仕事したくない・会社に行きたくない理由と対処法を徹底解説
最終更新日

仕事したくない・会社に行きたくない理由と対処法を徹底解説

この記事はPRを含みます
本記事にはアフィリエイトプログラムを利用しての商品のご紹介が含まれます。本記事を経由しサービスのお申し込みや商品のご購入をした場合、サービスや商品の提供元の企業様より報酬を受け取る場合がございます。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年8月19日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「どうしても仕事したくない」「明日は月曜だけど会社に行きたくない」と考えている人も多いのではないでしょうか。実際に株式会社ビズヒッツの働く男女500人へのアンケート調査では、「仕事に行きたくないと思うことがある」と回答した人は、91.2%(500人中456人)いることが分かっています。人によっては、仕事したくない自分を甘えだと責めてしまい、悪循環に陥る人もいるでしょう。

そこで本記事では、仕事したくない・会社に行きたくないと考える理由を丁寧に紐解くとともに、対処方法を解説します。この記事を読めば、仕事したくない・会社に行きたくないといったもやもやが解消され、今後どのように行動すればいいのかヒントを得られるでしょう。

1分でわかる!仕事したくない・会社に行きたくない理由と対処法のまとめ
仕事したくない・会社に行きたくない主な理由として、職場の人間関係に悩んでいるなどが挙げられる
仕事したくない・会社に行きたくないときは、自分を責めすぎず、遠慮せずに休むことが大切
一方、仕事したくない・会社に行きたくない人が体の不調を無視して働き続けると、余計症状が悪化してしまうため、注意が必要。
20代はポテンシャルを評価されやすく、転職活動のハードルはやや低め。
現職を辞めて、新たな職場を探しているならリクルートエージェントがおすすめ!
リクルートエージェント

\信頼の転職支援実績No.1!/
リクルートエージェントへの
登録(無料)はこちら>>

最近仕事へのモチベーションが低下しているという人も、ぜひ参考にしてみてください。

株式会社ビズヒッツ調べ「仕事に行きたくないときの理由と対処法ランキング」・全国の働く男女500人対象(2022123日~124)・2022.8.19

仕事したくない・会社に行きたくないおもな理由

「仕事したくない」「会社に行きたくない」と考えている人は、おもにどのような悩みを抱えているのでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

仕事したくない・会社に行きたくない理由
  • 職場の人間関係に悩んでいる
  • 残業・休日出勤に疲れてしまった
  • 想像していた仕事と違った
  • 給料・待遇に納得できない
  • 達成したい目標がない
  • 将来に不安を感じる

職場の人間関係に悩んでいる

頭を抱える男性出典:Unsplash

株式会社ビズヒッツの働く男女500人へのアンケート調査によると仕事に行きたくない理由1位は「人間関係に悩みがある」となっています。フルタイムの場合は1日8時間以上・週に5日も職場の人と顔を合わせるため、人間関係が良好でなければ居心地の悪さを感じてしまうでしょう。

特に、直属の上司や教育係の先輩と相性が合わないと、業務に大きな支障をきたしてしまいます。仕事中に分からないことがあっても気軽に質問や相談ができない場合、ミスを連発して余計萎縮してしまう人も少なくありません。

また、直接自分に関係なくても、職場にパワハラやセクハラをする社員がいるだけで気が滅入ってしまうでしょう。

職場の人間関係は自分1人で片付けられないことが多いため、より孤独を感じてしまいがちです。

残業・休日出勤に疲れてしまった

慢性的に残業時間が長い職場や、休日出勤を強いられる職場で働いている人も、仕事したくない気持ちが高まりがちです。拘束時間が長いと職場と家の往復だけになってしまい、リラックスすることもままなりません。

働き方改革が進められている現代では、残業時間の長さや休日出勤の頻度を厳しく管理している職場がほとんどです。それでもなお、社員に無理な働き方を強いている職場は、社員を大事にしていないといっても過言ではありません。

特に、サービス残業と称して残業代さえ支払われない会社で働いていても、心身が消耗してしまうだけです。

働きすぎて体調を崩す前に、早急な対応が求められます。

想像していた仕事と違った

悩む 中年男性出典:Unsplash

入社後にミスマッチが判明し、仕事をしたくない・会社に行きたくないと考える人も多数見受けられます。入社してはじめて、「想像していた仕事内容と違った」と気づくケースです。

こうした事態に陥らないよう、どんなに些細なことでも疑問点は選考時に解消しておきましょう。質問したにも関わらず、あやふやな回答をされたり、態度が急変したりする会社は避けたほうが無難です。

また、仕事に対してあまり先入観を持ちすぎないのも大切なポイントといえます。

例えば、華やかなイメージが強い仕事であっても、地道な作業が必要になることも少なくありません。

給料・待遇に納得できない

給料や待遇に納得できず、「もう仕事したくない」という思考に陥ってしまう場合もあります。給料や待遇は仕事のモチベーションに直接影響するため、満足できないと仕事へのやりがいを見出しづらくなりがちです。

特に、長年勤めていても、給料や待遇がほとんど変わらない職場では、会社に貢献したい気持ちも薄れてしまうでしょう。正当に評価されない会社に行きたくないのは、社会人として当然の考えです。

もし、給料や待遇に納得できない気持ちが長く続いているのであれば、会社へ直談判するのも視野にいれておきましょう。

余計なトラブルを招かぬよう、毅然とした対応を心がけてください。

達成したい目標がない

天秤出典:Pixabay

スポーツにせよ勉強にせよ、達成したい目標がなければ頑張ることはできません。仕事も同様に、達成したい目標がない人は無気力感を覚え、会社に行きたくない気持ちが高まります

目の前にあるタスクをいくら片付けても、目標がなければ足踏みしているのと同じです。「自分はなんのために働いているのだろう」と考えてしまい、ますます仕事にやる気を見いだせなくなってしまうのです。

達成したい目標がない人は、「将来こうなりたい」と思えるロールモデルを探してみるのもおすすめです。

もし目標やロールモデルが見つからないのであれば、思い切って別の職場を探してみるのもいいかもしれません。

将来に不安を感じる

将来に不安を感じてしまい、「仕事したくない」「会社に行きたくない」という気持ちが高まるケースも多数見受けられます。将来への不安を感じていたままでは、仕事へのやる気が低迷してしまうでしょう。

特に、赤字経営が続いている会社や、斜陽産業の事業をメインで展開している会社で働いている人は注意が必要です。最悪の場合、リストラや倒産してしまう可能性もあります。

リストラや倒産のリスクを抱えたままでは、安心して仕事に打ち込めません。

早急に対策を練っておきましょう。

仕事したくない・会社に行きたくない場合の対処法とは?

仕事したくない・会社に行きたくない場合、どのような対処方法があるのでしょうか。具体的に5つの方法を解説します。

仕事したくない・会社に行きたくない場合の対処法
  • 自分を責めすぎない
  • 遠慮せずに休む
  • 目標を考えてみる
  • 副業をスタートする
  • 転職を検討する

自分を責めすぎない

ジャンプする人出典:Pixabay

前提として、「仕事したくない」「会社に行きたくない」からといって、自分を責めすぎる必要はありません。ほとんどの社会人が多かれ少なかれ抱いている感情です。

「仕事したくないと考える自分は、社会人失格なのでは…」と不安に思うかもしれませんが、あなた1人だけが抱えている悩みではないので、安心してください。

たとえ仕事でミスをして叱られたとしても、失敗を次に活かせば問題ありません。

できるだけポジティブな気持ちに切り替えて、仕事上のミスを引きずりすぎないことが大切です。

遠慮せずに休む

仕事したくない・会社に行きたくない気持ちが強く、心身共に支障をきたしているなら、思い切って休む決断をしましょう。なぜなら無理して働いていても、状況が改善する可能性は極めて低いからです。

有給がまだ残っているのなら、有給申請をしてリラックスする時間を設けましょう。エネルギーをチャージできれば、仕事へのモチベーションが再び高まるかもしれません。

もし本格的に休みたいのであれば、休職という選択肢もあります。

条件を満たせば、休職中でも傷病手当金が支給されるので、気になる人は所属している健康保険組合に相談してみてください。

目標を考えてみる

弓矢出典:Pixabay

どうしても仕事したくないのなら、目標を考えてみるのもおすすめです。目標があれば気持ちが前向きになり、「仕事したくない」という気持ちから解放されるかもしれません。

目標を設定する際は、大きな目標ばかりではなく、1日単位・1週間単位で達成できる小さな目標も立てておくとよいでしょう。大きな目標だけではなかなか達成できず、モチベーションが低下してしまう恐れがあります。

小さな目標はどんなに些細なことでも構いません。例えば、「デスク周りを整理する」「1日1回は質問する」ことも立派な目標です。

1つの目標を達成するごとに、自信が湧いてきますよ。

副業をスタートする

給料や待遇に不満を抱くあまり、仕事したくない気持ちが強まっている人は副業がおすすめです。手っ取り早く年収アップが期待できるため、不満を解消できるでしょう。

ただし、企業のなかには副業を禁止しているところもあるので、注意が必要です。就業規則に違反すると最悪の場合、解雇を言い渡される可能性もあります。

副業を始める際は就業規則をよく読み込み、可能な範囲で行いましょう。

あくまで本業に支障をきたさない範囲で副業にチャレンジしてみてください。

転職を検討する

相談を受ける人出典:Pixabay

将来への不安を感じて「会社に行きたくない」と考えているなら、転職を視野にいれてみましょう。経営基盤がしっかりしている企業や、成長率が著しい業界であれば、将来に不安を感じることなく働けます。

昨今、1つの会社だけで定年を迎える終身雇用制は徐々に廃れつつあります。社会の変動に伴って人材も大きく流動しており、いまや転職は珍しいことではありません。

現職で働く楽しさを見いだせなくても、転職後に実感できる人もいます。

視野を広く持つと、あなたに合った企業で自分らしく働けますよ。

仕事したくない・会社に行きたくないと考える人の特徴

「仕事したくない」「会社に行きたくない人」には、どのような特徴があるのでしょうか。おもに4つの特徴を解説するので、自分の性格と照らし合わせてみてください。

仕事したくない・会社に行きたくないと考える人の特徴
  • 飽きっぽい
  • 我慢が苦手
  • 他人とあまり関わりたくない
  • HSPの傾向が強い

飽きっぽい

顔を抑える男性出典Unsplash

仕事したくないと考えている人のなかには、仕事内容に飽きてしまう人が多数見受けられます。特に、ルーティンワークをメインに行っている人に見られがちな傾向です。

日々の仕事が同じことの繰り返しである場合、飽きっぽい人はどうしてもモチベーションが低下してしまいます。適度な刺激がないと、つまらないと感じてしまうでしょう。

もし飽きっぽい自覚があるなら、マルチタスクを求められる仕事やジョブローテーションが定期的に実施される職場がおすすめです。

屋内だけで働くのではなく、外回りが伴う仕事にも向いています。

我慢が苦手

我慢が苦手な人も、仕事したくない・会社に行きたくない人の特徴として挙げられます。仕事で壁にぶつかるたびに、耐えられなくなってしまうのです。

どのような仕事であっても、大なり小なり辛いこともあるでしょう。最初は難しいかもしれませんが、我慢を覚えるのも社会人として大切な心構えです。

しかし、あまりに我慢しすぎるのも、体調を崩す原因となります。

適度にストレス発散しながら、乗り越えていきましょう。

他人とあまり関わりたくない

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

他人とあまり関わりたくない人も、仕事したくない・会社に行きたくないと感じるケースが多いようです。特に、毎日出社が義務づけられている人によくみられる傾向といえます。

たとえ業務上の連絡であっても、他人とあまり関わりたくない人は負担に感じてしまうでしょう。コミュニケーションがうまくとれないと、会社でも浮いてしまい、居心地の悪さを感じてしまうかもしれません。

他人とあまり関わりたくないなら、できるだけ人と話さず黙々と作業できる仕事がおすすめです。

また、上下関係が厳しい職場や、体育会系のカルチャーが根強い職場も避けたほうがよいでしょう。

HSPの傾向が強い

HSPの傾向が強い人も注意が必要です。HSPとは先天的に刺激に弱く、心が疲れやすくて生きにくい人を指します。

HSPのよくある特徴として、傷つきやすくて落ち込みやすい点が挙げられます。自分を責めすぎるあまり、仕事したくないという気持ちが強まってしまうのです。

HSPという自覚がある人は、自分の特性を活かせる職場を見つけることが大切です。

決して自分を卑下しすぎず、あなたに合った居場所を見つけましょう。

仕事したくない・会社に行きたくない人がしてはいけないこと

仕事したくない・会社に行きたくない人はしてはいけないことはあるのでしょうか。ひとつずつ詳しく解説します。

仕事したくない・会社に行くたくない人がしてはいけないこと
  • 体の不調を無視して働き続ける
  • 無断で仕事を休む
  • 焦ってすぐに仕事を辞めてしまう

体の不調を無視して働き続ける

働く男性出典:Pixabay

まず、心身ともに不調を感じているなら、無理して働かずに休みましょう。体の不調があるのにも関わらず働いていると、取り返しのつかない事態に陥る可能性もあります。

例えば、腹痛や頭痛が慢性的に生じていたり、通勤中に涙が出てしまったりする場合は要注意です。うつ病を患っている可能性もゼロではありません。

体に少しでも異変を感じたら、自己判断せず病院で診てもらいましょう。

自分の体としっかり向き合うことが大切です。

無断で仕事を休む

体に異変を感じたらすぐ休まなければならない一方、無断で仕事を休むのはご法度です。無断欠勤は会社に迷惑をかけるだけでなく、解雇の対象になる可能性が高いです。

もし休職が必要なほど心身に支障をきたしているなら、医師から診断書を発行してもらい、会社に郵送する方法もあります。

無断で仕事を休むと余計なトラブルを生んでしまうので、たとえ1日休むにしてもしっかり報告しましょう。

休む連絡をしたあとは、心置きなくリラックスしてくださいね。

焦ってすぐに仕事を辞めてしまう

「仕事したくない」「会社に行きたくない」という気持ちが先行するあまり、現在働いている職場を辞めてしまう行為はおすすめできません

次の職場が見つからないまま仕事を辞めると、経済的な不安から焦って次の職場を決めてしまいがちです。焦りから転職先を決めると、ミスマッチを覚える可能性が高いです。

また、心身共に疲れ果てている状態では、転職活動もままなりません。

まずは休息をとることを第一に考えましょう。

【年代別】今の仕事を続けたくない・会社に行きたくない人へ転職アドバイス

最後に、今の仕事を続けたくない・会社に行きたくない人に向けて、転職成功の秘訣を解説します。自分の年代と照らし合わせて読んでみてください。

20代の場合

パソコンを持つ手出典:Pixabay

一般的に20代は若手人材として認識されており、転職しやすい年代ともいえます。実績よりもポテンシャルや伸びしろを評価されやすい傾向です。

20代が転職を成功させたいなら、5年後・10年後の自分をイメージしながら企業を選びましょう。長く働くイメージが持てなければ、短期離職をくり返してしまいます。

また、企業側から「育てがいがある」「うちの会社でも活躍してくれそう」と思ってもらえるよう、積極的にアピールしましょう。

これまでの仕事で工夫してきた点を話すと好印象です。

30代の場合

中堅社員として認識されがちな30代は、実績やスキルが求められる可能性があります。20代と比べると、未経験職種へのハードルはやや高いでしょう。

しかし、同業種・同職種への転職なら即戦力として見なされ、採用に結びつきやすい傾向もあります。これまでの実績を存分にアピールしてください。

また、部下や後輩の育成・プロジェクトの推進などマネジメント力がある人も重宝されやすいです。

具体的なエピソードを交えると、説得力が増しますよ。

40代~50代の場合

若手世代と比較すると、40代~50代の転職は難易度が高めです。しかし、諦めずに求人を探せば、自分に合った仕事が見つかるでしょう。

40代〜50代の転職では、実績やスキルだけでなく、柔軟な姿勢も忘れずにアピールしてください。

ひとつの会社に長く勤めてきた40代~50代は、「本当にうちの会社になじめるのか?」と疑問を抱かれがちです。

新しい職場にも柔軟に対応できるとアピールすれば、きっと採用に結びつくでしょう。
40代におすすめ!
50代におすすめ!

おすすめの転職エージェント4選

当メディアでは、各転職エージェントを独自に評価し、転職エージェント比較ランキングを作成しています。ランキングに関する根拠ページはこちらからご覧いただけます。また各転職エージェントの基本情報一覧はこちらでご確認いただけます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 利用者の62.7%が年収アップを実現※1
  • 業界トップクラスの求人数※2
  • 転職支援実績No.13
  • 完全無料

なるべく多くの求人を見てから選びたい人には、リクルートエージェントがおすすめです。公開・非公開ともに、業界トップクラスの求人数を取り扱っています。※2 

リクルートエージェントは創業から40年以上もの間、数多くの求職者の転職を支援し続けてきました。豊富な転職データを活かしたサポートを受けられるのは、リクルートエージェントならではといえます。

転職エージェント選びに迷ったら、最初にリクルートエージェントに登録しておいて損はないでしょう。

実際に年齢・職種問わず多くの人から利用されており、転職支援実績No.1を誇っていますよ。※3
公開求人数257,466件※2
非公開求人数253,922※2
利用料金無料
対象エリア全国
主な対象年齢層全年齢
※1 転職実績データ | リクルートエージェント 2022.8.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイトを対象・2022.8.19現在 ※3 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績・2020年6月時点)2022.8.19

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 20〜30代の転職におすすめ
  • 転職を無期限でサポートしてくれる
  • 平日の夜・土曜日にも相談可能
  • 完全無料

手厚い転職サポートを受けたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。一般的に転職エージェントは3ヶ月間と期間が定まっている場合がほとんどですが、マイナビエージェントなら利用者が納得いくまで親身にサポートしてくれます。

平日の夜・土曜日にも相談可能なので、働きながらの転職活動を考えている人や、長期的に転職活動を続けたい人にもうってつけです。

また、第二新卒や若手向けの求人を豊富に取り扱っていることから、主に20〜30代を中心に人気を集めています。

中小企業を中心に、幅広い業界・職種の求人を保有していますよ。
公開求人数要問い合わせ
非公開求人数要問い合わせ
利用料金無料
対象エリア全国 
主な対象年齢層20〜30代
株式会社ゼロアクセル調べ マイナビエージェント公式サイト対象 2022.8.19現在

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める※1
  • 年収600万円以上を目指す人におすすめ
  • 自分に合った担当者を選べる
  • 登録後は職務経歴書を登録するだけでOK
  • 優良企業から直接スカウトが届く

年収600万円以上でハイキャリアの求人を目指したい人には、ビズリーチがおすすめです。ビズリーチは、ハイクラス・エグゼクティブ向けのスカウト型転職エージェントです。

職務経歴書を登録した後は、スカウトを待つだけでOK。優良企業から直接スカウトが届くこともあり、スムーズに転職活動を進められる可能性があります。

ビズリーチは転職エージェントのなかではめずらしく、自分で担当者を選べます。各業界に精通した一流のヘッドハンターに相談することで、転職活動の効率もアップすることでしょう。

まずは無料プランで気軽に登録してみてはいかがでしょうか。
公開求人数81,621件※2
非公開求人数要問い合わせ
利用料金無料プラン: 無料 タレント会員: 3,278円(税込) ハイクラス会員: 5,478円(税込)
対象エリア全国
主な対象年齢層全年齢
※1 ビズリーチ調べ(2021年1月)2022.8.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・ビズリーチ公式サイト 2022.8.19

doda

doda
dodaのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 大手優良企業への転職を目指す人におすすめ
  • 無料の転職イベント・セミナーが豊富
  • 年収査定・転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツが充実
  • 完全無料

大手優良企業への転職を目指しているなら、doda転職エージェントがおすすめです。幅広い業界・職種の求人を取り扱っており、多くの選択肢から自分に合った求人を探せます。

doda転職エージェントは、転職に関する無料のイベント・セミナーが豊富。現在はオンラインを中心に、書類選考や面接対策に役立つイベント・セミナーを随時開催しています。

他にも、年収査定や自己PR診断、転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツも充実しています。気軽に転職のヒントを得られるでしょう。

転職を悩んでいる人もまずは無料登録してみることをおすすめしますよ。
公開求人数151,978
非公開求人数要問い合わせ
利用料金無料
対象エリア全国
主な対象年齢層全年齢

まとめ

今回は、「仕事したくない」「会社に行きたくない」人に向けて、そのように考えてしまうおもな理由や対処方法などを解説しました。多かれ少なかれ仕事に関する悩みは誰しも抱えています。しかし、そんなときに自分を甘えだと責めたり、無理に頑張ろうとしたりするとうつ病や不眠症など心身ともに不調を起こしてしまう恐れがあります。

どうしても仕事に行きたくないと感じたときには無理せず、休むことも解決策の一つだと頭に入れておきましょう。

また、どうしても現在働いている仕事が合わないのなら、転職も視野にいれてみてください。転職して職場が変わるだけで、仕事へのやる気が180度変わる人も少なくありません。自分に合った仕事を見つけられれば、「仕事したくない」という悩みからも解放されるでしょう。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

【仕事に行きたくないときの理由と対処法ランキング】男女500人アンケート調査 2022.8.19
https://bizhits.co.jp/media/archives/8509


転職ノウハウの関連記事
おすすめの記事