エージェントに登録すると、求人票に掲載されていない情報を教えてくれます。企業カルチャーに自分がマッチするかどうか、選考前に把握できるのはアドバンテージとなるでしょう。

書類の添削や面接対策などのサポートをしてくれるのもメリットです。これまで多くの人の転職をサポートしてきたキャリアアドバイザーが、マンツーマンで指導してくれます。特に、転職活動がはじめての人にとって心強い味方となるでしょう。

企業とのやりとりを代行してくれるので、余計な手間を省けるのもtype転職エージェントならではです。面接の日程調整に始まり、内定後の給与・待遇交渉まで代行してくれます。

交渉ごとが苦手なら、ぜひtype転職エージェントを利用してみてください。
公開求人数 6,732件
広島の公開求人数
89件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※株式会社ゼロアクセル調べ・type転職エージェント公式サイト対象・2022.7.20

doda

doda

おすすめポイント
  • 採用担当者からスカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

スピーディーに転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでこれまでの経歴・身につけてきたスキルを登録しておくと、企業の採用担当者から直接スカウトをもらえる可能性があります。

特に、広島で働きたい旨を記載しておけば、広島県に拠点を置く企業の目に留まりやすくなるでしょう。なかには書類選考が免除され、面接に進めるスカウトもあるため、ぜひ積極的に活用してみてください。

また、転職フェアや相談会を定期的に開催しているのもメリットです。企業の採用担当者と直接話せる機会なので、できる限り参加することをおすすめします。

広島で転職フェアや相談会が開催されているかどうか、dodaの公式サイトでチェックしてみてくださいね。
公開求人数 147,087件
広島の公開求人数
6,096件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.20

まとめ

今回は、広島に正社員で転職したい人に向けて、広島の転職事情や転職成功できるコツなどを解説しました。広島は中国地方を代表する都市のひとつでもあり、さまざまな産業が盛んです。製造業をはじめとした第2次産業だけでなく、宿泊や飲食などのサービス業などの事業所も豊富にあります。IT・Web系のベンチャー企業もあり、都心からUターン・移住をして働きたい人にもうってつけです。

もし広島への転職を本格的に考えているなら、転職エージェント・サイトの活用をおすすめします。とくに転職エージェントには、実績豊富なアドバイザーが多数在籍しているため、転職にまつわる有益なアドバイスを得やすいです。また、応募書類の添削や面接対策などもサポートしてくれるので、転職初心者にとって心強い味方になってくれるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、広島への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

広島県の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ) 2022.7.20
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E5%BA%83%E5%B3%B6%E7%9C%8C%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】 |転職ならdoda(デューダ) 2022.7.20
https://doda.jp/guide/heikin/#:~:text=2021%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%81%AF403%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%A7,6%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%AE%E6%B8%9B%E5%B0%91

地域別最低賃金の全国一覧 2022.7.20
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

職業紹介-都道府県別有効求人倍率 2022.7.20
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/shuyo/0210.html

広島県の産業・企業情報 2022.7.20
https://www.pref.hiroshima.lg.jp/soshiki/44/sangyokigyojoho.html

気象庁|過去の気象データ検索 2022.7.20
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_ym.php?prec_no=67&block_no=47765

【SUUMO】広島県の市区郡から賃貸家賃相場を調べる 2022.7.20
https://suumo.jp/chintai/soba/hiroshima/area/

・転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.20
https://www.r-agent.com/

・転職ならtype転職エージェント|納得感を大切にする転職・求人サイト 2022.7.20
https://type.career-agent.jp/

転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.7.20
https://doda.jp/


おすすめの記事