ソニー 転職
最終更新日

ソニーへ転職は難しい?難易度や年収、成功のポイントを解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月13日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「ソニーに転職したい!」「ソニーの転職難易度は高いの?」と考えている人もいるのではないでしょうか。ソニーは日本を代表する企業のひとつでもあり、誰しも一度は名前を聞いたことがあるはずです。ソニーに転職すると規模の大きい仕事に携われる機会が多く、仕事にやりがいを見出したい人や、モチベーションを常に高めていきたい人にうってつけです。

しかし、いざソニーに転職しようと思い立っても、本当に自分がソニーに転職できるのか不安を抱えてしまう人もいるでしょう。そこで本記事では、ソニーに転職したい人に向けて、ソニーの転職難易度後悔・失敗しないためのポイントなどを詳しく解説します。

他にも、ソニーの平均年収やおすすめの転職エージェントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

ソニーの基本情報

まずは、ソニーの基本情報から解説します。資本金や社員数などは、転職するうえで知っておくべき情報のひとつです。

会社名 ソニーグループ株式会社
創立日 1946年5月7日
資本金 8,804億円(2022年3月31日付)
社員数 108,900名(2022年3月31日現在)

ソニーは76年前に設立された歴史ある企業です。終戦の翌年にソニーの前身である「東京通信工業株式会社」が設立され、当初は電子機器によって日本の未来を切り開いていきました。

資本金が8,804億円、社員数が108,900名となっており、資本力の高さや組織の大きさが伝わります。影響力の大きい仕事をしてみたい人にうってつけです。

なお、本社は東京都港区に構えています。そのほかに、神奈川県の厚木市や藤沢市、宮城県の多賀城市などにも拠点を設けているのが特徴です。

東京都内だけでなく、さまざまな場所に拠点があるので自宅から近い職場を選ぶのもおすすめです。

※出典:ソニーグループ『ソニーグループポータル | 会社概要』 2022.7.13

ソニーのおもな事業

ここからは、ソニーのおもな事業を3つご紹介します。ひとつずつチェックしていきましょう。

ソニーのおもな事業内容

ゲーム&ネットワークサービス

タブレットで作業する男性出典:Pixabay

ソニーと聞いたらまず、ゲームやネットワークサービスをイメージする人も多いのではないでしょうか。ソニーのゲームは世界中から支持されており、需要は高まる一方です。

代表的なゲーム機器に、プレイステーションが挙げられます。新機種が発売されると入手困難になるほどの人気ぶりです。

昨今ではe-スポーツが徐々に地位を築いており、今後ますますゲーム産業は注目を集めることでしょう。

ゲームが好きな人だけでなく、成長が著しい事業に携わりたい人にもおすすめです。

音楽

ソニーでは音楽に関する事業も盛んです。ソニーミュージックという関連会社を立ち上げ、音楽ソフトの企画・制作・宣伝を行っています。

そのほかにも、アーティストの発掘や育成にも力をいれており、次世代を担うアーティストを多数排出しているのも特徴です。

音楽出版事業やマーケティング事業も展開し、多角的な視点から音楽産業をリードしています。

エンターテイメントが好きな人なら、楽しみながら仕事に打ち込めるでしょう。

映画

映画の事業を担っているのが、ソニーピクチャーズです。おもに映画やテレビ番組などの企画・制作・配給といった工程を一気通貫で行っています。

世界中から支持を集めているハリウッド作品だけでなく、人気漫画の実写版映画や知る人ぞ知る監督の映画など、手掛けている作品は多種多様です。

昨今では巣ごもり需要から、映画の配信サービスも人気を集めています。

映画産業は今後も人気の高いビジネスだと予測できるでしょう。

ソニーの転職難易度は?

壁を見る男の人出典:Pixabay

続いて、ソニーの転職難易度をチェックしていきましょう。dodaの「転職人気企業ランキングTOP300」によると、ソニーは3位にランクインしていました。

技術力の高さや世界的に有名である点が、人気を押し上げたようです。求職者からの人気の高さは、転職難易度の高さにもつながります。

ソニーの転職難易度は極めて高いといえるでしょう。しかし、転職できる可能性はゼロではありません。

入念に転職準備をすれば、転職成功への道がきっと開けます。

※出典:転職人気企業ランキングTOP300社-社会人が選ぶ“働きたい企業”は? |転職ならdoda(デューダ) 2022.7.13

ソニーの平均年収

お金 植物出典:Pixabay

続いて、ソニーの平均年収をチェックしていきましょう。ソニーの有価証券報告書を確認してみると、平均年収は約1,044万円※1という結果になりました。

ちなみに、dodaの調査によると、日本人全体の平均年収は403万円※2です。ソニーの平均年収は日本人全体よりも、およそ640万円高いことがわかります。

ソニーに転職すれば、年収アップを目指せるでしょう。

現職よりも年収の高い企業に転職したい人は、ぜひソニーへの転職を検討してみてください。

※1出典:ソニーグループ株式会社「有価証券報告書」 p.12 2022.7.13
※2出典:doda『日本人全体の平均年収』 2022.7.13

ソニーの選考フロー

実際に、ソニーへ転職するとなると、どのようなフローで選考が行われるのでしょうか。選考フローを詳しく解説します。

1. エントリー

パソコンと男の人出典:Pixabay

まずは、ソニーの公式採用サイトへアクセスし、エントリーを行いましょう。職種ごとにフォームがわかれているので、応募したい職種を1つ選んでください。

なお、一度に複数の職種へエントリーすることはできません。

複数の職種に応募してしまうと、応募が無効になってしまう可能性があるので注意が必要です。

2. 書類選考

続いて、書類選考にうつります。エントリー時に提出したレジュメを人事部もしくは、募集部門にてチェックされます。

合否の連絡まで3週間ほどかかるそうなので、気長に待ちましょう。

なお、合否に関わらず連絡がもらえるので安心です。

3. 一次面接

パソコンを持つ手出典:Pixabay

書類選考を通過すると、一次面接を行います。おもに職務に関わる専門的な内容の質問をされるようです。

各部門の社員との面接になるため、事前準備が欠かせません。

業界の知識やソニーの業界内での立ち位置などをおさらいしておくとよいでしょう。

4. 二次面接

一次面接をクリアしたら、二次面接に進みます。二次面接では人事との面接を行うことが多いようです。

また、二次面接時には適性検査も実施されます。

適性検査の内容は明らかになっていませんが、一般教養レベルはおさえておくとよいでしょう。

5. 内定

グッドポーズ出典:Pixabay

すべての選考を通過したら、無事内定です。年収や待遇などについて条件面を提示され、双方合意に至れば入社が決定します。

この時点で不明な点があれば、入社前に必ず確認しておきましょう。

入社日の相談をしておくのも忘れずに行ってください。

ソニーへ転職を成功させるポイント

ここからは、ソニーへ転職を成功させるポイントを解説します。ソニーへ本格的に転職したいと考えているなら、ぜひ参考にしてみてください。

スキルを身につける

昇進出典:Pixabay

まず、スキルを身につけることが大前提です。ソニーの中途採用は未経験者を募集している職種がほとんどなく、相当のスキルが求められます。

例えば、商品企画の職種であれば、「企画・マーケティングの経験が5年以上」と募集資格に定められています。

実務経験がないと選考のスタートラインにも立てません。

まだ経験が浅いと感じているなら、スキルを身につけてから応募しましょう。

転職エージェントを活用する

ソニーへの転職を成功させたいなら、転職エージェントを活用してみてください。転職のプロが多数在籍しているので、きっとあなたの転職を成功に導いてくれます。

ソニーは日本有数の企業かつ、人気度の高い企業でもあるので、転職エージェント側も情報収集を絶えず行っていると予測できます。

すでにソニーについて研究されているので、企業研究を効率的に進められるでしょう。

企業研究のやり方がわからない人にもうってつけです。

ソニーに転職したい人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • ソニーグループの公開求人が1,300件以上
  • 実績豊富なアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業の情報

ソニーグループのさまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年7月時点で、ソニーグループの求人は1,363件ありました。

求人をチェックしてみると、社内SEや営業、バックオフィスなど幅広い職種を扱っています。きっと、自分に合った求人が見つかるでしょう。

業界に特化したアドバイザーが多数在籍しているので、実のあるアドバイスを得られるチャンスです。

些細なことでも、気軽に相談してみてください。
公開求人数 229,639件
ソニーの公開求人数 1,363件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.13現在

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報がわかる
  • 豊富な転職ノウハウを提供してくれる
  • 応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けられる

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、type転職エージェントがおすすめです。type転職エージェントでは、求人票に掲載されていない情報を教えてくれます。

例えば、ソニーの企業カルチャーや働く人の様子などを教えてくれるでしょう。ソニーの情報を選考前に得られるチャンスです。

また、応募書類の添削や面接対策などを実施してくれるのも魅力です。

転職活動がはじめての人にも、丁寧にレクチャーしてくれますよ。
公開求人数 5,821件
ソニーの公開求人数  13件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※株式会社ゼロアクセル調べ・type転職エージェント公式サイト対象・2022.7.13現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 採用担当者から直接スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を各地で開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

スピーディーに転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴やスキルを登録しておくと、採用担当者からスカウトを受け取れる可能性があります。

特に、ソニーの中途採用は経歴やスキルが重要視されがちです。採用担当者にヒットする経歴やスキルがあれば、思いがけないスカウトを受け取れるかもしれません。

そのため、経歴やスキルは丁寧に記載しておくことが大切です。

時間をかけて記載することをおすすめします。
公開求人数 145,329件
ソニーの公開求人数 787件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.13現在

まとめ

今回はソニーに転職したい人に向けて、転職難易度や平均年収、後悔・失敗しないためのポイントを解説しました。ソニーは世界的にも有名な企業であり、求職者からの人気が高いことでも知られています。転職難易度は極めて高く、狭き門であることは間違いありません。しかし、入念に対策をすれば、きっと転職成功の道が開けるでしょう。

ソニーへの転職を本格的に成功させたいなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職のプロから、実のあるアドバイスを受けられます。また、応募書類の添削や面接対策などの選考サポートを実施してくれるのも魅力です。ぜひこの記事を参考にして、ソニーへの転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

ソニーグループポータル | 会社概要 2022.7.13
https://www.sony.com/ja/SonyInfo/CorporateInfo/data/

転職人気企業ランキングTOP300社-社会人が選ぶ“働きたい企業”は? |転職ならdoda(デューダ) 2022.7.13
https://doda.jp/guide/popular/?st=true&argument=MC76WbSa&dmai=a5c8b581ebc34c&cid=001004020060002&gclid=CjwKCAiAsOmABhAwEiwAEBR0Zkd-o5kStYM69IZptsifmjPlaSmZcf_s1ircoyWaA1mk-gUrCY03wBoCDgEQAvD_BwE&gclsrc=aw.ds

年収のすべてが分かる特設サイト。日本のビジネスパーソン(サラリーマン)の平均年収/生涯賃金を、約45万人の年収データから算出。職種、業種、都道府県、年齢、性別、過去のデータ、ランキングなど、さまざまな切り口からご紹介します。【最新版】 2022.7.13
https://doda.jp/guide/heikin/#:~:text=2021%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%81%AF403%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%A7,6%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%AE%E6%B8%9B%E5%B0%91

ソニーグループ株式会社「有価証券報告書」 p.12 2022.7.13
https://www.sony.com/ja/SonyInfo/IR/library/r2_q4.pdf

転職エージェントならリクルートエージェント 2022/7/12
https://www.r-agent.com/

転職ならtype転職エージェント|納得感を大切にする転職・求人サイト 2022/7/12
https://type.career-agent.jp/

転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022/7/12
https://doda.jp/


おすすめの記事