富山 転職
最終更新日

富山の転職事情|求人倍率や平均年収、成功のコツを徹底解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月6日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「富山県に正社員転職したい!」「地元の富山にUターン転職したい」と考えている人もいるのではないでしょうか。富山県は北陸地方を代表する都市のひとつでもあり、地形を活かした農業・漁業だけでなく、製造業やハイテク産業も盛んです。首都圏よりも生活費を抑えられるため、移住を考えている人も増加傾向にあります。

しかし、いざ富山県へ転職しようとなると、情報をいまひとつ掴めず、行動に移せない人もいるでしょう。そこで本記事では、富山県の転職事情地域特性を徹底的に解説します。

記事の後半では、富山県への転職を成功させるコツやおすすめの転職エージェント・サイトをあわせてご紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

富山の転職事情を解説|平均年収・有効求人倍率

まず、富山県の転職事情を解説します。富山県で働く人の平均年収や有効求人倍率など、基本的な項目からチェックしていきましょう。

富山の平均年収はどれくらい?

お金 植物出典:Pixabay

求人ボックス給料ナビによると、富山県で働く正社員の平均年収は約336万円※1という結果になりました。月給に換算すると、28万円程度が相場のようです。

ちなみにdodaの「平均年収ランキング(平気年収/生涯賃金)【最新版】」によれば、日本人全体の平均年収は403万円※2です。日本人全体の平均年収よりも、富山県の平均年収はやや低いのが現状です。

しかし、首都圏と比べると富山県の生活費を抑えられるため、妥当といえるでしょう。

なお、富山県の最低賃金は2021年10月時点で877円※3でした。

※1出典:求人ボックス給料ナビ『富山県の仕事の年収・時給・給料』 2022/7/6
※2出典:doda『平均年収ランキング(平気年収/生涯賃金)【最新版】』 2022/7/6
※3出典:厚生労働省『地域別最低賃金の全国一覧』 2022/7/6

富山の有効求人倍率は?

富山県へ転職活動を始める前に、有効求人倍率をチェックしておくことが大切です。有効求人倍率とは、求職者1人あたりにつきどれくらい求人があるか示す指標です。

一般的に、有効求人倍率が1倍をこえると、求人を探しやすいといわれています。独立行政法人労働政策研究・研修機構によると、富山県の有効求人倍率は2022年4月時点で1.55倍でした。

全国の有効求人倍率が1.23倍なのと比較すると、富山県は比較的仕事を探しやすいといえるでしょう。

求人があるのか不安な人でも、富山県の転職なら比較的安心です。

※出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構『職業紹介-都道府県別有効求人倍率』 2022/7/6

転職前に知っておきたい富山の地域特性

転職前に知っておきたい富山県の地域特性をご紹介します。富山県のおもな産業や気候の特徴を確認していきましょう。

富山のおもな産業

米出典:Unsplash

富山県は日本屈指の米どころとしても知られており、富山県ならではのさまざまな品種があります。日本海の豊かな資源を活かした漁業も盛んです。

そのほかにも、医薬品産業の製造に長い歴史があります。「くすりの富山」として名をはせており、創薬研究開発センターがあるのも特徴です。

住宅用アルミニウムサッシや寺院で用いられる梵銅の生産にも長けています。

ニッチな産業ではありますが、日本のものづくりを支えてきたことは間違いありません。

※出典:富山県『県のプロフィール[特色(産業)]』 2022/7/6

富山の気候

富山県の気候は日本海側気候に属しています。毎年冬になると季節風によって、降雪が見込まれるのが特徴です。

気象庁によると、降雪の深さの合計値は2022年2月に162cmを記録しました。降雪量が多い年では300cmを超えることもあり、厳しい冬場を乗り越えるためには相応の覚悟が必要です。

ただ、夏場はさほど暑すぎることはなく、2021年8月の最高気温は31.5度でした。

冬の厳しい寒ささえ凌ぐことができれば、問題なく暮らせるでしょう。

※出典:気象庁『観測開始からの毎月の値』 2022/7/6

富山に転職するメリット

富山に転職するとどのようなメリットを得られるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

首都圏に比べて生活費を抑えられる

首都圏に比べると、生活費を抑えられるのがメリットです。SUUMOによると、富山県富山市の家賃相場は1LDKで5.6万円でした。

県庁所在地でもある富山市の家賃相場が5.6万円ということからも、富山県の生活費は首都圏より格段に抑えられることがわかるでしょう。

また、先述したとおり、富山県は農漁業が盛んなので、食材の価格も低めに設定されがちです。

生活費を抑えたい人にうってつけですね。

※出典:SUUMO『富山県の家賃相場・賃料相場情報を探す』 2022/7/6

自然豊かで穏やかに過ごせる

花と子供の手出典:Pixabay

自然豊かで穏やかに過ごせるのも、富山県へ転職するメリットです。富山県は立山や薬師岳など有名な山々に囲まれています。

日本海にも面しており、海・山の両方を楽しめるでしょう。都会の喧噪に嫌気がさしている人におすすめです。

昨今では、屋外にアスレチックを配置する公園も増えてきました。

子ども連れのファミリーにも、富山県への移住は向いています。

通勤ラッシュから解放される

富山県へ転職すると、通勤ラッシュから解放されるというメリットがあります。首都圏で見られがちな満員電車に乗らなくて済むでしょう。

ただし、富山県は首都圏に比べると公共交通機関が発達していないため、車がないと不便に感じてしまいがちです。

現在車を持っていないなら、富山県への転職を機に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

自動車免許をまだ取得していない人は、なるべく早めに行動しましょう。

富山への転職を成功させるコツ

富山県への転職を成功させるコツをご紹介します。本格的に富山県への転職を視野にいれている人は、ぜひ参考にしてみてください。

富山で開催されている転職フェアに足を運ぶ

グッドポーズ出典:Pixabay

富山県への転職を成功させたいなら、富山で開催されている転職フェアに足を運ぶのがおすすめです。

転職フェアには採用に前向きな企業が多く参加しており、有益な話を聞けるチャンスです。転職サイトに掲載されていない優良企業に出会えるかもしれません。

企業の採用担当者と直接話すと、企業のカルチャーをつかみやすいのが魅力です。

ぜひ時間の許す限り、転職フェアに参加してみてください。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用するのもおすすめです。特に、富山県に拠点を置いている転職エージェントなら、富山県の転職事情を把握しており、知る人ぞ知る優良企業を紹介してもらえる可能性が高いです。

また、各業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍しているので、業界研究でわからないことがあれば気軽に相談してみてください。

そのほかにも、応募書類の添削や面接対策など選考サポートを行っています。

転職がはじめての人にとって、心強い味方になってくれるでしょう。

富山に転職したい人におすすめの転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 富山県の求人が2,000件以上
  • 各業界に精通したキャリアアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業の情報提供

富山県の求人を隅々まで調べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年7月時点で、リクルートエージェントが扱う富山県の求人は2,240件にものぼりました。

求人のなかには、創業50年以上の老舗企業や最先端の技術を扱うベンチャー企業もあり、求人の幅広さが伺えます。

また、独自に分析された業界・企業の情報を提供してくれるのも魅力です。

業界・企業研究に慣れていない人は、ぜひ活用してみてください。
公開求人数 224,010件
富山県の公開求人数 2,240件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022/7/6現在

type転職エージェント

type転職エージェント

おすすめポイント
  • 求人票に掲載されいていない情報を得やすい
  • 応募書類の添削や面接対策などをサポート
  • 転職のノウハウを惜しまず提供

転職後のミスマッチを回避したいなら、type転職エージェントがおすすめです。求人票に掲載されていない情報を教えてくれるというメリットがあります。

例えば、企業のカルチャーや働く人の様子を事前に掴めるでしょう。転職を失敗しないためにも、事前に情報を得ておくことが大切です。

そのほかにも、応募書類の添削や面接対策などの選考サポートを受けられます。

転職活動がはじめての人でも、効率よく選考対策ができますよ。
公開求人数 5,938件
富山県の公開求人数 10件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社キャリアデザインセンター

※株式会社ゼロアクセル調べ・type転職エージェント公式サイト対象・2022/7/6現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 企業の採用担当者からスカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を各地で開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでこれまでの経歴や培ってきたスキルを登録しておくと、企業の採用担当者からスカウトをもらえる可能性があります。

特に、首都圏に人材が流出しており、富山県の企業は人手不足の傾向が強いです。そのため、富山県に転職を考えている求職者は採用担当者の目に留まりやすいでしょう。

経歴やスキルは丁寧に記載しておくほど、スカウトを受信する可能性が高まります。

ぜひ時間を見つけて、これまでの経歴を振り返ってみましょう。
公開求人数 143,374件
富山県の公開求人数 1,836件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022/7/6現在

まとめ

今回は、富山県に正社員転職を考えている人に向けて、富山県の転職事情や地域特性などを解説しました。富山県は有効求人倍率が比較的高く、求人を探しやすい地域といえます。農漁業だけでなく、ものづくりが盛んなので、さまざまな求人に出会えるでしょう。

もし富山県への転職で迷いが生じたら、転職エージェントを活用してみてください。専属のキャリアアドバイザーが親身になって相談にのってくれるので、転職活動における疑問を解決しやすいメリットがあります。

また、富山で開催されている転職フェアやイベントに参加することもおすすめ。積極的に参加してみることで、きっと有益な情報を得られるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、富山県への転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

富山の仕事の年収・時給・給料(求人統計データ) 2022/7/6
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/%E5%AF%8C%E5%B1%B1%E7%9C%8C%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6

年収のすべてが分かる特設サイト。日本のビジネスパーソン(サラリーマン)の平均年収/生涯賃金を、約45万人の年収データから算出。職種、業種、都道府県、年齢、性別、過去のデータ、ランキングなど、さまざまな切り口からご紹介します。【最新版】 2022/7/6
https://doda.jp/guide/heikin/#:~:text=2021%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%81%AF403%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%A7,6%E4%B8%87%E5%86%86%E3%81%AE%E6%B8%9B%E5%B0%91

地域別最低賃金の全国一覧 2022/7/6
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/roudoukijun/minimumichiran/

職業紹介-都道府県別有効求人倍率 2022/7/6
https://www.jil.go.jp/kokunai/statistics/shuyo/0210.html

県のプロフィール[特色(産業)] 2022/7/6
https://www.pref.toyama.jp/1021/kensei/kenseiunei/kensei/gaiyou/profile/tokusyoku3.html

観測開始からの毎月の値 2022/7/6
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/monthly_s3.php?prec_no=55&block_no=47607&year=&month=&day=&elm=monthly&view=a1

・富山県の家賃相場・賃料相場情報を探す 2022/7/6
https://suumo.jp/chintai/soba/toyama/

転職エージェントならリクルートエージェント 2022/7/6
https://www.r-agent.com/

転職ならtype転職エージェント|納得感を大切にする転職・求人サイト 2022/7/6
https://type.career-agent.jp/

転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022/7/6
https://doda.jp/


おすすめの記事