プログラマー 転職
最終更新日

プログラマーに転職したい人必見!未経験でも目指せる方法を解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月19日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「プログラマーに転職したい!」「異業種・未経験からプログラマーに転職できるの?」と考えている人も多いのではないでしょうか。デジタル化が進む昨今において、プログラマーの需要は非常に高いです。手に職をつけられるため、独立を視野にいれやすく、多彩なキャリアを描きたいと考えている人にうってつけです。

しかし、いざ実際にプログラマーへ転職しようとなると、本当に自分に合った職業なのかわからない人も多いでしょう。そこで本記事では、プログラマーへ転職を考えている人に向けて、プログラマーの仕事内容や年収、向いている人の特徴などを詳しく解説します。

記事の後半では、おすすめの転職エージェント・サイトをあわせてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

プログラマーの仕事内容

パソコンと男の人出典:Pixabay

まずは、プログラマーの仕事内容を解説します。プログラマーはパソコンを動かすために欠かせないプログラミング言語を駆使して、システム開発やソフトウェアを制作するのがおもな仕事です。

プログラマーが活躍する機会は豊富にあり、身近なところでいうとテレビやスマートフォンもプログラミング言語によって成り立っています。

ほかにも、物流システムや金融システムのように、人々の生活を支える役割を担っているのもポイントです。

プログラマーがいなければ、豊かな生活を送れないと言っても過言ではありません。

プログラマーは大きくわけて8種類!

ひと口にプログラマーといっても、さまざまな種類があります。ここからは、大きくわけて8種類にわかれるプログラマーの特徴をチェックしていきましょう。

WEB系 ECモールサイトやデータベースの構築などをおもに担当
組み込み・制御系 冷蔵庫や炊飯器のような家電製品のプログラムを行う。また、テレビ・スマートフォンなどの機械を制御するプログラムを開発
パッケージアプリケーション系 例えばOfficeツールのような、パソコンで使用するアプリの開発
社内システム系 自社で開発しているシステムの構築おもに担当
設備制御系 交通機関や商業施設など、設備に関する制御を行う
オープン・オンライン系 WEB関連のシステムを開発し、サーバーのシステム開発をおもに担当
汎用系 クレジットカードをはじめとした、金融系のシステム開発を行う
通信系 ルーターやモデムなどのネットワーク機器をおもにプログラムする

表でも確認したとおり、プログラマーはありとあらゆる領域で活躍できます。プログラマーによっては、1つの分野を極める人もいれば、複数の分野にまたがって仕事を進める人もいます。

プログラマーという1つの職種のなかでもキャリアチェンジができるので、新しいことに常にチャレンジしていきたいという人にはうってつけの職種です。

現時点でプログラマーの方向性が決まっていなくても、幅広い選択肢のなかから自分に合った分野を選べるでしょう。

まずはどの分野に興味を持てそうか、調べてみてください。

プログラマーとシステムエンジニアとの違いは?

プログラマーと誤解されがちな職種が、システムエンジニアです。ひと言で表すと、プログラミングだけを行うのがプログラマー・プロジェクト全体を指揮するのがシステムエンジニアです。

プログラマーはシステムエンジニアから指示されたとおりに、プログラミングを進めていきます。プロジェクトの途中から参加する場合も少なくなく、プログラミングに特化できるのが強みです。

一方システムエンジニアは、プロジェクトを一気通貫で担当するケースがほとんどです。

プログラマーからシステムエンジニアへキャリアアップする人も多く見受けられます。

プログラマーの平均年収はどれくらい?

お金 植物出典:Pixabay

求人ボックス給料ナビによると、プログラマーの平均年収は正社員で418万円という結果になりました。月給で換算すると、およそ35万円です。

正社員の給料のボリュームゾーンは319~418万円となっており、平均年収はボリュームゾーンよりもやや高いことがわかります。

全体的にみると、なかには年収800万円以上のプログラマーもおり、収入幅の大きさが如実に表れています。

企業の規模感や個人のスキルによって、年収は大きく変動するようです。

※出典:プログラマーの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)2022.07.19

プログラマーへの転職に必要なスキル

プログラマーに転職するためには、どのようなスキルが必要となるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

プログラマーへの転職に必要なスキル
  • プログラミングスキル
  • コミュニケーション能力
  • ロジカルシンキング

プログラミングスキル

パソコンを触る女性出典:Unsplash

大前提として、プログラミングスキルは欠かせません。実務の経験がなくても、趣味やプライベートでプログラミングした経験がなければ、選考通過は難しいでしょう。

しかし、企業によって求めるプログラミングスキルは異なります。実務経験5年以上のベテランを欲している企業もあれば、経験1年未満でも応募可能な企業もあります。

自身のレベルと企業の応募資格を照らしあわせて、応募を検討してみてください。

プログラミングスキルに自信がない人は、スキルの底上げを最優先で取り組みましょう。

コミュニケーション能力

意外にも、プログラマーはコミュニケーション能力が必須といえます。というのも、プログラマーもクライアントとやりとりする機会がゼロではないからです。

また、プロジェクトを進める際、自分以外の社員とやりとりする機会も多々あります。独りよがりの行動をしてしまうと、業務に支障をきたしてしまうかもしれません。

ただ、ここでいうコミュニケーション能力は、なにも話し上手を求めているわけではないのがポイントです。

話し上手よりも聞き上手のほうが、重宝されやすいでしょう。

ロジカルシンキング

壁を見る男の人出典:Pixabay

プログラマーが効率よく仕事を進めるためには、ロジカルシンキングが欠かせません。なぜなら、プログラミング言語はロジカルシンキングによって成り立っているからです。

課題解決のために、筋道を立てて考えることができれば、プログラミング言語にも応用できます。たとえプログラミングの経験が浅くても、ロジカルシンキングがあればすぐに馴染めるでしょう。

ロジカルシンキングは一朝一夕で身につくものではありません。

書籍やインターネットで学習しながら、ロジカルシンキングの知見を深めていくことをおすすめします。

情報収集力

IT業界では常に情報がアップデートされます。プログラミングについても例外ではありません。

新たな開発方法やフレームワークの活用によって、これまで時間を要していた業務が大いに改善することも珍しくありません。

情報収集力があれば、自分が探している情報にすぐたどりつけるというメリットがあります。

適切な方法で情報を収集するために、日々リサーチ力を鍛えておきましょう。

プログラマーに向いている人の特徴

プログラマーはどのような人に向いているのでしょうか。1つずつ特徴を解説します。

プログラマーに向いている人の特徴
  • IT技術に興味関心がある
  • 柔軟な対応力
  • 協調性をもって働ける

IT技術に興味関心がある

“上りグラフ“出典:Pixabay

IT技術に興味関心がある人は、プログラマーの素質が存分にあります。IT技術に関心があれば、積極的に新しい技術を身につけようと働きかけられるでしょう。

先述したとおり、IT業界は情報のアップデートが著しく、昨年までの知識がすでに古い情報というケースが多々あります。効率よく業務を回すためには、新技術を取り入れなければなりません。

裏を返せば、IT技術に興味がない人や好奇心がさほど旺盛でない人は、プログラマーに向いていない可能性が高いです。

まずはIT技術の雑誌を読んでみて、興味をそそられるかチェックしてみましょう。

柔軟な対応力

柔軟な対応力を持っている人であれば、プログラマーとして活躍できる可能性があります。というのも、プロジェクト中は急な対応に追われる可能性がゼロではないからです。

クライアントからの急な仕様変更や納期の前倒しなど、不測の事態はいつ起こるかわかりません。たとえ不測の事態が起こったとしても、柔軟な対応が必要です。

柔軟な対応力があるかどうかは、選考でもチェックされがちです。

柔軟に対応したエピソードがあれば、きちんと話せるように前もって準備しておきましょう。

協調性をもって働ける

協調性をもって働ける人は、プログラマーとして重宝されやすいです。プログラマーは決して1人で仕事を進めるわけではありません。

システムエンジニアをはじめとした、ほかの職種の人とも足並みを揃えて業務を進める必要があります。

もし自分勝手に行動してしまえば、社内だけでなくクライアントにも不利益が生じてしまうかもしれません。

協調性がある人なら円滑に業務を進められるでしょう。

プログラマーに転職するおもな方法

実際に、プログラマーへ転職するとなると、どのような方法があるのでしょうか。プログラマーへの転職を本格的に考えている人は必見です。

プログラマーに転職するおもな方法
  • プログラミングスクールから紹介してもらう
  • 直接企業に応募する
  • 転職エージェントを活用する

プログラミングスクールから紹介してもらう

グッドポーズ出典:Pixabay

プログラマーへ転職するにあたって、プログラミングスクールから企業を紹介してもらう方法が挙げられます。

プログラミングスクールではスキルを受講生に教えるだけでなく、企業への就業サポートを行っているところも少なくありません。

ただし、あくまでプログラミングスクールはスキルを習得するための場なのを忘れないようにしましょう。

必ずしも全ての受講生に就業サポートが行き届くわけではありません。

直接企業に応募する

直接企業に応募するのも、プログラマーが転職する方法の代表例です。企業サイトから直接問い合わせフォームにて応募を行います

直接企業に応募すると、企業の採用担当者へ熱意を伝えられやすいのでおすすめです。実績やスキルを存分にアピールできます。

しかし、複数の企業に応募を考えているなら、やや非効率的な方法かもしれません。

あくまで、特定の企業に応募する際におすすめの方法です。

転職エージェントを活用する

効率的に転職活動を進めたいなら、転職エージェントを活用してみてください。転職エージェントには転職のプロが多数在籍しており、有益なアドバイスをもらえます。

なかには、プログラマーの転職を熟知しているキャリアアドバイザーもいるでしょう。業界の動向や自身に適性があるか、実のある話を聞けるチャンスです。

そのほかにも、転職エージェントではヒアリングを通じて、おすすめの求人を提案してくれるサービスもあります。

プログラマーの方向性がまだ定まっていない人にもおすすめです。

プログラマーへの転職におすすめ転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • プログラマー関連の公開求人が46,000件以上
  • 業界に特化したキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業の情報提供

プログラマーのあらゆる選択肢を確認しておきたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年7月時点で、プログラマー関連の公開求人が4万件以上もあります。

求人をいくつか見てみると、金融やモビリティーサービスに関わる求人、健康診断のシステム開発の求人、誰もが耳にしたことのあるゲーム開発の求人など多種多様でした。

現時点でプログラマーの方向性が定まっていない人でも、きっと自分に合った求人を選べるでしょう。

わからないことがあれば、気軽にキャリアアドバイザーへ相談してみてください。
公開求人数 233,526件
プログラマーの公開求人数 46,762件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.19現在

Green

Green

おすすめポイント
  • IT業界に特化した転職エージェント
  • 企業の雰囲気がわかりやすい
  • 選考前にカジュアル面談できる

IT業界に特化した転職エージェントを選びたいなら、Greenがおすすめです。GreenはIT業界に特化しており、求人を探しやすいというメリットがあります。

また、企業の雰囲気がわかりやすいのもポイントです。各求人には社員のインタビューや社内の写真が掲載されています。

そのほかにも、条件が合えば選考前にカジュアル面談できるため、企業のカルチャーを事前に知れるチャンスです。

転職後のミスマッチを防ぎたい人にも適していますね。
公開求人数 30,284件
プログラマーの公開求人数 17,855件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社アトラエ

※株式会社ゼロアクセル調べ・Green公式サイト対象・2022.7.19現在

doda

doda

おすすめポイント
  • スカウトが届く可能性がある
  • 転職フェアや相談会を各地で開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

スピーディーに転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでは経歴やスキルを登録しておくと、企業の採用担当者からスカウトを受け取れる可能性があります。

特に、プログラマーを求めている企業は、実績やスキルを重視しがちです。あなたの実績やスキルが採用担当者にヒットすれば、思いがけないスカウトが届くかもしれません。

そのためにも、実績やスキルは誰が見てもわかるように、丁寧に記載しておきましょう。

直接的にアピールできるので、丁寧に記載しておいて損はありません。
公開求人数 147,893件
プログラマーの公開求人数 19,855件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.19現在

まとめ

今回は、プログラマーに転職したい人に向けて、プログラマーの仕事内容や年収、向いている人の特徴などについて解説しました。ひとくちにプログラマーといっても、WEB系や通信系などさまざまな分野にわかれています。プログラマーの方向性がまだ定まっていない人でも、きっと自分に合った方向性を見いだせるでしょう。

プログラマーに転職するなら、転職エージェント・サイトを活用することおすすめします。ベンチャーから大手まで幅広い求人を効率よく探せるだけでなく、プログラマーの転職事情や動向など有益な情報を得られるメリットがあります。特に、異業種・未経験からプログラマーへ転職を目指す人は必見です。ぜひこの記事を参考にして、プログラマーへの転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

プログラマーの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)2022.07.19
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.07.19
https://www.r-agent.com/

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen 2022.07.19
https://www.green-japan.com/

【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ)2022.07.19
https://doda.jp/guide/age/


おすすめの記事