マーケティング
最終更新日

マーケティングに転職したい人必見!必要なスキルや転職方法を解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月19日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「マーケティングに転職したい!」「未経験でもマーケティングに転職できる?」と考えている人もいるのではないでしょうか。マーケティングは商品やサービスを消費者に届けるために欠かせない存在です。企画職と並んで上流の仕事でもあるため、華やかなイメージを持たれやすく、注目を集めている職業でもあります。

しかし、いざマーケティングに転職しようと思い立っても、情報をいまひとつ得られず踏みとどまってしまう人もいるでしょう。そこで本記事では、マーケティングの仕事内容や向いている人、必要なスキルについて徹底的に解説します。

記事の後半には、おすすめの転職エージェント・サイトを紹介するので、マーケティングへの転職を視野にいれている人は必見です。

マーケティングの仕事内容

ひとくちにマーケティングといっても、仕事内容は多岐にわたります。ここからは、おもなマーケティングの仕事内容をチェックしていきましょう。

マーケティングの仕事内容
  • 商品企画
  • 営業企画・販売促進
  • 市場調査・分析
  • 広告・宣伝

商品企画

壁を見る男の人出典:Pixabay

マーケティングのおもな役割として、商品企画が挙げられます。消費者の動向やニーズを調査したうえで、新しい商品やサービスを企画するのが仕事のひとつです。

そのほかにも、競合他社の調査したり、商品のコンセプトを考えたりなど、企業によって業務内容はさまざまです

また、販売に向けて経営陣にプレゼンテーションを行うこともあるでしょう。

商品が販売されたあとも、売上高や販売数などを追うことも重要な役割です。

営業企画・販売促進

商品自体を考えるのではなく、商品の売り方を考えるのもマーケティングの仕事です。いくら魅力的な商品でも、販売方法を間違えてしまうと売上に響いてしまいます。

市場調査の結果をもとに、どの購買層に向けて販売するのか・どのような媒体を使用して宣伝をするのか細かく決めていきます。

なかには、プレゼントキャンペーンや応募特典などを利用して、販売を底上げする企画を考案することもあるでしょう。

さまざまなアイデアが求められる仕事といえますね。

市場調査・分析

タブレットで作業する男性出典:Pixabay

マーケティングの仕事内容に、市場調査や分析は欠かせません。なぜなら、市場調査や分析がなければ、仮説に基づいて企画を考案することができないからです。

市場の動向やターゲット層である消費者の行動、競合他社の動向を踏まえて、しっかりとデータを蓄えておくことが大切です。

たとえ現時点では要らないデータだったとしても、将来的に役立つデータになるかもしれません。

そのため、データの管理もマーケティングの大切な仕事です。

広告・宣伝

商品やサービスの広告の打ち出し方も、マーケティングの欠かせない仕事です。広告はコストがかかるため、慎重に打ち出し方を選ばなければなりません。

例えば、若者向けの商品を広告に出す際、新聞やチラシ広告ではターゲットに届かない可能性が高いです。

一方、インターネットやSNSを利用した広告であれば、ターゲットに届く確率がアップします。

このように、さまざまな打ち出し方のなかから、適切な方法でアプローチするのがマーケティングの醍醐味です。

マーケティングの平均年収はどれくらい?

お金 植物出典:Pixabay

求人ボックス給料ナビによると、マーケティング職の平均年収は正社員で508万円でした。月給で換算すると、42万円と比較的高い水準です。

正社員の給料分布は、436〜524万円がボリュームでした。全体的にみると、年収がおよそ1,000万円の層もいて、企業によって大きく差が開いています。

マーケティングは上流の仕事であるため、その分給料に還元されやすいと推測できます。

スキルや実績を底上げすれば、年収アップも夢ではありません。

※出典:マーケティングの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)2022.07.19

マーケティングへの転職に必要な5つのスキル

マーケティングに転職するために必要なスキルはあるのでしょうか。ひとつずつ解説します。

マーケティングへの転職に必要なスキル
  1. データ分析力
  2. マネジメント能力
  3. コミュニケーション能力
  4. プレゼンテーションスキル
  5. アイデア力

1. データ分析力

昇進出典:Pixabay

マーケティングに転職するには、データ分析力が欠かせません。商品企画や販売促進などにおいて、データがなければただの机上の空論になってしまうからです。

データ分析力が既に備わっているのであれば、マーケターとして即戦力で働ける可能性が高いです。選考時にもアピールしやすいポイントといえます。

もしデータ分析力をアピールするなら、実績やエピソードを踏まえたうえで、アピールするとよいでしょう。

まだデータ分析力に自信がなければ、地道に身につけることをおすすめします。

2. マネジメント力

マーケティングに転職するにあたって、マネジメント力は必須のスキルです。業務内容が多岐に渡るため、マネジメント力がなければ仕事が滞ってしまうでしょう。

特に、マーケティングは社内のあらゆる部門とやりとりする機会が多々あります。マネジメントができないと次の工程の人へ仕事を渡せず、スケジュール通りに業務を遂行できません。

タスク管理がきちんとできる人であれば、マルチタスクであっても支障をきたさずに済むでしょう。

ぜひ自分にマネジメント力があるかどうか、考えてみてください。

3. コミュニケーション能力

ハイタッチする人出典:Unsplash

コミュニケーション能力も、マーケティングを志すうえで必要なスキルといえます。先述したとおり、マーケティングは社内のさまざまな人と連携しながら業務を進める可能性が高いです。

さまざまな部門の人と足並みを揃えて業務を進める必要があるため、コミュニケーション能力がある人は重宝されやすいでしょう。

また、企業によっては、マーケティング職の人も取引先企業と関わる場合があります。

取引先に失礼がないように、社会人マナーを徹底する必要があるのもポイントです。

4. プレゼンテーションスキル

マーケティングに転職する際、プレゼンテーションスキルは欠かせない項目のひとつです。マーケティングはプレゼンテーションを行う機会が多々あります。

例えば商品企画の場合、経営陣にプレゼンテーションを行い、承認をもらう必要があります。経営陣を納得させられなければ、商品企画が白紙に戻る可能性もゼロではありません。

話し方や振る舞い方はもちろん、論理的な思考や見やすい資料の作成など、総合的な力が試されます。

プレゼンテーションが得意なら、ぜひ選考で存分にアピールしてみてください。

5. アイデア力

ノートとペン出典:Pixabay

アイデア力はマーケターに欠かせないスキルといえます。ただやみくもにアイデアを出せばいいわけでなく、掲げた目標を達成に導けるアイデア力が必要です。

「商品・サービスにおいてどのようにアプローチすればいいのか」「現在抱えている課題をどうすれば解決できるか」といったことまで考えなければなりません。

アイデア力はすぐに身につくものではなく、時間がかかることが予想されます。

そのため、選考前に一通りアイデア力について学んでおくとよいでしょう。

マーケティングに向いている人の特徴

マーケティングに向いている人には、どのような特徴があるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

マーケティングに向いている人の特徴
  • 数字に抵抗がない人
  • ロジカルシンキングができる人
  • 影響力のある仕事をしたい人

数字に抵抗がない人

働く男性出典:Pixabay

数字に抵抗がない人は、マーケティングの素質があるといえるでしょう。先述したとおり、マーケティングはデータ分析によって仮説を立てる仕事が多い傾向にあります。

データを分析する際、もちろん数値を照らし合わせなければなりません。数式や統計に基づいてデータを分析することもあるでしょう。

現時点で難易度の高い分析力は必要ないにしても、数字に抵抗があればそもそも業務に支障をきたしてしまいます。

学生時代に算数や数学が得意だった人は、マーケティングに向いているでしょう。

ロジカルシンキングができる人

マーケティングに向いている人の特徴として、ロジカルシンキングができる人も挙げられます。なぜなら、マーケティングは論理的思考に基づいて、仮説や検証をくり返さなければならないからです。

決して独りよがりのアイデアではなく、客観的な視点で物事を考えるには、ロジカルシンキングは必須といってよいでしょう。

ロジカルシンキングにおいて、思考のフレームワークを活用する機会が多々あります。

フレームワークによる思考法を実践したことがない人は、一度勉強してみるのもおすすめです。

影響力のある仕事をしたい人

影響力のある仕事をしたいと考えている人にも、マーケティングは向いています。世の中にない商品やサービスを企画できるのが、マーケティングの醍醐味です。

また、世間からの評判が良かったり、SNSで話題になったりすれば、より自分の仕事にやりがいを見いだせるでしょう。

そのほかにも、マーケティングは少し改善するだけで、売上高が大きく伸びるケースも少なくありません。

自分の仕事によって、会社の利益に大きく貢献したい人にも向いています。

マーケティングへ転職するおもな方法

ここからは、マーケティングへ転職するおもな方法をご紹介します。本格的にマーケティングの転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

マーケティングに転職するおもな方法
  • マーケタースクールから紹介してもらう
  • 直接企業に応募する
  • 転職エージェントを活用する

マーケタースクールから紹介してもらう

マーケティングへ転職するにあたって、マーケタースクールから求人を紹介してもらう方法があります。

スクールのなかにはマーケティングの知識やスキルを学べるだけでなく、受講生と企業をつなぐ就業サポートをしているところもあります。

ただし、すべての受講生が希望通りの就業サポートを受けられるわけではありません。

あくまで、スクールはマーケティングスキルを学ぶための場所として認識しておきましょう。

直接企業に応募する

パソコンと男の人出典:Pixabay

直接企業に応募する方法も、マーケテイングへ転職する道のひとつです。気になる企業があれば、企業サイトの問い合わせフォームから応募してみるとよいでしょう。

企業へ直接応募するメリットとして、採用担当者の目に留まりやすい点が挙げられます。また、熱意や志望度の高さを評価してくれるでしょう。

しかし、複数の企業に応募したい場合、時間がかかってしまう点には注意が必要です。

あくまで、特定の企業に応募したい人向けの方法といえます。

転職エージェントを活用する

複数の企業に応募したいなら、転職エージェントを活用してみてください。マーケテイング職の求人を簡単に見比べられます。

また、転職のプロが多数在籍しているため、マーケティングへの転職で困ったことがあればすぐに相談できるのがメリットです。

転職エージェントを活用すると、キャリアアドバイザーとのヒアリングを通じて、おすすめの求人を提案してくれる場合もあります。

自分に合った企業がわからない人は、ぜひ利用を検討してみてください。

マーケティングへの転職におすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • マーケティングの公開求人が7,900件以上
  • 選考サポートが受けられる
  • 独自に分析された業界・企業の情報提供

マーケティングの求人をくまなくチェックしたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年7月時点で、マーケティングの公開求人は7,975件ありました。

モビリティーサービスの数値分析や商品企画など、求人の幅広さが魅力です。まだマーケティングの方向性を決めかねている人に適しています。

さらに、応募書類の添削や面接対策など、選考サポートを行ってくれるメリットがあります。

自力での選考対策に不安を抱えている人は、ぜひ活用してみてください。
公開求人数 233,526件
マーケティングの公開求人数 7,975件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.19現在

Green

Green

おすすめポイント
  • IT業界に特化した転職エージェント
  • 企業のカルチャーをつかみやすい
  • 選考前にカジュアル面談できる

IT業界でマーケティングに転職したいなら、Greenがおすすめです。GreenではIT業界の求人を中心に取りそろえているため、効率よく求人を探せるでしょう。

また、企業のカルチャーを比較的つかみやすいのも魅力です。各企業の求人ページには、社員のインタビューや写真などが掲載されています。

ほかにも、条件を満たせば選考前にカジュアル面談できるので、企業のカルチャーとフィットするか確認できるチャンスです。

カジュアル面談では、気になることを遠慮なく質問してみてください。
公開求人数 30,285件
マーケティングの公開求人数 4,517件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社アトラエ

※株式会社ゼロアクセル調べ・Green公式サイト対象・2022.7.19現在 

doda

doda

おすすめポイント
  • スカウトが届く可能性がある
  • 転職フェアや相談会を各地で開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

視野を広げながら転職活動したいなら、dodaがおすすめです。dodaでこれまでの経歴やスキルを登録しておくと、スカウトがくる可能性があります。

特に、マーケティングはスキルを重視される傾向が強いです。そのため、スキルを登録しておくと、思いがけない企業からスカウトが届く可能性もゼロではありません。

データ分析力や論理的思考力など、アピールできるスキルがあれば漏れなく記載しておきましょう。

なかには、そのまま面接へ進めるスカウトもありますよ。
公開求人数 147,893件
マーケティングの公開求人数 5,932件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.19現在

まとめ

今回は、異業種や未経験からマーケティングへ転職を考えている人に向けて、マーケティングの仕事内容や向いている人の特徴などについて解説しました。マーケティングはデータ分析力や論理的思考力など高度なスキルが求められる職種です。しかしその分、世の中に大きな影響を与えられる役割を担えるため、やりがいを見出しやすいでしょう。

マーケテイングへの転職でわからないことがあれば、転職エージェント・サイトを活用してみてください。マーケティングの求人情報や転職動向など有益な情報が効率的に得られるので、転職活動中の心強い味方になってくれます。ぜひこの記事を参考にして、マーケティングへの転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

マーケティングの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)2022.07.19
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.07.19
https://www.r-agent.com/

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen 2022.07.19
https://www.green-japan.com/

【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ)2022.07.19
https://doda.jp/guide/age/


おすすめの記事