楽天 転職
最終更新日

楽天に転職したい人必見!難易度・評判・転職成功のコツを解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年8月2日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「楽天に転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。楽天は世界を代表するIT企業のひとつです。総合型ECショッピングモールの楽天市場や旅館・ホテルの予約がスムーズにできる楽天トラベルはもちろん、クレジットカードやスマートフォンなどさまざまな事業を展開しているのが魅力といえます。

しかし、いざ楽天に転職しようと思っても、評判や難易度が気になりいまひとつ勇気が出ない人もいるでしょう。そこで本記事では、楽天の事業内容や転職を成功させるポイントなどを詳しく解説します。

記事の最後には楽天への転職におすすめの転職エージェントもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

楽天の基本情報

まずは、楽天の基本情報について解説します。楽天のおもな事業内容もあわせてご紹介するので、働く自分の姿をイメージしながら読んでみてください。

会社名 楽天グループ株式会社
創立日
1997年2月7日
資本金 2896億7400万円※2021年12月31日現在
社員数 7,744名(単体)/28,261名(連結)※2021年12月31日現在

1997年に設立された楽天は、比較的新しい企業として知られています。2022年には設立から25周年を迎え、今後ますます発展していくことが期待できるでしょう。

楽天グループ会社の社員数は単体で7,744名・連結で28,261名です。従業員の年齢や国籍が幅広く、世界中から社員が集まるグローバルカンパニーとして名をあげています。

当初は従業員6名からはじまった会社ですが、25年の間に大きく成長していることがわかるでしょう。

日本だけでなく、世界を引っ張っていく会社として認知度が高いのも頷けますね。

※出典:楽天「楽天の歴史|楽天グループ株式会社」・2022.8.2

楽天のおもな事業内容

楽天はおもにどのような事業を展開しているのでしょうか。ここからは、5つの事業領域を詳しく解説します。

コマースカンパニー

ハイタッチする人出典:Unsplash

コマースカンパニーでは、ユーザーの暮らしが便利になるように、インターネット上でショッピングができるサービスを運営しています。

さまざまな商品を取り扱っている「楽天市場」やスムーズに旅行できる「楽天トラベル」、価格の安さに定評がある西友と連携した「楽天西友ネットスーパー」が一例です。

楽天を代表する事業のひとつでもあるので、やりがいを持ちながら働けるでしょう。

ECサイトの企画・運営に興味がある人は必見ですよ。

アド&マーケティングカンパニー

アド&マーケティングカンパニーは、楽天独自のオウンドメディアやマーケティング上のリサーチを行っている事業です。

サービスの一例として、新卒学生を対象とした就職情報コミュニティサイトの「楽天みん就」、検索機能を備えたポータルサイトの「楽天Infoseek」があります。

そのほかにも、マーケティング調査やデータ整理などの作業を依頼・受注できるクラウドソーシングサービスも運営しています。

サービスの運営に欠かせないデータを分析することが大きな役目です。

コミュニケーションズ&エナジーカンパニー

タブレットで作業する男性出典:Pixabay

携帯事業をはじめとした情報通信や電力・エネルギー関連、動画配信サービスなどの事業を展開しているのがコミュニケーションズ&エナジーカンパニーです。

例えば、携帯事業を展開している「楽天モバイル」や動画配信サービスの「Rakuten TV」などが挙げられます。コアな事業のなかには、NBA公式の動画を配信しているサービスもあります。

動画配信をはじめとしたデジタルコンテンツは、昨今注目を浴びている事業のひとつです。

新たな分野に挑戦したい人は、ぜひ選択肢の候補にいれてみてくださいね。

インベストメント&インキュベーションカンパニー

国内外のコーポレート事業をサポートしているのがインベストメント&インキュベーションカンパニーです。新サービスの開発や提供を展開しています。

世界中のスタートアップ企業へ投資を行ったり、投資先の支援をサポートしたりするコーポレートベンチャーキャピタルである「楽天キャピタル」がその一例です。

また、オーガニック野菜の定期宅配サービスを運営している「楽天ファーム」や英語の学習サービスを運営している「Rakuten Super English」などもあります。

グローバルに展開しているサービスが多く、語学力を活かしたい人にうってつけですよ。

フィンテックグループカンパニー

キャッシュレス決済出典:Pixabay

金融系のサービスを幅広く展開しているのが、フィンテックグループカンパニーの事業です。クレジットカードをはじめとして、決済サービスやポイントプログラムなどを展開しています。

おもなサービスとして、「楽天ペイ」や「楽天Edy」などが挙げられます。キャッシュレス決済は今後ユーザーの増加が大いに見込まれるでしょう。

また、「楽天カード」や「楽天銀行」など、楽天のなかで有名なサービスも含まれています。

銀行や証券会社など、金融業界で働いている人は必見ですよ。

楽天の転職難易度が高いと言われる理由は?

楽天への転職は、決して簡単ではありません。なぜ転職難易度が高いのか、その理由には以下が挙げられます。

楽天への転職が難しい理由
  1. 即戦力となる人材を求めているから
  2. 知名度が高く、人気な企業だから
  3. 高レベルな英語力が必要だから

1. 即戦力となる人材を求めているから

楽天は、どの職種も中途採用を積極的に行っていますが、未経験者を採用することはほぼありません。

実務経験で培ったスキルを発揮して即戦力となる人材を求めているため、採用条件は経験・実績・スキルのどれも高く設定されています。

楽天では、若いうちから裁量を与えられ、たくさんの仕事を任せられることも少なくありません。そのため、膨大な仕事をさばけるスピードと成果の双方が求められます

即戦力として活躍できるアピールポイントを説明できるようにしておきましょう。

2. 知名度が高く、人気な企業だから

オフィス

出典:pixabay

楽天は、人気企業ランキングで第4位(楽天みん就調べ)にランクインしています。

知名度が高い大手企業で人気があることから、どの職種も競争率が激しめです。そのため、最終選考まで勝ち残って内定を獲得するのは、決して容易ではないでしょう。

競合企業がある中で「なぜ楽天を転職先に選んだのか」を説明できるよう、楽天の企業理念やブランドコンセプトなどをしっかりと確認し、情報収集した内容と志望動機のつながりを考えておくことが大切です。

どの部署も共通して高い専門性のスキルに加えて、ブランドコンセプトに合う人材が好まれる傾向にありますよ。

※参考:2023年卒 新卒就職人気企業ランキング│総合ランキング – みん就 2022.8.2

3. 高レベルな英語力が必要だから

楽天は社内の公用語が英語なため、高い英語力が必須です。転職前までにTOEIC800点以上を取得しておく必要があります

外国人従業員の割合が多い部署もあるため、問題なくコミュニケーションが取れるビジネス英語のスキルを持っていないと、楽天に転職するのは難しいでしょう。

楽天への転職を希望する場合は、早めにTOEICの勉強をして800点以上の高得点を取得しておきましょう。

楽天の平均年収・福利厚生

ここでは、楽天の平均年収と福利厚生について見ていきましょう。

楽天の平均年収・福利厚生
  • 平均年収
  • 福利厚生

平均年収

転職情報サイト「doda」の調査によると、楽天の平均年収は774万円となっています。過去5年間の平均年収も700万円代で、同水準をキープしています。※1

職種別の平均年収の一例としては、経験年数3〜10年のミドルクラスのSEの場合で、年収550〜700万円、経験年数10年以上のシニアレベルのSEの場合は750万円以上です。※1

国税庁の「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、日本の給与所得者1人あたりの平均給与は433万円。※2 このことから楽天の平均収入は、一般の平均収入よりかなり高いことが分かります。

楽天は徹底した成果主義なので、年齢に関係なく成果を上げれば給与に反映されます。

※1参考:楽天グループ株式会社の平均年収、年間給与所得情報 - 転職ならdoda(デューダ) 2022.8.2
※2参考:標本調査結果|国税庁 2022.8.2

福利厚生

サラダ

出典:unsplash

楽天は福利厚生が非常に充実しており、働きやすい環境が整っています。

楽天の福利厚生(一例)
  • 社会保険完備(厚生年金保険、健康保険、労災保険、雇用保険)
  • 通勤交通費支給
  • 従業員持株会制度
  • ビザの取得・更新サポート
  • 仕事と育児・介護の両立支援
  • リロケーションサポート
  • カフェテリアサービス(朝食・昼食・夕食無料)
  • 健康カウンセリングサービス など

上記はほんの一部で、他にもたくさんの福利厚生があります。福利厚生の中でも特に仕事と育児・介護の両立支援サポートは手厚く、育児・介護休暇の制度やフレックスに働ける勤務制度が整っています

子育てや介護をしながらでも働きやすい環境なのは、大きな魅力ですね。

※参考:福利厚生 | 楽天グループ株式会社 2022.8.2

楽天への転職に必要なスキル・英語力

楽天への転職にはどんなスキルが必要なのかを、職種別に解説します。また、どのくらいの英語力が求められるのかも知っておきましょう。

楽天への転職に必要なスキル
  • ビジネス職の場合(営業・コンサル)
  • エンジニア職の場合
  • クリエイティブ職の場合
  • コーポレート職の場合
  • 必要な英語力

ビジネス職の場合(営業・コンサル)

商談

出典:pixabay

ビジネス職は、広告主や代理店に対して楽天の広告商材販売、クライアントに対してコンサルティングなどをする部門です。広告提案やリレーション構築、提案先の開拓などの業務を行います。

デジタル広告の営業スキル、セールスプロモーション領域での営業スキル、プランニングやプロジェクトマネジメントスキルなどが求められます。

また、法人営業経験があると有利になりますよ。

エンジニア職の場合

楽天のエンジニア職は、楽天グループ全体の組織力強化のためのサービス構築や、所属するカンパニーの事業開発業務を行います。

エンジニアの種類にもよりますが、ウェブアプリケーション、およびスマートデバイス関連のアプリケーションの開発スキル、プロジェクトマネジメントスキル、コミュニケーションスキル、顧客折衝力などが求められます。

楽天ではアプリケーションエンジニアやデータサイエンティスト、プロダクトマネージャーなどさまざまなエンジニア職の募集をしていますよ。

クリエイティブ職の場合

クリエイティブ職は、デザインを活用して楽天グループ全体を高めるブランディング業務を行います。

ユーザーの利便性向上や課題解決のために、クリエイティブという側面からアプローチするため、専門的なクリエイティブスキルはもちろんのこと、顧客志向の視点を持ってデザインする能力も必要です。

楽天のクリエイティブ職は、高い専門的なスキルが求められますよ。

コーポレート職の場合

電卓

出典:pixabay

コーポレート職には、経理・財務・法務・総務・人事があり、楽天グループ全体を支えるための役割を担います。それぞれ実務経験、および豊富な専門知識が必要です。

英語でのコミュニケーションスキルも必須ですよ。

英語力

正社員として転職する場合は、入社までにTOEIC800点以上を取得しておかなければなりません。楽天は海外にも多数の支部があり、現地社員と英語でコミュニケーションを取りながら共同プロジェクトを進めることも多いからです。

英語力がないと担当案件を任せてもらえず、活躍の機会が限られてしまうでしょう。

外国籍の従業員とも要点を分かりやすく伝えられるレベルの英語スキルは必須です。

入社日までにTOEICスコアが800点に満たない場合はひとまず契約社員として働き、800点以上を取得してから正社員に切り替わります。

楽天への転職を目指す前に適正年収を調べてみよう

“お金出典:Pixabay

楽天への転職を目指す前に、自分の適正年齢をチェックしておきましょう。

自分の適正年収は、転職情報サイト「doda」の公式サイトにある「年収査定ツール」から簡単に算出できます。

doda公式サイトで無料会員登録をした後、プロフィールや職務経歴を入力すると3分程度で査定結果が出ます。自分の市場価値を客観的に判断できるので、ぜひ積極的に活用してみてください。

適正年収が現在の年収よりも高い場合は、転職により年収アップが期待できますよ。

※参考:「転職」と「適正年収」 年収査定 |転職ならdoda(デューダ) 2022.8.2

楽天の選考フローとは?

楽天の選考はどのように進んでいくのでしょうか。選考ステップをひとつずつ解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

エントリー・書類選考

パソコンと男性出典:Unsplash

まずは、楽天の公式サイトからエントリーを行います。職種によってそれぞれ応募ページが異なるので、希望する職種に合わせてエントリーしましょう。

エントリーする際は、アカウントの作成が不可欠です。メールアドレスやパスワードを入力するだけなので、さほど時間はかかりません。

書類選考に必要な書類に関しては、これまでの経歴やスキルをわかりやすくまとめることが大切です。

いきなり書類を書き始めるのではなく、まずはスキルや経歴を整理することからはじめましょう。

適性検査・英語試験

書類選考を通過したら、適性検査・英語試験に進みます。適性検査では、簡単な計算問題や一般教養など知識を問われる可能性が高いです。

英語試験が課されるのも、楽天ならではといえるでしょう。楽天では、2010年から社内の公用語が英語と定められています。

社内で英語が飛び交っていても、スムーズにコミュニケーションをとれるレベルの英語力が求められるでしょう。

英語に自信がない人は、早い段階でコツコツ勉強することが大切ですよ。

論文審査

チェックリスト出典:Pixabay

適性検査・英語試験をクリアしたら、論文審査にうつります。論文審査では、楽天に関する書籍を読んで小論文を書くことが多いようです。

楽天の社長である三木谷浩史氏は、現在多数の書籍を出版しています。楽天の会社をどのように大きくしたのか、ビジネスモデルの成功例などが掲載されています。

自分の考えを深めるためにも、まずはいくつか書籍を読んでみるとよいでしょう。

どのような点に共感したのか、ポイントごとに整理する方法がおすすめですよ。

面接

論文審査を無事通過したら、ようやく面接に進みます。職種やポジションによって面接の回数が異なりますが、面接回数は3回である可能性が高いようです。

面接でよく聞かれがちなのが、楽天が掲げるビジョンへの理解度です。特に、三木谷社長が出版している「成功のコンセプト」を聞かれる傾向があるため、準備しておくとよいでしょう。

また、面接の最後に自己PRとして英語で自身をプレゼンすることも求められるケースもあるそうです。

どのような質問がきても答えられるよう、万全に準備することが大切ですね。

内定・入社

パソコンを持つ手出典:Pixabay

すべての選考をクリアしたら、無事内定です。内定後はほかの会社と同じように、オファー面談を受ける可能性が考えられます。

オファー面談とは、給与やポジションなどを改めて内定者に提示し、双方が納得をもって雇用関係を結ぶための場です。

この時点でわからないことがあれば、必ず疑問点を潰しておきましょう。

入社後に後悔することがないように、積極的に質問することが重要ですよ。

楽天へ転職を成功させるポイント

楽天へ転職を成功させるには、どのようなポイントがあるのでしょうか。考えられる3つのポイントをご紹介します。

スキルを身につける

昇進出典:Pixabay

楽天への転職を成功させるために、大前提としてスキルを身につけることは必須です。楽天が掲載している中途採用の募集要項を確認すると、未経験者が選考通過するにはハードルが高い傾向にあります。

例えば、金融サービスのアートディレクター求人の応募条件には、「3年以上のデザイン実務経験」「動画制作または編集経験」と記載されています

実務経験がなければ、そもそも応募すら叶わないこともあるでしょう。

もし未経験から楽天へ転職したいなら、まずは未経験歓迎の企業で実力をつける方法がおすすめですよ。

語学力を磨く

語学力を磨くことも、楽天の転職を成功させるポイントです。というのも、楽天では2010年から社内の公用語を英語に定めています

入社後に社員とスムーズにコミュニケーションをとるためには、英語の勉強が欠かせません。もし英語に苦手意識を持っているなら、早めに克服しておきましょう。

また、楽天はグローバルに事業を展開している企業でもあります。

そのため、英語圏のクライアントとやりとりする機会も多いです。語学力を身につけておいて損はありません。

企業研究を徹底的に行う

楽天へ転職を叶えるなら、企業研究を徹底的に行うことが大切です。楽天では「候補者がどれくらい自社に関心があるか?」とチェックしている可能性が大いにあります。

まずは、三木谷社長の書籍をいくつか読み、楽天が掲げるビジョンを深く理解することが大切です。ビジョンを暗記するだけでなく、自身の考えを深めることにも注力しましょう。

また、現在楽天はさまざまなグループ会社と連携しながら事業を展開しています。

組織図を頭のなかにいれておくと、キャリアに関する質問をされたときに役立つでしょう。

楽天への転職を成功させるなら転職エージェントがおすすめ!

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

楽天への転職を本格的に考えているなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントには転職のプロが多数在籍しており、有益なアドバイスを得られるでしょう。

特に、楽天は世界を代表する企業でもあるため、転職エージェント側もリサーチしている可能性が高いです。効率的に情報収集したい人にもうってつけです。

また、応募書類の添削や模擬面接など、マンツーマンで選考対策を受けられるのもメリットといえます。

はじめて転職活動を行う人にとっては心強い味方になってくれるでしょう。

楽天転職におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 楽天に関する求人が1,400件以上
  • 転職のプロによるキャリア相談を受けられる
  • 独自に分析された企業レポートを提供してくれる

楽天のさまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年8月時点で、楽天グループ企業の求人が1,400件以上ありました。

求人のなかには、楽天スーパーロジスティクスや楽天モバイルカスタマーサービスなど、あらゆる求人が掲載されています。

転職のプロによって、独自に分析された企業レポートを提供してくれるため、楽天の企業研究を効率的に行いたい人にもおすすめです。

自分では気づけなかったポイントを丁寧に教えてくれるでしょう。
公開求人数 246,844件
楽天の公開求人数
1,441件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.8.2現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 職場の雰囲気や働く人の様子を掴める
  • 強みやキャリア観を第三者視点で言語化してくれる
  • 平日の夜や土曜日にも転職相談できる

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。リクルーティングアドバイザーが直接企業に出向き、企業の雰囲気や働く人の様子をリサーチしてくれます。

特に、楽天は世界中から社員が集まるため、オーソドックスな日系企業と雰囲気が異なる可能性も大いにあるでしょう。事前に雰囲気を知っておくと、ミスマッチを引き起こすリスクを低減できます。

また、自分ではわかりにくい自身の強みやキャリア観を言語化してくれるのもメリットです。

キャリアアドバイザーと話していくうちに、今まで当たり前だと思っていたことが他人にはない強みになることもありますよ。
公開求人数 要問い合わせ
楽天の公開求人数
要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022.8.2現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 採用担当者からスカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を定期的に実施している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでこれまでの経歴やスキルを登録しておくと、採用担当者からスカウトを受け取れる場合があります。

楽天は経験者を積極的に採用しているため、スカウトがくる可能性もゼロではありません。採用担当者の目に留まるよう、経歴やスキルは丁寧に記入しましょう。

また、転職フェアや相談会を定期的に実施しているのもメリットです。

楽天が出展していたら直接話を聞けるチャンスなので、ぜひ積極的に参加してみてくださいね。
公開求人数 150,009件
楽天の公開求人数
553件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.8.2現在

まとめ

今回は、楽天へ転職を考えている人に向けて、事業内容や転職を成功させるポイントなどについて解説しました。楽天へ入社が叶ったら、グローバルな事業に携われるだけでなく、最新技術にも触れられるため大きなやりがいを感じるでしょう。選考を受ける前に、楽天のビジョンをしっかり自分の中に落とし込み、理解度を深めることが大切です。

楽天へ転職するには英語力や専門知識が求められる場合が多く、比較的難易度が高いと言えるでしょう。楽天への転職を本格的に考えているなら、転職エージェントの活用をおすすめします。応募書類の添削や模擬面接といった選考対策を受けられるので、しっかり対策できるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、後悔のない転職を実現してください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.8.2
https://www.r-agent.com/
マイナビエージェントで業界のプロに相談|転職エージェント 2022.8.2
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.8.2
https://doda.jp/
楽天の歴史|楽天グループ株式会社  2022.8.2
https://corp.rakuten.co.jp/about/history.html
2023年卒 新卒就職人気企業ランキング│文理別ランキング – みん就 2022.8.2
https://www.nikki.ne.jp/event/2022051902/
楽天グループ株式会社の平均年収、年間給与所得情報 - 転職ならdoda(デューダ) 2022.8.2
https://doda.jp/DodaFront/View/CompanyIncome/j_id__00005633930/
福利厚生 | 楽天グループ株式会社 2022.8.2
https://corp.rakuten.co.jp/careers/benefit/
「転職」と「適正年収」 年収査定 |転職ならdoda(デューダ) 2022.8.2
https://assess.doda.jp/
標本調査結果|国税庁 2022.8.2
https://www.nta.go.jp/publication/statistics/kokuzeicho/minkan2020/minkan.htm
【楽天市場】Shopping is Entertainment! : インターネット最大級の通信販売、通販オンラインショッピングコミュニティ 2022.8.2
https://www.rakuten.co.jp/
楽天トラベル: 宿・ホテル予約 国内旅行・海外旅行 予約サイト 2022.8.2
https://travel.rakuten.co.jp/
みん就(みんなの就職活動日記) – 就活・新卒採用の口コミサイト 2022.8.2
https://www.nikki.ne.jp/
Infoseek[インフォシーク] – 楽天が運営するポータルサイト 2022.8.2
https://www.infoseek.co.jp/
楽天モバイル 2022.8.2
https://network.mobile.rakuten.co.jp/
楽天TV:Rakuten TV(旧楽天ショウタイム) | 楽天ポイントが貯まる、使える映画・ドラマの動画配信サイト 2022.8.2
https://tv.rakuten.co.jp/
楽天ファーム[旧:Ragri(ラグリ)] : オーガニック野菜&サラダ宅配 2022.8.2
https://agriculture.rakuten.co.jp/
トップページ| 楽天の英語学習サービス Rakuten Super English 2022.8.2
https://english.rakuten.co.jp/
楽天ペイ – 街もネットも簡単お支払い!期間限定ポイント使える! 2022.8.2
https://pay.rakuten.co.jp/
電子マネー「楽天Edy(ラクテンエディ)」 2022.8.2
https://edy.rakuten.co.jp/


おすすめの記事