転職 東京
最終更新日

東京の転職事情|求人倍率や平均年収、成功のコツを徹底解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月12日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「東京の企業に転職したい!」「上京して地元から東京に転職したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。東京は日本を代表する都市のひとつでもあり、日本経済の要ともいえる存在です。さまざまな企業が集まっているので、自分に合った求人を見つけやすいというメリットがあります。

しかし、いざ東京へ転職しようとなると、本当に東京でやっていけるのか心配になる人もいるでしょう。そこで本記事では、東京の転職事情転職を後悔しないためのコツなどを詳しく解説します。

記事の後半では、東京の転職におすすめの転職エージェントをご紹介するので、東京へ転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

東京の転職事情を解説|平均年収・有効求人倍率

まずは、東京の転職事情を解説します。東京で働く人の平均年収や有効求人倍率をチェックしていきましょう。

東京の平均年収はどれくらい?

お金 植物出典:Pixabay

東京へ転職するなら、平均年収を頭に入れておくことが大切です。求人ボックス給料ナビによると、東京で働く人の平均年収は436万円※1でした。月給で換算すると、約36万円※1が相場のようです。

ちなみに、dodaの「平均年収ランキング(平均年収/生涯賃金)【最新版】」によれば、日本人全体の平均年収は403万円※2でした。東京で働く人の平均年収のほうが、30万円ほど高いことがわかります。

なお厚生労働省によると、東京の最低賃金は2021年10月時点で1041円※3です。

全国のなかで一番最低賃金が高いため、平均年収も全国平均を上回ると予測できます。

※1出典:求人ボックス給料ナビ『東京都の仕事の年収・時給・給料』 2022/7/12
※2出典:doda『日本人全体の平均年収』 2022/7/12
※3出典:厚生労働省『地域別最低賃金の全国一覧』 2022/7/12

東京の有効求人倍率は?

転職活動をするうえで、意識しておきたい指標のひとつに有効求人倍率があります。有効求人倍率とは、求職者1人あたりにつき、どれくらい求人があるか示す数値です。

一般的に、有効求人倍率が1倍を超えていると、求人を探しやすいといわれています。独立行政法人労働政策研究・研修機構によれば、東京都の有効求人倍率は2022年5月時点で1.44倍でした。

全国平均が1.24倍であることからも、東京は比較的求人を探しやすい地域といえるでしょう。

求人数が豊富にあるので、比較検討しやすいのもメリットです。

※出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構『職業紹介-都道府県別有効求人倍率』 2022/7/12

転職前に知っておきたい東京の地域特性

東京へ転職する前に、東京の地域特性もおさえておきましょう。東京のおもな産業や気候について解説します。

東京のおもな産業

コーヒー出典:pixabay

日本を代表する東京は、さまざまな産業によって成り立っています。東京都産業労働局によると、法人経営体のなかでは卸売業・小売業の企業数が24.7%を占め、一番比率が高い結果になりました。

個人経営においては、宿泊業・飲食サービス業が23%を占めており、最も高い比率です。東京は外国人観光客が多く訪れる都市でもあり、サービス産業が盛んなことにも頷けます。

なお、東京には日本有数の大手企業が本社を置くビジネス都市でもあります。

ソニーグループや三菱UFJグループなどが拠点を置いており、知名度の高い企業に就職したい人にうってつけです。

※出典:東京都産業労働局『グラフィック 東京の産業と雇用就業2022』 2022/7/12

東京の気候

東京は温帯湿潤気候に属しており、夏は高温多湿・冬は乾燥した晴天が特徴です。気象庁によると、2021年の平均気温は16.6度でした。

平均気温を見ると過ごしやすいように思われますが、昨今ではコンクリートやアスファルトなどが増え、都市型の気候の特徴が如実に表れています。

気温の高音域が発生するヒートアイランド現象も少なくありません。

特に夏場は夜間でも気温が25度を下回ることなく、寝苦しさを感じることも多いようです。

※出典:気象庁『観測開始からの毎月の値』 2022/7/12

東京に転職するメリット

ここからは、東京に転職するメリットを解説します。東京への転職に悩んでいる人は必見です。

求人の選択肢が幅広い

壁を見る男の人出典:Pixabay

東京に転職すると、求人の選択肢が幅広いというメリットがあります。先述したとおり、東京都の有効求人倍率は全国平均を上回る数値でした。

また、さまざまな産業によって成り立っているため、業種・職種の偏りがない点も魅力です。

ただし、あまりにも選択肢が多いと、転職先を決めきれないケースも考えられます。

転職活動する前に、ある程度業種・職種を絞りこんでおくとよいでしょう。

年収アップを目指せる

年収アップを目指せるのも、東京に転職するメリットです。東京は全国で一番最低賃金が高く地方と比べたら年収アップを大いに期待できます

また、東京は日本のトップ企業が集結する都市でもあります。成長が著しい企業では、社員に給料として還元するケースも少なくありません。

年収アップを目指したいなら、入社時の年収だけでなく、入社後の昇給率をきちんと確認しておきましょう。

昇給率が高ければ、入社時の年収が目標に満たなくても、挽回しやすいです。

人脈を広げるチャンスがある

チェックリスト出典:Pixabay

東京に転職すると、人脈を広げられるチャンスがあるのも魅力です。東京ではイベントやセミナーなど、さまざまな機会が設けられています。

例えば、同業者との交流を目的としたイベントや、キャリアアップを図るためのセミナーなど、目的に合わせて開催されています。

イベントやセミナーに参加することで、他社で働く人とも知り合えるでしょう。

人脈を広げると情報収集しやすくなりますよ。

交通手段が豊富

東京は交通手段が豊富なので、移動する際に便利というのもメリットです。特に東京の中心部では、路線が張り巡らされており、簡単に移動できます。

地方と比べると電車の本数も多く、自家用車を持たなくても問題ないケースがほとんどです。もちろんバスに関しても、便利な交通手段のひとつです。

さらに、新幹線や飛行機などの選択肢もあるため、遠出する際もスムーズです。

便利な生活をしたいなら、東京への転職を視野にいれてみてください。

東京への転職を成功させるコツ

ここからは、東京への転職を成功させるコツを解説します。東京への転職を本格的に考えているなら、ぜひ参考にしてください。

東京で開催されている転職フェアに足を運ぶ

パソコンを持つ手出典:Pixabay

東京への転職を成功させたいなら、東京で開催されている転職フェアに足を運んでみることをおすすめします。

転職フェアに出展している企業は採用に対して意欲的な企業が多く、きっと有益な情報を得られるでしょう。

また、選考前に企業の採用担当者と直接話せるチャンスでもあります。

ぜひ時間を見つけて、転職フェアに参加してみてください。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのもおすすめです。転職のプロが多数在籍しているため、転職活動中に困ったことがあれば、気軽に相談できます。

また、キャリアアドバイザーとの面談を通じて、自分に合った求人を提案してくれるサービスもあるのが魅力です。

現時点で自分に向いている企業がわからないなら、相談してみるとよいでしょう。

無料でサービスを受けられる転職エージェントがほとんどなので、気兼ねなく相談してみてください。

東京に転職したい人におすすめの転職エージェント3選

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 東京の公開求人数が97,000件以上
  • 実績豊富なキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業の情報提供

求人数の多さで転職エージェントを選びたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年7月時点で、東京の公開求人数は97,130件ありました。

求人をみてみると、創業50年以上の老舗企業から、成長著しいベンチャー企業まで幅広くそろっています。

業種や職種も豊富にあるため、きっと自分に合った求人が見つかるでしょう。

頼れるキャリアアドバイザーが多数在籍しているのも、うれしいポイントです。
公開求人数 227,642件
東京都の公開求人数 97,130件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022/7/12現在

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されていない情報を得られる
  • 豊富な転職ノウハウの提供してくれる
  • 応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けられる

転職後のミスマッチを防ぎたいなら、type転職エージェントがおすすめです。type転職エージェントでは、求人票に掲載されていない情報を事前に伝えてくれます

例えば、企業の雰囲気や働く人の様子がわかるでしょう。カルチャーマッチを重視したい人に適しています。

そのほかにも、応募書類の添削や面接対策をしてくれるのもメリットです。

特に、転職活動がはじめての人にとって、心強い味方になってくれます。
公開求人数 5,811件
東京都の公開求人数 376件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※株式会社ゼロアクセル調べ・type転職エージェント公式サイト対象・2022/7/12現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業の採用担当者からスカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

スピーディーに転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでこれまでの経歴やスキルを登録しておくと、スカウトを受け取れる可能性があります

特に、東京の企業は優秀な人材を欲している企業が多い傾向です。そのため、経歴やスキルがヒットすれば、思いもよらない企業からスカウトを受け取れるかもしれません。

スカウトを受け取るには、経歴やスキルを丁寧に記載することが大切です。

ぜひ時間を見つけて、経歴やスキルを登録してください。
公開求人数 146,039件
東京都の公開求人数 63,744件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022/7/7現在

まとめ

今回は、地方や地元から東京に転職したい人に向けて、東京の転職事情や後悔しないためのコツなどを解説しました。全国有数の都市でもある東京は、さまざまな産業で成り立っており、日本を代表する企業も多く見受けられます。業種・職種関係なく、自分に合った求人を見つけやすいでしょう。

もし転職活動で迷うことがあれば、転職エージェントを活用することをおすすめします。転職のプロが多数在籍しているので、きっと力になってくれます。応募書類の添削や面接対策なども実施しているため、気兼ねなく利用してみるとよいでしょう。ぜひこの記事を参考にして、東京への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

東京の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ) 2022/7/12
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

年収のすべてが分かる特設サイト。日本のビジネスパーソン(サラリーマン)の平均年収/生涯賃金を、約45万人の年収データから算出。職種、業種、都道府県、年齢、性別、過去のデータ、ランキングなど、さまざまな切り口からご紹介します。【最新版】 2022/7/12
https://doda.jp/guide/heikin/#:~:text=2021%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%81%AF403%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%A7,6%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%AE%E6%B8%9B%E5%B0%91

地域別最低賃金の全国一覧 2022/7/12
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

職業紹介-都道府県別有効求人倍率 2022/7/12
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/shuyo/0210.html

グラフィック 東京の産業と雇用就業2022 2022/7/12
https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/toukei/573a8d3c54a1698eb883fdf46b24338d.pdf

観測開始からの毎月の値 2022/7/12
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s3.php?prec_no=44&block_no=47662

転職エージェントならリクルートエージェント 2022/7/12
https://www.r-agent.com/

転職ならtype転職エージェント|納得感を大切にする転職・求人サイト 2022/7/12
https://type.career-agent.jp/

転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022/7/12
https://doda.jp/


おすすめの記事