転職したい
最終更新日

転職したいならやるべき4つの行動|効率のいい転職活動の方法を解説

(コンテンツ提供:株式会社ゼロアクセル)
本記事は2022年7月20日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

転職したいと思ったら、まずはどんな行動をするべきでしょうか?転職したいと思ったら突発的に行動する前に、本当に転職するべきかどうかの判断が必要です。転職を考えている方の中には、「転職したいけど何から始めたらいいか分からない」といった悩みを抱える方も多いでしょう。

そこで本記事では、転職したいと思ったら振り返るべきこと、するべき行動を解説していきます。また、最後におすすめの転職エージェントも紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

転職したいと思ったら、振り返るべき3つのこと

転職したいと思ったら、本当に転職する必要があるのか判断する必要があります。転職活動を始める前に、次の3つのことを振り返ってみましょう。

なぜ転職したいのか

疑問 黒板
 出典:Pixabay

転職したいと思ったら、まずはなぜ転職したいと思ったのか理由を明確にしましょう。転職活動を成功させるためには、転職の目的が必要不可欠です。

例)転職活動の目的
・キャリアアップしたい
・収入アップしたい
・理想の働き方を実現したい

ただ漠然と転職したいと思って転職活動を始めても、目的が曖昧では転職を成功させることは難しいでしょう。

「とりあえず転職したい」と考えている方は、なぜ自分が転職したいと思ったのか一度紙に書き出して考えをまとめてみることがおすすめです。

転職活動でもたくさん聞かれる質問なので、しっかり考えておきましょう。

現職に対してどんな不満を抱えているのか

悩む女性

 出典:Pixabay

転職したいと思ったら、現職に対してどんな不満を抱えているかを明らかにしましょう。人によって、人間関係や給与など転職したい理由はさまざまです。

例)現在の職場に対する不満
・人間関係に問題がある
・能力・実績が正当に評価されない
・仕事のやりがいを感じられない

転職活動において、自分が嫌なこと・やりたくないことの理解は重要なポイントの一つです。現在の職場で自分がどんな不満を抱えているのか整理しましょう。

現状を客観的に把握することで、自分が転職したい理由も明確になり転職活動を効率的に進められるでしょう。

現職に対しての不満を整理することで、転職の目的が見えてくることもありますよ。

現職での不満を解決する努力をしたのか

チェックリスト

出典:Pixabay

転職したいと思ったら現職への不満を明らかにするだけでなく、不満に対して自分がどう対処・行動したかにも着目する必要があります。

例)現職での不満を解決するための努力
・キャリアアップのために、資格の取得を目指す
・人間関係の改善のために、同僚や上司へ相談する
・収入アップのために、仕事の効率を上げる

自分の努力や行動次第で解決できる不満を理由に転職したいと思っている方は、転職を考え直す必要があるでしょう。

転職しなくても解決できる不満や悩みの場合は、転職しても同じ悩みを抱えるおそれがあるからです。自身の努力や、上司に相談して解決できそうなことがないか考え直してみましょう。

現状で頑張る方法をおすすめしましたが、メンタル不調の症状が出ている場合は例外ですよ。

転職したい理由で多いのは?

転職したいと思って転職活動を決意する人には、どんな理由があるのでしょうか。ここからは、転職したい理由として多いものを紹介していきます。

収入アップを実現したい

上昇を表すグラフ出典:Pixabay

収入アップを目的に転職したいと考える人は多いでしょう。収入は、仕事をする上でのモチベーションにも繋がりますし、生活していく上でも欠かせない要素です。

仕事内容に見合った収入を得られていないと感じたり、今後収入アップする見込みがないと感じた場合に転職を考える人が多いでしょう。

現在の自分の仕事に対する年収がどれくらいなのか気になる方は、転職サービスで提供されている年収査定を受けてみることをおすすめします。

業界や職種の水準に沿って適切な年収を診断してくれるので、転職活動の参考のひとつになるでしょう。

ライフスタイルに合った働き方がしたい

自由 女性出典:Pixabay

ライフスタイルの変化を理由に転職したいと考える人は多いでしょう。ライフステージの変化と共に、ライフスタイルは変わります。

近年ライフスタイルに合わせた働き方を推進する企業も増えてきているため、自分らしく働ける企業を求めて転職する人が増えているのでしょう。

労働時間や休日、福利厚生など希望の条件にこだわって求人を探すことで、理想の働き方を実現できる可能性がグッと高まります。

女性の場合、出産・育児後も働き続けられる環境かどうかは重要なポイントですね。

市場価値を高めたい

ジャンプする男性出典:Pixabay

自分の市場価値を高めるために、転職したいと考える人も多くいます。将来のキャリア目標がある人にとって、実績や経験を積める職場で働くのは重要なことです。

市場価値を高めたいと考える人は、今の職場よりも裁量のある仕事内容で、実績や経験を積める職を求めて転職を始めるケースが多いでしょう。

市場価値を高めるには、今の自分の市場価値を知ることも重要です。客観的な自分の市場価値を理解した上で、転職活動に取り組みましょう。

成長を感じられる職場で働くことで、仕事のやりがいも強く感じられるでしょう。

専門知識・技術を身につけたい

本とペン出典:Pixabay

専門知識・技術を身につけるために、転職したいと考える人も多くいるでしょう。特に20代の若い層の人は、経験がなくても転職できる可能性があります。

30〜40代の方は、転職先がなかなか見つからない場合も予想されます。そのため、転職活動を始める前に資格の勉強やスキルアップをしておくと安心です。

専門知識・技術を身につけられる職場に転職することで、将来再び転職を考えるときに強い武器になるでしょう。専門知識・技術が身につけば、収入アップも期待できます。

異業種への転職に不安がある方は、各業界に精通したアドバイザーからサポートが受けられる転職エージェントの利用がおすすめですよ。

人間関係の問題を解決したい

六面立体パズル出典:Pixabay

職場の同僚・上司との人間関係を理由に、転職したいと考える人も多くいるでしょう。令和2年の転職者実態調査によると、人間関係は男女共に離職理由の上位に挙がっています

良好な人間関係が築けていないと、余計なストレスが溜まったり、スムーズに業務を遂行できないなどと仕事でさまざまな支障が出てしまうでしょう。

しかし、転職をしたからといって、必ずしも人間関係が改善されるとは限りません。自分の考え方や行動次第で人間関係を改善できることがあれば、改善する努力をしてみましょう。

身近な人に相談したり、部署やプロジェクトの異動を希望してみたりすることがおすすめですよ。

転職するべき人・転職が向いている人の特徴

ここまで転職したい理由を見てきましたが、実際に転職するべき人はどんな人なのでしょうか。転職するべき人の特徴として考えられるものをピックアップしましたので、自分が転職するべきか判断してみてください。

転職したい目的が明確な人

方向指示 看板

出典:Pixabay

転職するべき人は、転職したい目的が明確な人です。転職活動に対してはっきりとした目的を持って転職すれば、転職後も高い満足度を得られるでしょう。

転職サイトでは膨大な量の求人情報が掲載されている場合があります。転職したい目的が明確であればあるほど、条件を絞って探せるのでスムーズに転職活動が進められるでしょう。

転職することで、希望が叶えられる人

太陽と草

出典:Pixabay

転職することで、希望が叶えられる人は転職をするべきでしょう。今の職場では収入アップが見込めないと感じたり、やりがいを感じられないという方は転職が解決策に繋がるかもしれません。

ただし、希望を叶えるために本当に転職する必要があるのか、よく吟味する必要があるので注意が必要です。

職場に行くのが憂鬱になっている人

雨 窓ガラス

出典:Pixabay

仕事に行くのが憂鬱だと感じている人は、転職するべきでしょう。人間関係や職場の労働環境が原因で「仕事が辛い」、「仕事に行きたくない」と感じている方は、メンタル不調の症状が出ている可能性があります。

すぐに転職活動を始めなくても、一度今の職場から離れるために休職・離職することも手段として考えられるでしょう。十分な休養を取り、転職活動を始めましょう。

転職したいと思ったらするべき4つの行動

自分が転職するべきだと判断したら、実際に行動に移していきましょう。次の順序を参考に、転職活動を始めてみてください。

1. 自己分析をする

ノートを書く人の手
出典:Pixabay

転職スケジュールと転職スタイルが決まったら、自己分析をしましょう。転職活動を始めるにあたって、自己分析は納得のいく転職を実現するために必要不可欠です。

自己分析をして自身のスキルや強みを理解することで、客観的に自分の市場価値を図れるでしょう。自分の強みを活かせる企業に転職すれば、転職後に活躍できる可能性もグッと高まるはずです。

無料で気軽に自己分析できるサイトもあるので、利用してみるといいでしょう。これまでになかったキャリアの可能性も見えてくるかもしれません。

自己分析をすることで、面接でもしっかり自分のことを伝えられるようになりますよ。

2. 転職スケジュールを作成する

スケジュール帳
出典:Pixabay

転職したいと思ったら、まずは転職スケジュールを作成しましょう。本格的に転職活動を始める前に、具体的な転職の期間を計画することは重要です。

転職にかける具体的な期間を定めることで、ダラダラと転職までの期間が伸びしてしまうことや勢いのまま転職するといったことを防げます。

一般的に、転職活動には3ヵ月以上の期間がかかるといわれています。「今すぐ転職したい」と思っていても、転職活動が長引くこともあるので慎重に決めましょう。

あらかじめ転職のゴールを決めておくことで、逆算して計画が立てられますよ。

3. 転職スタイルを決める

転職スケジュールが決まったら、転職スタイルを決めましょう。退職してから始める場合も、働きながら始める場合も一長一短があります。

退職してからの転職活動

メリット
  • 時間があるので、転職活動に集中できる。
  • スケジュール調整がしやすい。
デメリット
  • 金銭的・精神的な不安が大きいため、焦って誤った判断をしやすい。 
  • モチベーションが保ちにくい。

退職してからの転職活動は、転職のために十分な時間を割ける点が大きなメリットでしょう。貯金が十分にある方や、就職活動を短期間で終わらせると決意している方におすすめです。

働きながらの転職活動

メリット
  • 転職活動が長引いても、金銭的・精神的な不安が少ない。
  • 納得がいくまで転職活動を続けられる。
デメリット
  • 時間に制限があるため、転職活動に十分な時間を割けない。
  • 面接や入社日などの日程調整がしにくい。

働きながらの転職活動は、安定した収入があるので納得のいくまで転職活動を続けられる点が大きなメリットでしょう。転職で妥協したくない方や、体力面で自身のある方におすすめです。

ちなみに、2021年度の株式会社ビズヒッツの調査では、退職してから転職活動を始める人と働きながら転職活動を始める人の割合はほぼ半分ずつという結果になりました

それぞれのメリット・デメリットを理解して自分に合った転職スタイルを決めることが重要ですよ。

2021年度 株式会社ビズヒッツ「転職活動に関する意識調査」対象  2022.7.20

4. 転職サービスに登録する

登録
出典:Pixabay

転職したいと思ったら、転職サービスに登録してみましょう。効率のいい転職活動を実現するためには、転職サービスの利用がおすすめです。

転職サービスでは、求人情報に加えて転職の疑問に応えるコンテンツが豊富に提供されています。自分に合った転職サービスを利用することで、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

ほとんどの転職サービスは無料で登録・利用が可能です。気になる転職サービスがあれば、まずは登録してみて条件に合った求人がないか探してみましょう。

ここからは転職におすすめの転職エージェントを紹介していきますよ。

    転職したいと思ったらおすすめの転職エージェント3選

    1. doda

    doda

    dodaのおすすめポイント
    • 転職サイトとエージェント一体型
    • 定期的に複数企業と話せるイベントが開催
    • 年収査定・転職タイプ診断など転職に役立つサービスが充実

    dodaは、幅広い業界・職種の求人を取り扱う転職エージェントです。 豊富な求人情報から、業界や職場の雰囲気といったこだわり条件を絞って探せます。

    定期的に志望動機・参加費不要で複数企業と話せるイベントが開催されているので、ネットだけでは得られないリアルな企業の情報を得られるでしょう。

    他にも、面接の受け方や履歴書の書き方など転職ノウハウを学べるイベント・セミナーが豊富に開催されているので要チェックです。

    転職サイトとエージェント一体型なので、気になる求人の詳細を直接アドバイザーに聞けますよ。
    公開求人数 147,087件
    非公開求人数 要問い合わせ
    対応エリア 全国
    無料登録

    ※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.20現在

    2. マイナビエージェント

    マイナビエージェント

    マイナビエージェントの特徴
    • 中小企業の案件多数
    • 各業界に精通したアドバイザーがいる
    • 休日や平日の遅い時間も対応

    マイナビエージェントは、株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。主に20〜30代前半を中心に人気を集めています。

    各業界・職種に精通した専任アドバイザーからサポートを受けられるので、異業種への転職を考えている方にも心強いでしょう。

    休日や平日の遅い時間も対応しているので、働きながら転職活動を進めたいという方にもおすすめなエージェントです。

    中小企業を中心に、マイナビエージェントでしか紹介されていないレアな求人を紹介してもらえますよ。
    公開求人数 要問い合わせ
    非公開求人数 要問い合わせ
    対応エリア 全国
    無料登録

    株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.7.20現在

    3. リクルートエージェント

    リクルートエージェント

    リクルートエージェントの特徴
    • 転職支援実績No.11
    • 非公開求人数24万件以上※2
    • アドバイザーが年収交渉をしてくれる

    リクルートエージェントは、転職支援実績No.1※1の転職エージェントです。支援実績が豊富なエージェントならではの、手厚い支援サービスが人気を集めています。

    24万件以上※2もの非公開求人数取り扱っているので、自分では見つけられなかった好条件案件を多数見つけられるでしょう。

    リクルートエージェントは、企業との面談調整などのサポートもしてくれます。聞きづらいことや伝えにくいことも、アドバイザーに相談できるので安心です。

    安心して頼れるアドバイザーがいるので、初めて転職する方におすすめできるエージェントですよ。
    公開求人数 233,643件※2
    非公開求人数 273,528件※2
    対応エリア 全国
    無料登録

    ※1 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2020年7月時点)2022.7.20※2 株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.20現在

    まとめ

    今回は転職したいと思った方に向けて、転職する前の判断基準や転職に向けてするべき行動を解説しました。転職活動を始める理由、状況は人それぞれです。転職活動をこれから始める方の中には、一人で転職活動を進めることに不安を感じる方も多いでしょう。そんな方には、転職エージェントの利用がおすすめです。転職の不安や悩みを相談でき、一人一人にあった転職活動をサポートしてくれます。

    ほとんど全ての転職エージェントは無料で利用できるので、まずは登録してみましょう。ぜひ今回の記事を参考に、希望の職を探してみてください。

    (コンテンツ提供:株式会社ゼロアクセル)

    参考サイト

    令和2年「転職者実態調査の概況 厚生労働省」 2022.7.20
    https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/6-18c-r02-2-02.pdf
    2021年度 株式会社ビズヒッツ「転職活動に関する意識調査」 2022.7.20
    https://bizhits.co.jp/media/archives/24212
    転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト 2022.7.20
    https://doda.jp/
    転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト 2022.7.20
    https://mynavi-agent.jp/
    転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.20
    https://www.r-agent.com/


    おすすめの記事