転職 タイミング
最終更新日

転職のベストタイミングはいつ?転職時期のヒントを徹底解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年6月14日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「どのタイミングで転職すべき?」「転職におすすめの時期っていつ?」と疑問に感じている人も多いのではないでしょうか。いつ転職しても同じだと考えている人も見受けられますが、大きな間違いです。タイミングによって転職の難易度は変わるだけでなく、転職に最適な時期というのも存在します。

いざ転職しようとしても、上司に相談するタイミング・求人が多い時期など、いまひとつ情報がつかめず迷ってしまう人もいるでしょう。そこで本記事では、転職活動に最適なタイミングや時期を詳しく解説します。

退職までの流れや、転職のタイミングを考える際のヒントもあわせて説明するので、ぜひ参考にしてみてください。

【年代別】転職のタイミングと考慮すべきポイント

まずは、年代別に転職のタイミングと考慮すべきポイントを解説します。自分の年代と照らし合わせて、読んでみてください。

新卒3年未満の場合

ビジネスマン 電球出典:Pixabay

新卒3年未満の場合は、いわゆる「第2新卒」として企業から認識されます。第2新卒枠での選考は一般的な中途採用よりも、転職難易度のハードルが低く設定されがちです。

しかし、入社して数ヶ月から半年以内など、短期離職を考えている人は注意しましょう。どのような理由があるにしろ、採用担当者から「うちの会社もすぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまう可能性が高いです。

できる限り短期離職を避けたほうが、第2新卒の転職がうまくいく傾向があります。

ただし、どうしても耐えられない場合は、タイミングを気にする必要はありません。

20代後半の場合

20代後半の転職は、企業・求職者にとってもプラスの傾向があります。特に、異業種や異職種へキャリアチェンジしたいと考えている人にうってつけです。

20代後半は新卒3年未満の人と比べて、ある程度のスキルや知識が身についています。また、20代という若手人材なので、企業からはポテンシャルを評価されやすいのが魅力です。

転職人口のなかでも20代後半は比較的人数が多く、同世代の仲間を見つけやすいのもうれしいポイントといえるでしょう。

思い切ってキャリアチェンジしたい人は、大きなチャンスですよ。

30代前半の場合

チェックリスト出典:Pixabay

30代から転職を考えているなら、できるだけ早いうちに転職に向けて行動することをおすすめします。なぜなら、30代に差しかかると、企業から即戦力としての働きを期待されるからです。

たとえ入社して間もない社員であっても、30代というだけで中堅社員扱いする企業も少なくありません。年を重ねるごとにその傾向は強くなるため、早めの転職が得策です。

また、30代は結婚や出産などのライフイベントを経験する人が増加する年代でもあります。

仕事と育児を両立させたいなら、なおさら早めに動きだしましょう。

30代後半の場合

30代後半で転職を考えている場合、マネジメント経験の有無によって転職難易度は大きく異なります。多くの企業では、30代後半以降の社員をマネジメント職に就かせる可能性が高いからです。

部下の育成に関わって指導したことがある・プロジェクトをまとめたことがあるなど、マネジメントに関わる経験や実績があれば、積極的にアピールしましょう。

一方、マネジメント経験がない人は、専門的な知識やスキルを身につけたことをアピールするのが大切です。

30代以降は即戦力として見なされることを肝に銘じておきましょう。

40代・50代の場合

パソコンを見てる男の人出典:Pixabay

40代・50代で転職をする場合は、20代・30代に比べると転職難易度が大きく異なる可能性が高いです。メンバークラスの求人はほとんどなく、管理職やポジションつきの求人が多い傾向にあります。

20代のように教えてもらう立場ではなく、組織を引っ張っていくことが40代・50代に求められる資質です。そのため、マネジメント経験はもちろん、業界について深い知識も必要となるでしょう。

ただ、40代・50代が必ずしも転職しにくいわけではありません。

これまでの実績やスキルをきちんとアピールできれば、きっと道は開けるでしょう。

転職に最適な時期はある?

ここからは、転職に最適な時期をお伝えします。転職時期をいつにしようか悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

中途採用の求人は2・3月、8・9月に増えがち

まず、前提として中途採用の求人は2・3月と8・9月に増えがちです。新年度が始まる4月や決算に向けて体制を整えるべく、人員を強化している企業が多い傾向にあります。

さまざまな求人を見比べたいなら、2・3月や8・9月がおすすめです。特に、2・3月は人事異動に向けて動く企業が多いので、転職を考えている人はよりねらい目といえるでしょう。

ただし、2・3月は求職者の数も増えはじめるので、ライバルが多い傾向にあります。

ライバルの動向を踏まえたうえで、転職活動をするのがおすすめです。

第2新卒枠を狙うなら4月もおすすめ!

ガッツポーズ出典:Pixabay

第2新卒枠を狙うなら、4月の転職もおすすめです。4月に転職すると新卒入社の社員と一緒に教育を受けられるケースも多数見受けられます。

特に、大手企業の場合は研修を受けられることもあります。社会人のマナーや基本ルールなどに自信がないなら、研修を受けられるかどうか掛け合ってみるとよいでしょう。

また、4月に入社すると新卒社員と同期のように仲良くなれることもあります。

同世代とかかわりながら働きたいと考えている人は、4月入社を考えてみてください。

ただし時期を過度に意識しすぎないことも大切

ただし、転職時期を過度に意識しすぎないことも大切です。求人が増えるからといって、選考が有利に進むとは限りません。

さまざまな求人に出会えたとしても、自分に合う求人に出会えないこともあります。過度に転職時期を意識するあまり、理想の求人を見逃してしまったら意味がありません。

たとえ求人が少ない時期であっても、根気よく探すことで思いがけない求人に出会えることもあります。

転職時期はあくまで参考にしながら、自分に合った求人を見つけられるよう尽力しましょう。

転職を考えるおもなタイミングとは?

転職を考えるおもなタイミングには、どのようなものがあるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

転職先でのミスマッチを感じたとき

転職先でのミスマッチは、転職を考えるおもなタイミングのひとつです。せっかく入社したにも関わらず、「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまう人も少なくありません。

求人票に掲載されている仕事内容と異なるケースもあり、「こんな仕事をするために転職したわけではない」と考えてしまう人もいるでしょう。

短期離職はマイナスの印象を与えてしまうので、極力避けたほうが無難です。

しかし、あまりにも耐えきれない場合は、なるべく早く行動に移しましょう。

キャリアアップを目指したいと考えたとき

昇進出典:Pixabay

キャリアアップを目指したい人も、転職を考えがちです。特に、同業他社への転職はキャリアアップを考える人が多い傾向にあります。

例えば、営業職として働いていた人は、これまで現場で培った知見を活かして、上流部門の企画やマーケティングへ転職することも考えられるでしょう。

また、在職中に資格を取得して、資格を活かせる企業へ転職することもあります。

現職でキャリアアップを目指せないと感じているなら、転職がおすすめですよ。

他業種へのキャリアチェンジを考えたとき

他業種へキャリアチェンジをしたいと考えるのも、転職したいタイミングといえます。特に、20代・30代の若手世代は他業種へキャリアチェンジを望む人が多いようです。

「現職の仕事に向いていない」「やってみたい仕事がある」と考えている人は、思い切ってキャリアチェンジを目指すことをおすすめします。

他業種へのキャリアチェンジは、ややハードルが高い傾向です。

しかし、これまでの経歴や実績をアピールできれば、キャリアチェンジも叶うでしょう。

会社の待遇・評価に不満を感じたとき

顔を抑える男性出典Unsplash

会社の待遇・評価に不満があり、退職を考えている人も少なくありません。正当に評価されない職場では、長く働き続けていても意味がないと感じてしまうでしょう。

年功序列を採用している企業では、なかなか上のポジションにいくことができません。それに伴い、早い段階で年収アップを望むことは難しいでしょう。

会社の待遇・評価に不満があるなら、手っ取り早く状況を打破するためにも転職がおすすめです。

自分を正当に評価してくれる会社が見つかれば、モチベーションアップも叶います。

ライフイベントに変化があったとき

ライフイベントの変化によって、転職を考えている人も見受けられます。特に、出産や育児を経てキャリア観が変化し、より働きやすい環境を求める傾向が高いです。

仕事と子育てを両立したいと考える結果、柔軟に働ける会社が好まれます。例えば、フルリモートやフルフレックスなどの職場が支持されがちです。

また、育児と仕事を両立させている社員が多い会社を選ぶのもポイントです。

ロールモデルとなる社員がいれば、自分が目指す働き方を実現できる道筋が見えやすくなるでしょう。

転職のタイミングを考える際のヒント

ここからは、転職のタイミングを考える際のヒントを解説します。本格的に転職活動を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

スキルや経験が備わっているか

スキルや経験が備わっていると、転職の選考で有利になりがちです。特に、即戦力として見なされる30代は、なおさらスキルや経験を重視されるでしょう。

転職は求職者と企業双方にメリットがもたらされて、はじめて採用に至ります。そのため、スキルや経験がないと内定を得られない可能性が高いです。

スキルや経験が備わっていないと感じているなら、もう少し先に転職を延ばしてもいいかもしれません。

選考時にアピールできるスキルや経験があれば、より有利になりますよ。

現在抱えている不満は現職で解消できないのか

話し合う男性出典:Unsplash

現在抱えている不満は、現職で解消できないかどうか考えるのもヒントになり得ます。現状を打破するための転職なのか、逃げの転職になっていないかチェックしましょう。

上司と合わない・仕事内容に不満があるなら、部署異動によって環境を変えられるかもしれません。転職へ踏み切るには、まだ猶予があります。

しかし、やりたいことが明確にあるのに、現職で実現できないなら転職すべきです。

転職理由が明確なら、求人を探しやすくなるというメリットもあります。

思い描く働き方と整合性がとれているか

現在の働き方と理想の働き方があまりにもかけ離れている場合、転職を視野にいれることをおすすめします。

思い描く働き方から離れていると、モチベーションが低下してしまうでしょう。また、無理な働き方をしていると、体調を崩してしまう恐れもあります。

特に、子育てしながら仕事をするとなると、働き方が大いに関わってきます。

自分が理想とする働き方をもう一度見つめなおしてもいいですね。

退職までの流れ

ここからは、具体的に退職までの流れを解説します。転職時期を逆算しながら考えたい人は必見です。

退職時期の決定

壁を見る男の人出典:Pixabay

まずは、退職時期を決めます。転職先の職場の入社日をすでに決めているのであれば、退職時期を逆算して考えておきましょう。

もし退職までに有給を消化したいのなら、有給の残日数をチェックすることも大切です。有給がたまっていれば、転職前にゆっくり時間がとれるのでおすすめです。

また、就業規則によって「退職◯日前までに申し出る」という決まりがある可能性もゼロではありません。

就業規則をきちんと確認しておき、余計なトラブルを生み出さないようにしましょう。

退職意思を上司に伝える

退職時期が決まれば、退職意思を上司に伝えます。上司と2人きりになれるタイミングをあらかじめ伺っておくとスムーズです。

退職したいことを伝える際、迷っている素振りを見せると引き留めに合う可能性があります。そのため、退職することを決定事項として伝えることをおすすめします。

退職意思を上司に伝えたあとでも、同僚に話すことは控えたほうがいいでしょう。

噂が広まってしまうと、退職日まで仕事がしにくくなるかもしれません。

退職届の提出

パソコンを持つ手出典:Pixabay

退職を伝えたあとは、企業ごとの形式に従って退職届を提出します。退職届は企業によって書式が異なる可能性もあるので、きちんと指示に従いましょう。

なお、基本的に退職届は取り下げできません。この時点で退職を悩んでいるなら、退職届を提出する前にもう一度上司と話し合うことが大切です。

また、退職届の提出が後ろ倒しになってしまうと、転職先の入社日に間に合わないことがあります。

退職届を提出する際、期限をしっかり設けることが大切ですよ。

残務処理と引き継ぎ

退職届を提出して正式に退職日時が決まれば、あとは残務処理と引き継ぎを行います。必要であればマニュアルを整備し、スムーズに引き継ぎできるよう準備しましょう。

引き継ぎは時間をかけて丁寧に行わないと、退職後にほかの社員が業務を円滑にできなくなってしまいます。退職を決めてからは、引き継ぎを優先しましょう。

また、取引先とやりとりしている職種であれば、退職することを忘れずに伝えてください。

その際、誰に引き継ぎをするのかあわせて伝えると、取引先も安心してくれますよ。

お世話になった人へのあいさつ

握手するビジネスマン出典:Pixabay

退職最終日までに、お世話になった人へあいさつすることが大切です。同じチーム・部署だけでなく、やりとりの機会が多かった部署や同期にも感謝を伝えましょう。

また、デスク周りをきちんと片付けることも忘れずに行ってください。「立つ鳥跡を濁さず」という言葉があるように、入念に掃除しましょう。

もしパソコンやスマートフォンなど、会社から貸与されているものがあれば、忘れずに返却してください。

ここで返却忘れがあると、面倒なことになってしまうので注意が必要ですよ。

転職タイミングを相談するなら、転職エージェントの活用がおすすめ!

転職タイミングを相談するなら、転職エージェントの活用がおすすめです。これまで多くの人の転職をサポートしてきた転職のプロが、有益なアドバイスをしてくれるでしょう。

求人の多い時期と求職者一人ひとりに合わせた事情に合わせて、転職にベストなタイミングを教えてくれる可能性が高いです。

また、履歴書・職務経歴書をはじめとした応募書類の添削や模擬面接など、選考対策をしてくれるメリットがあります。

無料でサポートしてくれる転職エージェントがほとんどなので、ぜひ積極的に利用してみてください。

転職エージェントおすすめ4選

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 利用者の62.7%が年収アップを実現※1
  • 業界トップクラスの求人数※2
  • 転職支援実績No.13
  • 完全無料

なるべく多くの求人を見てから選びたい人には、リクルートエージェントがおすすめです。公開・非公開ともに、業界トップクラスの求人数を取り扱っています。※2 

リクルートエージェントは創業から40年以上もの間、数多くの求職者の転職を支援し続けてきました。豊富な転職データを活かしたサポートを受けられるのは、リクルートエージェントならではといえます。

転職エージェント選びに迷ったら、最初にリクルートエージェントに登録しておいて損はないでしょう。

実際に年齢・職種問わず多くの人から利用されており、転職支援実績No.1を誇っていますよ。※3
公開求人数 233,526件※2
非公開求人数 273,022※2
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 転職実績データ | リクルートエージェント 2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイトを対象・2022.7.19現在 ※3 厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績・2020年6月時点)2022.7.19

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 20〜30代の転職におすすめ
  • 転職を無期限でサポートしてくれる
  • 平日の夜・土曜日にも相談可能
  • 完全無料

手厚い転職サポートを受けたいなら、マイナビエージェントがおすすめです。一般的に転職エージェントは3ヶ月間と期間が定まっている場合がほとんどですが、マイナビエージェントなら利用者が納得いくまで親身にサポートしてくれます。

平日の夜・土曜日にも相談可能なので、働きながらの転職活動を考えている人や、長期的に転職活動を続けたい人にもうってつけです。

また、第二新卒や若手向けの求人を豊富に取り扱っていることから、主に20〜30代を中心に人気を集めています。

中小企業を中心に、幅広い業界・職種の求人を保有していますよ。
公開求人数 要問い合わせ
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国 
主な対象年齢層 20〜30代
株式会社ゼロアクセル調べ マイナビエージェント公式サイト対象 2022.7.19現在

ビズリーチ

ビズリーチ
ビズリーチのおすすめポイント
  • 年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占める※1
  • 年収600万円以上を目指す人におすすめ
  • 自分に合った担当者を選べる
  • 登録後は職務経歴書を登録するだけでOK
  • 優良企業から直接スカウトが届く

年収600万円以上でハイキャリアの求人を目指したい人には、ビズリーチがおすすめです。ビズリーチは、ハイクラス・エグゼクティブ向けのスカウト型転職エージェントです。

職務経歴書を登録した後は、スカウトを待つだけでOK。優良企業から直接スカウトが届くこともあり、スムーズに転職活動を進められる可能性があります。

ビズリーチは転職エージェントのなかではめずらしく、自分で担当者を選べます。各業界に精通した一流のヘッドハンターに相談することで、転職活動の効率もアップすることでしょう。

まずは無料プランで気軽に登録してみてはいかがでしょうか。
公開求人数 79,685件※2
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料プラン: 無料 タレント会員: 3,278円(税込) ハイクラス会員: 5,478円(税込)
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢
※1 ビズリーチ調べ(2021年1月)2022.7.19 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・ビズリーチ公式サイト 2022.7.19

doda

doda
dodaのおすすめポイント
  • 電話・オンライン面談対応!
  • 大手優良企業への転職を目指す人におすすめ
  • 無料の転職イベント・セミナーが豊富
  • 年収査定・転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツが充実
  • 完全無料

大手優良企業への転職を目指しているなら、doda転職エージェントがおすすめです。幅広い業界・職種の求人を取り扱っており、多くの選択肢から自分に合った求人を探せます。

doda転職エージェントは、転職に関する無料のイベント・セミナーが豊富。現在はオンラインを中心に、書類選考や面接対策に役立つイベント・セミナーを随時開催しています。

他にも、年収査定や自己PR診断、転職タイプ診断など転職に役立つコンテンツも充実しています。気軽に転職のヒントを得られるでしょう。

転職を悩んでいる人もまずは無料登録してみることをおすすめしますよ。
公開求人数 147,893
非公開求人数 要問い合わせ
利用料金 無料
対象エリア 全国
主な対象年齢層 全年齢

まとめ

今回は、転職タイミングや転職時期を決めかねている人に向けて、転職タイミングを決めるヒントや退職までの流れを解説しました。転職はタイミングや時期によって、難易度が大きく異なるので、見極めが大切です。

転職時期やタイミングを誰かに相談したいなら、転職エージェントがおすすめです。多くの求職者をサポートしている転職エージェントに相談すれば、有益なアドバイスを得られる可能性があります。親身に寄り添って相談にのってくれるので、きっと自分に合った転職タイミングが見つかるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)


転職ノウハウの関連記事
おすすめの記事