教師 転職
最終更新日

教師からの転職は難しいって本当?成功させるためのコツを解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年8月8日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「教師から異業種に転職したい!」「教師を辞めて別の道に進みたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。教師は生徒に学問を教えるだけでなく、人生の相談役を担うやりがいのある仕事です。しかし、実際はサービス残業を強いられたり、保護者からのクレーム対応に追われたりなど、身体的・精神的な負担を抱えてしまうのも事実です。

ただ、いざ教師から異業種へ転職しようと思い立っても、いまひとつ勇気が出せず行動に移せない人もいるでしょう。そこで本記事では、教師から異業種への転職を考えている人に向けて、転職するメリットやおすすめの転職先、後悔・失敗しないためのポイントを解説します。

記事の後半では、おすすめの転職エージェント・サイトを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

教師からの転職が難しいといわれる理由

一般的に、教師は異業種への転職が難しいと言われがちです。おもな理由を2つ解説します。

教師はビジネス経験が乏しいと思われがちだから

異業種への転職が難しい理由のひとつに、教師はビジネス経験が乏しいと思われがちな点が挙げられます。

大学卒業後にそのまま教師になった人が多く、民間企業を経験している教師はごくわずかです。そのため、ビジネス感覚が身についていないと判断されてしまいがちです。

中途採用はあくまで即戦力を求めているため、ビジネス経験がない教師は選考のハードルが高くなってしまうのです。

ただ、教師時代に培った経験をアピールできれば、きっと道は開けますよ。

業務が忙しくて転職活動に時間を割けないから

砂時計出典:Pixabay

業務が忙しいあまり、転職活動に時間を割けないのも教師の転職が難しいといわれる理由のひとつです。

先述したとおり、長時間労働や休日出勤を余儀なくされる教師は多く見受けられます。平日に面接へ行くことさえ、叶わない人もいるでしょう。

有給休暇や休職期間を計画的に活用しながら、転職活動を地道に進めていく方法がおすすめです。

効率的に転職活動を進められるよう、計画を練っておきましょう。

教師が転職を考えるおもな理由

ここからは、教師が転職を考えるおもな理由を解説します。自分が置かれている現在の状況と照らし合わせてみましょう。

1. 長時間労働や休日出勤が多い

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

長時間労働や休日出勤の多さに耐えられず、転職を考える教師が多く見受けられます。教師の拘束時間の長さは、もはや社会問題にまで発展しているのが現状です。

ただ授業を行うだけでなく、授業の準備やテストの採点、校内行事の準備など教師の業務は多岐に渡ります。

また、部活の顧問を担当している場合、たとえ土日であっても顔を出さなくてはなりません。

プライベートの時間が取れず、心身ともに疲弊してしまうでしょう。

2. 保護者対応による疲弊

教師は生徒と接する以上、保護者とも良好な関係を築かなければなりません。しかし、なかにはいわゆるモンスターペアレントと呼ばれる保護者も存在します。

モンスターペアレントとは、学校側に理不尽やクレームを入れたり、我が子のために自己中心的な行動をとる保護者を指します。

こうした保護者への対応は一筋縄ではいかず、貴重な時間や体力を奪われてしまいがちです。

何度も保護者と接していくうちに、教師を辞めたくなってしまう人もいます。

3. アナログな職場環境

頭を抱える男性出典:Unsplash

アナログな職場環境に嫌気が指し、教師から別の職場へ転職したいと考える人も少なくありません。

というのも、デジタル化が進んでいる現在においてもなお、アナログな方法を採用している学校が多く見受けられるからです。

特に、公立校の場合は予算がなく、デジタル化に踏み切れないケースが多々あります。

非効率的なアナログのやり方では、業務に支障をきたしてしまうでしょう。

4. 年功序列型のカルチャー

教師が異業種への転職を考える理由のひとつに、年功序列型のカルチャーが根強い点が挙げられます。

多くの学校では年功序列の風土が未だに残っており、たとえ上司の指示に納得できなくても、従わざるを得ません。

フラットな関係を築きたいと考えている人にとって、年功序列は大きな足枷となってしまうでしょう。

フラットな関係を築ける職場は、世の中にたくさんありますよ。

5. 生徒への指導の難しさ

顔を抑える男性出典Unsplash

生徒への指導が難しく、教師から別の職業へ転職したいと考えている人も少なくありません。生徒との関係構築は、想像以上に大変です。

特に、思春期を迎える中高生は、教師への反発心が高い傾向があります。まともに話を聞いてくれないと、いくら教師といえど心が折れてしまうでしょう。

生徒への指導が思うようにいかず、精神を病んでしまう人もなかにはいます。

精神面の限界を迎える前に、異業種への転職を検討してみてください。

教師から異業種へ転職する4つのメリット

教師が異業種へ転職すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

1. プライベートの時間を確保しやすい

母親と子供出典:Pixabay

教師が異業種へ転職すると、プライベートの時間を確保しやすいというメリットがあります。

昨今では働き方改革に伴い、残業時間を厳しく制限している民間企業が多々あります。なかには、一定の時間を超えると、パソコンが強制的にシャットダウンされる企業もあるほどです。

長時間労働から解放されることによって、趣味や遊びなどのプライベートの時間を謳歌できます。

家族との時間を持ちやすくなるのも、メリットといえますね。

2. 精神的負担から解放される

精神的な負担から解放されるのも、異業種へ転職するメリットです。教師という職業は、常に生徒の見本であることを求められます。

しかし、民間企業へ転職することで、生徒のお手本というプレッシャーから解放されるでしょう。ハメを外す必要はありませんが、肩の荷が降りるのは間違いありません。

日常生活で気を張らなくても済むため、本来の自分らしさを取り戻せる人もいるでしょう。

教師という職業に精神的苦痛を感じている人は、ぜひ転職を視野にいれてみてください。

3. キャリアの選択肢が広がる

スーツを着る男性出典:Unsplash

教師から異業種へ転職すると、キャリアの選択肢が広がりやすいです。というのも、教師のキャリアパスは非常に限られているのが現状です。

しかし、民間企業へ転職すれば、多彩なキャリアを描けるチャンスがあります。実績やスキルを身につければ、キャリアアップも夢ではありません。

現時点でスキルがなくても、今後の自分次第でいくらでもキャリアの選択肢を広げられます。

今まで諦めてきた夢に挑戦できるチャンスです。

4. 柔軟な働き方ができる

教師が異業種へ転職すると、柔軟な働き方が叶います。教師は決められた時間内に、必ず職場へ向かわなければなりません。

一方、民間企業のなかには、働く場所を選ばないフルリモート制度や、いつでも好きなときに働けるフルフレックス制度を導入している企業もあります。

柔軟に働ける環境が整っていれば、身体的・精神的な負担を軽減できるでしょう。

転職先を探す際は、柔軟な働き方ができるかどうかも、チェックしてみてください。

教師から異業種へ転職する3つのデメリット

一方、教師が異業種へ転職するとデメリットは生じるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

1. 公務員の手厚い福利厚生がなくなる

教師が異業種へ転職することによって、公務員の手厚い福利厚生制度を受けられないというデメリットが生じます。

公務員の福利厚生の一例として、交通費の全額支給や3年間もの育休制度などが挙げられます。公務員の肩書があれば、大きな恩恵を受けられるのです。

一方、公務員ほどの手厚い福利厚生を受けられない企業も多々あります。

慣れないうちは、公務員と民間企業のギャップに驚いてしまうでしょう。

2. 年収ダウンの可能性がある

お金で悩む人出典:Unsplash

教師が異業種へ転職すると、年収がダウンするかもしれません。教師は年功序列制度によって毎年昇給していき、夏冬に2回のボーナスをもらえるのが一般的です。

しかし、民間企業の場合は業績が振るわなければ、給料・ボーナスカットの可能性も十分考えられます。

さらに未経験者が入社する際、基本的に給料は低く設定されがちです。

一時的に教師時代の年収より下がってしまうこともあるでしょう。

3. 民間企業へなじむのに時間がかかる

民間企業へなじむのに時間がかかるのも、教師が異業種へ転職するデメリットのひとつです。

学校と民間企業ではそもそも空気感が大きく異なり、最初は企業カルチャーにマッチしないと感じてしまう人も少なくありません。

しかし、新しい職場で同僚と顔を合わせるうちに、自然となじんでいくでしょう。

前向きな姿勢で、明るいコミュニケーションを心がけてください。

教師におすすめの転職先

ここからは、教師におすすめの転職先を2つご紹介します。まだ転職先の候補を決めかねている人は、ぜひ参考にしてみてください。

教師におすすめの転職先
  • 塾や予備校の講師
  • 教材制作会社

塾や予備校の講師

教室出典:Unsplash

塾や予備校の講師は、教師の経験がある人におすすめです。仕事内容がさほど大きく変わらず、即戦力として働けるでしょう。

また、多くの塾や予備校には、チューターと呼ばれる生徒のサポート役が存在します。基本的に、進路指導や生徒の相談は、チューターが対応します。

そのため、講師は教えることだけに専念でき、業務の負担が軽減されるでしょう。

教師の仕事内容を大きく変えたくない人におすすめです。

教材制作会社

教師の経験を活かせる職業のひとつに、教材制作会社があります。これまで教材を活用していた立場から、教材を制作する立場へとシフトできます。

実際に教材を活用して指導した経験があるため、知見を活かしやすいでしょう。教材をリニューアルする際に、重宝される人材になり得るかもしれません。

なじみのある商材であれば、たとえ異業種であっても十分活躍できます。

担当科目で扱っていた教材制作会社の求人をチェックしてみましょう。

教師から異業種への転職を成功させるコツ

教師が異業種へ転職を成功させるコツをご紹介します。本格的に転職を視野に入れている人は必見です。

教師が異業種への転職を成功させるコツ
  • 転職スケジュールをたてる
  • 転職エージェントを活用する

転職スケジュールをたてる

紙に書く人出典:Pixabay

まずは、転職スケジュールをたてましょう。やみくもに転職活動を始めてしまうと、転職活動が長期化してしまうかもしれません。

教師は年度中の転職が難しい傾向にあり、特に担任を持っているとより転職ハードルは高くなりがちです。

なるべく早めに行動し、納得のいく形で転職活動を終えられるように努めましょう。

必要であれば1年単位でスケジュールを考えることが大切です。

転職エージェントを活用する

教師から異業種へ転職するなら、転職エージェントの活用がおすすめです。転職のプロが多数在籍しており、実のあるアドバイスをもらえます。

教師から異業種へ転職したい旨を話せば、きっと納得のいく転職活動を一緒に考えてくれるでしょう。マンツーマンで転職活動をサポートしてくれるのも魅力です。

また、キャリアアドバイザーとのヒアリングを通じて、あなたに合った求人紹介も期待できます。

希望条件や働き方の理想などを、詳細に話してみてください。

教師からの転職におすすめ転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開求人が23万件以上
  • 各業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍
  • 独自に分析された業界・企業の情報提供

あらゆる業界の情報を得てから転職先を決めたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年7月時点で、公開求人は233,638件もありました。

営業や事務系などのオーソドックスな職種から、手に職をつけられるITエンジニア、教師経験がある人におすすめな予備校の講師など、扱っている求人は多種多様です。

各業界に詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているため、より有益な情報が手に入りやすいでしょう。

独自に分析された業界・企業の情報を提供してくれるのもポイントです。
公開求人数 233,638件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.20現在

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報を得やすい
  • 豊富な転職ノウハウの提供
  • 選考サポートが充実

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、type転職エージェントがおすすめです。type転職エージェントでは、求人票に掲載されていない情報を得られるというメリットがあります。

例えば、企業カルチャーや働く人の様子など、事前に把握しておくとミスマッチを防げるでしょう。特に、民間企業の雰囲気がつかみにくい教師におすすめです。

また、応募書類の添削や面接対策などが充実しており、はじめての転職活動でも心強い味方になってくれます。

わからないことや困ったことがあれば、気軽に相談してみてください。
公開求人数 5,754件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※株式会社ゼロアクセル調べ・type転職エージェント公式サイト対象・2022.7.20現在

doda

doda

おすすめポイント
  • スカウトが届くチャンスがある
  • 転職フェアを各地で開催
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富

効率的に転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでこれまでの経歴を記載しておけば、企業から直接スカウトが届く可能性があります。

特に、教師から民間企業へ転職を考えている人は、企業の目に留まりやすい傾向があります。教師時代に培ってきた実績やスキルをきちんと記載しておきましょう。

また、転職フェアを全国各地で開催しているのも、メリットのひとつです。

さまざまな企業が一か所に集まるため、効率よく情報収集できますよ。
公開求人数 147,087件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.20現在

まとめ

今回は、教師から異業種へ転職したい人に向けて、転職するメリットやおすすめの転職先、後悔・失敗しないためのポイントを詳しく解説しました。教師から異業種への転職は、年齢や業種によっては難しいかもしれません。しかし、資格やスキルを身につけしっかり対策して挑めば、きっと希望のキャリアを築けるでしょう。

教師から異業種へ転職するなら、転職エージェント・サイトの活用がおすすめです。特に転職エージェントの場合は、履歴書の添削や面接対策などの選考サポートを受けられるので、はじめて転職する人でも安心です。まずは無料で相談してみてはいかがでしょうか。

ぜひこの記事を参考にして、教師から異業種への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.07.20
https://www.r-agent.com/

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen 2022.07.20
https://www.green-japan.com/

・【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ)2022.07.20
https://doda.jp/guide/age/


おすすめの記事