管理栄養士 転職
最終更新日

管理栄養士に転職したい人必見!おすすめ転職エージェント・サイト

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月20日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「管理栄養士に転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。管理栄養士は、食に関するプロフェッショナルな職業です。病気や高齢で食が細くなっている人に対して、適切なサポートを行います。また、子どもに向けて食育を実施するのも大切な役目です。

未経験から管理栄養士を目指そうと思っていても、いまひとつ情報を掴めず勇気が踏み出せない人もいるでしょう。そこで本記事では、管理栄養士の仕事内容・やりがいなどを徹底的に解説します。

管理栄養士の転職におすすめな転職エージェント・サイトもあわせてご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【職場別】管理栄養士の仕事内容

まずは、管理栄養士の仕事内容をご紹介します。職場別に仕事内容の特徴をチェックしていきましょう。

医療現場

病院出典:Pixabay

医療現場で働く管理栄養士は、おもに患者さんの栄養管理を行います。患者さんごとによって症状や体の状況が異なるため、一人ひとりに合わせた栄養管理が欠かせません。

例えば、糖尿病を患っている人に対して、糖質をきちんと制限できているか管理するのも大切な仕事です。

時には、医師や看護師と連携をとりながら、患者さんの食事を全面的にサポートします。

患者さんが早く元気になるように、食の力で解決していくのですね。

食品メーカー

食品メーカーに勤める管理栄養士は、おもに新商品の開発に携わるケースが多いです。特に、健康食品や機能性食品を新たに企画する場合は重宝されるでしょう。

食品メーカーの場合、栄養に優れているだけでなく売れる商品を作らなければいけません。

そのため、管理栄養士が市場調査を担う機会も多々あります。

マーケティングの役割を担う場合もあり、業務範囲は多岐に渡るでしょう。

教育機関

食堂出典:Pixabay

小中学校や保育園など教育機関で働く管理栄養士は、給食の献立作成にメインで携わる場合が多いです。子どもの発達・成長を考えて、給食の献立を考案します。

実際に給食を作るのは調理師の役目です。そのため、調理師が限られた時間できちんと調理できるように、オペレーションを踏まえて献立を考えることも大切です

さらに、栄養面だけでなく、給食費についても考慮する必要があります。

予算内で子どもたちにおいしいと思ってもらえるような献立作りを行いましょう。

社員・学生食堂

教育機関と同様に、社員・学生食堂も献立作成や食材発注に関わることが多い傾向です。ただ、教育機関と異なる点として、幅広いニーズに対応しなければならない点が挙げられるでしょう。

例えば、男子学生や男性社員のためにボリュームのあるメニューを考案したり、健康志向の人には野菜多めのメニューを考えたりすることも管理栄養士の仕事です。

また、社員・学生食堂を利用する人の多くは、昼食を安く済ませたいと考えています。

価格を安く抑えたメニューを考案して、栄養・価格両面で満足してもらえるように働きかけましょう。

福祉施設

老婦人の手出典:Pixabay

福祉施設で働く管理栄養士は、障がい者や高齢者でも食べやすいような食事を考案するのがおもな仕事といえます。

例えば、飲み込みやすいように食材を細かく刻んだり、咀嚼を促すためにとろみをつけたりなど、細かい部分まで気を配ることが大切です。

利用者一人ひとりに合わせて、柔軟な対応が求められます。

時には、管理栄養士自ら利用者のもとを訪れ、ニーズを調査するのも仕事のひとつですよ。

管理栄養士に転職して得られるやりがい

管理栄養士になると、どのようなやりがいを得られるのでしょうか。それぞれ詳しく確認していきましょう。

食の大切さを認識できる

食材出典:Pixabay

管理栄養士になると、食の大切さを再認識できます。人間が生きるうえで欠かせない食事に携わることで、大きなやりがいを得られるでしょう。

例えば、病院で働いていると、患者さんの栄養をサポートする機会が多々あります。食事によって、症状が改善していくと自分の存在意義を見いだせるでしょう。

また、管理栄養士は講習やセミナーを開くこともあります。

食の大切さを教えることで、自分自身も食について深く理解できますよ。

人々の健康サポートができる

食によって健康サポートができるのも、管理栄養士によって得られるやりがいです。特に、病院や福祉施設で働いていると、やりがいを大いに実感できるでしょう。

患者さんの症状改善は服薬や医療指導によるものが大きいですが、食事の力で症状を改善できたというケースも少なくありません。

管理栄養士が考案した献立によって、患者さんの症状が改善していくのを確認できると、自身の存在意義を見出せます

決して表だった仕事ではありませんが、やりがいに直結するでしょう。

多くの人から感謝される

花と子供の手出典:Pixabay

管理栄養士になると、多くの人から感謝される機会が多々あります。人から感謝される機会が多ければ多いほど、管理栄養士の仕事に誇りを持てるでしょう。

例えば、幼稚園や保育園に勤めていると、子どもたちが食べやすいように献立を考案します。

子どもたちが苦手な野菜を細かく切り刻んだり、食べやすい味つけにしたりなど、工夫できるポイントはさまざまです。

こうした工夫が功を奏し、親御さんから「苦手な野菜を食べられるようになった」「食が細かったけど、最近食欲が増してきた」と感謝されることもあります。

自身が考えたメニューをきれいに食べてもらえることも、またやりがいにつながるでしょう。

自分が関わった商品が発売される

食品メーカーに管理栄養士として勤めた場合、新商品の企画・監修をおもに行います。自分が企画・監修した商品が世に出ると、感動もひとしおです。

新商品の企画・開発は一朝一夕でできるものではありません。市場調査からはじまり、味の選定やPR方法の考案、パッケージの作成など時間が大いにかかります。

長期間携わった商品が世に出るだけでも、やりがいを十分得られるでしょう。

さらに、その商品が話題になると誇りを持てますね。

管理栄養士へ転職する際に気をつけるべきこと

一方、管理栄養士に転職するうえで気をつけるべきことはあるのでしょうか。考えられるポイントをいくつか解説します。

国家資格が必要

ノートとカフェラテ出典:Pixabay

前提として、管理栄養士になるためには国家資格が必要です。資格を所持していなければ、管理栄養士としての仕事ができません。

管理栄養士の資格を取得するためには、管理栄養士養成課程・栄養士養成課程の学校へ進学する必要があります。

なお、管理栄養士の養成課程へ進学すれば、栄養士としての下積み経験は必要ありません

未経験から管理栄養士を目指すなら、長期的なスケジュールを考えておきましょう。

大量調理で身体的な疲労が大きい

調理は基本的に調理師が行うものの、人手が足りない職場では管理栄養士も調理に携わる場合があります

小中学校をはじめとした教育機関で調理を任されると、大量の食材を扱うことになるため、身体的に大きな負担がかかってしまうでしょう。

また、調理は限られた時間のなかで、素早く行う必要があります。

タイムリミットが迫っているなかで、手際よく調理しなければならない現状にストレスを抱えてしまうこともあるでしょう。

幅広く業務を兼務する必要がある

パソコンを触る女性出典:Unsplash

管理栄養士は幅広く業務を行う必要があります。献立の作成はもちろん、食材の発注・栄養指導・棚卸しなどさまざまです。

同僚の管理栄養士と業務を分担できれば負担を軽減できますが、職場のなかには管理栄養士1人が多くの業務を兼務しなければならないところもあります。

あまりにも業務が立て込んでしまうと、「仕事がつらい」と感じてしまうでしょう。

モチベーションが低下してしまう場合もあるので、注意が必要ですよ。

管理栄養士に向いている人の特徴

管理栄養士はどのような人に向いているのでしょうか。向いている人の特徴をひとつずつ解説します。

食べ物や料理に興味がある人

食べ物や料理に興味がある人は管理栄養士として十分活躍できます。管理栄養士は食を通じて、人々の健康や食の楽しみをサポートする仕事だからです。

栄養面だけに気をつかいすぎるあまり、おいしくない料理だと誰も手をつけません。同じように、いくらおいしくても栄養面が偏っていると健康を害してしまうでしょう。

栄養・おいしさを両立するためには、食べ物や料理への関心が不可欠です。

普段から食べることを楽しみにしている人にも、管理栄養士は向いていますよ。

コミュニケーションをとるのが好きな人

ハイタッチする人出典:Unsplash

管理栄養士はさまざまな人とやりとりする機会が多々あります。そのため、コミュニケーションをとるのが好きな人は管理栄養士に向いているでしょう。

例えば、医療現場で働く場合、患者さんにヒアリングする場合があります。患者さんの食に関するニーズを満たすため、丁寧なヒアリングが求められるでしょう。

話し上手というよりも、聞き上手のほうが特性を活かしやすいです。

相談役にまわることが多い人ほど、管理栄養士として活躍できる可能性がありますよ。

細かい作業が苦にならない人

細かい作業が苦にならない人も、管理栄養士としての素質があります。意外にも、管理栄養士は細かい作業を多く求められます。

例えば、栄養価の基準値やお金の管理、使用する食材の量など、細かい部分まで気を配らなければならない仕事が多いのです。

コツコツとした細かい作業が苦手でないのであれば、十分管理栄養士として仕事を全うできるでしょう。

几帳面な人や数字を扱うことが苦手でない人にも向いていますよ。

責任感やリーダーシップがある人

壁を見る男の人出典:Pixabay

責任感やリーダーシップがある人も、管理栄養士が向いています。職場によっては、管理栄養士があなた1人だけというところも多々あるのが現状です。

その際、調理師に対して指導を行う必要があります。リーダーシップをしっかりとることで、職場全体が円滑に業務を進められるでしょう。

ただ、職場によって状況が異なるため、必ずしも1人で職場を任せられることはありません

リーダーシップがあるか不安と考えている人も、安心してくださいね。

管理栄養士への転職を成功させるコツ

管理栄養士への転職を成功させるコツはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ確認していきましょう。

知識の習得を怠らない

チェックリスト出典:Pixabay

管理栄養士の転職を成功させるなら、知識の習得を怠らないことが大切です。栄養素の知識はもちろん、食に関するニュースは普段からチェックしておきましょう。

面接の場で、「現在気になっているニュースは?」と質問される可能性もゼロではありません。きちんと情報収集できることをアピールする必要があります。

昨今はテレビや新聞だけでなく、インターネットやSNSなどから幅広く知識のキャッチアップが可能です。

スキマ時間に情報をチェックしておくだけでも、周りと差をつけられますよ。

転職エージェントに登録する

見落としがちなのが、転職エージェントの登録です。転職エージェントに登録すると、効率よく管理栄養士の転職を進められます。

例えば、履歴書・職務経歴書の添削をしてくれるのは、転職エージェントに登録するメリットです。志望動機や自己PRの書き方がわからない人に適しています。

転職エージェントのなかには、年収交渉や面接日程の代行をしてくれるものもあります。

交渉が苦手な人や転職活動にあまり時間を割けない人にとっても、心強い味方になってくれるでしょう。

管理栄養士転職におすすめの転職エージェント・サイト

マイナビコメディカル

マイナビコメディカル

おすすめポイント
  • 管理栄養士の求人を多数保有
  • 管理栄養士の転職に詳しいアドバイザーが在籍
  • アフターフォローで入社後も安心

管理栄養士のさまざまな求人を見比べたいなら、マイナビコメディカルがおすすめです。マイナビコメディカルは、大手人材企業マイナビが提供する転職サービスです。

管理栄養士の転職に詳しいアドバイザーが在籍しているため、未経験の人にとって心強い味方になってくれるでしょう。

また、マイナビコメディカルは入社後のアフターフォローも手厚いです。どんなに些細な悩みでも、遠慮なくコンサルタントに相談してみてください。

求人のなかには未経験OKの求人もあるので、登録すればきっと希望の求人に出会えるでしょう。
公開求人数 要問い合わせ
管理栄養士の公開求人数 要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビコメディカル公式サイト対象・2022.7.20現在

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 転職支援実績No.1※1
  • 一般には公開されていない非公開求人も多数保有
  • 手厚い転職サポート体制

手厚い転職サポートを受けたい人なら、リクルートエージェントがおすすめです。年収の交渉や面接日程の調整など、企業とのやりとりをマルっとお任せできます。

キャリアアドバイザーが全面的にサポートしてくれるので、在職中でなかなか時間を作れないという方でも効率よく転職活動を進められるでしょう。

リクルートエージェントは転職支援実績No.1を誇る転職エージェントです。これまでの支援実績を活かした独自のノウハウで、転職をサポートしてくれます。

選考に不安がある人は、書類添削や面接対策といったサービスを積極的に利用してくださいね。
公開求人数 233,643件※2
管理栄養士の公開求人数 306件※2
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※1 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績・2020年7月時点)2022.7.20※2 株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイトを対象・2022.7.20現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトが届く場合がある
  • 転職に役立つコンテンツが豊富
  • 転職フェアや相談会を全国で開催

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴やスキルを登録しておくと、企業からスカウトが届く場合があります。

特に、これまで管理栄養士として働いた経験がある人は、丁寧に経歴やスキルを記載しておきましょう。職場の規模や業務内容を詳しく書くことがおすすめです。

また、転職フェアや相談会を全国で開催しているメリットがあります。

選考前に企業の採用担当者から話を聞きたい人は、ぜひ参加してみてくださいね。
公開求人数 147,087件
管理栄養士の公開求人数 314件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ち情報
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.20現在

まとめ

今回は、管理栄養士の転職を考えている人に向けて、管理栄養士の仕事内容ややりがいなどを詳しく解説しました。管理栄養士は食を通じて、多くの人の健康や食の楽しさを支えるやりがいのある仕事です。医療現場や教育機関、食品メーカーなど活躍できる場は多岐に渡ります。

もし未経験から管理栄養士に転職したいなら、まずは国家資格の取得を目指すのがおすすめです。また、転職エージェント・サイトに登録しておくとさらに効率よく転職活動が進められるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、管理栄養士の転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

医療介護の求人・転職情報は「マイナビコメディカル」 2022.7.20
https://co-medical.mynavi.jp/
転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.20
https://www.r-agent.com/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人  2022.7.20
https://doda.jp/


おすすめの記事