【ITエンジニア向け】転職サイトおすすめランキング|求人数も比較
最終更新日

ITエンジニア向け転職サイトおすすめランキング8選!求人数も比較

この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)
※本記事は2022年9月5日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「ITエンジニア向けの転職サイトを知りたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。ITエンジニアを目指すうえで、転職サイトの活用は欠かせません。しかし、さまざまな転職サイトがあるなかで、一体どれを選べばいいのか迷ってしまう人もいるでしょう。

そこで本記事では、ITエンジニアを目指す人におすすめの転職サイト8選をご紹介します。記事の後半には求人数比較ランキングや平均年収・将来性、未経験からITエンジニアの就職を成功させるコツもあわせて解説します。

1分でわかる!ITエンジニア向け転職サイトおすすめランキングのまとめ
ITエンジニアにおすすめの転職サイトはリクルートエージェント・doda・レバテックキャリア
ITエンジニア向けの転職サイトを選ぶ際、ITエンジニア求人を数多く扱っているかチェック!
ITエンジニア転職では、未経験者は経験やスキルを積み上げることが成功のポイント
ITエンジニア正社員の平均年収は、全国で497万円
未経験からITエンジニアを目指すなら、独学やスクールでスキルを身につけよう!
リクルートエージェント

\信頼の転職支援実績No.1!/
リクルートエージェントへの
登録(無料)はこちら>>

ITエンジニアの転職を本格的に考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

ITエンジニア向け転職サイトおすすめ比較8選

当メディアでは、各転職サイトを独自に評価し、転職サイト比較ランキングを作成しています。ランキングに関する根拠ページはこちらからご覧いただけます。また本記事で紹介している転職サイトの基本情報一覧はこちらで確認いただけます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 一般には公開されていない非公開求人を多数保有
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 提出書類の添削や面接対策を実施

さまざまな求人を見比べたい人は、リクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントは公開・非公開ともに多くの求人を保有しています。2022年9月現在でITエンジニアの求人数は、公開求人67,158件・非公開求人数は72,307件です。

特に、非公開求人が7万件以上もある点は大きなメリットといえます。非公開求人はほかの転職サイトに掲載されていない場合が多く、ライバルが少ない環境で転職活動が可能です。

また、給料をはじめとした待遇面が優れている可能性が高いため、ITエンジニアとして年収アップ・キャリアアップしたい人にも適しています。ITエンジニアに精通したキャリアアドバイザーに、転職のポイントを聞いてみるのもよいでしょう。

独自に分析した業界・企業の情報を提供してくれます。転職活動が有利になるような情報をゲットできるかもしれませんよ。
公開求人数265,290件
ITエンジニアの公開求人数67,158件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア全国
運営会社株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.9.5現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報がわかる
  • 求職者の強みや価値観を第三者視点で確認
  • 徹底された選考サポート

転職するうえで社内の雰囲気を重視したいなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントには、企業に直接足を運んでいるリクルーティングアドバイザーがいます。

企業の雰囲気や働く人の様子を実際に見ているため、求人票に掲載されていない情報も把握できます。

求職者の強みや価値観を第三者視点で確認できるのも、嬉しいポイントです。いまひとつ自分の強みが分からない人に、おすすめです。

転職のプロであるキャリアアドバイザーとこれまでの実績を深掘りしていくうちに、自分の魅力を発見できるでしょう。

選考サポートも充実しているので、はじめての転職でも心強い味方になってくれますよ。
公開求人数要問い合わせ
ITエンジニアの公開求人数要問い合わせ
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア全国
運営会社株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.9.5現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトが届く
  • 転職お役立ちコンテンツが満載
  • 転職フェアや相談会を定期的に実施

スピーディーに転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaのサイト内で履歴書・職務経歴書を登録しておくと、興味を持ってくれた企業からスカウトが届く場合があります。

特に、ITエンジニアを欲している企業は多いため、実績やスキルを記載しておくと有名企業からスカウトが届くこともあるかもしれません。

また、転職お役立ちコンテンツが充実しているのも、dodaを利用するメリットです。例えば、キャリアタイプ診断や年収査定が挙げられます。自身の市場価値を正確に判断するためにも、年収査定は一度やっておくのがおすすめです。

転職フェアや相談会を定期的に実施しているため、企業の採用担当者と直接話したい人は積極的に活用してみましょう。
公開求人数157,340件
ITエンジニアの公開求人数33,949件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ちコンテンツ
対応エリア全国
運営会社パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.9.5現在

レバテックキャリア

レバテックキャリア

おすすめポイント
  • キャリア形成のアドバイスを受けられる
  • ITエンジニア採用担当者が書類を添削してくれる
  • 年収の交渉や入社日を調整してくれる

自分に合った求人の提案だけでなく、5年後・10年後を見越したキャリアについて考えたいなら、レバテックキャリアがおすすめです。レバテックキャリアでは、転職のプロによるキャリア形成のアドバイスを受けられます。

これまであらゆるITエンジニアのキャリアをサポートしてきた転職のプロから、的確なアドバイスが得られるでしょう。

また、ITエンジニアの採用担当者が書類を添削してくれるのも魅力です。採用担当者ならではの視点で応募書類を添削してくれるので、実のある話を聴けるでしょう。企業に合わせた面接対策の実施も嬉しいポイントです。

内定後の年収交渉や入社日の調整など、トータルでサポートしてくれるのもありがたいですね。
公開求人数15,565件
ITエンジニアの公開求人数15,565件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア全国
運営会社レバテック株式会社
※株式会社ゼロアクセル調べ・レバテックキャリア公式サイト対象・2022.9.5現在

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

おすすめポイント
  • IT業界に詳しいキャリアアドバイザーによるサポート
  • 面接日程調整を代行
  • 希望に合わせた求人の紹介

IT業界に特化した転職サイトを探しているなら、マイナビITエージェントがおすすめです。マイナビITエージェントには、ITの業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しています。業界のトレンドや独自情報などを教えてくれるでしょう。

企業との面接日程調整を代行してくれるのも嬉しいポイントです。マイナビITエージェントに依頼すれば、煩雑なやりとりに追われる心配もありません。

そのため、仕事をしながら転職活動をしたい人におすすめです。履歴書・職務経歴書の添削や面接対策を実施してくれるので、選考対策で気になることがあれば、積極的に質問してみてください。

求職者の希望に合わせた求人を紹介してくれるので、仕事探しに時間がかかってしまう人にもおすすめですよ。
公開求人数要問い合わせ
ITエンジニアの公開求人数要問い合わせ
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア全国
運営会社株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビITエージェント公式サイト対象・2022.9.5現在

Green

Green

おすすめポイント
  • IT業界の求人を多数保有
  • 企業と直接連絡できる
  • 面接前にカジュアル面談できる

さまざまな求人を見比べたい人には、Greenがうってつけです。大手・有名企業はもちろん、勢いのあるベンチャー・スタートアップ求人など豊富に取り揃えています。

企業と直接やりとりできるので、スムーズに転職活動を行える点もメリットです。なかには、書類選考不要で面接確約のスカウトが届くこともあります。

Greenでは「気になる」ボタンを押すと、企業への興味を簡単に伝えられます。企業とマッチングすれば、カジュアル面談が可能です。

面接前に直接話を聴いてみたい人は、積極的に「気になる」ボタンを駆使してみましょう。
公開求人数31,175件
ITエンジニアの公開求人数18,371件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • カジュアル面談
対応エリア全国
運営会社株式会社アトラエ

※株式会社ゼロアクセル調べ・Green公式サイト対象・2022.9.5現在

Geekly

Geekly

おすすめポイント
  • 求人特集から簡単に求人を探せる
  • IT企業の口コミを閲覧できる
  • 転職支援コンテンツが充実

効率よく求人を探したいなら、Geeklyがおすすめです。Geeklyでは求人特集が組まれているため、希望条件に合った求人を探しやすいメリットがあります。例えば、「エンジニア求人特集」「年収700万円以上求人特集」などがその一例です。

誰もが知る有名企業や成長スピードの速いベンチャー企業など、幅広い求人を取り扱っています。自分の力量を試して見たい人や新しい技術に興味がある人にも、おすすめです

企業へ入社する前に、知っておきたいのが社内の雰囲気や働く人の様子です。Geeklyでは企業の口コミを閲覧できるサービスがあります。

事前に雰囲気を掴めるので、ミスマッチを防止したい人におすすめですよ。
公開求人数16,224件
ITエンジニアの公開求人数6,490件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 口コミ閲覧機能
  • 転職お役立ちコンテンツ
対応エリア全国
運営会社株式会社Geekly

※株式会社ゼロアクセル調べ・Geekly公式サイト対象・2022.9.5現在

クラッチエンジニア

クラッチエンジニア

おすすめポイント
  • ITエンジニアの転職に強み
  • 業界歴5年以上のキャリアアドバイザーによる充実のサポート
  • 働きやすい&あなたに合った求人を厳選して紹介

クラッチエンジニアは、ITエンジニアに特化した転職支援サービスです。総合型の転職サービスとは違い、ITエンジニアの求人のみを扱っているので効率よく希望の求人に出会えるでしょう。

クラッチエンジニアのキャリアアドバイザーは業界歴5年以上で、ITエンジニアの転職事情に精通しています。あなたの不安や悩みにきちんと寄り添ってくれるので、心強いパートナーとなるはずです。

さらに、ベンチャーや中小企業だけでなく、大手優良企業への転職を目指せる点もクラッチエンジニアの魅力です。過去にはSmart HRやnoteとの取引実績があります

独自のコネクトを利用して、あなたに合った好条件求人を紹介してくれるのできっと理想の転職を叶えられますよ。
※株式会社ゼロアクセル調べ・クリックエンジニア公式サイト対象・2022.9.5現在
公開求人数要問い合わせ
ITエンジニアの公開求人数要問い合わせ
おもなサービス
  • 求人紹介
  • 選考サポート
対応エリア要問い合わせ
運営会社株式会社クラッチコミュニケーション

※株式会社ゼロアクセル調べ・クリックエンジニア公式サイト対象・2022.9.5現在

ITエンジニア向け転職サイトおすすめランキング【求人数比較】

※記事内で紹介した転職サイトのITエンジニアの公開求人数を比較し、多いものから順にランキング形式で発表します。
※情報は2022年9月5日時点のものです。最新情報とは異なる場合があります。

1. リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 一般には公開されていない非公開求人を多数保有
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 提出書類の添削や面接対策を実施

2.doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトが届く
  • 転職お役立ちコンテンツが満載
  • 転職フェアや相談会を定期的に実施

3. レバテックキャリア

レバテックキャリア

おすすめポイント
  • キャリア形成のアドバイスを受けられる
  • ITエンジニア採用担当者が書類を添削してくれる
  • 年収の交渉や入社日を調整してくれる

ITエンジニア向け転職サイトのおすすめの選び方

自分に合った転職サイトを選ぶことで、希望の求人に出会える可能性も高まります。ここからは、ITエンジニア向けの転職サイトを選ぶ際のポイントをご紹介していきます。

ITエンジニア向け転職サイトのおすすめの選び方
  • ITエンジニアの求人数
  • エージェントサービスの有無
  • 経験者・未経験社向けか

ITエンジニアの求人数

パソコンと男の人出典:Pixabay

転職サイトを選ぶ際は、まずITエンジニア職の求人数に注目しましょう。

エンジニアの求人が多いサイトなら企業選びの選択肢が広がり、業務内容や会社の福利厚生など比較対照しながら自分に合った仕事を探せるメリットがあります。

また、企業戦略や応募殺到を避けるために特定の転職サイトだけに求人を公開している非公開求人の数も確認しましょう。

求人数が多いほど自分に合った求人が増えるわけではありませんが、少しでも多くの選択肢を持っておくと転職活動の際も心に余裕が生まれます。

エージェントサービスの有無

転職エージェントサービスの有無も確認しましょう。

エージェントサービスが受けられる転職サイトの場合、プロのコンサルタントからアドバイスをもらいながら、内定獲得に向けてサポートを受けられます。

IT業界に精通した担当者が応募書類の添削等の指導や、業界・応募企業に関する最新の情報を提供してくれるため、一人で行う転職活動よりも効率よく転職活動を進められます。

それ以外にも、自分では言い出しにくい給与などの条件交渉を引き受けてもらえるのもポイントですよ。

経験者・未経験者向けか

ITエンジニアの転職サイトでは、経験者向けか未経験者向けかのチェックも重要です。経験者と未経験者とでは、求人の内容もサポート内容も異なります。

経験者であれば、大手企業の求人やインフラネットワークエンジニアやAI、データサイエンティストなどの高収入求人が入手可能です。未経験者向けの転職サービスなら、一般的な求人紹介から面接対策のほか、IT業界に必要な基本的な知識や開発スキルの学習サポートを受けられるサービスもあります。

未経験者の転職支援実績が多い転職サービスなら、未経験者に適したアドバイスがもらえるのもポイントです。

ITエンジニアの転職を成功させるためのコツ

最後に、ITエンジニアの転職を成功させるコツを解説します。これまでITエンジニアとしてキャリアを積み上げてきた人はもちろん、未経験から挑戦したい人も必見です。

ITエンジニアの転職を成功させるコツ
  1. 未経験者は実績を積むことからはじめる
  2. 複数の転職サイトを利用する
  3. 希望の働き方を明確にする
  4. キャリアの棚卸しを行う

1. 未経験者は実績を積むことからはじめる

「未経験でもITエンジニアとして活躍したい!」と考えている人も少なくありません。しかし、業界知識がない人やコードを書いたことがない人は採用を見送られてしまうでしょう。

未経験からITエンジニアに転職したいなら、実績を積むことからスタートする方法がおすすめです。まずはプライベートでサイトやブログを立ち上げ、コードの仕組みを勉強しましょう。

また、副業を始めてみるのもおすすめです。実際に案件をこなしていくと、企業へアピールする材料が増えます。最初から難しい案件に手を出さず、徐々にステップアップしていく方法を選んでみてください。

必要であればスクールに通うことも視野にいれるとよいでしょう。ITエンジニアに必要なスキルアップが期待できますよ。

2. 複数の転職サイトを利用する

複数の転職サイトを利用すると、ITエンジニアの転職が成功しやすいでしょう。さまざまな求人を見比べられるため、自分に合った求人に出会いやすくなるからです。

複数の転職サイトに登録する際は、さまざまな業種・職種の求人を扱う総合型とIT業界に精通した特化型の両方使いがおすすめです。

転職サイトに登録する際は、非公開求人数もチェックしてみてください。非公開求人はほかの転職サイトに掲載されていないため、ライバルが少ない環境で転職活動ができます。

待遇面が優れている場合も多く、年収アップ・キャリアアップを考えている人にもおすすめですよ。

3. 希望の働き方を明確にする

希望の働き方を明確にしておくと、求人探しにかかる時間を短縮できます。例えば、「フルリモート可」「コアタイムなしのフレックス制」なら、柔軟な働き方が期待できるでしょう。

ITエンジニアの経験者ともなると、高額な給料を提示される可能性が高まります。しかし、目先の給料に囚われてしまうと、柔軟な働き方ができない場合もあるので気をつけてください

現在の市場価値がわからない人は転職のプロに相談する方法がおすすめです。

第三者視点で市場価値を判断してくれるので、ぜひ積極的に尋ねてみてくださいね。

4. キャリアの棚卸しを行う

ITエンジニアとしての強みやアピールポイントがわからない人は、キャリアの棚卸しがおすすめです。キャリアの棚卸しとは、これまで行ってきた業務と身につけてきたスキルを整理する方法を指します。

例えば、顧客の要望を聴いたことがある人は、「ヒアリング力」と記載しておきましょう。また、コードを書いた経験があるなら、どのような言語を用いたのか丁寧に整理することがおすすめです。

これまでの実績を振り返ると、得意・不得意業務が自然と把握できます。得意業務がわかったら、積極的に企業へアピールしてみてください。

キャリアの棚卸しは時間をかけて丁寧に行うことが大切です。じっくりと時間を取れるタイミングを見つけて、行動に移しましょう。

5. 技術面接の対策をする

プログラミングスキルはITエンジニアの基礎的な能力になりますので、プログラミングアルゴリズムについての基礎知識が問われます。事前にプログラミング問題を何度も解いて、慣れておくようにしましょう。

また、故障の際の対処方法や障害復旧に対する考え方などトラブルシューティングに対応するスキルや問題解決能力も試されます。

エージェントサービスを利用すれば、担当コンサルタントが技術面接で定番の質問や過去に実際聞かれたことがある質問など面接対策をしてくれますよ。

6. 経験者であれば開発実績をアピールする

経験者であれば、技術力の高さを証明する開発実績をアピールしましょう。自分にはどんなことができるのかを明確にすることで企業が自分を採用した後の将来をイメージしてもらいやすくなります。

他にも、プロジェクトに携わった人数、担当業務、サービスの利用者数など具体的に説明します。企業が求める人物像と、自分のスキルや経験が直接つながるように表現の仕方も工夫しましょう。

エンジニアとしてのスキルだけでなく、仕事に対するポリシーや考え方も会社に合っているかどうかの審査対象になりますよ。

ITエンジニアの転職動向・将来性は?平均年収も解説

平均年収

お金 植物出典:Pixabay

全国のITエンジニアの正社員の平均年収は497万円です。※ しかし、平均年収と言っても下は350万円、上は970万円とかなりの幅があります。

企業規模や経験、専門的なスキルや職種によっても大きく異なるようです。

例えば、企業規模で見ていくと、10人以上100人未満の企業の平均年収が492万円、100人以上1000人未満が529万円、1000人以上が610万円と、企業規模が大きくなるほど年収も上がっていることが分かります。

※参考:求人ボックス・2022年9月に求人ボックス上で掲載されていた求人情報から算出した給料情報対象・2022.9.5

転職動向

2022年の下半期のIT業界の転職動向は、アプリ系・インフラ系共に求人数は経験の有無を問わず今後も伸びると見られています

新型コロナウイルス以前から需要のあったIT業界ですが、コロナ禍においてリモートワークの導入やオンラインツールの利用が増えたことでさらにITエンジニアの需要が拡大しました。

ただし、需要は増えているものの実務経験が何よりも重視されるため、DX推進やクラウドなどの開発経験、業務の効率化やマネジメント経験、進捗管理などのスキルが重視されています。

求職者側もこれまで毎日出社するというスタイルから在宅というスタイルを選択するようになり、新たにIT業界へ転職を希望する人材も増えてきていますよ。

※参考:転職市場予測2022下半期 IT・通信(ITエンジニア)の転職市場動向 |転職ならdoda(デューダ)2022.9.5

将来性

今やスマホやパソコンのみならず、社会全体がIT技術の恩恵を受けて成り立っている中で、ITエンジニアという職業は将来性のある仕事だと言えます

また、2019年3月の経済産業省の報告書によると、ITの需要が年々高まる一方で、2030年には16.4万人のエンジニアが不足すると予測されています。

少子高齢化が進む日本で、人材にとって代わるAI技術を導入することで社会が機能するようさまざまなシステムが開発されており、それらのシステムを作り出すエンジニアの育成が課題となっていくでしょう。

※参考:経済産業省「IT人材需給に関する調査」報告書(2019年度)・2022.9.5

ITエンジニアを未経験から目指す方法とは?

未経験からITエンジニアを目指す方法
  1. 独学、またはスクールでスキルを身につける
  2. ポートフォリオを作成する
  3. 研修が充実した企業を探す

1. 独学、またはスクールでスキルを身につける

パソコンと女性出典:Pixabay

未経験からITエンジニアを目指すには、独学かスクールで基本的なスキルを身につけておく必要があります。

今は動画やネットで手軽に、しかも無料でITスキルが学べるようになりました。独学は、パソコン操作にある程度慣れている人や、自分で調べて解決するのが得意な人に向いています。

一方で、独学が自信のない人におすすめなのが、プログラミングスクールです。独学よりも効率よく学べるうえに、卒業後に滞りなく業務に取り掛かれるよう転職のサポート体制が整っています。

スクールに通うにしても、卒業後のサポートがしっかりしているところを選ぶようにしましょう。

2. ポートフォリオを作成する

未経験からITエンジニアを目指すにはポートフォリオを作成しておきましょう。ITエンジニアの転職志望者は多く、未経験エンジニアの数も多いのが現状です。

ライバルが多い中で差別化を図るためには、自分がエンジニアとして最低限の技術を持っていること、実務経験はなくても何かを作った経験があることは大きなプラスになります。

ただ、注意したいのが、スクールの課題のようなものは多くの未経験者が提出しており、採用担当者には響きません。逆にオリジナリティのあるアプリケーションは担当者の興味を惹きますし、それを作った経緯や目的こだわりポイントや苦労した点を伝えると好印象でしょう。

作ったアプリはオンラインでアクセスできるよう公開し、またアプリのソースコードはGitHubに載せておきます。最近では企業側も、選考の際にソースコードを見ることも増えてきていますよ。

3. 研修が充実した企業を探す

未経験からエンジニアを目指すなら、独学や短期間のスクールの知識だけでは到底仕事になりません

研修が充実している企業なら、未経験でも安心して技術を磨き続けられます。

独学やスクールで学んだとしても、仕事となるとイレギュラーな出来事の連続ですし、クライアントも関わってくるため精神的にも辛いでしょう。

未経験者を全面的にバックアップしてくれる環境なら転職後も安心です。

ITエンジニアの転職に関するよくある質問

未経験からITエンジニアに転職できる?
未経験からでも、ITエンジニアに転職可能です。IT業界では、独学でスキルを身につけ、実務経験なしで20代〜30代でも就職する人もいますが、正直精神的なハードルは高いかもしれません。未経験で不安な人は転職前にスクールに通うか、研修制度がしっかりしている企業を選ぶことをおすすめします。
ITエンジニアの平均年収はどれくらい?
ITエンジニアの平均年収は、およそ490万円です。しかし、高度なスキルが必要とされる職種や担当するプロジェクト内容により収入は大きく異なります。「IT業界はやめとけ」とよく言われるのは、残業の割に給与が低い・下請け構造のためこき使われるという声があります。自分のITスキルや総合的な能力、会社選びなどが年収に大きく影響するのは事実です。
※参考:求人ボックス・2022年9月に求人ボックス上で掲載されていた求人情報から算出した給料情報対象・2022.9.5
ITエンジニアに転職して年収アップは目指せる?
異業種から未経験での転職の場合は、ある程度年収アップまでに時間がかかる可能性はあります。ただ、専門スキルが高く、大きなプロジェクトを任されるまでになれば、収入は大きく変わるでしょう。また、語学力が高ければ、外資系企業や海外の人ともやり取りができる人材として年収アップにつながる可能性があります。IT業界自体が新しいため年功序列制度もなく、実力さえあれば活躍できる業界です。
ITエンジニアに転職するために必要な資格やスキルは?
経験者の場合、アプリエンジニアなら情報処理技術者試験のデータスペシャリストやネットワークスぺシャリスト、インフラエンジニアならCCNP、CCIE、LPIC1〜3、情報セキュリティマネジメントなどが評価されます。未経験者の場合は、論理的な思考や問題解決能力が必須です。未経験から研修6ヵ月付きで入社できる企業もありますが、最低限のITスキルは身につけておきましょう。
ITエンジニアの志望動機は?

未経験でITエンジニアを志望する人の多くは、モノづくりに興味がある人や自宅待機中にITに触れる機会を持ち、興味を持った人も多くいます。業界未経験でも経験者でも、志望動機には、IT業界への関心の高さをアピールするとともに、粘り強さや問題解決能力、論理的思考、コミュニケーション能力がうかがえるような経験談を話すと良いでしょう。

ITエンジニアに向いている人は?
まずは、IT技術やIT業界に高い関心があるかどうかが重要です。IT業界はまだ新しく、日々、変化しているため、好奇心旺盛で変化を恐れない人にはおすすめです。常に変化する業界ということは、常に学び続けなければいけません。積極的に自己研鑽のために新しい技術を習得するのが好きな人は楽しめる業界でしょう。長時間、パソコンに向かって集中して作業することが苦痛でないことも重要です。
ITエンジニアは海外転職しやすいって本当?

本当です。スキルがあれば海外でも活躍できます。世界中でエンジニアが不足しているため、最先端の技術を取得するためにあえて海外へ飛び出す人もいます。日系グローバル企業に所属して海外へ出るケースや、現地のローカル企業の現地採用など働き方は様々です。国や期間、仕事内容が選べるのもポイントです。

まとめ

今回はITエンジニアにおすすめの転職サイト8選と求人数比較ランキングをご紹介しました。ITエンジニアになるためには、転職サイトの登録がおすすめです。自分に合った転職サイトを選ぶと、希望条件に合致する求人が見つかりやすくなります。

未経験者がITエンジニアを目指す場合、まずはコードの仕組みや書き方を勉強することから始めましょう。ブログやサイトを自身で立ち上げると、勉強になるのでおすすめです。ぜひこの記事を参考にして、ITエンジニアの転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.9.5
https://www.r-agent.com/
転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト 2022.9.5
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト 2022.9.5
https://doda.jp/
ITエンジニア・ Webデザイナーの求人/転職/採用【レバテックキャリア】≪公式≫ 2022.9.5

https://mynavi-agent.jp/it/
マイナビITエージェント【公式】IT・Webエンジニアの求人・転職エージェント 2022.9.5
https://mynavi-agent.jp/it/
IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen(グリーン) 2022.9.5
https://www.green-japan.com/
IT・ウェブ・ゲーム業界専門の転職エージェント- Geekly(ギークリー) 2022.9.5
https://www.geekly.co.jp/
ITエンジニア特化型転職エージェント | クラッチエンジニア 2022.9.5
https://engineer.clutch-communication.jp/

Tエンジニアの仕事の平均年収は497万円/平均時給は1,200円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス・ 2022.9.5
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/IT%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6#:~:text=IT%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%81%AF%E7%B4%84497,%E5%86%86%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82
経済産業省「IT人材需給に関する調査」報告書(2019年度)・2022.9.5
https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/jinzai/houkokusyo.pdf
転職市場予測2022下半期 IT・通信(ITエンジニア)の転職市場動向 |転職ならdoda(デューダ)2022.9.5
https://doda.jp/guide/market/001.html


おすすめの記事