WEBデザイナー 転職
最終更新日

WEBデザイナーへ転職は難しい?未経験でも目指せる方法を解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月18日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「憧れのWEBデザイナーになりたい」「未経験からWEBデザイナーに転職したい」と考えている人も多いのではないでしょうか。今や多くの人の生活に当たり前となったインターネット社会において、WEBデザイナーの存在は欠かせません。規模の大きい案件であれば、影響力の大きい仕事に携われることもあり、大きなやりがいを見いだせるでしょう。

しかし、いざWEBデザイナーになろうと決意したところで、「本当にWEBデザイナーになれるのか?」と疑問を覚えてしまう人もいるのが現状です。そこで本記事では、WEBデザイナーへの転職方法WEBデザイナーの転職に必要なスキルを詳しく解説します。

記事の後半では、WEBデザイナーにおすすめの転職エージェント・サイトをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

WEBデザイナーの仕事内容とは?

まずは、WEBデザイナーの仕事内容とおおまかな流れについて解説します。WEBデザイナーが実際にどのような仕事をしているのか確認してみましょう。

WEBデザイナーの仕事内容・流れ
  1. WEBサイトの構成とレイアウトをおおまかに決める
  2. WEBサイトのデザインをつくる
  3. WEBサイトのコーディングに着手する

1. WEBサイトの構成とレイアウトをおおまかに決める

壁を見る男の人出典:Pixabay

WEBデザイナーの仕事は、WEBサイトの構成とレイアウトを大まかに決めることから始まります。その際、WEBサイトの構成やボリューム感を意識することが大切です。

構成やボリューム感を意識しつつ、WEBサイト全体のキーとなるポイントを決定します。初めてサイトに訪れたユーザーの目を惹くような、ビジュアルを目指しましょう。

ただし、いくらデザイン性に優れていても、扱いにくいWEBサイトでは意味がありません。

ユーザーの利便性を考慮してレイアウトを決めていくことも、WEBデザイナーの大きな役割です。

2. WEBサイトのデザインをつくる

次に、WEBサイトのデザインを考案します。先ほどの項目で決定した大まかなレイアウトをもとに、今度は色合いや装飾を詰めていきましょう。

WEBサイトのデザインをつくる際、illustratorやPhotoshopといったデザインソフトを使用する機会が多々あります。デザインソフトを駆使しながら、理想のデザインを追い求めていきましょう。

WEBサイトのデザインをつくる段階では、クライアントやWEBディレクターと相談するケースが多数見受けられます。

ヒアリングした内容をデザインへしっかり落とし込むことが大切です。

3. WEBサイトのコーディングに着手する

WEBデザイナーが行う仕事の最終工程として、WEBサイトのコーディングが挙げられます。クライアントからデザインの了承を得たあとに、WEBサイトを実装していくのです。

WEBサイトを構成する言語には、HTML・CSS・Java Scriptなどがあります。根気と集中力が必要な作業ですが、気を引き締めて行いましょう。

コーディングを終えたらクライアントに最終確認してもらい、全工程が終了です。

クライアントからの修正が入れば、その都度微調整をくり返していきます。

WEBデザイナーの平均年収はどれくらい?

お金 植物出典:Pixabay

求人ボックス給料ナビによると、WEBデザイナーの平均年収は正社員で448万円でした。月給で換算すると、37万円が相場のようです。

正社員の平均年収のボリュームゾーンは、337〜401万円でした。勤務先の規模や個人の能力によって、年収は大きく変動するといえるでしょう。

特に、WEBデザイナーは実力主義である場合が多く、年収も個人差が大きくなりがちです。

現職よりも年収アップしたいなら、よりスキルを磨く必要があります。

※出典:Webデザイナーの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)2022.07.18

WEBデザイナーへの転職に必要なこと

ここからは、WEBデザイナーへの転職に必要なことを解説します。本格的にWEBデザイナーへ転職を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

WEBデザイナーへの転職に必要なこと
  • ポートフォリオ
  • デザインツールを使いこなすスキル
  • コミュニケーション能力

ポートフォリオ

まずは、ポートフォリオの作成が必要です。ポートフォリオとは、過去に作成した作品をひとつにまとめた作品集を意味します。

転職先からポートフォリオの提出を求められる機会が多いため、まだ作成していない人は最優先で取り掛かりましょう。たとえ実務でなくても、自分で作った作品であればポートフォリオに掲載してください。

ただ作品をひとつにまとめるのではなく、レイアウト方法や作品の説明についても、練っておくことが大切です。

ポートフォリオの出来によって、合否が左右される場合も少なくありません。

デザインツールを使いこなすスキル

パソコンを触る女性出典:Unsplash

先述したとおり、WEBデザイナーはillustratorやPhotoshopをはじめとしたデザインツールを使用する機会が多々あります。そのため、デザインツールを使いこなすスキルは大いに求められるでしょう。

もしデザインツールの使い方に不安がある、もしくは使用歴が浅いなら、事前にスキルを習得しておくことをおすすめします。

昨今では書籍やスクールのほかにも、動画サイトにてスキルアップのために学習できる場が設けられています。

積極的に活用してみるとよいでしょう。

コミュニケーション能力

意外にも、WEBデザイナーにコミュニケーション能力は欠かせません。パソコンに向かって1日中作業するイメージがありますが、実際はさまざまな人と連携しながら仕事を進めます

例えば、クライアントとデザインの方向性について話し合ったり、WEBディレクターと意見のすり合わせを行ったりすることもあるでしょう。

話し合いがうまく進まないと納期までに制作物を提出できず、大きな損失となってしまいます。

コミュニケーション能力があれば、相手の意図をくみ取り、満足のいくデザインができるでしょう。

WEBデザイナーに向いている人の特徴

WEBデザイナーに向いている人にはどのような特徴があるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

コツコツとした作業が得意

パソコンと男の人出典:Pixabay

コツコツとした作業が得意な人は、WEBデザイナーの適性が備わっている可能性が高いです。

WEBデザイナーは華やかな仕事に見られがちですが、実際は地道にコツコツと行わなければならない業務も多々あります。

パソコンに向かってひたすら作業するので、デスクワークが得意な人にも向いているでしょう。

一方、外回りの営業のように体を動かしたい人には、向いていないかもしれません。

トレンドに敏感

トレンドに敏感な人も、WEBデザイナーに向いています。WEBデザイナーはユーザーの目を惹くようなデザインを常に考えなければなりません

トレンドに敏感な人であれば、ユーザーの関心度が高いデザインを盛り込めます。また、感性を磨くためにも、トレンドには常にアンテナを張っておくことが必要です。

逆に言えば、トレンドにあまり関心がない人はWEBデザイナーに不向きな可能性があります。

ファッションや音楽など、トレンドを意識したことがあるか振り返ってみましょう。

マネジメント力がある

WEBデザイナーにはマネジメント力が欠かせません。なぜなら、クライアントが定めた納期までに、制作物を納品する必要があるからです。

マネジメント力があれば納期までのスケジュールを算段し、コツコツと業務を進められるでしょう。

一方、マネジメント力に欠けていると、社内どころかクライアントにまで迷惑をかけてしまいます。

信用問題にもつながりかねないので、注意が必要です。

WEBデザイナーに転職するおもな方法

実際に、WEBデザイナーに転職するとなると、どのような方法があるのでしょうか。ひとつずつチェックしていきましょう。

デザインスクールで仕事を斡旋してもらう

グッドポーズ出典:Pixabay

WEBデザイナーへ転職する方法のひとつに、デザインスクールで仕事を斡旋してもらう方法があります。

デザインスクールはスキルを教えてくれるだけでなく、企業との太いパイプがあります。スクール側が企業とつないでくれるので、安心できるでしょう。

ただし、全てのスクール生に仕事を斡旋してもらえるとは限りません。

あくまでデザインを学べる場ということを忘れないようにしましょう。

企業サイトから直接応募する

企業サイトから直接応募するのも、WEBデザイナーに応募する方法のひとつです。企業のサイトをひとつずつチェックし、問い合わせフォームから応募します。

企業サイトから直接応募すると、採用担当者の目に留まりやすい可能性があります。やる気や誠意を汲んでもらいやすいでしょう。

しかし、多くの企業に応募したいとなると、時間がかかる可能性があります。

効率的に転職活動したい人には、あまり向かない方法かもしれません。

転職エージェントを活用する

WEBデザイナーへの転職を考えているなら、転職エージェントの活用もおすすめです。転職のプロが実のあるアドバイスをしてくれるので、転職活動に役立てられるでしょう。

また、転職エージェントでは、ヒアリングを通じて求職者に合った企業を提案してくれるサービスもあります。

「WEBデザイナーになりたいけど、どの企業が自分に合うかわからない」と考えている人におすすめです。

転職エージェントは無料で利用できる場合がほとんどなので、ぜひ気軽に活用してみてください。

WEBデザイナーへの転職におすすめ転職エージェント・サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • WEBデザイナーの求人が3,000件以上
  • 実績豊富なアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業の情報提供

WEBデザイナーの選択肢を広げたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。2022年7月現在、WEBデザイナーの公開求人は3,318件ありました。

求人内容をチェックしてみると、CGデザイナーやUI/UXデザイナー、コンセプトデザインなどさまざまな求人があります。

WEBデザイナーの方向性が絞りきれていない人でも、リクルートエージェントであれば自分に合った求人がきっと見つかるでしょう。

わからないことがあれば、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。
公開求人数 233,532件
WEBデザイナーの公開求人数 3,318件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022.7.18現在

Green

Green

おすすめポイント
  • ITやWEB業界の求人中心に掲載
  • 企業の雰囲気がわかりやすい
  • 選考前にカジュアル面談できる

業界特化型の転職エージェントを探しているなら、Greenがおすすめです。GreenではIT・WEB業界の求人を中心に扱っているため、求人を探しやすいでしょう。

また、各求人のページには、社員のインタビューや社内の写真が掲載されており、企業カルチャーや働く人の様子が比較的わかりやすいです。

そのほかにも、条件を満たせば選考前に企業の採用担当者と、カジュアル面談できる機会もあります。

転職後のミスマッチが不安な人にとって、おすすめの転職エージェントです。
公開求人数 30,308件
WEBデザイナーの公開求人数 2,093件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 株式会社アトラエ

※株式会社ゼロアクセル調べ・Green公式サイト対象・2022.7.18現在

doda

doda

おすすめポイント
  • 直接スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を各地で開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

スピーディーに転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaで経歴やスキルを登録しておくと、企業の採用担当者からスカウトを受け取れる可能性があります。

特に、WEBデザイナーはスキルを重視される傾向があるため、illustratorやPhotoshopなどの使用経験があれば、採用担当者の目に留まりやすくなるでしょう。

実務経験がなくても、WEBデザインの実績があればスカウトされる可能性は高いです。

これまでの実績を振り返りながら、丁寧に記載しておくことをおすすめします。
公開求人数 147,895件
WEBデザイナーの公開求人数 700件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
運営会社 パーソルキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022.7.18現在

まとめ

今回は、WEBデザイナーへ転職を考えている人に向けて、おもな転職方法や向いている人の特徴について解説しました。一般的にWEBデザイナーは、年齢よりもスキルや実力が重視されるケースが多いです。未経験からWEBデザイナーを目指したい人は、まず独学やスクールで基本的なスキルを身につけることから始めましょう。

WEBデザイナーに転職するなら、転職エージェント・サイトを活用してください。転職エージェントによっては、選考対策だけでなくポートフォリオの添削をサポートしてくれるものもあります。ぜひこの記事を参考にして、WEBデザイナーへの転職を成功させてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

Webデザイナーの仕事の年収・時給・給料(求人統計データ)2022.07.18
https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/Web%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%83%BB%E6%99%82%E7%B5%A6#:~:text=Web%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%81%AE%E4%BB%95%E4%BA%8B%E3%81%AE%E5%B9%B3%E5%9D%87%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E3%81%AF%E7%B4%84448,%E5%86%86%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%BE%E3%81%99%E3%80%82

転職エージェントならリクルートエージェント 2022.07.18
https://www.r-agent.com/

IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen 2022.07.18
https://www.green-japan.com/

転職ならdoda(デューダ)-転職を成功に導く求人 2022.07.18
https://doda.jp/


おすすめの記事