不動産 転職
最終更新日

不動産業界に転職したい人必見!おすすめ転職エージェント・サイト

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月20日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「不動産業界に転職したい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。不動産の仕事は土地や建物などを販売・管理するのがメインです。取引額が大規模となる場合も多く、契約が一件決まるだけでも大きなやりがいを得られます。

もし未経験から不動産業界に転職するとなると、情報不足でいまひとつ勇気が出ない人もいるでしょう。そこで本記事では、不動産業界の仕事内容やメリット・デメリットを徹底的に解説します。

不動産業界への転職におすすめの転職エージェント・サイトもご紹介するので、ぜひこの記事を参考に後悔のない転職をしてくださいね。

不動産業界のおもな仕事内容

不動産業界にはどのような仕事があるのでしょうか。ここからは、おもな不動産業界の仕事を解説します。

不動産の仲介

スーツを着た男の人出典:Unsplash

多くの人が不動産業界と聞いて思い浮かべる仕事のひとつに、不動産の仲介が挙げられます。不動産を所有している人と不動産を購入したい人の間に立って取引を行うのが役目です。

不動産の仲介業務をイメージしやすい一例として、賃貸物件を紹介してくれる街の不動産があります。契約を成立させると仲介手数料が発生し、利益を得ています。

自社で保有している不動産のほかにも、ほかの企業や個人が保有している不動産を扱っているのも特徴です。

ほかの企業・個人の不動産を扱う場合は、代理店として業務を行います。

デベロッパー

不動産業界のなかでも、比較的大規模な仕事ができるのがデベロッパーです。土地を取得することからスタートし、どのような建物を造るのか考案します。

デベロッパーはオフィスやマンションだけでなく、商業施設を誘致することもあるのが特徴です。都市全体を再開発するといったスケールの大きな仕事もあります。

昨今では、都市のデザインを再考する動きが活発です。

持続可能な都市づくりを目指している自治体も多く、今後ますます注目される職業になるでしょう。

ハウスメーカー

お金 増える出典:Pixabay

ハウスメーカーは一戸建ての住宅を設計・建築・販売する仕事です。ハウスメーカーのなかでも、事務や設計・現場監督・営業などさまざまな職種があります。

建設会社のなかで似ているタイプとして、工務店が挙げられます。ハウスメーカーは全国に拠点を持っているのに対し、工務店は地域密着型でサービスを提供しているのが特徴です。

モデルハウスを公開しているのも、ハウスメーカーならではといえるでしょう。

ハウスメーカーの営業は来場したお客様に営業活動を行うのも魅力ですよ。

不動産の管理

不動産の所有者から依頼を受けて、マンションやオフィスビル・商業施設のメンテナンスやテナント誘致を行うのが不動産管理の仕事です。

また、賃貸マンションの場合は、賃料の回収もあわせて行います。入居者の募集や住居人からのクレーム対応もおもな仕事です。

ときにはトラブルの対応をしなくてはならないため、臨機応変に動くことが求められるでしょう。

トラブルが大きな問題に発展しないよう、細心の注意を払わなくてはなりません。

投資のサポート

スーツ 握手出典:Pixabay

不動産は自分で住むだけでなく、投資をして資産運用を行うケースもあります。不動産による投資をサポートするのも、不動産業界の仕事のひとつです。

不動産投資の一例として、投資用マンションや競売物件などさまざまな種類が挙げられます。投資する場合は他人に不動産を貸して、利益を得る場合がほとんどです

投資のサポートをする企業では、賃貸のサポートまで行うこともあります。

投資によって儲けがきちんと出るように、フォローし続けることが大切ですよ。

不動産コンサルティング

クライアントが所有している不動産の活用方法をアドバイス・サポートするのが、不動産コンサルティングのおもな仕事です。

「土地を所有しているけど、どうすればいいか分からない」「実家を相続することになった」など、クライアントによって事情は異なります。

不動産コンサルティングは一人ひとりに寄り添いながら、ライフスタイル設計や資産形成なども含めたアドバイスを行います。

幅広い知識が必要となりますが、そのぶんやりがいを得られるでしょう。

新規事業

パソコンを持つ手出典:Pixabay

昨今、不動産と新たな領域を組み合わせた新規事業を展開している企業も数多く見受けられます。

例えば、不動産とIT技術を融合させた不動産テックがあります。空きスペースのシェアやマッチングを行い、不動産オーナーと消費者を結びつけるのが特徴です。

また、歴史ある古民家をリノベーションして、民宿やカフェなどに生まれ変わらせる事業も盛んです。

新規事業は、今後ますます注目される仕事となるでしょう。

不動産業界に転職するメリット

不動産業界に転職すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。考えられるメリットをいくつかご紹介します。

大きなやりがいを得られる

不動産は多くのお客様にとって、一生に一度の買い物である可能性が非常に高いです。そのため、お客様の人生に大きく関わることに対してやりがいを得られるでしょう。

また、都市開発のような大規模なプロジェクトに携わると、世の中に対する影響力の大きさを実感できるという魅力があります。

取引額が大きい分、慣れるまではプレッシャーを感じるかもしれません。

責任のある仕事ではありますが、そのぶん自分は大きい仕事をしているんだという実感を持てますよ。

年収アップが期待できる

お金 増える出典:Pixabay

不動産業界は契約数に応じて、インセンティブが支給される企業も多々あります。そのため、年収アップを期待できるのも魅力です。

不動産は一件あたりの取引額が大きいため、ひとつ契約を取れると会社に大きな利益をもたらします。そのぶん、給料として還元される場合がほとんどです。

継続的に契約が取れれば、同世代よりも高い年収をキープできるでしょう。

給料が上がるとモチベーションアップも期待できますよ。

若手のうちから出世を目指せる

若手のうちから出世を目指せるのも、不動産業界に転職するメリットです。年功序列ではなく、実力・成果主義の企業が多いため若手でも十分役職を目指せます。

20代でマネージャーに就任する人もいるため、早いうちから昇進・昇格を狙っている人にうってつけです。マネジメント経験を早期に積むことも叶うでしょう。

未経験から不動産業界に入社した場合でも、同様に若いうちから出世を目指せます。

すでに明確なキャリアパスがある人におすすめの業界ですよ。

不動産業界に転職するデメリット

一方、不動産業界に転職するとデメリットは生じるのでしょうか。デメリットをそれぞれ確認していきましょう。

土日休みではない場合が多い

パソコンを触る女性出典:Pixabay

不動産業界は土日休みでない企業がほとんどです。特に、賃貸物件を仲介する企業では、土日に来店するお客様が多いため、土日の稼働が求められます。

土日に休めない分平日休みが基本ですが、家族や友人と予定を合わせにくい人もいるでしょう。特に、お子さんがいる家庭では学校の行事に参加しにくいデメリットがあります。

冠婚葬祭など大事な行事の場合は有給取得も可能ですが、土日の予定が度々重なると有給取得が難しくなるでしょう。

土日休みを重視したい人は、不動産業界への転職を検討し直すことをおすすめしますよ。

業務量が幅広くて忙しい

不動産業界は業務量が幅広くて忙しいという懸念があります。忙しさのあまり、残業を余儀なくされるのもデメリットのひとつです。

クライアントの都合に合わせて動かざるを得ない場合も多く、自分が決めたスケジュールと大きく逸脱してしまうこともあるでしょう。

トラブルが発生した場合は急いで対応しなければならず、遅くまで残るケースも少なくありません。

必ず定時退社をしたい場合は、不動産業界とは別の職業を探すこともひとつの手段ですよ。

未経験でも不動産業界に転職できる?

疑問 女性出典:Pixabay

未経験でも不動産業界に転職できるのか気になる人も多いでしょう。結論から言うと、未経験でも不動産業界に転職することは可能です。

しかし、仕事内容や扱う物件の規模によって転職難易度は異なります。賃貸の仲介・管理を行う企業は比較的転職しやすいでしょう。

一方、不動産販売やデベロッパーは扱う不動産の規模が大きいため、未経験者だとハードルが高い場合があります。

もしこれらの仕事内容を目指すなら、不動産業界の経験を積んでから挑戦する方法がおすすめですよ。

不動産業界への転職に有利な経験・資格

不動産業界の転職に有利な経験や資格にはどのようなものがあるのでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

接客・営業経験

パソコン 会話する人出典:Pixabay

接客・営業経験があると、たとえ未経験でも不動産業界にチャレンジしやすいでしょう。なぜなら、不動産業界はお客様やクライアントと接する機会が多々あるからです。

例えば、賃貸物件の店舗では、お客様の要望や予算などを聞いて、希望条件に合致した物件を提案する必要があります。

接客・営業経験があれば、お客様の要望をきちんとヒアリングできるので、即戦力になり得るでしょう。

接客・営業経験がある人は、履歴書や職務経歴書でしっかりアピールしてくださいね。

宅地建物取引士

宅地建物取引士はいわゆる「宅建」と呼ばれ、不動産会社で一定の人数が取得しなければならない資格です。

宅建を取得していると、選考時に一目置かれる可能性が大いにあります。入社後も資格手当を支給してくれる企業も多く、取得しておいて損はありません。

しかし、宅建は国家資格でもあるため、取得するにはハードルが高いのも事実です。

入社後に資格取得をサポートしてくれる企業もあるため、資格がないからといって焦る必要はありませんよ。

不動産業界に転職するなら転職エージェントの活用がおすすめ!

グッドサイン出典:Pixabay

不動産業界に転職するなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職エージェントには、不動産業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しています。

転職のプロが求職者の希望をしっかりヒアリングしてくれるので、自分に合った求人を紹介してくれる可能性が高いのもメリットです。

そのほかにも、選考対策を受けられるのもポイントといえるでしょう。応募書類の添削や面接対策などを受けられます。

特に、はじめての転職でわからないことがある人には、心強い味方になってくれますよ。

不動産転職におすすめの転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 不動産に関する求人が23,000件以上
  • 実績豊富なアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業情報の提供

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年6月時点で、不動産に関する求人が23,614件ありました。

求人のなかには、賃貸管理や不動産の仕入れ営業、不動産コンサルタントなど幅広く求人が揃っています。多種多様な求人を見比べたい人にうってつけです。

また、実績豊富なアドバイザーが在籍しているメリットがあります。

不動産業界に精通したキャリアアドバイザーによる有益なアドバイスが期待できるでしょう。
公開求人数 233,643件
不動産の公開求人数 23,614件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022/7/20現在

マイナビエージェント

マイナビエージェント

おすすめポイント
  • 企業の雰囲気や働く人の様子を掴める
  • 強みや価値観を第三者視点で伝えてくれる
  • 夜間や土曜日の相談も受け付けている

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。マイナビエージェントには、企業に直接足を運んでいるスタッフがいます。

求人票には掲載されていない企業の雰囲気や働く人の様子が事前にわかります。特に、不動産業界がはじめての人は、自分に合った雰囲気なのか確認できるのが魅力です。

また、自分では気づかなかった強みや価値観を第三者視点で伝えてくれるメリットもあります。

自己PRやキャリア観がいまひとつわからないなら、マイナビエージェントに相談してみてくださいね。
公開求人数 要問い合わせ
不動産の公開求人数 要問い合わせ
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビエージェント公式サイト対象・2022/7/20現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトが届く場合がある
  • 転職フェアや相談会を定期的に開催している
  • 転職に役立つコンテンツが豊富

スピーディーに転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴やスキルを登録しておくと、企業から直接スカウトが届く場合があります

不動産業界の経験者はもちろん、接客・営業経験がある人にもスカウトが届くこともあるでしょう。採用担当者の目に留まりやすくするためにも、プロフィール欄は詳細に記載することをおすすめします。

また、転職フェアや相談会を定期的に開催しているのもメリットです。

選考前に企業と直接話ができるチャンスなので、時間が許す限り積極的に参加してみましょう。
公開求人数 147,087件
不動産の公開求人数 16,974件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022/7/20現在

まとめ

今回は、不動産業界に転職を考えている人に向けて、仕事内容やメリット・デメリットを解説しました。不動産業界は1件あたりの取引額が大きく、やりがいを得られる仕事です。若手のうちから年収アップや昇進・昇格を期待できるケースも多いため、早く経験を積みたい人にはうってつけの環境といえます。

不動産業界に転職する際は、転職エージェント・サイトの活用がおすすめです。ほとんどの転職エージェントは業界に合わせた選考対策を行ってくれるので、未経験から不動産業界に転職を考えている人でも安心です。ぜひこの記事を参考にして、後悔のない転職をしてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント  2022/7/20
https://www.r-agent.com/
マイナビエージェントで業界のプロに相談|転職エージェント  2022/7/20
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人  2022/7/20
https://doda.jp/


おすすめの記事