ワーママ 転職
最終更新日

ワーママの転職が難しいって本当?転職成功のコツを徹底解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年7月25日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「ワーママの転職が難しいって本当?」「ワーママでも転職できるのかな…」と不安を抱えている人もいるのではないでしょうか。育児と仕事の両立が難しいという問題は多くの人が直面しがちであり、キャリアを諦めてしまう人も少なくありません。しかし、人生を豊かにするためにも、自分が思い描くキャリアパスを描くことが大切です。

そこで本記事では、おもな転職理由や転職を考えるべきタイミング、転職成功のコツなど、ワーママの転職について詳しく解説します。この記事を読めば、ワーママ転職の全体像を把握できるでしょう。

記事の後半では、ワーママ転職におすすめの転職エージェント・サイトもあわせてご紹介します。ワーママ転職を考えている人は必見ですよ。

ワーママとは?どのような意味?

笑顔の女性出典:Pixabay

そもそも、ワーママとは「ワーキング・マザー」の略語です。直訳すると「働くお母さん」となるとおり、育児と仕事を両立している女性を指します。

ワーママの働き方は近年多様化しており、正社員・契約社員・派遣社員・パートなどさまざまです。なかには、フリーランスとして組織に所属することなく、働いている人もいます。

正社員のワーママは育児休暇終了後に職場復帰するケースがほとんどです。

一方、パートやフリーランスは子どもがある程度大きくなってきた人が働き始めるケースが多く見受けられます。

ワーママ転職は難しい?よくある失敗例を解説

ワーママ転職は難しいのでしょうか。まずはよくある失敗例をしっかり把握し、転職活動に挑みましょう。

まだ子どもの手がかかる段階で転職してしまった

子どもがまだ小さく、手がかかる時期での転職はワーママに大きな負担となります。子どもの急な体調不良があれば、仕事を早めに切り上げるか欠勤しなければいけません。

いくら子育てに理解がある職場とはいえ、急な欠勤や早退が重なれば最終的には勤務自体難しくなる可能性があります。また、仕事の悩みやストレスに加え育児のストレスも重なると大変です。

子どもが小さいうちは、朝ぐずって朝起きなかったり、幼稚園に行こうとしなかったりと自分ではコントロールできないことも多々あります。

ワーママの転職は、子どもの成長具合やライフステージを見極めて適切なタイミングで転職することが大切です。

正社員や待遇にこだわりすぎて転職が長引いた

ノート出典:Pixabay

ワーママなら誰でも家族や子どものために、少しでも条件の良い企業に転職したいものです。ただし、給与や正社員にこだわりすぎてしまうと、なかなか仕事が決まらず、転職活動の時間だけが過ぎていきます。

ワーママ向けの求人は、圧倒的に少ないのが現状です。自分に合った求人が出るまで待ち続けるよりも、最低限の条件に絞って活動する方が現実的でしょう。

正社員でなくても、時短勤務可能でスケジュールの調整がつきやすいパートや、残業が少ない派遣社員などメリットのある雇用形態はあります。

収入や安定といった面で正社員にこだわりすぎると、良い求人を逃す可能性が出てきますよ。

希望の働き方は叶ったけれど、仕事内容が合わない

時短勤務や在宅勤務ができる仕事の多くは、その人でなくてもできるマニュアル化された仕事がほとんどです。例えばコールセンターやデータ入力などが挙げられます。

キャリアアップを目指したい、自分にしかできない仕事をしたい人にはやりがいがなく単調でつまらないと感じるかもしれません。

また、スタートアップやベンチャー企業では、柔軟な働き方がすんなりと受け入れられることが多いのですが、社員の平均年齢が若かったり、プライベートと仕事の区別がなく、社風が合わないと感じる人もいます。

せっかく希望の働き方ができても仕事が合わないということは避けたいものです。

ワーママが転職を考えるおもな理由

ここからは、ワーママが転職を考えるおもな理由を解説します。自分の状況と照らし合わせて、読んでみてください。

仕事と家庭が両立できない

仕事と家庭が両立できず、転職したいと考えるワーママが多いようです。特に、正社員として働いていて、育児休暇取得後に転職を考える傾向があります。

例えば、業務量が多すぎるあまり、家庭に仕事を持ち帰ってしまうと、育児や家事が疎かになってしまいがちです。パートナーとうまく家事・育児を分担できないと、より一層もやもやとした気持ちを抱えてしまうでしょう。

また、仕事であまりにもストレスを抱えてしまうと、子どもやパートナーにあたってしまう可能性もゼロではありません。

仕事と家庭を両立できない自分を責めてしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

子どもと過ごす時間を増やしたい

親子3人出典:Pixabay

ワーママ転職を考えている人のなかには、子どもと過ごす時間を増やしたいと考えている人も多数見受けられます。特に、小さいお子さんがいる家庭では、子どもと過ごす時間を今よりも増やしたいと考え、転職を考える人も多いようです。

仕事に忙殺されるあまり、気づかぬうちに子どもが成長していたと気づくことも少なくありません。1日の大半を保育園に預けていることに対して、罪悪感を抱く場合もあります。

また、子どもが小学校に入学すると、今度は宿題を見てあげなければなりません。

育児と仕事をどのように両立すればいいか、悩んでしまう人もいるでしょう。

上司や同僚の反応

上司や同僚の反応が気になってしまい、転職を視野にいれている人もいます。例えば、育休が明けてバリバリ仕事したいと考えているにも関わらず、仕事を振ってもらえないという事態が往々にしてあります。

このような現象は「マミートラック」と呼ばれ、度々議論にあがりがちな問題です。ワーママのキャリアの幅を狭めてしまうことにほかならず、人によっては窮屈感を覚えるでしょう。

また、子育てに理解がない職場だと、冷たい態度をとられてしまうこともあります。

子どもの病気や用事で早退・欠勤が増えると、給料査定にまで影響する悪質なケースも多数見受けられます。

ワーママ転職で考えるべき転職タイミング

ワーママ転職をする際、タイミングごとに注意すべきポイントはあるのでしょうか。おもな転職タイミングに沿って、考えるべきポイントを解説します。

おもなワーママの転職タイミング

1. 妊活中の転職

パソコンと女性出典:Pixabay

妊活をスタートしたタイミングと転職活動を始めるタイミングが被ってしまうこともあるでしょう。このような場合、妊活・転職活動どちらも成功させるにはややハードルが高い場合があります。

妊活するとなると、定期的に通院しなければならず、転職活動のスケジュールとうまく両立することが難しいでしょう。突発的に病院に行かなければならないこともあり、もし面接日に被っていると企業側に迷惑がかかってしまいます。

妊活は年齢が上がるにつれてハードルが高くなるため、できるだけ妊活を優先することをおすすめします。

もし妊活と転職活動を両立させたいなら、無理のない範囲で行いましょう。

2. 妊娠中の転職

出産後に現職で働いているイメージが持てず、妊娠中に転職活動したい人もいるでしょう。しかし、妊娠中の転職活動はリスクが大きいため、注意が必要です。

例えば、妊娠中の段階では、出産後の子どもの預け先が決定していないことも多く、「もし預け先が決まらなかったら、内定を辞退されてしまうかもしれない」と考える企業も少なくありません。

また、転職活動は多かれ少なかれ、心身共にストレスを抱えてしまいがちです。

妊娠中に悪影響を及ぼすこともあるので、できる限り出産後の転職が望ましいといえます。

3. 保活中の転職

パソコンを触る女性出典:Pixabay

保活中に転職活動をしたい人もいるでしょう。保活とは「子どもを保育園に預けるための活動」を指し、おもに育休中に行うケースが多いようです。

保活中に転職するなら、まず保活に成功することを優先させましょう。先述したとおり、既に子どもの預け先が決まっていると、企業側もあなたの採用をポジティブに考えやすいです。

また、保育園が決まっていれば、保育園の立地に合わせて転職先を絞ることができます。

保育園と職場があまりにも離れていると、日々の生活に負担がかかってしまうので注意が必要です。

4. 育休後に転職

育休後に転職を考える人も少なくありません。育休中に「育児と仕事を両立させたい!」と意気込んで復職したものの、周りから理解を得られないケースも見受けられます。

育休後の転職は比較的自由に行えるため、おすすめのタイミングです。子どもの預け先が決定しているため、企業側からも理解を得やすいでしょう。

しかし、子どもの体調が急変したり、保育園のお迎え時間が制限されていたり、など出産前と比べると時間の制約が厳しくなる場合があります。

不測の事態でも対応できるように、スケジュールには余裕を持ちましょう。

5. 小学校入学を機に転職

チェックリスト出典:Pixabay

子どもの小学校入学をきっかけに、転職を視野にいれる人もいます。特に、保育園時代と比べて子どもの預かり先が大幅に減少する「小1の壁」を経験する人が多いようです。

小1の壁を乗り越えるために、柔軟な働き方ができる職場を選択する人も多数見受けられます。仕事と育児の両立に理解のある職場であれば、きっと乗り越えられるでしょう。

ただし、子どもが小学校に入学すると、宿題のチェックやPTA活動など、想像以上に時間を割く必要があります。

転職活動と両立できるかどうか、一度じっくり考えてみることをおすすめしますよ。

ワーママ転職でチェックすべき企業の特徴は?

ワーママ転職におすすめの企業には、どのような特徴があるのでしょうか。それぞれ詳しく解説します。

子育てに理解のある会社か

ハイタッチする人出典:Unsplash

前提として、子育てに理解のある会社を選ぶことをおすすめします。会社全体として子育てに理解のある姿勢を示している企業なら、きっと仕事と育児を両立できるでしょう。

子育てに理解のある会社かどうか判断するために、「くるみん認定」されている会社かチェックしてみてください。くるみん認定とは、子育てサポート企業として、厚生労働省から認定を受けた企業のみ与えられる証です。

政府が設けた基準をクリアしなければ、くるみん認定されません。

そのため、子育てに理解のある会社をチェックする方法として、知っておいて損はないですよ。

柔軟な働き方ができるか

柔軟な働き方ができる企業も、ワーママ転職におすすめです。特に、働く場所や時間が柔軟な企業は、仕事と育児どちらも頑張りたい人に向いています。

例えば、在宅ワーク推奨の企業であれば、通勤時間がかかりません。在宅で仕事ができる分、子どもと過ごす時間を比較的長くとれる点がメリットです。

また、コアタイムなしのフルフレックスタイム制度が導入されている企業なら、不測の事態が起こっても対応しやすいでしょう。

できるだけ柔軟な働き方ができる企業を探してみてください。

社員同士フォローしあえる関係か

チームワーク出典:Pixabay

社員同士フォローしあえる関係があれば、子どもが急に体調を崩した場合でも対応してもらえるでしょう。なにか困ったことが起きた際、頼りやすい人が多ければ多いほど安心できます。

とはいえ、入社前に社員同士の関係性を把握するのは至難の業です。そこで、面接時に「実際にワーママとして働いている人はどれくらいいるのか」質問してみるとよいでしょう。

同じワーママであれば、育児中の気持ちを理解しやすく、良好な関係性を築ける可能性が高いです。

ロールモデルとなる社員が一人でもいれば、目指すべき方向性がわかりやすくなるのもポイントです。

ワーママ転職を後悔しないためにできること

ワーママ転職を後悔しないためには、どのようなことができるのでしょうか。ひとつずつ解説していきます。

1. 譲れない条件を整理する

ノートとカフェラテ出典:Pixabay

まずは、譲れない条件を整理しましょう。育児しながら働くには、時間や場所の制約がかかりがちです。無理のない働き方を目指すためにも、慎重に考えることが大切です。

例えば、時短勤務を希望するなら、「◯時~◯時まで働ける」と具体的な時間帯まで考えましょう。譲れない条件を具体的に考えておくと、採用担当者もあなたが働く姿をイメージしやすくなります。

とはいえ、あまりにも条件を絞りすぎると求人が見つからず、転職活動が長引く可能性もゼロではありません。

譲れない条件を設定しつつ、幅広く求人を探してみましょう。

2. 希望をきちんと伝える

採用担当者に希望をきちんと伝えることも忘れてはいけません。ワーママ転職はハードルが高いという現状からか、選考を通過したいあまりに希望を伝えない人が数多く見受けられます。

たとえ選考を通過しても、希望通り働けないと心身共に負担がかかってしまいます。最悪の場合、短期離職に追い込まれ、再び転職活動しなければなりません。

そのため、きちんと希望を伝えたうえで、双方が納得する転職活動を目指してください。

希望を伝えて不採用となる会社は、そもそも自分に合わなかったと思考をシフトするとよいでしょう。

3. 家族からの理解を得ておく

親子3人出典:Pixabay

転職活動を始める際は、事前に家族からの理解を得ておきましょう。夫の理解が得られると思い込んで、相談せずに転職活動をするのは要注意です。

万が一、良い求人に巡り合ったとしても家族からの反対があっては意味がありません。事前に、家庭での役割や今後のライフステージに合わせた働き方など将来についてよく話し合っておきましょう。

転職活動中も転職後も周囲のサポートが必要になります。家族の理解を得たうえで転職活動すると良い話が舞い込んできたときにもすぐに行動にうつせます。

ワーママは忙しいので、転職活動に割ける時間は少ないことを心得て、効率よく行いましょう。

4. 非正規雇用も視野に入れておく

契約社員、派遣社員のような非正規雇用も視野にいれましょう。給与や待遇面で正社員に劣ることはあります。

ただ、非正規雇用の大きなメリットは残業が少なく、正社員に比べ大きな責任がないので子育てに影響が少ないという点です。

時間や仕事内容に制限のあるワーママが正社員になるなら、まずは非正規雇用で企業に入社し、スキルや実績を証明することから始めると良いでしょう。

時間はかかりますが、企業によっては契約更新の際に正社員として声をかけてもらえることがあります。

はじめから正社員の道を目指すのではなく、非正規雇用から始めるのが意外にも近道だったりしますよ。

5. 転職エージェントを活用する

チェックリスト出典:Pixabay

ワーママが転職を成功させたいなら、転職エージェントを活用してみるのもおすすめです。転職エージェントには転職のプロが多数在籍しており、転職活動に関して有益なアドバイスをもらえます。

ワーママが効率よく転職活動を進めるためには、プロのアドバイスが不可欠です。子どもの年齢やタイミングに合わせて転職活動の勝ち筋は大きく異なるため、早めのうちからアドバイスをもらえるとよいでしょう。

また、転職エージェントでは、必要書類の添削や面接対策といった選考サポートも充実しています。

転職活動がハードになりがちなワーママ転職であっても、しっかりサポートしてくれますよ。

ワーママにおすすめの転職エージェント・サイト3選

1. リクルートエージェント

リクルートエージェント

おすすめポイント
  • 公開求人が22万件以上
  • 実績豊富なアドバイザーが多数在籍
  • 独自に分析された業界・企業情報の提供

さまざまな求人を見比べたいなら、リクルートエージェントがおすすめです。リクルートエージェントには多種多様な業種・職種の求人があり、公開求人は2022年6月時点で220,081件にものぼります。

実績豊富なアドバイザーが多数在籍しているので、どの企業が自分に合っているかアドバイスをくれるでしょう。ワーママが働きやすい企業かどうか、相談してみてください。

また、独自に分析された業界・企業情報を提供してくれるのもメリットです。

特に、業界・企業研究のやり方がわからない人に適していますよ。
公開求人数 220,081件
おもな機能
  • 求人紹介
  • 求人検索
  • 選考サポート
利用可能エリア 全国
料金 無料

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクルートエージェント公式サイト対象・2022/6/27現在

2. doda

doda

おすすめポイント
  • 企業から直接スカウトを受け取れる可能性がある
  • 転職フェアや相談会を全国で開催している
  • 転職活動に役立つコンテンツが豊富にある

効率よく転職活動を進めたいなら、dodaがおすすめです。dodaでこれまでの経歴やスキルを登録しておくと、企業から直接スカウトを受け取れる可能性があります

書類選考が免除され、そのまま面接に進めるスカウトもあるので、転職活動を長引かせたくない人におすすめです。特に、早く転職先を決めたいワーママにうってつけといえるでしょう。

また、転職フェアや相談会を全国各地で開催しており、情報収集しやすいのも魅力です。

選考前に企業の採用担当者と直接話せるチャンスでもあるので、できる限り参加してみてください。
公開求人数 143,846件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
料金 無料

※株式会社ゼロアクセル調べ・doda公式サイト対象・2022/6/27現在

3. type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

おすすめポイント
  • 女性の転職に特化した転職エージェント
  • 長期にわたって蓄積されたノウハウの提供
  • 転職サイトならではの情報をお届け

女性の転職に特化した転職エージェントを選びたいなら、type女性の転職エージェントがおすすめです。これまで多くの女性の転職をサポートしてきた実績があり、実のあるアドバイスをもらえます。

特に、ワーママ転職はわからないことや悩みごとが尽きません。そんなときに、type女性の転職エージェントは心強い味方になってくれるでしょう。

長期にわたって蓄積された転職ノウハウを提供してくれるため、どんなに些細なことでも気軽に相談してみてください。

同社が運営している転職サイトで培った情報も、惜しみなく届けてくれますよ。
公開求人数 20,095件
おもな機能
  • スカウト機能
  • 求人検索
  • 転職お役立ちコンテンツ
利用可能エリア 全国
料金 無料

※株式会社ゼロアクセル調べ・type女性の転職エージェント公式サイト対象・2022/6/27現在

まとめ

今回は、ワーママ転職したい人に向けて、転職のタイミングで気をつけるべきことや転職成功のポイントなどを解説しました。ワーママは子どもがいない人に比べると、時間や場所の制約があり、転職活動が難しいことは事実です。しかし、譲れない条件を明確にしたり、希望をきちんと伝えることで、転職成功の道は開けるでしょう。

また、ワーママ転職に成功したいなら、転職エージェント・サイトの活用がおすすめです。特に転職エージェントは、実績豊富なアドバイザーが多数在籍しているため、有益なアドバイスを得られます。選考対策が充実しており、はじめて転職活動する人にとっても心強い味方になってくれるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、後悔のないワーママ転職をしてください。

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

転職エージェントならリクルートエージェント  2022.6.27
https://www.r-agent.com/

【転職成功者の平均年齢調査】転職するなら何歳まで?年代別ポイントは? |転職ならdoda(デューダ) 2022.6.27
https://doda.jp/guide/age/

女性の転職に強いエージェントならtype女性の転職エージェント|人材紹介・転職サイト 2022.6.27
https://type.woman-agent.jp/


おすすめの記事