大阪 転職
最終更新日

大阪に転職したい人必見!おすすめ転職エージェント・サイト

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)
※本記事は2022年7月28日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「大阪に正社員で転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。大阪は日本を代表する都市でもあり、産業が盛んです。しかし、実際に転職しようとなると、気になることばかりでいまひとつ勇気が出ない人もいるでしょう。

そこで本記事では、大阪の転職事情や地域特性を詳しく解説します。転職を成功させるコツやおすすめの転職エージェント・サイトもご紹介するので、大阪への転職を視野に入れている人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

大阪へ転職するメリット・デメリットも分かる内容になっていますよ。

大阪の転職事情を解説|平均年収・有効求人倍率

まずは、大阪の転職事情を解説します。平均年収や有効求人倍率など、大阪に転職を考えているなら、気になる情報満載です。ひとつずつチェックしていきましょう。

大阪の平均年収をチェック!

お金 植物出典:Pixabay

「求人ナビ」によると、大阪の平均年収は正社員の場合367万円※1です。月給に換算すると、およそ31万円という計算になります。

dodaによると、日本人全体の平均年収は403万円です。※2日本人全体の平均年収と比べるとやや低い点がネックといえます。年収アップを目指したいなら、きちんと給与体系を確認しましょう。

正社員の給料分布は313〜395万円※1がボリュームゾーンでした。勤務先や求められるスキルによって異なるものの、目安として考えておくとよいでしょう。

ちなみに、厚生労働省によると、大阪の最低賃金は992円です。※3東京と比較すると、49円の差がありました。

※1出典:大阪府の仕事の平均年収は366万円/平均時給は995円!給料ナビで詳しく紹介|求人ボックス 2022.7.12
※2出典:平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】 – DODA 2022.7.12
※3出典:地域別最低賃金の全国一覧 – 厚生労働省 2022.7.12

大阪の有効求人倍率は?

独立行政法人労働政策研究・研修機構によると、大阪の求人倍率は2022年3月時点で1.16倍でした。近隣の兵庫県が0.96倍なのに対し、転職のしやすさが伺えます。

有効求人倍率は求職者1人につき、どれくらい求人があるか示す指標です。1倍をこえると求職者にとって求人が見つかりやすいことを意味します。

大阪は1倍をこえた1.15倍なので、比較的求人が見つかりやすいといえるでしょう。

仕事探しをスムーズに進められる点は大阪で転職するメリットといえるかもしれません。

※出典:職業紹介-都道府県別有効求人倍率 – 労働政策研究・研修機構 2022.7.12

転職における大阪の地域特性

転職をするうえで、大阪の地域特性は知っておいて損はありません。大阪の産業や気候、大阪府民に多い人柄まで詳しく解説します。

大阪のおもな産業

“技術職出典:Pixabay

経済産業省によれば、大阪のおもな産業は化学工業・鉄鋼業・金属製品です。※1 品目では、魔法ビンや魔法ビンケース、複写機などの出荷額が全国1位※1となっています。

また製造業のほかにも、卸売・小売業も盛んです。大阪外国企業誘致センターによると、大阪の産業構造における卸売・小売業は16.6%※2を占めています。

製造業と同じ割合を占め、同率1位で大阪の産業を支えていることから、卸売・小売業は基幹産業といえるでしょう。

大阪には伊藤忠商事をはじめとした卸売企業の拠点があり、大手企業を目指している人にとってうってつけの環境ですよ。

※1 参考:経済産業省「大阪の産業」 2022.7.12
※2 参考:大阪の産業|大阪外国企業誘致センター O-BIC|ビジネスの集積と巨大なマーケット 2022.7.12

大阪の気候

大阪は一年を通して降水量が少ない気候です。温暖で雨の少ない瀬戸内海気候に属しており、年間降水量は1338.3mm※1となっています。東京の年間降水量が1598.2mm※2と比べると、降水量の少なさが際立つでしょう。

夏場は、非常に気温が高いことでも知られています。8月の平均最高気温は33.7度※1・最低気温でも25.8度※1を記録していることから、厳しい暑さが推測できるでしょう。

熱気がこもりやすく、熱帯夜を迎える可能性が高いです。大阪に転職する場合は、夏場の暑さに気をつける必要があります。

もし転職の時期を決めかねているなら、夏場の転職活動は避けたほうが無難です。

過ごしやすい気温になってから、転職活動を行うとよいでしょう。

※1 参照:平年値(年・月ごとの値) – 気象庁|過去の気象データ検索(大阪) 2022.7.12
※2 参照:平年値(年・月ごとの値) – 気象庁|過去の気象データ検索(東京) 2022.7.12

大阪府民に多い人柄

大阪と聞くと、「ノリツッコミ」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お笑い文化が発展している大阪では、大阪に住んでいる人も笑いのレベルが求められると考えている人も少なくありません。

確かに、大阪ではノリの良さを求められることもゼロとは言いませんが、テレビで見るような「大阪らしさ」あふれる人はごく一部な場合がほとんどです。

繊細で静かな人も多く、地域によってはゆったりとした雰囲気が流れています。にぎやかなノリが苦手という人は、大阪のなかでも比較的静かなエリアの選択がおすすめです。

特にオフィス街では、東京とさほど雰囲気が変わりません。大阪特有の雰囲気に戸惑いがある人でも、十分やっていけるでしょう。

大阪へ転職する4つのメリット

ここからは、大阪へ転職するメリットをご紹介します。大阪転職で得られるメリットは一体なにがあるのか、ひとつずつチェックしていきましょう。

1. 地方に比べて求人数が多い

パソコンと女性出典:Pixabay

地方に比べると、大阪は求人数の多さがメリットです。冒頭でも確認したとおり、大阪の有効求人倍率は2022年3月時点で1.16倍※1です。

地方の有効求人倍率が1倍をきっているのに対し、大阪では求職者が仕事を選択しやすい環境が整っています。

大阪には日本を代表する大手・有名企業が多数あるほか、IT・WEB業界をはじめとしたベンチャー・スタートアップ企業も多く見受けられるのが特徴です。

求人数が多ければ多いほど、あなたにぴったりの企業に出会える可能性が高まります。

希望の業種・職種がまだ定まっていなくても、求人を探しやすいでしょう。

※1出典:職業紹介-都道府県別有効求人倍率 – 労働政策研究・研修機構 2022.7.12

2. 年収アップが期待できる

大阪に転職すると、年収アップが期待できます。大阪には本社機能を置く大手・有名企業が多いため、年収アップしたい人にうってつけです。

特に、実績やスキルを身につけて転職を考えている人なら、大いに年収アップを望めるでしょう。

年収が高い企業では、高度な知見やスキルが要求される場合があります。未経験職種・業種に応募する場合は、一時的に年収が下がる可能性もあるので注意が必要です。

年収が一時的に下がってしまったとしても、昇給によって挽回できるチャンスがあります。可能であれば、昇給率を確認してみてください。

3. 幅広く人間関係を築ける

“ビジネスマン“出典:Pixabay

大阪に転職すると、幅広く人間関係を築けるチャンスがあります。大阪ではセミナーや朝活を多数開催しており、普段知り合えない人とも関係を構築できる可能性が高いです。

幅広く人間関係を築けると、ビジネスチャンスに活かせる場合があります。特に、営業のような対人スキルが重要となる職種では、さまざまな人と出会うことでスキルが磨かれるでしょう。

しかし、あくまで多くの機会が用意されているだけであって、大阪に転職して必ずしも幅広く人間関係を築けるとは限りません

チャンスを無駄にしないように、自ら積極的に働きかける必要がありますよ。

4. 交通手段が豊富にある

大阪は交通手段が豊富にある点も魅力のひとつです。電車やバスの移動手段が地方よりも長けており、近隣への移動に不自由さをほとんど感じません。

大阪には関西国際空港・大阪国際空港と2つの空港があります。国内外問わず、移動しやすいのも大阪で暮らすメリットといえるでしょう。

移動手段が豊富にあるかどうかは、見落としがちなポイントです。移動がしやすいとプライベートも充実しやすくなるため、ぜひ着目してみてください。

ただし、電車においては通勤ラッシュに注意しましょう。通勤ラッシュに巻き込まれにくいエリアに住むことが大切ですよ。

大阪へ転職する3つのデメリット

一方、大阪に転職することでデメリットは生じるのでしょうか。考えられるデメリットをいくつか解説します。

1. 地方と比較すると生活費が高い

お金と電卓出典:Pixabay

地方と比較すると、生活費の高さがデメリットになる場合があります。特に、家賃に関しては事前に情報収集しておくのがおすすめです。

SUUMOによると、大阪市西区の1K/1DKの平均家賃は6.3万円でした。大阪の中心部になればなるほど、平均家賃はより割高になるでしょう。

一方、郊外に住むと家賃は抑えられるものの、通勤時間が伸びる・通勤ラッシュに巻き込まれる可能性が高くなります。

生活費を抑えるもしくは、生活しやすさを優先するのか、きちんと考えてから移住計画を進めたほうがよさそうです。

※出典:【SUUMO】大阪府の賃貸家賃相場・賃料相場を調べる 2022.7.12

2. 大阪独特の文化に馴染めない場合がある

大阪独特の文化に馴染めないと、大阪に転職したことを後悔するかもしれません。大阪の企業では、義理人情を大切にしているケースが多数見受けられます。

義理人情とは、密度の濃い人間関係を指します。特に老舗企業ではその傾向が顕著に見られるため、スマートな人間関係を築きたい人にはやや不向きな場合があるでしょう。

しかし、大阪にあるすべての企業が義理人情を最優先しているわけではありません。自分に合った雰囲気の企業が見つかるまで、転職活動を妥協しないことが大切です。

企業の雰囲気は説明会や面接でわかるほか、口コミを閲覧する手段もあります。必要に応じて、口コミから情報収集を行ってみてくださいね。

3. 通勤ラッシュに巻き込まれる可能性がある

大阪は大手企業・有名企業をはじめとした、さまざまな企業が集まる土地です。そのため、通勤ラッシュに巻き込まれる可能性が十分にあります。

特に、大阪のベッドタウンから中心部へ移動する電車内は、毎朝非常に混んでいるのが特徴です。

通勤ラッシュを避けるためには、柔軟な働き方ができる企業への転職がおすすめです。例えば、勤務時間を自由に決められるフレックス制があれば、通勤ラッシュに巻き込まれません。

自宅で仕事ができる在宅勤務を導入している企業であれば、通勤時間を考慮する必要がないのでおすすめですよ。

大阪で転職を成功させるコツ

大阪で転職を成功させるには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。転職を成功させるコツをひとつずつチェックしていきましょう。

転職理由を明確にする

ノートとカフェラテ出典:Pixabay

大阪への転職を成功させるためには、転職理由を明確にすることが大切です。転職理由があいまいなままでは軸がぶれてしまい、求人探しに時間を要してしまいます。

転職理由を整理する際、今の会社に足りないと思うことを列挙する方法がおすすめです。給料・人間関係・待遇など、ひとつずつ整理してみましょう。

転職理由を明らかにしておくと、面接で志望動機を聞かれた際にもスムーズに受け答えできるメリットがあります。

面接官が納得できるような志望動機を考えられれば、選考通過できる可能性もアップするかもしれませんよ。

大阪開催の転職フェア・相談会に参加する

大阪開催の転職フェアや相談会に参加するのもおすすめです。転職フェアや相談会では、大阪の企業が集まるため、企業担当者に直接話を聞けます。

実際に話を聞いてみると、分からないことやあいまいだった部分がクリアになるでしょう。ぜひ積極的に参加してみてください。

また、地方自治体によっては、大阪に移住した人の話を聞ける場合があります。

生の声を聞く貴重なチャンスなので、あわせて参加してみるといいですよ。

転職エージェントに登録する

登録出典:Pixabay

転職エージェントに登録するのも有効な方法です。転職エージェントに登録すると、転職のプロが大阪企業の求人を紹介してくれます。

大阪の転職事情を事前に教えてもらえるため、転職活動が有利に進むでしょう。無料で利用できる転職エージェントがほとんどなので、ぜひ利用を検討してみてください。

転職エージェントを利用することで、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策といった手厚い選考サポートを受けられる場合があります。

はじめて転職する人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

大阪へ転職したい人におすすめの転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 大阪の公開求人数20,000件以上保有
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍
  • 独自に分析された業界や企業情報を提供してくれる

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年5月時点で、大阪の公開求人は20,087件ありました。

大手ゼネコンや製造業、IT業界の求人など幅広く求人があります。あらゆる業種・職種を見比べたい人にもおすすめです。

リクルートエージェントは、一般には掲載されていない非公開求人も多数保有しています。登録すれば、他の転職サイトでは出会えなかった好条件求人にも出会えるかもしれません。

独自に分析された業界・企業情報を提供してくれるのも魅力ですよ。
公開求人数 227,642件
大阪の公開求人数 24,891件
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.12現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報がわかる
  • 求職者の強みや価値観を第三者視点で確認してくれる
  • 夜間や土曜日にも相談できる

大阪の企業の雰囲気を事前に知りたいなら、マイナビエージェントがうってつけです。マイナビエージェントでは、企業の雰囲気や働く人の様子が事前にわかります

特に、大阪特有の雰囲気が苦手な人は、事前に知っておいて損はありません。自分の雰囲気に合った企業が見つかるまで、妥協しないようにしましょう。

夜間や土曜日にもキャリアアドバイザーに相談できるので、仕事で忙しい人も安心です。

アドバイザーが利用者の強みや価値観を客観的に判断してくれるので、自分の強みがいまいち分からないという人にもおすすめですよ。
公開求人数 要問い合わせ
大阪の公開求人数 要問い合わせ
おもなサービス
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.7.12現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトが届く
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催
  • 転職に役立つコンテンツがある

効率よく転職活動を行いたいなら、dodaがおすすめです。企業から直接スカウトを受け取れるので、スピーディーに選考を進められるでしょう。

dodaでは、定期的に転職フェアや相談会を開催しています。大阪の企業も出展する可能性が高いので、情報を定期的にチェックしてみてください。

企業の採用担当者と直接話せると、大きな収穫を得られる可能性が高まります。

年収査定やキャリアタイプ診断など、転職活動のヒントを得られるコンテンツも豊富にあるので、ぜひ利用してみてくださいね。
公開求人数 146,039件
大阪の公開求人数 15,787件
おもなサービス
  • 求人検索
  • スカウト機能
  • 転職お役立ち情報
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.12現在

大阪へ転職する際の注意点

大阪へ転職する際には、どんなことに注意したほうがよいのかを頭に入れておきましょう。

転職先が決まる前に退職・移住しない

現在住んでいる地域から離れて大阪に転職する場合、転職先が決まってから退職・引っ越しをしましょう。

転職先が決まる前に引っ越しをして転職先が決まらなかったら、収入がないのに家賃が発生し、経済的にも精神的にも苦しい状況に陥りかねません。

また、勤務地が決まってから住む場所を決めることで、通勤時間がかからないようにできます。そのほか、社宅が利用できる会社に転職する可能性も考えられるため、転職先が決まってから引っ越しをすれば、余計な引っ越し費用が発生しないで済みます。

住んでいる地域から大阪まで遠いと気軽に行き来できず、面接や賃貸物件の下見などが大変かもしれません。必要に応じて短期賃金マンションを利用するなどして、現職中のまま転職活動をすることをおすすめします。

焦って転職先を決めない

ビジネスマン

出典:unsplash

大阪は求人数が多いですが、一刻も早く転職したいからといって、焦って決めないようにしましょう。焦って転職しようとすると冷静な判断ができなくなり、転職の目的を見失ってしまいがちです。

転職先で自分のやりたいことが実現できるか、労働環境が自分に合っているかなどよく考えて転職先を決めないと「期待していた会社ではなかった」と後悔する可能性があります。

また、短期間で転職を繰り返していると、「大阪で長く働くつもりはないのでは?」とマイナスな印象を与えてしまう可能性があります。何のために転職するのかを常に意識し、できるだけ希望に近い転職先を選ぶようにしましょう。

なかなか転職先が決まらない場合は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職前に大阪の文化や風習を知っておく

新しい勤務先で仕事も人間関係も円滑にするために、転職する前に大阪の文化や風習を知っておきましょう

大阪には、大阪特有の笑いの文化や、義理・人情を大切にする文化があります。ビジネスシーンでもユーモアのセンスを求められたり、人間関係が濃く、必要以上に職場でコミュニケーションが多かったりなどすることがあり、馴染めない人もいます。

大阪ならではの文化や風習を事前に知っておけば、職場の人間関係にヒビが入るのを防げるほか、仕事もしやすくなるでしょう。

大阪転職に関するよくある質問

大阪の転職に関するよくある質問をまとめました。1つずつ見ていきましょう。

大阪転職におすすめの転職エージェントは?
大阪の転職におすすめの転職エージェントは、リクルートエージェントです。非公開求人も含めて大阪の求人数は5万件以上(※2022年7月12日時点)もあります。さらに、特定の業界に偏ることなく、幅広い業種・職種の求人を扱っているので、希望に合う求人が見つかりやすいでしょう。
転職エージェントは無料で利用できる?
利用登録をすれば、誰でも無料で利用できます。その理由は、転職エージェントは、転職希望者に求人を紹介し求人希望者が採用したら、採用した企業から成果報酬を受け受け取る仕組みになっているからです。転職エージェントのあらゆるサービスが無料で利用できるので、積極的に利用することをおすすめします。
大阪に転職するメリット・デメリットは?
大阪に転職するメリットは、求人数が多い、公共交通機関が充実している、同じ職種であれば年収が上がる可能性があるなどです。デメリットは、生活費が高い、通勤ラッシュがある、東京に比べると大企業の求人数が少ない、大阪特有の文化に戸惑う可能性があるなどが挙げられます。
UIターンで大阪に正社員転職するのは難しい?
大阪はさまざまな業種・職種の求人数が豊富なため、UIターンで大阪に正社員として転職するのは、決して難しくはありません。ただし、UIターンの転職を成功させるには、UIターンの転職によって成し遂げたいキャリアプランを明確に伝えられるようにしておくことが大切です。
大阪の平均年収はどれくらい?転職で年収アップは目指せる?
大手転職情報サイト「doda」が公表している「47都道府県別・地方別年収情報」によると、大阪の平均年収は381万円となっています。関西の平均年収は383円なので、いたって平均的といえるでしょう。大阪は中途採用で経験者を優遇する企業も多数あるため、同じ業種や職種であれば年収アップが目指せます。また、人材不足で給与水準が高いエンジニア職なども、転職での年収アップとして狙い目です。
大阪に転職したいと思ったら、準備することは?
自己分析を徹底的に行い、大阪での転職にこれまでの経験やスキルがどう活かせるのかを明瞭にしておきましょう。また、仕事や職場の人間関係に馴染めないといったことにならないよう、大阪特有の文化や風習を理解しておくことも非常に重要です。
大阪で正社員転職を成功させるためにできることは?
大阪への転職理由を明確にしておく、大阪で開催される転職フェアやイベントに参加する、転職エージェントを利用するなどをしておきましょう。大阪で開催している転職イベントに参加すれば、一度に複数の企業と直接話せるので、効率的に転職活動を進められます。また、転職エージェントでは、履歴書の添削や面接のアドバイスなどもしてくれるので、書類・面接の通過率が高まります。

まとめ

今回は、大阪へ正社員での転職を考えている人に向けて、転職事情やメリット・デメリットなどを徹底的に解説しました。大阪はさまざまな企業がひしめき合い、転職の候補地としておすすめのエリアです。大阪へ転職する際は転職エージェント・サイトに登録しましょう。

今回ご紹介したおすすめ転職エージェント・サイトは、すべてのサービスが無料で利用可能です。気になる転職エージェント・サイトがあれば、まずは登録してみてはいかがでしょうか。ぜひこの記事を参考にして、大阪での転職を成功させてみてくださいね。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

大阪府の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)2022.7.12
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E5%A4%A7%E9%98%AA%E5%BA%9C%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6
平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】 – DODA 2022.7.12
https://doda.jp/guide/heikin/
地域別最低賃金の全国一覧 – 厚生労働省 2022.7.12
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/
職業紹介-都道府県別有効求人倍率 – 労働政策研究・研修機構 2022.7.12
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/shuyo/0210.html
経済産業省「大阪の産業」2022.5.12
https://www.meti.go.jp/statistics/tyo/kougyo/wagakuni/2011/pdf/ken27.pdf
大阪の産業|大阪外国企業誘致センター O-BIC|ビジネスの集積と巨大なマーケット  2022.7.12
https://o-bic.net/j/attractive/
平年値(年・月ごとの値) – 気象庁|過去の気象データ検索(大阪)2022.7.12
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_ym.php?prec_no=62&block_no=47772
平年値(年・月ごとの値) – 気象庁|過去の気象データ検索(東京) 2022.7.12
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/nml_sfc_ym.php?prec_no=44&block_no=47662
【SUUMO】大阪府の賃貸家賃相場・賃料相場を調べる 2022.7.12
https://suumo.jp/chintai/soba/osaka/
転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.12
https://www.r-agent.com/
転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト 2022.7.12
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト 2022.7.12
https://doda.jp/


おすすめの記事