高卒 転職
最終更新日

高卒で転職は現実的に厳しい?おすすめの仕事や成功のコツを解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年8月17日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「高卒で入社したけれど、転職したい…」と考えている人も多いのではないでしょうか。しかし、インターネット上では「高卒の転職は厳しい」「高卒の転職は現実的ではない」といったコメントが多く見受けられます。実際に転職しようとしても、いまひとつ勇気が出ない人もいるでしょう。

そこで本記事では、高卒の転職が本当に難しいのか徹底的に解説します。高卒の転職事情やおすすめの業界・職種など事前に知っておきたい情報満載です。

記事の最後には、高卒の転職におすすめの転職エージェント・サイトをご紹介するので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね。

高卒で転職は難しい?高卒の転職事情とは

まずは、高卒の転職事情を解説します。高卒で転職は本当に難しいのか、転職活動を本格的に始める前に確認しておきましょう。

高卒の離職状況

パソコンを持つ手出典:Pixabay

高卒の3年目までの離職率は年々減少傾向にあります。厚生労働省の調査によると、2012年に高卒で3年目までに転職した人の割合は40.0%でした。

一方、2018年に高卒で3年目までに退職した人の割合は、36.9%に留まっています。6年の間に離職率は、減少傾向にあることがわかります。

ちなみに、2018年の大卒の3年目までの離職率は31.2%でした。同じ年の高卒離職率と比べてみても、あまり大きな差がないことが読み取れます。

コロナ禍の影響もあり、高卒・大卒共に転職を控えている人が多く見受けられると推測できますね。

※出典: 厚生労働省調べ「新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況」(事業所からハローワークに対して、新規学卒者として雇⽤保険の加⼊届が提出された新規被保険者資格取得者の⽣年⽉⽇、資格取得加⼊⽇等、資格取得理由から 各学歴ごとに新規学卒者と推定される就職者数を算出し、更にその離職⽇から離職者数・離職率を算出 / 各年の3⽉に卒業する新規学卒者の卒業年から3年後の6⽉時点で把握した数値を対象)) 2022.8.17

大手企業は大卒を募集資格にしがち

誰もが知るような大手・有名企業の場合、募集資格が「4年制の大学卒業以上」と定められているケースが多数見受けられます。

そのため、応募したくてもできないことに悩んでしまう高卒者も少なくありません。大手・有名企業に転職したい人は注意が必要です。

しかし、昨今では学歴不問の企業も増え始めています。学歴や出身校で評価するのではなく、これまで積み上げてきたスキルや経歴を重視する傾向が高いです。

そもそも学歴フィルターを設けているところは自分には合わないと考え、フラットに求職者を評価してくれる企業を選ぶとよいでしょう。

高卒の給料はどのくらい?平均年収を解説!

高卒 平均年収

厚生労働省の「令和3年賃金構造基本統計調査(学歴別)」によると、高卒の賃金は27万1,500円ということが分かりました。年収に換算すると、高卒の平均年収は326万円程度と考えられます。

高卒の賃金を男女別に見ると、男性の賃金は29万5,100円、年収に換算すると354万円程度。女性の賃金は22万円、年収に換算すると264万円程度です。

前年の「令和2年賃金構造基本統計調査(学歴別)」を見てみると、高卒女性の賃金は21万8,000円となっており、前年よりも賃金が0.9%増加していることが分かります。※2

同じ高卒でも、女性の平均年収は男性と比べて約90万円以上も下回っていることが分かりますね。

※1 出典:令和3年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省「学歴別」 2022.8.17
※2 出典:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省「学歴別」 2022.8.17

高卒が転職に苦戦してしまうおもな理由

一方、高卒が転職に苦戦してしまう理由にはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

高卒が転職に苦戦してしまうおもな理由
  • 自己分析・業界研究が不十分
  • 面接対策ができていない
  • 大手・有名企業ばかりエントリーしている

自己分析・業界研究が不十分

自己分析ができていないと、転職に苦戦してしまう可能性が高いです。自分に合った職業がわからなければ、求人を探す際につまづいてしまいます。

業界研究が不十分な場合も要注意です。上辺だけのイメージだけで入社を決めてしまうと、ミスマッチにつながる恐れがあります。

自己分析・業界研究は短時間でできるものではありません。

時間を十分に確保して、丁寧に進めることを意識しましょう。

面接対策ができていない

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

面接対策が不十分な場合も転職に苦戦する可能性があります。特に、面接が不慣れな人は対策に力をいれなければなりません。

最低でも、志望動機や自己PRはしっかり話せるようになっておきましょう。これら2つは聞かれることが多いため、きちんと考えておくことが大切です。

ただし、台本を作って回答を丸暗記するのはおすすめしません。

あくまで面接は会話のキャッチボールであることを忘れないようにしましょう。

大手・有名企業ばかりエントリーしている

大手・有名企業ばかりエントリーしている人も、残念ながら転職活動がうまくいかない場合があります。

先述したように大手・有名企業は大卒を選考基準として設けている可能性が高いからです。そもそもエントリーした段階で、不採用となる傾向が高いです。

知名度が高い企業は倍率も高くなりがちなので、幅広い視点で仕事を探すのがおすすめです。

大手・有名企業でなくても、優良企業は多数ありますよ。

高卒で転職したい人におすすめの業界・職種

ここからは、高卒で転職したい人におすすめの業界・職種をご紹介します。どのような職業が自分に合ってるかわからない人はぜひ参考にしてみてください。

高卒で転職したい人におすすめの業界・職種
  • 営業職
  • IT・Web業界
  • 接客・販売職
  • 配送ドライバー
  • 事務職

営業職

チェックリスト出典:Pixabay

比較的採用の門戸が広い職業が営業職です。営業職は募集資格に学歴を設けていないケースも多く、高卒でも転職しやすいでしょう。

営業を必要としている企業が多いため、転職先の候補が豊富なこともメリットです。さまざまな求人を見比べたい人は必見といえます。

企業によっては売上・成果に伴って、インセンティブを支給しているところもあります。

今よりも年収をアップさせたい人にうってつけですよ。

IT・Web業界

手に職をつけたいなら、IT・Web業界がおすすめです。スキルがものをいうIT・Web業界では、学歴を問わない企業が多数あります。

例えば、ITエンジニアやWebデザイナーなど、知識やスキルを必要とする職種では、学歴フィルターが存在しない場合がほとんどです。

スキルが身につくまでハードルは高いものの、実力をつければつけるほど仕事の幅が大きく広がります。

ゆくゆくは独立を目指している人にも向いているでしょう。

接客・販売職

ファッションブランド出典:Pixabay

人とコミュニケーションをとることが好きなら、接客・販売職がうってつけです。未経験者を受け入れている企業も多く、転職しやすいでしょう。

ただし、商品やサービスの知識を身につける必要があるため、日々勉強が欠かせない点は注意が必要です。

長期的に働いていると、店長やエリアマネージャーなどにキャリアアップが期待できます。

マネジメントの経験を積みたい人にも適していますよ。

配送ドライバー

昨今、需要が高まりつつあるのが配送ドライバーです。ECサイトを多くの人が利用するようになったおかげで、配送ドライバーが広く求められています。

配送ドライバーは運転免許さえあれば、求人に応募できるケースがほとんどです。すぐにでも転職をしたい人にとって、ひとつの選択肢になり得るでしょう。

また、配送ドライバーは業務時間のほとんどが運転にあてられます。

人と話すのが苦手な人に、おすすめしたい職業ですよ。

事務職

パソコンと男の人出典:Pixabay

転職を機にデスクワークをしたいなら、事務職がおすすめです。土日祝日休みが多いため、ワークライフバランスを充実させたい人にも向いています。

事務職へ転職する前に、パソコンの基本操作をマスターするのがおすすめです。特に、WordやExcelなどのOfficeに関する知識は必須といえます。

1人で勉強するのが不安なら、講習会への参加や資格取得を目指してみるとよいでしょう。

勉強したことを採用担当者にアピールできるメリットもありますよ。

高卒でも転職成功を目指す5つのコツ

高卒でも転職成功を目指すコツにはどんなものがあるのでしょうか。それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

高卒でも転職成功を目指す5つのコツ
  1. 在職中に転職活動を行う
  2. キャリアの棚卸しを行う
  3. 将来のビジョンを描く
  4. 応募書類を丁寧に仕上げる
  5. 資格を取得する

1. 在職中に転職活動を行う

スーツを着る男性出典:Unsplash

在職中に転職活動を行うことが、転職成功のコツです。在職中に転職活動を進めることで、余裕をもって企業選びに専念できます。

一方、退職してから転職活動を始めると、焦って次の職場を決めてしまいがちなので注意が必要です。

焦って転職先を決めるとミスマッチを起こしやすくなってしまいます。

慎重に企業を選ぶためにも、在職しながら転職活動をはじめましょう。

2. キャリアの棚卸しを行う

自分に合った仕事を見つけるためには、自己分析が欠かせません。自己分析方法のひとつにキャリアの棚卸しが挙げられます。

キャリアの棚卸しとは、これまで経験してきた業務と積み上げてきたスキルを書いていく方法です。

キャリアの棚卸しを行うことで、自分の強みや得意業務がわかりやすくなります。

営業で培ったコミュニケーション能力を活かせる仕事がしたい、というように転職活動の軸が定まると転職の効率もアップしますよ。

3. 将来のビジョンを描く

スケジュール帳出典:Pixabay

将来のビジョンを描くことも、転職を成功させるうえで非常に重要です。自分が将来的になりたい姿を想像して、転職先を選びましょう。

将来のビジョンを描く際、5年後・10年後の姿までイメージできるとベストです。中長期的なキャリアを実現するために、今できることを逆算するとよいでしょう。

もし将来のビジョンを描くことが難しければ、お手本としたい人を見つけるのもおすすめです。

お手本となる人が見つかると、目指したいキャリアの道筋が自然とわかるようになりますよ。

4. 応募書類を丁寧に仕上げる

高卒で転職を成功させたいなら、応募書類を丁寧に仕上げることも重要です。学歴で勝負できない分、スキルや経歴を企業にしっかりアピールしましょう。

特に、職務経歴書は詳細に書き進めることが重要です。フォーマットは特にありませんが、業務内容や実績など項目に沿って記載しましょう。

応募書類を書きあげたあとは、誤字脱字や主語述語のねじれがないか確認することも忘れずに行ってください。

読みやすく、正確な応募書類であれば採用担当者の目に留まりやすくなりますよ。

5. 資格を取得する

勉強している人出典:Pixabay

資格を取得するのも、転職を成功させる方法のひとつです。特に、未経験から新しい職種にチャレンジしたい場合は、資格を取得しておくことで有利に進む場合があります。

例えば、未経験から事務職に転職したいなら、基本的なパソコンスキルを習得できるITパスポートやMOS検定がおすすめです。

たとえ未経験でも資格を取得しておくことで、学習意欲や向上心をアピールできます。

希望の職種に付随する資格がないか調べておきましょう。

高卒の転職は転職エージェントの活用がおすすめ!

高卒の転職を成功させるために、転職エージェントの活用もおすすめです。転職エージェントを活用するメリットを解説します。

転職エージェント活用のメリット
  • 転職に必要な情報を教えてくれる
  • 自分に合った求人の提案が期待できる
  • 選考サポートを受けられる

転職に必要な情報を教えてくれる

転職に必要な情報を教えてくれるのが、転職エージェントを活用するメリットです。転職のプロが転職活動の進め方をアドバイスしてくれます。

例えば、自己分析・業界研究のやり方をレクチャーしてくれるのも魅力です。転職活動を効率的に進めたい人に適しています。

高卒者の転職に必要な情報を提供してくれるため、転職がはじめての人でも心強いでしょう。

わからないことがあれば、積極的にキャリアアドバイザーに相談してみてくださいね。

自分に合った求人の提案が期待できる

昇進出典:Pixabay

自分に合った求人の提案が期待できるのも魅力です。キャリアアドバイザーに希望条件を伝えると、あなたに合った求人を提案してくれる可能性があります。

自己分析をしてみたはいいものの、どのような仕事が自分に合っているのかわからないなら、ぜひ求人提案をお願いしてみましょう。

なかには、意外な職業が向いていることがわかり、視野が広がることもあります。

キャリアの方向性が決まっていない方や、幅広い選択肢をもって企業選びをしたい人にもおすすめですよ。

選考サポートを受けられる

転職エージェントを活用する大きなメリットとして、選考サポートを受けられることが挙げられます。

例えば、履歴書・職務経歴書の書き方をレクチャーしてくれるので、応募書類の書き方に迷ったときにも安心です。

また、面接対策を行ってくれるのも魅力といえます。

想定される質問をもとに、模擬面接を実施してくれるため、面接に慣れたい人にもおすすめですよ。

高卒転職におすすめの転職エージェント・サイト

ハタラクティブ

ハタラクティブ

おすすめポイント
  • 転職成功率80%以上!※1
  • マンツーマンで転職をサポート
  • 適性のある仕事だけを厳選して紹介

ハタラクティブに登録すると、経歴や状況に合わせて的確なアドバイスがもらえます。どんな仕事があるかだけでなく、今転職すべきかどうか悩んでいる人にうってつけです。

ハタラクティブではやみくもに転職を進めることはしません。適性のある仕事だけを厳選して紹介してくれるのがメリットです。

一人ひとりに合わせた選考対策を受けられるので、はじめての転職でも安心です。

想定される質問をしっかり抑えながら、選考対策を進めましょう。
公開求人数 1,170件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 転職相談
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 レバレジーズ株式会社

※1  ハタラクティブ公式サイト調べ・2022年2月~2022年4月時点の面接実施した求職者数のうち、内定が出た求職者の割合対象(2022年2月〜2022年4月時点)2022.8.17
※株式会社ゼロアクセル調べ・ハタラクティブ公式サイト対象・2022.8.17現在

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20's

おすすめポイント
  • 専任キャリアアドバイザーによる徹底的なサポート
  • 適性診断で自己分析できる
  • 採用担当者から直接オファーが届く可能性がある

丁寧なサービスを期待したいなら、マイナビジョブ20’sがおすすめです。マイナビジョブ20’sでは、専任のキャリアアドバイザーが最初から最後まで転職活動をサポートしてくれます。

20代の転職活動を専門的にサポートしてきたキャリアアドバイザーが多いため、安心して転職相談できるでしょう。

また、適性診断によって自己分析できるのも魅力です。

自分がどのような業種・職種に向いているかわからない人はぜひ利用を検討してみてくださいね。
公開求人数 要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビジョブ20’s公式サイト対象・2022.8.17現在

Re就活

Re就活

おすすめポイント
  • 求人特集が豊富に組まれている
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催
  • 企業へ直接質問できる

さまざまな求人に出会いたいなら、Re就活がうってつけです。求人特集が豊富に組まれているため、類似性のある求人に出会いやすいでしょう。

例えば、「年収400万円以上の求人特集」「月平均残業時間10時間以内の企業特集」など、希望する年収や働き方に合わせて求人をチェックできます。

また、企業の採用ページにある「気になるボタン」を押し、企業から応募歓迎が届くと事前に質問できます。

面接前に気になることを聞いておきたい人におすすめですよ。
公開求人数 10,630件
おもな機能
  • 転職フェア
  • 求人検索
  • 転職お役立ち情報
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社学情

※株式会社ゼロアクセル調べ・Re就活公式サイト対象・2022.8.17現在

高卒の転職に関するよくある質問

ここでは、高卒の転職に関するよくある質問を紹介します。

高卒で転職するのは現実的に厳しい?
高卒では応募できない求人もあり、大卒と比べると求人数が少なく不利になりやすいのは事実です。しかし、履歴書の作成や面接対策をしっかりと行い、経歴や実績、アピールポイントなどを十分に伝えられれば、高卒でも転職は十分にできます。また、コミュニケーションスキルが求められる営業職や販売職、スキルと実績が重視されるITエンジニアなど、学歴に左右されない求人を選ぶと転職がしやすいでしょう。
高卒転職で転職エージェントがおすすめな理由は?
転職エージェントを利用すると、書類選考の通過率を上げるための履歴書の書き方、模擬面接を通じて話し方や回答の仕方のアドバイスなどをしてもらえるので、高卒転職でも成功しやすくなります。また、高卒の転職実績が豊富なプロのキャリアアドバイザーと面談することで、今まで気づいていなかった強みが見つかる可能性があるのも転職エージェントを利用するメリットです。
20代女性が高卒でフリーターから正社員に転職するのは難しい?
20代女性の高卒フリーターでも、正社員に転職することは可能です。一般的に、企業は活気と体力にあふれる若い人材を育成して、長期的に働いてもらいたいと考えているため、20代の内定率が高くなりがちです。自己分析をして自分の適正に合った業種・職種を選ぶことで、より正社員としての成功率も高まるでしょう。
高卒で転職する際に役立つ資格やスキルは?
事務職へ転職したい場合は、マイクロソフト社のオフィスソフトを使いこなせることの証明になるMOSや、簿記検定を取得しておくと転職に役立つでしょう。また、接客業や観光業に転職したい場合は、高いスコアのTOEICを保有していると有利になる可能性があります。アパレル業界に転職したい場合は、初対面の人とでも難なくコミュニケーションができるスキルがあると採用されやすくなります。
高卒の初任給はどのくらい?
産労総合研究所の調査によると、2022年度の高卒の初任給は173,032円であることが分かりました。※ 前年の2021年と比べて、全体的に人材を確保するため初任給が1割以上引き上げられているようです。
高卒が転職で給料アップを目指すことは可能?
これまで築き上げた経験やスキルが活かせる業種・職種に転職するのであれば、給料アップを目指すことは可能です。また、成果に対して見合った報酬を支払うインセンティブ制度を導入している企業への転職の場合も、今よりも給料が上がる可能性があります。ただし高卒に限らず、転職してすぐに現在より劇的に給料が上がることは期待できないでしょう。
転職エージェント・サイトに登録するおすすめのタイミングは?
一般的に転職活動を始めてから入社するまでは、3〜6ヵ月程度かかります。そのため、転職したい時期から少なくとも3ヵ月前には転職エージェント・サイトに登録しておくのがよいでしょう。基本的に登録は無料なので、転職を考え始めたら早めに登録しておくことをおすすめします。
高卒が転職でハローワークを利用するのはアリ?
ハローワークを利用するものよいでしょう。ハローワークは地元の中小企業の求人に特化しているので、住んでいる地域の企業に転職を考えている人は、積極的に利用することをおすすめします。また、ハローワークでも履歴書の書き方や面接で気をつけるべきことなどをアドバイスしてもらえます。
同じ高卒でも、30代・40代以降の転職は厳しい?
高卒で30代だから転職が厳しいといったことはありません。30代ともなると、実務経験をそれなりに積んでおり、これまで働いてきた分野に特化したスキルを持っていることがほとんどです。そのため、そのスキルが強みになり、即戦力になると評価されて採用に至るケースは少なくありません。40代以降の転職は、30代までと比べて厳しくなってくるのが現状です。しかし、管理職の経験があったり、明確なキャリアプランを持っていたりすると採用されやすい傾向にあります。

まとめ

今回は、高卒で転職を考えている人に向けて、転職事情や転職成功のコツなどをご紹介しました。ネット上では「高卒の転職は厳しい・現実的ではない」といったコメントが多く見られましたが、高卒だからといって必ずしも転職できないわけではありません。昨今では、学歴不問の企業も増えつつあります。転職する際は、しっかり自己分析しておくことが重要です。

もし自己分析やキャリアの方向性がわからない場合は、転職エージェント・サイトの活用がおすすめです。特に転職エージェントは、転職のプロが的確なアドバイスをしてくれるので、転職活動に不安を抱えている人にとって心強い味方になってくれるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、高卒の転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s 2022.8.17
https://mynavi-job20s.jp/
第二新卒・既卒・20代の転職・求人情報【Re就活】 2022.8.17
https://re-katsu.jp/career/
ハタラクティブ|フリーター・既卒・第二新卒など若年層向け就職支援サイト 2022.8.17
https://hataractive.jp/
新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況 2022.8.17
https://www.mhlw.go.jp/content/11650000/000845104.pdf
2022年度 決定初任給調査 | 決定初任給調査 | 賃金制度・春闘 | 産労総合研究所 2022.8.17
https://www.e-sanro.net/research/research_jinji/chinginseido/shoninkyu/pr2207.html


おすすめの記事