異業種転職
最終更新日

異業種転職は難しいって本当?成功のコツやメリットを徹底解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年6月29日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「異業種に転職したい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。転職は同業種・同職種によるキャリアアップのイメージが強い一方、異業種に転職してキャリアチェンジを叶える人も少なくありません。異業種への転職はややハードルが高いものの、これまでとは異なる仕事ができるので、別の職業にチャレンジしたい人にうってつけです。

しかし、いざ異業種へ転職しようと試みても、情報をいまひとつ掴めず「難しいのではないか」「後悔したらどうしよう」と躊躇してしまう人もいるでしょう。そこで本記事では、異業種への転職を検討している人に向けて、異業種転職のメリット成功のコツをたっぷりと解説します。

記事の後半では、異業種転職におすすめの転職エージェントをあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

異業種への転職は大きくわけて2種類

異業種への転職は大きくわけて2種類です。それぞれの特徴を詳しくチェックしていきましょう。

異業種・同職種へ転職

パソコンを持つ手出典:Pixabay

業界のみを変更し、同職種へと転職するケースがあります。例えば、人材会社の営業として働いていた人が、転職後にIT・WEB関連会社で再び営業に従事するパターンです。

たとえ業種・業界は異なるとしても、これまで同職種に勤めていた経験があるなら、企業から重宝されやすいでしょう。前職の実績があれば、アピール材料として活用できます。

特に、若手の人材を強化したい企業にとって、同職種の経験がある人はポテンシャルを高く評価されます。

もし異業種・同職種への転職を考えているなら、早めに行動しましょう。

異業種・異職種へ転職

異業種・異職種へ転職するパターンもあります。例えば、人材会社の営業として働いてきた人が、IT・WEB業界でディレクターとして働くことが挙げられます。

気をつけておきたいのが、異業種・異職種への転職はハードルが高くなりがちです。企業にとっては完全未経験者が入社してくるので、教育コストが大幅にかかってしまいます。

もし異業種・異職種へ転職したいと考えているなら、転職先の職業に関わる資格を取得したり、実務でなくても経験を積んだりといったアピール力が必要です。

企業が欲しいのは即戦力となる人材であることを意識して、転職活動に臨みましょう。

異業種転職は年代によって難易度が異なる

実は、異業種転職は年代によって難易度が異なります。「異業種転職は何歳まで可能?」と気になっている人は、これから解説する20代と30代以降の異業種転職事情をぜひ参考にしてください。

20代の異業種転職事情

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

20代は比較的異業種への転職がしやすい年代です。これまでの実績やスキルよりも、ポテンシャルを評価されやすい20代なら、たとえ異業種への転職であっても道が開けるでしょう。

ただし、いくら異業種への転職といえど、社会人基礎力は身につけておく必要があります。社会人としての最低限のマナーや基本的なパソコンスキルは習得しておきましょう。

また、やみくもに異業種への転職を狙うのではなく、どのような業種が自分に合うのかじっくり考えることが大切です。

5年後・10年後を見据えて転職活動を行いましょう。

30代以降の異業種転職事情

年齢が上がるにつれて、異業種転職のハードルは高くなりがちです。そのため、30代以降の異業種転職は難しいことが予想できるでしょう。

先述したとおり、企業にとって中途採用者はあくまで即戦力を期待している人材です。異業種転職であれば、一から中途採用者を育成しなければならず、教育コストがかかってしまいます。

30代以降ともなると、若手の育成を任せたい年齢でもあるため、完全未経験者は転職が難しい傾向です。

とはいえ、転職成功の可能性はゼロではないので、諦めずに行動するとよいでしょう。

異業種転職のメリット

異業種に転職すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。ひとつずつ確認していきましょう。

やってみたい仕事にチャレンジできる

異業種に転職する最大のメリットとして、やってみたい仕事にチャレンジできることが挙げられます。特に、これまでやってみたかったものの、諦めていた仕事ができるチャンスです。

かつての終身雇用制度は徐々に廃れており、転職がスタンダードな世の中になりつつあります。異業種転職は決して珍しいものではありません。

ただし、異業種転職を考えているなら、早めに行動することをおすすめします。

早いうちから行動することで、異業種転職を成功させる道が開けるでしょう。

年収アップを目指せる

昇進出典:Pixabay

年収アップを目指せるのも、異業種に転職するメリットです。「異業種に転職すると年収が低くなるのでは?」と危惧している人にとって、大きなチャンスといえます。

特に、成長が著しい業界へ転職すると、年収アップを大いに期待できるでしょう。成長が著しい業界では利益率が高く、その分社員へ還元されるケースが多く見受けられます。

もし異業種への転職により、年収アップを目指しているなら、業界の成長率を確認することをおすすめします。

成長率を調べておくと、業界研究にもなるので一石二鳥です。

市場価値を高められる

異業種に転職することで、市場価値を高められるといったメリットもあります。異業種に転職することで新たなスキルが身につき、結果的に市場価値が向上するのです。

例えば、これまで接客・サービス業に携わってきた人が、転職によってデスクワークに携わるようになると、パソコンスキルが身につきます。

市場価値を高めることができれば、今後また転職する際に大いに役立つでしょう。

自分のキャリアを積み上げていけるため、キャリアの選択肢が広がるのもメリットです。

業種別に転職難易度をチェック!

ここからは、業種別に転職難易度を解説します。転職を考えている業界や興味関心を抱いている業界をチェックしてみてください。

異業種転職に人気な業界
  • IT・Web
  • 広告・マスコミ
  • 金融
  • メディカル・介護
  • 小売・外食

IT・Web

IT・Web業界は、転職難易度が比較的低い傾向にあります。というのも、IT・WEB業界はデジタル化に伴って市場を拡大しており、人材を欲している企業が多いからです。

未経験者であっても門戸が広いので、異業種転職したい人にはうってつけといえます。最先端の業界で日本を豊かにしたいと考えているなら、IT・WEB業界を目指してみてはいかがでしょうか。

ただし、IT・Web業界は同業他社で実力を積んできた人が、転職市場に参入するケースも少なくありません。

手強いライバルのなかで、いかにアピールするかどうかが試されます。

広告・マスコミ

タブレットで作業する男性出典:Pixabay

広告・マスコミ業界は異業種転職の難易度が高い傾向にあります。特に、大手の広告代理店やテレビ局では新卒採用主義が未だに根強い風土として残っています。

大手にこだわらないのであれば、未経験者を採用している企業も見受けられるので、諦めずに探すことが大切です。異業種転職を目指すなら、大手以外の企業もチェックしましょう。

広告やマスコミ業界では、トレンド察知能力やアイデア力が評価されやすいです。

しっかりと対策を練って、転職活動を進めていく方法をおすすめします。

金融

金融業界は以前と比べると、異業種転職のハードルは下がっています。しかし、依然として求められるスキルの難易度は高く、転職前の段階から専門的な知識・スキルが必要です。

そのため、ファイナンシャルプランナーをはじめとした資格は取得しておきましょう。選考時にアピールできるだけでなく、業界の理解にもつながります。

また、金融業界では現在デジタル化が進んでおり、ITエンジニアを欲している企業が多数見受けられます。

エンジニアとして働いた実務経験があるなら、転職難易度は下がるでしょう。

メディカル・介護

老婦人の手出典:Pixabay

メディカル・介護業界は、職種ごとに転職難易度がわかれています。特に、メディカル業界はその傾向が顕著です。

医師や看護師を目指す場合は資格取得も含めてハードルが高いものの、医療事務や医療機器の営業であれば、未経験者でも十分可能性があります。

また、介護は人材が不足している職場が多いため、未経験者でも門戸が広い傾向です。

転職してから介護の資格を取得することで、ステップアップを目指せますよ。

小売・外食

小売・外食はどの業界からの転職者でも、受け入れてくれる企業が多く見受けられます。特別な資格は必要でない場合が多く、働き口を見つけやすいのがメリットです。

しかし、ハイブランドや高級レストランなど、客単価が高ければ高くなるほどホスピタリティ精神が求められます。転職の難易度も高くなるため、身だしなみや所作に気をつけなければなりません。

また、家電製品のような知識が必要となる商品の場合、転職後に勉強する必要があります。

コツコツ積み上げて勉強することが苦手な人は注意が必要ですよ。

異業種転職を成功させるコツとは?

異業種転職を成功させるには、どのような秘訣があるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

キャリアの棚卸しを行う

まずは、キャリアの棚卸しをはじめましょう。キャリアの棚卸しとは、これまでの業務と積み上げてきたスキルをセットで書き表す方法です。

キャリアの棚卸しをしておくと、自分の得意業務・苦手業務を可視化できます。それを踏まえたうえで、自分の適性が明確になるのです。

自分の適性が明確になれば、どのような異業種で働きたいのかといった目指すべき方向性がわかりやすくなるでしょう。

ぜひ時間を見つけて、キャリアの棚卸しを行ってみてください。

自分に足りない知識・スキルを身につける

壁を見る男の人出典:Pixabay

自分に足りない知識やスキルを身につけておくと、異業種転職に大いに役立ちます。特に、専門知識やスキルが必要となる業界では大いに役立つでしょう。

例えば、金融業界であれば、お金周りの知識が求められます。ファイナンシャルプランナーをはじめとした資格を取得しておくのがおすすめです。

また、完全なる未経験者であれば、業界の知識を習得することも大切です。

書籍やインターネットなどで、全体像を把握しておきましょう。

転職エージェントに相談する

異業種転職を目指すなら、転職エージェントに相談することをおすすめします。転職エージェントには転職のプロが多数在籍しているので、有益なアドバイスをもらえるでしょう。

異業種転職をする際にも、気をつけたほうがいいことや成功の秘訣などを教えてくれます。転職活動を効率的に進めたいなら、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

また、応募書類の添削や面接対策など、選考サポートが充実しているのもメリットです。

はじめて転職活動する人や選考対策に自信がない人は、ぜひ転職エージェントを活用してみてください。

異業種転職したい人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開求人が22万件以上
  • 各業界に精通したアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業情報の提供

異業種に転職したいとは考えているものの、特定の業界に定まっていないならリクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントでは、多種多様な業界の求人が多数そろっています

2022年6月時点で、リクルートエージェントの公開求人が221,944件ありました。日本を代表する有名企業から、新進気鋭のベンチャー企業まで数多くそろっています。

各業界に精通したアドバイザーが多数在籍しているので、どの企業の転職を目指したとしても有益なアドバイスを得られるでしょう。

ぜひ些細なことでも、気軽に相談してみてください。
公開求人数 233,643件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022/7/20現在

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報をつかめる
  • 豊富な転職ノウハウを提供してくれる
  • 応募書類の添削や面接対策をサポートしてくれる

ミスマッチを防ぎたいなら、type転職エージェントがおすすめです。求人票に掲載されていない情報を伝えてくれるので、企業の風土や働く人の様子まで事前につかめるでしょう。

また、豊富な転職ノウハウを提供してくれるため、転職活動がはじめての人でも問題なく進められます。気になることがあれば、気軽に相談してみてください。

そのほかにも、応募書類の添削や面接対策を行ってくれるのも魅力です。

特に、異業種転職で志望動機の書き方がわからない人にとって、心強い味方になってくれますよ。
公開求人数 5,978件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※株式会社ゼロアクセル調べ・type転職エージェント公式サイト対象・2022/7/20現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を各地で開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴やスキルを登録しておくと、企業の採用担当者の目に留まり、スカウトを受け取れる場合があります。

スカウトのなかには書類選考が免除され、面接確約されているものもあるのが魅力です。転職活動をスピーディーに終えたい人にとって、有効的な手段といえるでしょう。

また、転職フェアや相談会を各地で開催しているため、選考前に企業の採用担当者と直接話せるチャンスです。

企業のカルチャーや雰囲気をつかめる絶好の機会でもあるので、ぜひ参加してみてくださいね。
公開求人数 147,087件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022/7/20現在

まとめ

今回は、異業種への転職を考えている人に向けて、異業種に転職するメリットや成功の秘訣などを解説しました。異業種への転職は今や決して珍しいことではありません。異業種に転職すると、やってみたかった仕事にチャレンジできるだけでなく、年収アップが期待できる場合もあります。新しい環境に身を置けば必然的にスキルを習得でき、市場価値を高められるでしょう。

もし異業種への転職を成功させたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントには各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、有益なアドバイスを受けられます。応募書類の添削や面接対策なども行ってくれるため、万全な体制で選考対策したい人にもうってつけです。ぜひこの記事を参考にして、後悔のない異業種転職を実現してください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022/7/20
https://www.r-agent.com/

転職ならtype転職エージェント|納得感を大切にする転職・求人サイト 2022/7/20
https://type.career-agent.jp/

【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ) 2022/7/20
https://doda.jp/guide/age/


おすすめの記事