京都
最終更新日

京都の転職事情|平均年収や求人倍率、成功のコツを徹底解説!

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年8月1日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「京都に転職したい!」「Uターンして地元の京都で転職しようかな?」と考えている人もいるのではないでしょうか。京都は観光地のイメージが強いですが、実はあらゆる産業が盛んな都市としても知られています。日本でも有数の企業が集まっているので、知名度の高い企業に転職したいと考えている人にも京都への転職はおすすめです。

しかし、いざ京都へ転職しようとなると、いまひとつ勇気が出ない人もいるでしょう。そこで本記事では、京都へ転職を考えている人に向けて、京都の転職事情転職成功のコツを解説します。

記事の最後にはおすすめの転職エージェントをあわせてご紹介するので、京都へ転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

京都の転職事情を解説|平均年収・有効求人倍率

まずは、京都の転職事情を解説します。京都の平均年収有効求人倍率など、事前に知っておきたい情報満載です。

京都の平均年収はどれくらい?

“お金出典:Pixabay

はじめに、京都の平均年収を確認していきましょう。求人ボックス給料ナビによると、京都の平均年収は346万円※1という結果になりました。正社員の給料分布は292~361万円※1がボリュームゾーンです。

dodaの調査によると、日本人全体の平均年収は403万円※2という結果になりました。日本人全体の平均年収よりもやや下がってしまいますが、首都圏に比べると生活費を抑えられるので妥当な額といえるでしょう

なお、厚生労働省の「地域別最低賃金の全国一覧」によれば、京都の最低賃金は2021年時点で937円※3でした。

関西圏のなかでは、京都の最低賃金は高い部類であるようです。

※1出典:求人ボックス給料ナビ「京都の平均年収」 2022.8.1
※2出典:doda「日本人全体の平均年収」 2022.8.1
※3出典:厚生労働省「地域別最低賃金の全国一覧」 2022.8.1

京都の有効求人倍率は?

転職する前には、有効求人倍率をチェックすることも大切です。有効求人倍率とは、求職者1人あたりに対してどれくらい求人があるか示す指標です。一般的に1倍をこえると、求人を見つけやすいといわれています。

2022年4月時点の京都の有効求人倍率は、1.16倍でした。全国の有効求人倍率は1.23倍なので、やや下回るようです。

しかし、有効求人倍率は1倍をこえているので、求人を探しやすいといえます。

転職をするうえで、求人の探しやすさは大切ですね。

※出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「職業紹介-都道府県別有効求人倍率」 2022.8.1

転職前に知っておきたい京都の地域特性

転職前に知っておきたい京都の地域特性を解説します。京都のおもな産業や気候など、詳しくチェックしていきましょう。

京都のおもな産業

パソコンと男の人出典:Pixabay

京都はさまざまな産業で成り立っています。農業に関しては、京の伝統野菜や宇治茶などが、京都を代表する農産物です。また、ズワイガニやサワラ、ブリなどの魚介類も豊富に獲れます。

日本の伝統的な産業が盛んな京都ですが、商工業も盛んです。ITやWeb系分野のベンチャー企業もあるので、最先端技術に携わりたい人にも適しています。

もちろん観光地でもあるので、宿泊業や飲食店などのサービス業の選択肢も豊富です。

バランスよく産業があるので、自分に合った求人を見つけやすいでしょう。

※出典:京都府「京都府のいろんな産業」 2022.8.1

京都の気候

京都の気候は瀬戸内市気候に属しています。夏に雨が多く、冬になると雨が少ない気候です。また、三方を山に囲まれているため、寒暖差が大きい特徴も合わせ持っています。

盆地地形であることから、年間を通じて風が弱いのも京都ならではです。京都の夏の暑さは「油照り」と言われるほどですが、これは風が弱くて通気性が悪いことが関係しています。

また、数cmほどではあるものの、地域によっては積雪が観測される地域もあります。

寒暖差が大きい地域であるため、首都圏から移り住む人は注意が必要です。

※出典:気象庁「平年値(年・月ごとの値)」 2022.8.1

京都に転職する4つのメリット

京都に転職することには、どんなメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

京都に転職する4つのメリット
  1. 年収アップを目指せる可能性がある
  2. 都内に比べて家賃が安い
  3. 子育てしやすい環境
  4. 通勤ラッシュに巻き込まれない

1. 年収アップを目指せる可能性がある

お金

出典:pixabay

専門職の技術者の人は、京都に転職することで今よりも年収が高くなる可能性があります。京都は専門技術を活かした製造メーカーが多く、技術職の求人が多数あります。

機械設計や回路設計、素材開発などの技術職は、専門性が高いスキルや深い知識が必要なため、給与水準が高めです。

大企業や国が運営する機関も多く、高い技術力を武器にして京都に転職すれば、年収アップを目指せる可能性があります。

技術職はチームで研究を進めることも多いため、専門的なスキルだけでなくチームワークも求められますよ。

2. 都内に比べて家賃が安い

京都は東京に比べて家賃相場が安いのもメリットです。参考までに京都と東京の家賃相場は、以下のとおりです。

間取り 京都の家賃相場 東京の家賃相場
1R〜1DK 6万円 7.9万円
1LDK〜2DK 7.9万円 11万円
2LDK〜3DK 9万円 13万円
3LDK〜4DK 11.7万円 15.4万円

東京の中でも渋谷区や港区などの都心部は、上記よりもさらに家賃が1.5〜2倍ほど高いです。

年収アップが期待できる上に、固定費の中で大きな割合を占める家賃を抑えられるのは嬉しいところですね。

※参考:京都府の賃貸を相場から探す|ダイワハウスの賃貸【賃貸住宅 D-room】 2022.8.1

3. 子育てしやすい環境

家族

出典:pixabay

子育て環境日本一を目指しいる京都は、子育て支援が充実しているので、子育てしやすい環境に転職を考えている人にもおすすめです。

子育て支援の分野は、「出会い・結婚」「妊娠・出産」「保育・教育」「就労支援」の4つがあります。

特定不妊治療費助成制度やひとり親家庭支援制度、きょうと子育て支援パスポートなど、さまざまな取り組みが行われています。

また、京都は多様な保育サービスを進めており、9年連続保育所などの待機児童ゼロ、11年連続学童クラブ事業における待機児童ゼロを達成※1 待機児童が多いエリアに住んでいる人は、京都への転職を検討してみるものよいでしょう。

協賛店舗で子育て支援パスポートを提示すると、割引や景品プレゼントなどの優待サービスを受けられますよ。

※参考:京都市:子ども子育て支援・少子化対策 2022.8.1
※1 参考:京都市:保育所等及び学童クラブ事業における利用児童等の状況について 2022.8.1

4. 通勤ラッシュに巻き込まれない

通勤ラッシュの時間帯でも、東京に比べて混雑は少ないのも京都に転職するメリットです。バスや電車など公共交通機関が充実しているので、車がなくてもスムーズに移動できます。

東京の通勤ラッシュに悩まされている人にもおすすめですよ。

京都に転職する3つのデメリット

京都に転職することには、メリットだけでなく以下のようなデメリットもあります。

京都に転職する3つのデメリット
  1. 物価が高め
  2. エリアによっては転職のハードルが高い
  3. 夏も冬も過ごしにくい気候

1. 物価が高め

関西圏の中でも京都は物価が高めな点は、デメリットとして挙げられるでしょう。

特に観光地周辺は、観光客向けの価格設定になっているため、首都圏と同じくらいの物価です。

また、家賃は東京に比べて全体的に安いものの、京都市の一部エリアは高めです。

転職先の情報と併せて、物価についても調べておくとよいでしょう。

2. エリアによっては転職のハードルが高い

男性

出典:pixabay

先述した物価と同様に、エリアによって転職のハードルが高い点についても注意する必要があります。

京都の中でも人口が多いエリアは求人数が多いですが、その分求人倍率も上がります。特に好条件の求人は、すぐに埋まってしまうことも少なくありません。

だからといって、人口が少ないエリアだと求人数が少なく、希望条件に合う求人をなかなか見つけられない可能性があります

転職を成功させるには、転職エージェントや転職サイトなどを利用して対策を講じておくことが大切ですよ。

3. 夏も冬も過ごしにくい気候

京都は夏は蒸し暑く冬は底冷えするほど寒く、夏も冬も過ごしにくい気候です。

このような京都の気候に慣れないうちは、体調を崩してしまったり、ストレスに感じたりすることもあるでしょう。

また、京都への転職を機に「冷暖房器具を購入する必要に迫られる」「今よりも光熱費がかさむ」など思わぬ出費が発生する可能性もあります。

夏と冬だけでなく朝と夜でも寒暖差が激しいので、万全な暑さ・寒さ対策が必要ですよ。

京都への転職を成功させるコツ

ここからは、京都への転職を成功させるコツをご紹介します。京都への転職を本格的に考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 転職理由を明確にする

“男の人の後ろ姿“出典:Pixabay

まずは、転職理由を明確にすることが大切です。転職理由が明確でないと、転職の軸が定まらず、結果的に転職活動が長引いてしまう可能性があります。

転職理由を明確にするためには、現職でなにを不満に思っているのか考えることが大切です。仕事内容や人間関係、評価基準など思いつくものを列挙していきましょう。

現職で不満に思っていることを列挙すると、次の転職先で優先したい項目が自ずと判明します。

現時点で転職理由があいまいなら、時間をかけて転職理由を丁寧に考えましょう。

2. 京都で開催されている転職フェアに足を運ぶ

京都で開催されている転職フェアに足を運ぶのも、転職を成功させるコツです。転職サイトでは出会えなかったような企業に巡りあえるチャンスでもあります。

転職フェアに出展している企業は、採用活動に熱心な企業である可能性が高いです。幅広く候補者を探している企業も多いので、転職フェアに参加することで選考が有利に進むこともあるかもしれません。

また、選考前に採用担当者と直接話ができると、求人票に掲載されていない情報を掴めるチャンスです。

企業の雰囲気や働く人の様子を知れる絶好の機会なので、できる限り参加してみましょう。

3. 転職エージェントに登録する

グッドポーズ出典:Pixabay

京都への転職を成功させたいなら、転職エージェントの登録がおすすめです。転職エージェントには転職のプロが多数在籍しているため、転職活動を進めるうえで有効なアドバイスを得られます。

特に、京都に拠点がある転職エージェントでは、京都の優良企業を知っている可能性が高いです。キャリアアドバイザーとのヒアリングを通じて、自分に合った求人提案が期待できるのも、転職エージェントに登録するメリットです。

また、履歴書・職務経歴書をはじめとした応募書類の添削や、マンツーマンの模擬面接など選考サポートも魅力といえます。

これらのサポートは無料で受けられる場合がほとんどなので、ぜひ積極的に利用してみてくださいね。

京都に転職したい人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 京都府内の求人が6,800件以上
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 業界や企業情報の提供

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年6月時点で、京都府内の求人は6,820件ありました。求人のなかには、日本を代表する大手企業やIT・Web系のベンチャー企業など多種多様です。

多くの求人があるので、きっと自分に合った求人を見つけられることでしょう。もし求人が見つからない場合は、キャリアアドバイザーから求人を紹介してもらえることがあります。各業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、気兼ねなく相談してみてください。

また、業界や企業情報の提供を受けられるのもメリットです。特に、業界・企業研究の仕方がいまひとつわからない人にうってつけです。

京都で気になる企業があれば、事前に相談してみるとよいでしょう。
公開求人数 246,844件
京都の公開求人数
7,809件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象 2022.6.17

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報を伝えてくれる
  • 徹底的に選考サポートをしてくれる
  • 企業とのやりとりを代行してくれる

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、type転職エージェントがおすすめです。type転職エージェントには、求人票に掲載されていない情報を事前に伝えてくれるメリットがあります。企業のカルチャーや働く人の様子を事前に知りたい人にうってつけです。

徹底的に選考サポートしてくれるのも、type転職エージェントの魅力といえるでしょう。履歴書・職務経歴書をはじめとした応募書類の添削や、模擬面接といった選考サポートを受けられます。特に、はじめて転職活動する人にとって、心強い味方になってくれます。

そのほかにも、企業とのやりとりを代行してくれるのもメリットです。選考中は面接日時の調整・内定後は給与や待遇の交渉を代行してくれます。

余計な手間がかからないので、選考に注力できるのが醍醐味です。
公開求人数 5,718件
京都の公開求人数
45件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※株式会社ゼロアクセル調べ・type転職エージェント公式サイト対象 2022.8.1

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催している
  • 転職に役立つコンテンツが豊富にある

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴やスキルを登録しておくと、企業から直接スカウトを受け取れる可能性があります。京都への転職に意欲的な姿勢を見せれば、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

転職フェアや相談会を定期的に開催しているのもうれしいポイントです。もちろん京都で開催していることもあるため、dodaの情報をこまめにチェックすることをおすすめします。

そのほかにも、dodaには転職に役立つコンテンツが豊富にあります。

キャリア適性診断や年収査定などのコンテンツが多々あるため、転職活動を進めるうえで参考にしやすいですよ。
公開求人数 150,807件
京都の公開求人数
4,727件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象 2022.8.1

京都への転職に関するよくある質問

京都の転職に関する、よくある質問についてまとめました。それぞれ見ていきましょう。

京都の家賃相場はどれくらい?
京都の家賃相場は7.7万円です。京都の中で家賃が最も高いのは、京都市東山区で18.2万円、次いで京都市中京区12.3万円、京都市上京区9.7万円となっています。一方、家賃が最も安いのは綾部市で5万円、次いで舞鶴市5.5万円、福知山市6万円との調査結果が出ています。※参考:大和ハウスの賃貸【賃貸住宅D-room】
京都は物価が高めって本当?
京都の物価は高めです。参考までに京都市の消費者物価指数は、令和4年6月時点で前年同月と比較して2.3%上昇しています。食料は3.3%、光熱・水道は11.6%、家具・家事用品は9.3%上昇。さらに、教養娯楽、住居、被覆及び履物、教育などの費目も上昇しています。 ※参考:京都市消費者物価指数
UIターンで京都に転職する人は多い?
UIターンで京都に転職する人は多くいます。ダイヤモンドオンラインの「出身者の都道府県 移住意欲(Uターン)ランキング2021」で、京都は第5位にランクインしています。 ※参考:Uターンしたい人が多い都道府県ランキングランキング2021【完全版】 | 日本全国関係人口調査ランキング | ダイヤモンド・オンライン
京都の平均年収はどれくらい?
大手転職サイトdodaの「平均年収ランキング」によると、京都の平均年収は375万円となっています。日本の給与所得者の平均年収433万円すると低いことが分かります。※参考:【47都道府県・地方別】平均年収ランキング最新版|転職ならdoda(デューダ)
京都への転職で注意すべきポイントは?
転職先のリサーチだけでなく、周辺地域の環境や物価のチェックも入念に行っておきましょう。京都は関西の中で物価が高めなのに加えて、現在は国際的な原材料価格の高騰により全国的に物価が上昇しています。転職後に「思っていたよりも生活費がかかって困る…」といったことにならないよう気をつけてください。また、給与水準が高い専門職の求人は応募者が集まり、すぐに決まってしまうことも少なくありません。こまめに求人情報をチェックしておくようにしましょう。

まとめ

今回は、京都に転職したい人に向けて、京都の転職事情や転職成功のコツなどを解説しました。京都は歴史ある伝統的な都市のイメージが強い一方、IT・Web系など日本をリードするベンチャー企業も多数あります。幅広く業種が集まっているので、きっと自分に合った企業に出会えることでしょう。

京都への転職を成功させたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職のプロが多数在籍しているので、転職にまつわるさまざまな不安や疑問点を気軽に相談できます。京都に拠点のある転職エージェントであれば、より詳しいアドバイスを得られるでしょう。選考サポートも無料で受けられるので、転職活動がはじめての人でも安心です。ぜひこの記事を参考にして、京都への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

京都府の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ) 2022.8.1
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%BA%9C%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】 |転職ならdoda(デューダ) 2022.8.1
https://doda.jp/guide/heikin/#:~:text=2021%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%81%AF403%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%A7,6%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%AE%E6%B8%9B%E5%B0%91

地域別最低賃金の全国一覧 2022.8.1
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

職業紹介-都道府県別有効求人倍率 2022.8.1
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/shuyo/0210.html

京都府のいろんな産業 2022.8.1
https://www.pref.kyoto.jp/kodomo/1200641511567.html

平年値(年・月ごとの値) 2022.8.1
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_ym.php?prec_no=61&block_no=47759&view=p1

子育て環境日本一に向けた主な取組 2022.8.1
https://www.pref.kyoto.jp/kikaku/kosodate/torikumi.html

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.8.1
https://www.r-agent.com/

転職ならtype転職エージェント|納得感を大切にする転職・求人サイト 2022.8.1
https://type.career-agent.jp/

転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.8.1
https://doda.jp/

京都府の賃貸を相場から探す|ダイワハウスの賃貸【賃貸住宅 D-room】 2022.8.1
https://www.daiwaliving.co.jp/chintai/kyoto/souba/?_ga=2.98114591.1653479975.1659144936-339842885.1657244719

・京都市:子ども子育て支援・少子化対策 2022.8.1
https://www.city.kyoto.lg.jp/menu3/category/47-0-0-0-0-0-0-0-0-0.html

・Uターンしたい人が多い都道府県ランキングランキング2021【完全版】 | 日本全国関係人口調査ランキング | ダイヤモンド・オンライン 2022.8.1
https://diamond.jp/articles/-/268320?page=2

・標本調査結果|国税庁 2022.8.1
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/minkan.htm

・【47都道府県・地方別】平均年収ランキング 最新版 |転職ならdoda(デューダ) 2022.8.1
https://doda.jp/guide/heikin/area/#anc_area_03


おすすめの記事