転職 相談
最終更新日

転職相談は誰にすべき?おすすめの相手・事前に準備しておくこと

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月19日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「転職の相談を誰にしたらいいかわからない…」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。家族・上司・コンサルタントなど相談相手にはさまざまな候補がありますが、実は誰にでも相談すればいいわけではありません。誤った相手に相談すると有益なアドバイスを得られないだけでなく、転職活動の方向性を迷ってしまう可能性もあります。

そこで本記事では、転職の相談におすすめな相手は誰なのか詳しく解説します。この記事を読めば、転職活動の相談を誰にすべきなのかという悩みがすぐに解決できるでしょう。

転職活動に悩みを抱えている人はもちろん、これから転職活動をはじめようとしている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

転職相談したい人が抱えがちな悩みとは?

まずは、転職相談したいと考えている人が抱えがちな悩みをご紹介します。現在の自分の状況と照らしあわせながら読んでみてください。

給料が上がらない

お金で悩む人出典:Unsplash

給料が上がらないことに悩んでいる人は多いようです。いくら仕事を頑張っても、給料に還元されなければモチベーションを保てなくなってしまうでしょう。

給料が上がらない原因として、「斜陽産業・業績の悪い企業にいる」「正当に評価されていない」「年功序列制度が採用されている」などが挙げられます。

上記のような特徴の企業にいたままでは、給料アップをすぐに叶えることは難しいでしょう。

給料が上がらないことに悩んでいる人は、転職を視野にいれてみてください。

残業・休日出勤が負担に感じる

残業・休日出勤が重なれば重なるほど、心身の負担が大きくなります。プライベートの時間を満足にとれず、なんのために働いているのかわからなくなってしまう人もいるでしょう。

働き方改革が進む昨今では、労働時間を厳しく規制しています。それにも関わらず、慢性的に労働時間が多い企業で働いているなら、転職を視野にいれるのがおすすめです。

労働時間が増えれば増えるほど、本人が気づかないうちに疲労が蓄積され、気づいたときには手遅れな状態になることも少なくありません。

特に労働時間が多くて体調を崩しがちな人は、職場を変えると改善されることもありますよ。

仕事にやりがいをもてない

パソコンを見てる男の人出典:Pixabay

仕事にやりがいをもてず、転職相談したい人も数多く見受けられます。仕事にやりがいがもてないと、モチベーション低下にもつながるので要注意です。

特に、ルーティーンワークをしている人は、やりがいをもちにくいという傾向があります。日々の業務をするうえで刺激が少なく、なんのための仕事なのか意義を見いだせなくなっているのです。

今いる部署の仕事にやりがいを見いだせないなら、異動を申し出るという手段もあります。

しかし、異動が叶わないのであれば、転職がおすすめです。

人間関係に悩んでいる

職場の人間関係に悩んでいる人もいるでしょう。週に5日・8時間以上顔を合わせなくてはならない職場の人と良い人間関係を築けないと、居心地が悪くなってしまいます。

直属の上司や教育係の先輩と相性が悪い場合、仕事を覚えることさえもままならなくなるでしょう。仕事を覚えられないとさらに萎縮してしまいがちです。

いくら同じ企業に勤める社員といっても、人間同士なので相性が合わない可能性もゼロではありません。

自分が悪いんだと責めすぎることなく、人間関係のよい職場へ転職するのがおすすめですよ。

転職準備をなにからしたらいいかわからない

顔を抑える男性出典Unsplash

転職準備をなにからはじめればいいかわからないという人もよく見受けられます。特に、はじめて転職活動をする人にとっては、なにから始めればいいか迷ってしまうでしょう。

転職を考えている人の多くは、はじめに転職サイトへ登録しがちですがあまりおすすめできません。転職理由があやふやなまま求人を見ても、時間を無駄にしてしまう可能性が高いからです。

まずは、「なぜ転職したいと考えているのか」「転職しないと現在抱えている悩みは解決しないのか」徹底的に考えることをおすすめします。

もやもやしたまま転職活動をはじめても、軸がぶれてしまうので注意です。

転職相談は誰にすべき?

それでは、実際に転職相談は誰にすべきなのでしょうか。転職相談にうってつけの相手・相談窓口をご紹介します。

OB・OG社員

現在働いている職場のOB・OG社員は転職相談にうってつけです。実際に同じ職場に勤めていただけあって、転職活動におけるイメージを持ちやすくなるでしょう。

転職活動時に、どのようなポイントを企業へアピールしていたのか聞いておくのもおすすめです。志望動機や自己PRを考える際に、参考になるでしょう。

しかし、現職をすでに退職した社員と知り合うのはハードルが高い場合があります。

在職中にできるだけ人脈を広げておくことが大切ですよ。

ハローワーク

話し合う男性出典:Unsplash

ハローワークも転職相談におすすめの相手です。ハローワークとは、就職希望者の就職・転職を支援している公的な窓口のことを指します。

ハローワークではキャリア相談を実施しており、転職活動中に悩んだらアドバイスをもらえるのがメリットです。これまでさまざまな求職者を担当してきた職員から、実のある助言を得られるでしょう。

しかし、ほとんどのハローワークでは、利用時間が平日の日中です。

在職しながらハローワークへ相談に行くのは、やや難しい場合があります。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントに相談するのもよいでしょう。キャリアコンサルタントは国家資格を取得しないと名乗れないため、キャリアのスペシャリストともいえます。

これまでの経歴を深掘りしながら、あなたのキャリア観を言語化してくれるのが魅力です。自分でも気づいていなかった価値観を深掘りしてくれるでしょう。

しかし、キャリアコンサルタントへ相談する際は、金銭が発生する点に注意が必要です。

人気のキャリアコンサルタントになればなるほど、相談料が高額になる可能性もあります。

要注意の転職相談相手とは?

一方、転職相談をするにあたって、要注意な人物はいるのでしょうか。それぞれ確認していきましょう。

現職の同僚や上司

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

現職の同僚や上司への相談は、極力避けたほうが無難です。いくら信頼しているからといって、本格的に現職を退職するフェーズにうつるまでは伏せておきましょう。

同僚・上司問わず現職の社員に伝えると、社内に知れ渡ってしまうリスクがあるからです。噂が広まってしまうと、居心地が悪くなってしまうかもしれません。

また、転職初期に引き留めにあってしまうと、転職活動がしにくくなる可能性もあります。

余計なトラブルを防ぐためにも、現職の社員には相談しないようにしましょう。

家族や恋人

意外にも、家族や恋人も転職相談を控えることをおすすめします。家族や恋人は一番身近にいる相手なので、思わず転職相談したくなることもあるでしょう。

家族や恋人は距離が近い分、冷静な意見をもらいにくいという側面があります。特に、子どもがいる家庭では、家族のほうが転職に慎重になる可能性もゼロではありません。

自分のなかでも転職しようか迷っているなら、家族や恋人に相談するよりも、自分の気持ちを明確にすることが大切です。

転職したいという確固たる意思をもってはじめて、家族や恋人に打ち明けてみましょう。

転職エージェントに相談するのもおすすめ!

転職相談をするなら、転職エージェントもおすすめです。ここからは、転職エージェントを利用するメリットをご紹介します。

実のあるアドバイスをもらえる

実のあるアドバイスをもらえるのが、転職エージェントを利用するメリットです。転職エージェントは、これまで多くの人の転職をサポートしてきた実績があります。

「本当に転職すべきなのか」「今の職場に残ったほうがいいのか」という初歩的なことでも相談にのってくれるので、ぜひ気軽に利用してみてください。

また、転職エージェントには業界に精通したキャリアアドバイザーが在籍しており、希望業界について詳しく教えてくれるでしょう。

業界研究の進め方がわからない人にもおすすめです。

自分に合った求人提案が期待できる

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

自分に合った求人提案が期待できるのも、転職エージェントを利用するメリットです。キャリアアドバイザーに相談した内容をもとに、おすすめの求人を提案してくれます。

求人のなかには、非公開求人というほかの転職サイトに掲載されていない求人もあります。高待遇の求人が比較的多いため、年収アップやキャリアアップを考えている人にもおすすめです。

もちろん選考を受けるかどうかは、後日判断しても構いません。

求人の選択肢を広げられるチャンスでもあるので、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

選考サポートを受けられる

転職エージェントを利用すると、選考サポートを受けられるというメリットもあります。例えば、履歴書・職務経歴書をはじめとした応募書類の添削を受けられるのが魅力です。

また、面接が苦手な人には、模擬面接を実施してくれます。本番で想定される質問を実際に投げかけてくれるので、よい練習になるでしょう。

もちろんこれらの選考サポートも、すべて無料で受けられる転職エージェントがほとんどです。

はじめて転職活動する人にとって、心強い味方になってくれますよ。

無料相談できる転職エージェントおすすめ4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 利用者の62.7%が年収アップを実現※1
  • 業界トップクラスの求人数※2
  • 転職支援実績No.13
  • 完全無料

なるべく多くの求人を見てから選びたい人には、リクルートエージェントがおすすめです。公開・非公開ともに、業界トップクラスの求人数を取り扱っています。※2 

リクルートエージェントは創業から40年以上もの間、数多くの求職者の転職を支援し続けてきました。豊富な転職データを活かしたサポートを受けられるのは、リクルートエージェントならではといえます。

転職エージェント選びに迷ったら、最初にリクルートエージェントに登録しておいて損はないでしょう。

実際に年齢・職種問わず多くの人から利用されており、転職支援実績No.1を誇っていますよ。※3
公開求人数 233,526件※2
非公開求人数 273,022※2
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 転職実績データ | リクルートエージェント 2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイトを対象・2022.7.19現在 ※3 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績・2020年6月時点)2022.7.19

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 20〜30代の転職におすすめ
  • 転職を無期限でサポートしてくれる
  • 平日の夜・土曜日にも相談可能
  • 完全無料

手厚い転職サポートを受けたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。一般的に転職エージェントは3ヶ月間と期間が定まっている場合がほとんどですが、マイナビエージェントなら利用者が納得いくまで親身にサポートしてくれます。

平日の夜・土曜日にも相談可能なので、働きながらの転職活動を考えている人や、長期的に転職活動を続けたい人にもうってつけです。

また、第二新卒や若手向けの求人を豊富に取り扱っていることから、主に20〜30代を中心に人気を集めています。

中小企業を中心に、幅広い業界・職種の求人を保有していますよ。
公開求人数 要問い合わせ
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国 
主な対象年齢層 20〜30代
株式会社ゼロアクセル調べ マイナビエージェント公式サイト対象 2022.7.19現在

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める※1
  • 年収600万円以上を目指す人におすすめ
  • 自分に合った担当者を選べる
  • 登録後は職務経歴書を登録するだけでOK
  • 優良企業から直接スカウトが届く

年収600万円以上でハイキャリアの求人を目指したい人には、ビズリーチがおすすめです。ビズリーチは、ハイクラス・エグゼクティブ向けのスカウト型転職エージェントです。

職務経歴書を登録した後は、スカウトを待つだけでOK。優良企業から直接スカウトが届くこともあり、スムーズに転職活動を進められる可能性があります。

ビズリーチは転職エージェントのなかではめずらしく、自分で担当者を選べます。各業界に精通した一流のヘッドハンターに相談することで、転職活動の効率もアップすることでしょう。

まずは無料プランで気軽に登録してみてはいかがでしょうか。
公開求人数 79,685件※2
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料プラン: 無料 タレント会員: 3,278円(税込) ハイクラス会員: 5,478円(税込)
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 ビズリーチ調べ(2021年1月)2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・ビズリーチ公式サイト 2022.7.19

doda

doda
dodaのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 大手優良企業への転職を目指す人におすすめ
  • 無料の転職イベント・セミナーが豊富
  • 年収査定・転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツが充実
  • 完全無料

大手優良企業への転職を目指しているなら、doda転職エージェントがおすすめです。幅広い業界・職種の求人を取り扱っており、多くの選択肢から自分に合った求人を探せます。

doda転職エージェントは、転職に関する無料のイベント・セミナーが豊富。現在はオンラインを中心に、書類選考や面接対策に役立つイベント・セミナーを随時開催しています。

他にも、年収査定や自己PR診断、転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツも充実しています。気軽に転職のヒントを得られるでしょう。

転職を悩んでいる人もまずは無料登録してみることをおすすめしますよ。
公開求人数 147,893
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢

転職相談するメリット

転職相談すると、どのようなメリットを得られるのでしょうか。それぞれのメリットを詳しく解説します。

気持ちが楽になる

転職相談すると、気持ちが楽になるというメリットを得られます。転職に関する悩みごとを受けとめてくれるだけでも、リラックスできるでしょう。

いくら転職が普通の時代になってきたからといって、職場を変えることは人生において早々あるわけではありません。悩みや迷いが生じるのは当たり前です。

たとえ直接悩みが解決しなくても、誰かに相談できれば負担が軽くなるケースも多々あります。

悩みを抱えがちな人は、なおさら相談することをおすすめしますよ。

客観的な視点でアドバイスしてくれる

壁を見る男の人出典:Pixabay

客観的な視点でアドバイスをもらえるのも、転職相談するメリットといえます。転職活動は自分自身と向き合う時間が長いため、視野が狭くなりがちです。

第三者目線でアドバイスをもらえれば、視野が広がることもあるでしょう。特に、転職しようか悩んでいる人におすすめです。

また、自分ではわからなかった価値観や強みに気づけることもあります。

新たな自分の可能性を探るためにも、転職相談は必要ですよ。

転職にかける自身の気持ちに気づける

転職における自身の気持ちに気づけるのも、転職相談するメリットです。第三者に転職の相談をすることで、覚悟が決まっていく人も少なくありません。

一人で悩んでいるうちは、転職するか迷ってしまいがちです。相談をすることで、「本当は転職したかったんだ」という自分の思いに気づかされます。

誰かに相談した時点でまだ迷っているなら、今は転職するタイミングではないと判断するのもおすすめです。

気持ちが揺らがなくなってはじめて、転職活動のスタートラインに立てますよ。

転職相談する際の注意点

一方、転職相談する際に注意すべきポイントはあるのでしょうか。それぞれチェックしていきましょう。

意思が揺らいでしまうこともある

顔を抑える男性出典Unsplash

転職相談すると、意思が揺らいでしまうこともあります。特に、家族や恋人に相談してしまった場合、あなたを心配するあまり「転職はやめたほうがいい」と回答する人もいるでしょう。

ここで意思が揺らいでしまうのであれば、現時点の転職はおすすめできません。誰かに反論されてもやり切る覚悟がなければ、転職活動は難しい可能性が高いです。[

意思が揺らぐということは、転職理由を明確にできていない場合があります。

急いで転職活動を進めようとせず、じっくり考えることが大切ですよ。

引き留めに合う可能性が高い

引き留めに合う可能性が高いのも、転職相談の注意ポイントです。例えば、直属の上司に相談してしまうと、より引き留めに合う可能性があります。

なかには「退職者を出さない」という評価項目が定められている企業もあるのです。退職者を一人でも出してしまったら、上司の評価が下がる仕組みです。

また、うっかり同僚に転職したい旨を話してしまい、噂が広がる可能性もあります。

噂が上司の耳に入り、引き留めに合うことも往々にしてあるでしょう。

転職相談する前にしておくべきこと

実際に、転職相談する前にしておくべきことはあるのでしょうか。おもな2つのポイントを解説します。

なにに悩んでいるのか明確にする

チェックリスト出典:Pixabay

現時点で、どのようなことに悩んでいるのか明確にすることが大切です。例えば、人間関係・給料・仕事にやりがいをもてないといった理由が挙げられます。

悩みを言語化することによって、「愚痴をきいてほしいだけなのか」「転職を視野にいれたアドバイスがほしいのか」が明確になるでしょう。

また、現職で悩んでいることが具体的にわかると、新しい職場に求めることが浮き彫りになります。

すぐに転職相談を持ちかける前に、まずは自分のなかで整理してみましょう。

転職先で譲れない条件を整理する

転職先で譲れない条件を整理しておくことも大切です。特に、転職エージェントに求人紹介をお願いする際は、事前に譲れない条件を考えておきましょう。

転職活動の軸が定まっていない状態で求人をチェックしても、あいまいなまま終わってしまいます。膨大な求人数を確認しなければならず、時間や労力がかかってしまうでしょう。

その点、譲れない条件を整理しておくことで、条件に合致している求人だけを閲覧できます。

転職活動を長引かせないためにも、譲れない条件を洗い出しておきましょう。

まとめ

今回は、転職相談を誰にすべきか迷っている人に向けて、おすすめの相談相手や転職相談するメリットを解説しました。転職相談を行うことで気持ちが楽になるだけでなく、転職にかける自身の気持ちにも気づけます。相談相手は慎重に選びつつ、現時点で悩んでいることを伝えてみるとよいでしょう。

転職相談するなら、転職エージェントもおすすめです。これまでさまざまな求職者の転職サポートをしてきた実績があるので、実のあるアドバイスを得られるでしょう。今回ご紹介したほとんどの転職エージェントは、対面・Web・電話での無料相談が可能です。まずは気軽に相談だけでもしてみてはいかがでしょうか。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.6.7
https://www.r-agent.com/
転職エージェントならマイナビエージェント|求人・転職サイト 2022.6.7
https://mynavi-agent.jp/
転職ならdoda(デューダ) - 転職を成功に導く求人、転職情報が満載の転職サイト 2022.6.7
https://doda.jp/
選ばれた人だけのハイクラス転職サイト【ビズリーチ】2022.6.7
https://www.bizreach.jp/


転職ノウハウの関連記事
おすすめの記事