日経 転職
最終更新日

日経(日本経済新聞社)に転職したい人必見!年収・難易度を解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年8月1日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「日経に転職して影響力のある仕事がしたい!」と考えている人もいるのではないでしょうか。日本経済新聞を発行している日経では、ビジネスや政治に関わる情報を世の中に配信しています。昨今では電子メディアやデータベースサービスなど、ITに関わる事業も展開しており、今後も日本を代表するメディアとして影響力が衰えることはないでしょう。

しかし、いざ日経に転職するとなると、評判や転職難易度などいまひとつ情報をつかめず行動に移せない人も多くいるはずです。そこで本記事では、日経のおもな事業内容や転職を成功させるポイントなどを詳しく解説します。

記事の後半では、おすすめの転職エージェントをあわせてご紹介するので、日経の転職を本格的に考えている人はぜひチェックしてみてくださいね。

日経(日本経済新聞社)の基本情報

まずは、日経の基本情報をご紹介します。おもな事業内容もあわせて解説するので、自分が働くイメージを持ちながら読んでみてください。

会社名 株式会社日本経済新聞社
創立日
1876年12月2日
資本金 1,807億円(2021年12月期)
社員数 3,045人(2021年12月現在)

日経は通称の呼び名で、正しい企業名は「株式会社日本経済新聞社」です。その名の通り、日本経済新聞の発行をメインに事業を展開しています。

日経の歴史は古く、創立はおよそ150年前の1876年です。明治の時代から日本の政治や経済について国民に発信しており、老若男女問わず知名度の高さが伺えます

2021年の12月時点で、社員数は3,000人以上です。

東京をはじめとして全国に7つの拠点があり、ニューヨークやロンドンにも編集総局を構えていますよ。

※出典:株式会社日本経済新聞社「会社概要 : 企業情報 | 日本経済新聞社」  2022/5/30

日経のおもな事業内容

ここからは、日経が展開しているおもな事業内容をご紹介します。自分が働いている姿をイメージしながら、読んでみてください。

メディア

タブレットで作業する男性出典:Pixabay

日本経済新聞のグループである日経BPでは、ビジネスやテクノロジー・ライフスタイルなど幅広い分野でメディアを運営しています。

デジタル需要が高まる昨今において、日経もデジタル化の動きを見せています。「日経ビジネス電子版」をはじめとして、医療従事者向けの「日経メディカル」・専門技術情報を提供する「日経×TECH」など手掛ける分野は多種多様です。

また、創業当時と変わらず、紙媒体の刊行物もあります。経営情報分野の「日経ビジネス」「日経デザイン」のほかに、ライフスタイルに関する「日経トレンディ」「日経WOMAN」などがその一例です。

一つひとつの分野に特化した専門家監修のもと、ハイクオリティなメディアを日々運営しています。

多くの人に価値ある情報を届けたい人にうってつけですよ。

ソリューション

ソリューション事業は、おもにコンサルティングを担当しています。クライアント企業の経営課題や社会課題を解決に導くことがおもな仕事です。

例えば、中長期経営計画策定の手伝いや企業価値向上・情報戦略構築のためのプロジェクトを推進することもあります。

また、クライアント企業の社員定着を図るために、働き方推進コンサルティングや女性活躍推進コンサルティングを実施しているのも特徴です。組織の内側からクライアント企業を支えることも、ソリューション事業部の役目といえます。

そのほかにも、事業創出やマーケティング・顧客開拓など直接ビジネスに関することや、産官学連携してプロジェクトを進めることもあるでしょう。

さまざまな人と関わりながら、仕事を進めることにやりがいを感じる人に向いていますよ。

出版・書籍

教室出典:Unsplash

書籍の出版を行うのも、日経のおもな事業のひとつです。日経が独自に築き上げてきた知見を活かしながら、経営やビジネスをはじめとして、幅広い産業をテーマに扱っています

書籍のなかには、経済の専門書や経営書、技術・医療専門書など、最前線で活躍している人が読んでも納得できるほどのハイクオリティな書籍を多数出版しているのが魅力です。

また、業界や技術に関する専門テキストを刊行しているのも特徴といえます。難解なテーマをかみ砕いて説明しているので、大学や専門学校などさまざまなシーンで活用されています

書籍や専門テキストだけでなく、クライアントから依頼があればカスタム出版を行っているのも魅力です。

企業の経営戦略や社史などを書籍として編集していますよ。

イベント・セミナー

企業とユーザーを対面させ、双方にメリットをもたらすイベントの企画・運営を行うこともあります。年間20以上の展示会を開催しており、これまでの参加規模は50万人ほどです。

イベントだけでなく、さまざまなセミナーを企画・運営しているのも特徴です。例えば、ITや製造・医療などの技術的なセミナーや、企業経営やマーケティングといったビジネス分野のセミナーなど多数あります。

年に900を超えるセミナーを運営しており、その手法は多くの人に指示されています。

体感型のコミュニティを作ることに関心がある人におすすめですよ。

日経(日本経済新聞社)の転職難易度

日経は記者職、技術職、事務職のどの職種も、随時中途採用の募集を行っており、社会人経験があれば応募可能です。

ただし、面接では支持政党についての意見や、英語による質疑応答など、返答が難しい質問をされることもあり比較的難易度が高いことが考えられます。

また、どの職種も求められる専門性やスキルが高いため、未経験の業界・職種からの転職はハードルが高いと言えるでしょう。

面接や応募書類の書き方に不安がある人には、転職エージェントの活用をおすすめしますよ。

日経(日本経済新聞社)の平均年収・福利厚生

ここでは、日経の平均年収と福利厚生について紹介します。

日経(日本経済新聞社)の平均年収・福利厚生
  • 平均年収
  • 福利厚生

平均年収

お金

出典:pixabay

日経の平均年収は、876万円(オープンワーク株式会社調べ)となっています。職種別に見ると、記者職の平均年収は906万円、編集職は1096万円、デジタル職は779万円、エンジニア・SEは940万円です。※1

日本の給与所得者1人あたりの平均給与433万円※2なのに対し、日経の平均年収は2倍以上です。

どの職種も専門性の高い業務なことから、非常に高い年収水準であることが分かります。

※1参考:日本経済新聞社の「年収・給与制度」 OpenWork 2022.7.19
※2参考:標本調査結果|国税庁p.19 2022.7.19

福利厚生

日経の福利厚生の内容を以下の表にまとめました。

各種手当 通勤手当、時間外手当、住宅手当、教育手当、子手当
休暇 有給休暇、結婚休暇、介護休暇 など
財産形成・融資制度 財形貯蓄制度、住宅融資制度、グループ保険制度
退職金・企業年金 退職一時金、確定給付企業年金(日本経済新聞企業年金基金)、確定拠出年金
その他 保養所、健康相談、育児・介護アドバイス など

このように日経の福利厚生は非常に充実しており、仕事とプライベートとのバランスをとって働きやすいと言えるでしょう。

教育手当や結婚休暇など、女性にも嬉しい福利厚生が整っていますね。

※参考:福利厚生 | 働き方と環境を知る | 採用情報 | 日本経済新聞社 2022.7.19

日経(日本経済新聞社)の募集職種

日経では、さまざまな職種が中途採用の募集をしています。ここでは、その中からいくつかを紹介します。

日経(日本経済新聞社)の募集職種
  • 記者
  • プロダクトマネージャー
  • セキュリティエンジニア

記者

新聞

出典:pixabay

記者の主な業務内容は、日々のニュースの取材や執筆などが中心です。カバー範囲は経済のみならず、政治、社会、文化、スポーツなど多岐にわたります。

あわせて、日経では高度な専門知識をもった記者の募集も行っています。

高度な専門記者は、大学や研究機関などでの実務・研究経験のある人が募集対象。専門的な分析力を持ち、専門的な視点から深い解説記事を執筆できる能力が必須です。

海外での取材もあることから、英語力は必須ですよ

プロダクトマネージャー

プロダクトマネージャーの業務内容は、日経電子版のサービス企画データ分析今後の成長戦略の策定など広範囲に及びます。

そのため、プロダクトマネージャーに応募するには自社デジタルサービスの立ち上げやグロース経験、チームを率いていく能力などが求められます。

中級以上の英語力もあると有利ですよ。

セキュリティエンジニア

コーディング

出典:unsplash

セキュリティエンジニアの業務は、日経のデジタル事業のセキュリティ対策です。

ソフトウェア開発経験、システムセキュリティの1年以上の業務経験、CISSP認定資格などが必須スキルとなっています。あわせて、周囲を巻き込んでプロジェクトを推進できる能力も必要です。

セキュリティエンジニア以外に、データエンジニアやバックエンドエンジニア、フロントエンジニアなども募集していますよ。

日経(日本経済新聞社)の選考フローとは?

実際に、日経の選考フローはどのように進んでいくのでしょうか。それぞれのフローについて詳しく確認していきましょう。

エントリー・書類選考

パソコンと男性出典:Unsplash

まずは、日経の公式サイトにてエントリーを行います。それぞれの職種別に応募ボタンが設けられているので、自分が希望する職種のページをチェックしておきましょう。

エントリー時には名前や住所といった基本情報の入力のほかに、履歴書や職務経歴書をPDFで添付しなければなりません。提出書類は事前に準備しておくことが大切です。

書類選考では、経歴やスキルを確認される可能性が非常に高いでしょう。

いきなり提出書類を書き始めるのではなく、これまでの経歴やスキルを整理してみてくださいね。

適性検査

書類選考を通過したあとは、適性検査に進みます。適性検査の内容は明らかになっていませんが、一般教養をチェックされる可能性が高いです。

記者や編集を志望している人は文章作成力をチェックされることもあります。文章作成に不安があるようなら、市販の書籍やテキストなどで一度おさらいしておくことも必要です。

また、一般教養をチェックするテストでも、書籍やテキストで勉強できます。

しっかり準備しておくことで自信がつくため、時間を見つけてコツコツ勉強するとよいでしょう。

面接

パソコンを持つ手出典:Pixabay

適性検査をクリアしたら、面接が実施されます。面接は2~3回行うことが多く、1次面接は人事担当者・それ以降は配属予定先の部署や責任者が担当することもあります。

面接ではこれまでの経歴やスキルを深掘りされる可能性が高いため、端的に話せるように整理しておくとよいでしょう。履歴書や職務経歴書に書いたことを、ひとつずつ整理する方法がおすすめです。

日経の理念やビジョンについて共感しているかどうかも、選考通過の基準となります。「なぜ数あるマスコミ企業のなかから日経を選んだのか」について、ビジョンや理念と絡めて話すと説得力が増すでしょう。

ただ、いくら面接が不安だからといって、台本を作ったり、答えを丸暗記したりする方法はおすすめしません

面接はあくまで、面接官とのキャッチボールと捉えておきましょう。

内定・入社

すべての選考を通過したら、無事内定です。内定後はほかの企業と同じように、オファー面談とよばれる最終工程にうつる可能性があります。

オファー面談とは、給料や待遇などを内定者へ提示し、最終的に内定承諾を促すための場です。この時点でわからないことがあれば、質問して疑問を解決しておきましょう。

入社後にミスマッチを引き起こさないように、給料や待遇だけでなく、社内の雰囲気や働く人の様子を最後まで確認することも大切です。

些細なことでも質問しておくと、安心して入社日を迎えられますよ。

日経(日本経済新聞社)への転職を成功させるポイント

実際に、日経へ転職を成功させるには、どのようなポイントをおさえればいいのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

スキルを身につける

昇進出典:Pixabay

日経への転職を成功させるために、スキルの習得はマストといえます。なぜなら、日経の中途採用は即戦力を求めている可能性が高く、未経験者の選考通過は厳しいことが予想されるからです。

例えば、プロダクトマネージャーの応募条件には、「自社デジタルサービスの立ち上げやグロースを担当した経験がある方」「事業戦略の検討経験がある方」などが記載されています。

もし実務経験がないなら、日経へ転職する前に未経験歓迎の企業でスキルを習得する方法がおすすめです。

すぐに結果を出そうとせず、長期的な視点で転職活動を進めていくとよいでしょう。

語学力を磨く

語学力を磨くことも、日経を目指すうえで必要なポイントです。特に、ゆくゆくは海外の支社で働きたいと考えているなら、英語をはじめとした語学力を身につける必要があります

職種によっては、日本語を改めて勉強し直すことも大切です。例えば、新聞記者や編集者、校閲担当者を志望するなら、日本語の細かい部分まで理解しておくことが求められます。

正確な情報を伝えるための新聞には、正確な日本語が不可欠です。

必要であれば日本語能力試験の勉強をしつつ、日本語の正しい使い方を学習していきましょう。

企業研究を徹底的に行う

チェックリスト出典:Pixabay

日経に転職を成功させるなら、企業研究を徹底的に行うことが大切です。

日経は強い使命感を持ちながら日々の業務に取り組んでいるため、ビジョンや理念の深い理解が重要といえます。

単純に理念やビジョンを暗記するのではなく、「なぜこの理念・ビジョンを定めたのか」「共感できるポイントはどこか」について考えを深めておくことをおすすめします。

企業研究を徹底的に行うと、自分が働いている姿をよりイメージしやすくなりますよ。

選考対策をしっかり進める

選考対策をしっかり行うのも、日経に転職を希望するうえで欠かせません。日経は全国でも知名度が高い企業として知られているため、必然的に候補者のレベルが高い傾向にあります。

レベルの高い候補者よりもリードするために、選考対策は万全に行いましょう。例えば、履歴書や職務経歴書を記入したあとは、第三者に確認してもらうと自分では気づけなかったことをアドバイスしてくれるかもしれません。

また、面接が苦手な人は面接対策も忘れずに行うことが大切です。

想定される質問をできるだけ洗い出し、回答を一度整理しておくと本番でも自信が持てますよ。

日経への転職を成功させるなら転職エージェントがおすすめ!

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

本格的に日経へ転職したいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントに登録すると、転職のプロから転職活動にまつわるアドバイスを得られます。

日経は日本を代表する企業のひとつでもあるため、転職エージェント側も情報収集している可能性が高いです。そのため、実のある助言をしてくれるでしょう。

また、選考対策をマンツーマンで受けられるのも、大きなメリットです。

応募書類の添削から模擬面接に至るまで、しっかりサポートしてくれますよ。

日経転職におすすめの転職エージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 選考サポートを徹底的に受けられる
  • 独自に分析された業界・企業レポートを提供してくれる

充実した転職サポートを受けたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントには、業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しています。有益なアドバイスを聞けるチャンスです。

選考サポートを徹底的に受けられるのも、リクルートエージェントを利用するメリットといえます。応募書類の添削や面接対策なども、手厚くフォローしてくれるでしょう。

独自に分析された業界・企業レポートを提供してくれるので、企業研究にも役立てられます。

しっかりとしたサポートを受けたい人におすすめですよ。
公開求人数 233,526件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022/5/30現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 企業の雰囲気や働く人の様子を教えてくれる
  • 第三者目線で強みやキャリア観をアドバイスしてくれる
  • 平日の夜や土曜日にも転職相談できる

入社後のミスマッチを防ぎたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントには、企業へ直接足を運んでリサーチしている専門のスタッフがいます。

事前に社内の雰囲気や働く人の様子を伝えてくれるため、実際に自分が社内に馴染めるかどうかひとつの指標になるでしょう。

日経の社風を選考前に知っておきたい人は、ぜひマイナビエージェントを活用してみてください。

平日の夜や土曜日にも転職相談できるので、平日の昼間になかなか時間がとれない人でも安心です。
公開求人数 要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.7.19現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴やスキルを登録しておくと、企業から直接スカウトを受け取れる可能性があります。

特に、日経は即戦力となる人材を募集している傾向が強いので、経験やスキルをきちんと記載しておけばおくほど、スカウトを受け取れる可能性も高くなるでしょう。

dodaは、転職フェアや相談会を定期的に開催しているのもメリットです。

日経の採用担当者と直接話せるかもしれないので、出展企業を適宜チェックしてみてくださいね。
公開求人数 147,893件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・ 2022.7.19現在

まとめ

今回は、日経(日本経済新聞社)に転職したい人に向けて、事業内容や転職成功のポイントを解説しました。日経は日本を代表する企業のひとつでもあり、新聞だけでなく書籍やWebメディア、大型イベントの企画などあらゆるコンテンツに携われる可能性があります。正確な情報を正しく届けたい人ややりがいを持ちながら働きたい人にうってつけです。

しかし、日経の中途採用は即戦力を求めている場合が多く、決して転職難易度が低いとは言えません。日経への転職を本格的に考えているなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職のプロからサポートを受けながら、徹底的に準備することで成功率もアップするでしょう。ぜひこの記事を参考にして、日経への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.19
https://www.r-agent.com/
マイナビエージェントで業界のプロに相談|転職エージェント 2022.7.19
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.7.19
https://doda.jp/
会社概要 : 企業情報 | 日本経済新聞社 2022.7.19
https://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/corporate/
日本経済新聞社の「年収・給与制度」 OpenWork 2022.7.19
https://www.vorkers.com/company_answer.php?m_id=a0910000000G1zW&q_no=2
標本調査結果|国税庁 2022.7.19
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/minkan.htm
福利厚生 | 働き方と環境を知る | 採用情報 | 日本経済新聞社 2022.7.19
https://www.nikkei.co.jp/saiyo/career/welfare.html

 


おすすめの記事