転職 後悔
最終更新日

転職後の後悔を乗り越える方法|後悔する人の特徴と理由を解説

(コンテンツ提供:株式会社ゼロアクセル)
本記事は2022年7月19日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

転職で多くの人が理想の働き方を叶えるなかで、給与や人間関係の問題などで「転職しなければよかった…」と後悔するケースはよくあります。今回は、転職のよくある失敗例から転職後の後悔を乗り越えるためにできる方法まで詳しく解説していきます。

転職後に後悔する人の特徴や、失敗を防ぐためにできることも紹介しています。転職後に「前の会社に出戻りしたい」「年収が下がったから辞めたい」というように悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職後の後悔を乗り越える5つの方法

たとえ転職に失敗してしまっても、人生終わりではありません。転職後の後悔を乗り越えるためにできる方法は、いろいろあります。ここからは、転職後の後悔を乗り越える方法を5つに絞って紹介していきます。

1. すぐに転職せずに、今の職場で働く

働く男性出典:Pixabay

もし転職後に後悔したとしても、またすぐに転職を考えるのはやめましょう。短い期間ですぐに転職すると、今後の転職活動に影響が出るおそれがあります。

3年以内など、短い期間に何度も転職活動を繰り返していると、企業に不信感をもたれやすくなることが考えられます。特に職種に一貫性なく転職している場合は、注意が必要です。

最低でも、3年は今の職場で働き続けるのが無難でしょう。周囲に相談したり、今の会社を選んだ理由を思い出したりして、働き続ける方法を見つけてみてください。

会社に行くのが憂鬱で心身に支障をきたしている場合は、無理せず休暇をとってくださいね。

2. 転職に失敗した原因を分析する

ノートとペン出典:Pixabay

転職後に「失敗した……」と後悔したら、転職に失敗したと感じる理由を分析してみましょう。自分の悩みを言語化すると、客観的に問題を把握できます。

意外と自分の考え方・捉え方次第で解決できることがあります。何に対して自分が不満を感じ、後悔しているのか一度整理してみるのがおすすめです。

場合によっては、上司や人事に相談して解決できることもあります。転職後の後悔はそのままにせず、解決に向けて行動してみましょう。

転職に失敗した原因を分析しておくことで、次に転職する際にも今回の経験を活かせるかもしれませんよ。

3. 考え方を変える

ジャンプする人出典:Pixabay

転職後の後悔を乗り越えるためには、自らの考え方を変えるのが手っ取り早いです。今の職場で得られる経験・スキルなど、ポジティブな面に注目してみましょう。

モノの見方を変えることで、転職後の後悔が薄れるかもしれません。例えば、仕事内容が難しいと感じる場合は、そのぶん成長できると前向きに捉えてみるといいでしょう。

転職してから日が浅いときは仕事や人間関係に慣れず、「前の会社のほうがよかった」と後悔する人も多いです。しかし、慣れてくれば状況が変わることもあります。

自分から挨拶したり、食事に誘ったりするなど、職場に馴染もうと自ら働きかけるのも大切ですよ。

4. 以前の職場に出戻りする

相談を受ける人出典:Pixabay

今の職場に入社してからしばらく頑張ってみたけど、やっぱり「前の会社のほうがよかった」と強く感じる場合は以前の職場に出戻りするのも一つの手です。

一度他の企業で働いたことで、改めて自社の良さを再確認できたと感じる人もいるでしょう。出戻りなら、働いていた経験があるので仕事内容や社風に関するミスマッチの心配がありません。

ただし、転職中に社内環境が一新していたり、すでに自分のポストが埋まっていたりする場合には、出戻りが厳しい可能性があるので注意が必要です。

出戻りを検討している人は、まず前職の上司や同僚に相談してみましょう。

5. どうしても我慢できなければ、再転職を検討する

パソコンを持つ手出典:Pixabay

転職先の労働環境や人間関係などに問題があり、心身に支障をきたしているといった場合には再転職を検討してもいいでしょう。

再転職する際には、転職に失敗した原因を徹底的に分析することが重要です。同じ失敗を繰り返さないためにも、しっかり振り返りましょう。

再転職を成功させるためには、転職エージェントを利用するのがおすすめです。客観的に自分に合った求人を紹介してもらえるので、効率よく転職活動が進められます。

転職エージェントなら、プロのアドバイザーに再転職に関する不安や疑問も相談でき安心ですよ。

転職のよくある失敗例

仕事内容がイメージと違った

天秤出典:Pixabay

転職した人のなかには、「実際に働いてみると仕事内容がイメージしていたものと違った」と後悔する人も多いです。

特に未経験の業界や、憧れの職種に挑戦する場合は、自分のイメージが先行してしまいがちなので入社後にギャップを感じやすいでしょう。

ネットで調べたり、その業界に詳しい人たちから情報収集したりするのがおすすめですよ。

社風が合わなかった

社内 メンバー出典:Unsplash

入社前に社風を判断するのは難しいため、入社後に社風のミスマッチを感じる人もよくいます。

社風のミスマッチを防ぐためには、求人に企業の雰囲気がわかる写真や動画が豊富に掲載されている転職サービスを利用するのがおすすめです。

会社が提供している商品やサービスを利用してみたり、会社の周辺に行ってみたり、事前に得られる情報は集めておきましょう。

労働条件が聞いていた話と違った

悩む 中年男性出典:Unsplash

「給与や休日など労働条件が求人情報に記載されていた内容と違っていた」というケースもよくあります。

労働条件が求人や面接で聞いていた内容と違うと気がついた場合は、必ず労働条件通知書を確認しましょう。労働条件通知書には、給与や勤務時間など詳しい労働条件が記載されています。

労働条件通知書と実際の労働条件が異なる場合、企業に改善を求めることはもちろん、場合によっては法的な手続も検討しましょう。

想像していたよりも活躍できなかった

顔を抑える男性出典Unsplash

「想像していたよりも活躍できなかった」と転職後に後悔するケースが、スキルアップ目的や大手からベンチャー企業に転職した人に多いです。

現状のスキルよりもはるかに高いレベルの仕事に挑戦しようとしたり、自分の現状のスキルを過剰評価したりすると転職後の後悔に繋がります。

入社後のミスマッチを防ぐためには、面接で仕事の難易度をよくリサーチしておく必要がありますね。

前職のほうが良かったと後悔する

頭を抱える男性出典:Unsplash

給与や人間関係の面で、「前職のほうがよかった」と後悔するケースも多いです。しかし人間関係や仕事内容に慣れるまでは、そう感じる人も少なくありません。

入社して慣れてくれば、「失敗した」と後悔する気持ちが薄れることもあります。現職で達成できそうな目標を立てて、頑張ってみましょう。

自分はなんのために今の会社に転職してきたのか、原点に立ち返ってみると仕事のやりがいが見つかるかもしれませんよ。

転職後「失敗したかも…」と後悔する理由

ここまで転職のよくある失敗例を見てきましたが、そもそもなぜ転職後に「失敗したかも…」と後悔してしまうのでしょうか?転職で失敗しないためにも、後悔する理由を把握しておくのは重要です。

自己分析が甘かった

ノート出典:Pixabay

自己分析を適当に済ませたり、なんとなくで終わらせたりすると、自分の強みやスキルなどを全く活かせない職場に入ってしまい転職後に後悔するかもしれません。

自己分析は、客観的に行うことが重要。自己分析ツールや、転職エージェントを利用してアドバイザーに手伝ってもらうのがおすすめです。

自己分析は、転職する前だけでなく転職後に行うのも有効です。自分の強みを知ることで、今の会社で活躍できる方法が見つかるかもしれません。

転職活動を始める際は、面倒くさがらずに自己分析を徹底して行うようにしましょう。

転職の目的が曖昧だった

たくさんの付箋出典:Pixabay

「とにかく今の会社をやめたい」「なんとなく転職したい」といった曖昧な転職目的で転職した方は、入社後に後悔するかもしれません。

転職の目的は、ポジティブなものに整理しましょう。転職の目的をポジティブに変換すると、自分が叶えたい働き方や目標が明確に見えてくる可能性があります。

例えば「今の会社ではやりがいを感じられないからやめたい」といった場合には、「前職での経験やスキルを活かしてキャリアアップを目指したい」というように変換してみるといいでしょう。

転職の目的を明確にしておくと、面接の時点でミスマッチを防げますよ。

転職先についてよく理解していなかった

疑問 男性出典:Pixabay

求人に記載されている情報のみで判断して、転職先を決めてしまうと転職後に後悔することになります。

基本的に求人には、企業のプラスな内容が書かれています。求人だけを頼りに転職先を選んだ人は、入社後に企業のマイナスな面に気がつき後悔するケースが多いです。

ネットで企業の口コミを調べてみると、求人には記載されていない企業の情報が得られる場合があります。事前に得られる情報は積極的に集めておきましょう。

実際に訪問・取材した企業の求人を取り扱っている転職エージェントなら、会社の雰囲気まで詳しく聞けますよ。

自分の現状のスキルを分かっていなかった

スキル出典:Pixabay

自分の現状のスキルを把握せずに転職先を選んでしまうと、入社後に「活躍できない」「仕事についていけない」と後悔することになります。

特にスキルアップを目的に転職する人は、現状のレベルよりも高い仕事を選んでしまいがちです。転職したいからといって、面接で「なんでもできます」と宣言してしまう人も少なくありません。

どうしても今よりもレベルの高い企業に転職したい場合には、キャッチアップできる教育体制が整っているかも確認しましょう。

入社後に後悔する前に、客観的に自分のスキルを判断して仕事を選ぶのが大切ですね。

焦って転職先を決めてしまった

砂時計出典:Pixabay

次の仕事が決まる前に退職したり、転職スケジュールを無理に短く設定したりしてしまうと焦って転職先を決めて後悔することになります。

転職活動は長引くことを想定して、計画的に行うことが重要です。時間的にも、精神的にも余裕をもって転職することで、誤った判断を防げます。

一般的に、転職活動には3〜6カ月程度かかるといわれています。最低でも3カ月以上はかかることを想定して、スケジュールを立てましょう。

退職してから転職活動を始める方は、できるだけ貯金額も多めに用意しておくといいですよ。

転職後に後悔する人の3つの特徴

ここまで、転職での失敗例や理由を見てきましたが、転職後に後悔する人には特徴があります。転職で後悔しないために、それぞれの特徴を把握しましょう。

1. 転職すればなんとかなると思って転職した人

ガッツポーズ出典:Pixabay

転職後に後悔する人の特徴として1つ目は、転職すれば現職での問題がすべて解決すると思っている人です。

ただ闇雲に転職を繰り返しても、現状の問題の解決には繋がりません。たとえ転職して一時的に解決したと感じても、すぐにまた「転職したい」と思い始めるでしょう。

根本的に問題を解決するためには、自己分析が欠かせません。自分が嫌だと思うことは何なのか、問題の本質を理解してから転職しましょう。

転職エージェントを利用して、プロに頼るのも一つの手ですよ。

2. 情報収集や企業研究を怠った人

ノートとパソコン出典:Pixabay

転職後に後悔する人の特徴として2つ目は、情報収集や企業研究を怠った人です。こういう人は入社後のギャップを大きく感じ、後悔するケースが多いです。

企業選びをする際は、多面的に企業を判断する必要があります。求人ではついつい魅力的な面ばかりに目がいきがちですが、給与や残業など重要な点を見落とさないようにしましょう。

企業の公式サイトはもちろん、企業の口コミや評判をチェックするのがおすすめです。求人では得られないさまざまな情報を集められます。

実際に会社の近くまで行ってみると、雰囲気を感じられるかもしれませんよ。

3. 次の仕事が決まる前に退職してしまった人

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

転職後に後悔する人の特徴として3つ目は、次の仕事が決まる前に退職してしまった人です。心身に支障をきたしている場合を除き、退職するのはなるべく転職先が決まってからにしましょう。

転職活動が長期化すると、貯金が減ってきて生活面での不安が大きくなります。その結果、焦ってよく吟味せずに転職し後悔するケースが多いです。

転職活動を始めるにあたっては、生活費の3カ月分を貯金しておくと安心でしょう。万が一収入がなくなっても、短期間なら生活できる余裕を作っておくことも重要です。

安定した精神状態で転職活動できるように環境を整えておきましょう。

転職の失敗を防ぐためにできること

転職は人生の大きなターニングポイントです。そのため、「なんとしてでも失敗は避けたい」と思う人は多いでしょう。転職での失敗を防ぐためには、事前の準備が欠かせません。

自己分析を徹底する

紙に書く人出典:Pixabay

転職の失敗を防ぐためには、自己分析が欠かせません。自己分析を怠ると、全く自分の得意を活かせない職場に転職し、入社後に後悔することになります。

転職活動を始めたら、自己分析を最初に行いましょう。自分の強み・スキルを活かせる職に就けば、転職後にキャリア・年収アップも叶えられるかもしれません。

最近では心理テスト感覚で、気軽に自己分析できる転職サイトも多くあります。ほとんどの転職サイトは無料で登録できるので、試してみてはいかがでしょうか。

転職の目的を明確にする

弓矢出典:Pixabay

転職活動を始めるにあたって、転職の目的を明確にするのは重要なポイントの一つです。転職の目的を整理し、自分が本当に転職するべきか判断してみましょう。

「とりあえず今の会社から離れたい」といった曖昧な理由では、企業探しの際にも苦戦することが予測されます。このような場合は、転職してからも後悔するケースが多いです。

経験・スキルを活かして、キャリアアップしたいというように転職の目的を具体的にすると、面接でもよい印象を与えられるでしょう。

情報収集・企業研究をしっかり行う

虫眼鏡出典:Pixabay

転職の失敗を防ぐためには、情報収集・企業研究をしっかり行うことが大切です。事前に少しでも企業を知っておくことで、入社後のギャップを最小限に抑えられます。

イベントやSNSなど社員と交流できる機会があれば、積極的に参加してみましょう。ネットでは得られない情報をつかめるかもしれません。

給与や福利厚生はもちろん、仕事のレベルや職場の雰囲気が合っているかどうかも事前に調査しておくと安心ですね。

転職エージェントを利用する

パソコンと向き合う人出典:Pixabay

転職の失敗を防ぐためには、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントは、プロのアドバイザーに転職の疑問や不安を相談できます。

転職エージェントは、さまざまな年代・職種に対応したサービスを提供しています。自分に合ったエージェントを見つければ、きっと理想の転職が実現できるでしょう。

転職エージェントは無料で利用可能です。気になるエージェントがあれば、まずは登録してみましょう。

再就職におすすめの転職エージェント4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 利用者の62.7%が年収アップを実現※1
  • 業界トップクラスの求人数※2
  • 転職支援実績No.13
  • 完全無料

なるべく多くの求人を見てから選びたい人には、リクルートエージェントがおすすめです。公開・非公開ともに、業界トップクラスの求人数を取り扱っています。※2 

リクルートエージェントは創業から40年以上もの間、数多くの求職者の転職を支援し続けてきました。豊富な転職データを活かしたサポートを受けられるのは、リクルートエージェントならではといえます。

転職エージェント選びに迷ったら、最初にリクルートエージェントに登録しておいて損はないでしょう。

実際に年齢・職種問わず多くの人から利用されており、転職支援実績No.1を誇っていますよ。※3
公開求人数 233,526件※2
非公開求人数 273,022※2
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 転職実績データ | リクルートエージェント 2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイトを対象・2022.7.19現在 ※3 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績・2020年6月時点)2022.7.19

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 20〜30代の転職におすすめ
  • 転職を無期限でサポートしてくれる
  • 平日の夜・土曜日にも相談可能
  • 完全無料

手厚い転職サポートを受けたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。一般的に転職エージェントは3ヶ月間と期間が定まっている場合がほとんどですが、マイナビエージェントなら利用者が納得いくまで親身にサポートしてくれます。

平日の夜・土曜日にも相談可能なので、働きながらの転職活動を考えている人や、長期的に転職活動を続けたい人にもうってつけです。

また、第二新卒や若手向けの求人を豊富に取り扱っていることから、主に20〜30代を中心に人気を集めています。

中小企業を中心に、幅広い業界・職種の求人を保有していますよ。
公開求人数 要問い合わせ
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国 
主な対象年齢層 20〜30代
株式会社ゼロアクセル調べ マイナビエージェント公式サイト対象 2022.7.19現在

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める※1
  • 年収600万円以上を目指す人におすすめ
  • 自分に合った担当者を選べる
  • 登録後は職務経歴書を登録するだけでOK
  • 優良企業から直接スカウトが届く

年収600万円以上でハイキャリアの求人を目指したい人には、ビズリーチがおすすめです。ビズリーチは、ハイクラス・エグゼクティブ向けのスカウト型転職エージェントです。

職務経歴書を登録した後は、スカウトを待つだけでOK。優良企業から直接スカウトが届くこともあり、スムーズに転職活動を進められる可能性があります。

ビズリーチは転職エージェントのなかではめずらしく、自分で担当者を選べます。各業界に精通した一流のヘッドハンターに相談することで、転職活動の効率もアップすることでしょう。

まずは無料プランで気軽に登録してみてはいかがでしょうか。
公開求人数 79,685件※2
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料プラン: 無料 タレント会員: 3,278円(税込) ハイクラス会員: 5,478円(税込)
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 ビズリーチ調べ(2021年1月)2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・ビズリーチ公式サイト 2022.7.19

doda

doda
dodaのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 大手優良企業への転職を目指す人におすすめ
  • 無料の転職イベント・セミナーが豊富
  • 年収査定・転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツが充実
  • 完全無料

大手優良企業への転職を目指しているなら、doda転職エージェントがおすすめです。幅広い業界・職種の求人を取り扱っており、多くの選択肢から自分に合った求人を探せます。

doda転職エージェントは、転職に関する無料のイベント・セミナーが豊富。現在はオンラインを中心に、書類選考や面接対策に役立つイベント・セミナーを随時開催しています。

他にも、年収査定や自己PR診断、転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツも充実しています。気軽に転職のヒントを得られるでしょう。

転職を悩んでいる人もまずは無料登録してみることをおすすめしますよ。
公開求人数 147,893
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢

まとめ

今回は、転職のよくある失敗例・転職後に「失敗したかも…」と後悔したときの対処法を紹介しました。今の会社で働き続けるために考え方を変えたり、以前の会社に出戻りしたりするなど転職後の後悔を乗り越える方法はいろいろあります。

転職で失敗しないためには、転職エージェントの利用がおすすめです。プロのアドバイザーに頼ることで、効率よく転職活動を進められます。エージェントは無料で利用できるので、気軽に登録してみてはいかがでしょうか。

転職後に「年収が下がったから辞めたい」「前の会社に戻りたい」というように後悔している方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

(コンテンツ提供:株式会社ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.7.19
https://www.r-agent.com/
転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト 2022.7.19
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト 2022.7.19
https://doda.jp/
選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】2022.7.19
https://www.bizreach.jp/


おすすめの記事