ワークポート
最終更新日

ワークポートの口コミ・評判|転職サービス徹底解説

(コンテンツ提供:株式会社ゼロアクセル)
本記事は2022年7月20日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

IT・Web業界への転職に強いと評判の転職エージェント「ワークポート」。しかし、ネットで検索すると「やばい・しつこい・最悪」といった気になるキーワードが目に入ります。この記事を読んでいる人のなかには、悪い評判が気になり利用しようか悩んでいるという人も多くいるのではないでしょうか。

そこで本記事では、ワークポートの特徴・メリット・デメリットを詳しく解説していきます。また、実際にワークポートを利用した転職の流れも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

年収交渉や職務経歴書の添削をしてもらえるのかなど、詳しいサービス内容も分かる内容になっていますよ。

ワークポートの基本情報

ワークポート

ワークポートの基本情報
  • 転職決定人数No.1
  • IT・Web・ゲーム業界の転職に強い
  • 転職コンシェルジュのサポートが手厚い

ワークポートは、転職決定人数No.1を誇る転職エージェントです。※1 特にIT・Web・ゲーム業界への転職に強みをもち、エンジニアやプログラマーを目指す転職者から人気を集めています。

ワークポートは、サポートの手厚さが魅力です。選考時はもちろん、内定が決まり入社した後も転職コンシェルジュが定期的にフォローしてくれます。

面接日程の調整や年齢交渉など、企業との面倒なやりとりはコンシェルジュにおまかせできます。はじめて転職する方でも、利用しやすい転職エージェントです。

楽天・パナソニック・セガなど、有名大手企業への紹介実績も豊富ですよ。

ワークポートの基本情報

公開求人数 56,912件※2
利用料金 無料
対応エリア 全国・韓国
主なサービス
  • 応募書類の添削
  • 面接対策
  • 年収交渉
  • 面接日程、入社日の調整の代行


※1 リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度上半期~』(2021年4月~2021年9月) 2022.7.20

※2 株式会社ゼロアクセル調べ・ワークポート公式サイト・2022.7.20現在

ワークポート5つのメリット

ワークポートを利用すると、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?ここからは、ワークポートを利用するメリットを5つに絞って紹介していきます。

1. IT・Web・ゲーム業界への転職に強い

パソコンと男の人出典:Pixabay

ワークポートは、IT・Web・ゲーム業界への転職に強い転職エージェントです。そのため、主にエンジニアやプログラマーの求人が充実しています。

ワークポートは、IT業界に精通した転職コンシェルジュが多い点も魅力です。業界の採用動向や面接対策など、詳しい情報もコンシェルジュに相談できます。

自らの経験と知識と自社開発のマッチングシステムを活かして、転職コンシェルジュが求人を紹介。マッチング率の高い求人の紹介が期待できるでしょう。

首都圏で、IT・Web・ゲーム業界への転職を考えている方にはぴったりですよ。

2. 未経験からITエンジニアを目指す人にも手厚いサポート

ワークポートでは、未経験からエンジニアを目指す人向けの無料スクール「みんスク」が受けられます。みんスクでは、教材費・受講料・転職に関するサポートがすべて無料です。

みんスクで選べるコース
  • 開発(PHP)コース
  • 開発(JAVA)コース
  • インフラコース

上記のコースから、自分で好きなコースを選択できます。全国にある教室はどこでも利用可能で、好きな時間に好きなだけ学べます。

「みんスク」では、毎月無料の説明会を開催していますよ。

3. 簡単に履歴書・職務経歴書を作成できる

グッドポーズ出典:Pixabay

ワークポートには、PC・スマホ・タブレットで簡単に履歴書・職務経歴書を作成できるツール「レジュメ」というサービス機能があります。

レジュメの主な機能
  • 履歴書・職務経歴書の作成
  • PDF出力、印刷
  • ワークポートのサービスと連帯

職務経歴書の職務要約や自己PRを「どのように書けばいいのか分からない」という方でも、テンプレートを参考にして手軽に作成できます

面接前に履歴書を少し修正したいときでも、すぐにスマホやPC・タブレットで修正できますよ。

4. 転職支援活動アプリ「eコンシェル」が便利

ワークポートでは、転職支援活動アプリ「eコンシェル」が無料で利用できます。eコンシェルを利用すれば、いつでもどこでもひと目で選考スケジュールや進捗状況の把握が可能です。

eコンシェルの主な機能
  • スケジュール管理機能
  • 応募求人管理機能
  • マッチした求人紹介機能
  • メッセージ機能

eコンシェルでは、チャット感覚で気軽に転職コンシェルジュと連絡が取れます。「仕事でなかなか電話に出られない」という方にも、おすすめです。

複数の企業に応募して管理しきれないという問題も、eコンシェルを利用すれば解決できますね。

5. 転職ノウハウが身につくコンテンツが充実

パソコンとノート出典:Pixabay

ワークポートでは、転職ノウハウを身につけられる「すぐに転職講座」を無料で受けられます。講座は、年齢・学歴問わず誰でも受講可能です。

「すぐに転職講座」のプログラム(例)
  • 面接基礎講座
  • 応募書類作成講座
  • 身だしなみ講座

基礎知識から応用まで、総合的に学べるプログラムが11個用意されています。必須講座の「面接基礎講座」以外は、自分で自由にプログラムを選択して受講可能です。

すぐに転職講座は、すぐに転職したい方や、はじめて転職する方にもおすすめですよ。

※株式会社ゼロアクセル調べ・ワークポート公式サイト・2022.7.20現在

ワークポート3つのデメリット

ここまでワークポートのメリットを見てきましたが、デメリットにはどんなものがあるのでしょうか?デメリットについても理解した上で、利用を検討してみましょう。

1. IT・Web・ゲーム業界以外の転職には弱い

悩む 中年男性出典:Unsplash

ワークポートは、IT・Web・ゲーム業界以外の転職にはあまり強くありません。取り扱っている求人や、サポート内容はエンジニアやプログラマー向けのものが多いからです。

ワークポートでは、主にIT・Web・ゲーム業界の転職に強みを持っています。IT業界と比べて、他の業界への転職支援はあまり期待できないでしょう

営業やサービス業といった業界への転職を目指している方は、他の転職エージェントのほうが向いているかもしれません。

希望の業界に合ったエージェントを利用することで、効率よく転職活動を進められますよ。

2. 地方の求人はあまり取り扱っていない

ワークポートは、地方の求人をあまり取り扱っていません。ワークポートが中心に取り扱っているIT・Web業界は、地方にあまり企業がないからです。

ワークポートでは、主に首都圏の求人を中心に取り扱っています。そのため、地方企業への転職を目指す方は、なかなか求人を紹介してもらえない可能性があります。

一方で、「首都圏で求人を探したい」「地方から東京に上京してきて働きたい」という方には、おすすめできる転職エージェントです。

希望勤務地に求人があるかどうかも、利用前にしっかりチェックしてくださいね。

3. 担当者からの連絡がしつこいと感じる可能性も

電話する男性出典:Unsplash

ワークポートは、人によって「担当者からの連絡がしつこい」と感じる可能性があります。特に働きながら転職する方は日中忙しく、あまり連絡が取れない場合も多いでしょう。

担当者からの連絡がしつこい・多いと感じた場合には、「もう少し連絡の頻度を減らしてほしい」と直接相談してみるのがおすすめです。

連絡頻度の調整を相談しても改善されない場合は、担当者を変更しましょう。担当者の変更は、公式サイトの問い合わせ窓口からできます。

転職を成功させるためには、担当者との相性も重要なポイントですよ。

ワークポートを利用した転職の流れ

実際にワークポートを利用した場合、どのような流れで転職活動が進むのでしょうか?ここからは、具体的な転職の流れを詳しく紹介していきます。

申し込み

まずワークポート公式サイトにアクセスし、「転職相談サービスお申し込み」ページに移動します。申し込みは、わずか60秒ほどで完了できます。

申し込み内容
  • プロフィール情報(年齢・連絡先など)
  • 転職先の希望条件(勤務地・職種など)
  • 電話連絡の可否・電話可能時間帯

このとき、任意で履歴書・職務経歴書のファイルを添付することが可能です。利用者のこれまでの経歴・スキルが分かるものがあると、転職コンシェルジュもサポートしやすいでしょう。

電話連絡を可にしておくと、面談日程の調整がメールよりもスムーズにできますよ。

※株式会社ゼロアクセル調べ・ワークポート公式サイト・2022.6.28

面談

面談は、基本的にワークポートオフィスに来社して行われます(現在は、対面・オンライン・電話でも対応可)。対応時間は、平日10:00〜20:30です。

面談内容
  • これまでの経験・職務に関するインタビュー
  • 転職の理由と目的、希望の条件をヒアリング
  • おおまかな転職スケジュールの設計

事前に相談したいことや聞きたいことは、メモやノートにまとめておくといいでしょう。面談は、「転職しようか迷っている」「転職時期が決まっていない」という方でも相談可能です。

利用者に合わせて休日対応も可能なので、在職中で平日時間が取れないという方は申し込み時に相談してみましょう。

求人紹介

パソコンとノート出典:Pixabay

面談でインタビューやヒアリングを元に、転職コンシェルジュが利用者に合った求人を紹介してくれます。早ければ、面談当日に紹介してもらうことも可能です。

ワークポートでは、2022年6月現在50,000件以上もの求人を取り扱っています。登録すれば、希望条件にマッチした求人に出会えるかもしれません。

気になる求人があれば、転職コンシェルジュに詳しい情報を聞いてみましょう。企業の雰囲気や採用状況、求人だけでは分からない情報も教えてもらえる可能性があります。

もしコンシェルジュから希望の条件とは異なる求人が紹介される場合には、正直に伝えましょう。
※株式会社ゼロアクセル調べ・ワークポート公式サイト・2022.7.20

書類作成・応募

応募する企業が決まったら、必要書類の作成を行っていきます。ワークポートでは、応募する企業や担当者の特徴を踏まえて転職コンシェルジュが丁寧にアドバイスしてくれます。

ワークポートでは、簡単にスマホ・PC・タブレットで履歴書・職務経歴書を作成できる「レジュメ」というサービス機能も利用可能です

レジュメであらかじめ履歴書・職務経歴書を作成しておくと、コンシェルジュからのサポートもスムーズに受けられるでしょう。

採用担当者の目にとまる応募書類の書き方を教えてもらうことで、書類通過率もアップするはずですよ。

面接対策・面接

スーツを着る男性出典:Unsplash

書類選考に通過したら、面接に進みます。ワークポートでは、実践に近い形式で練習できるようにコンシェルジュが模擬面接を行ってくれます。

模擬面接では、自己アピールの仕方や話し方など、細かい指導を受けることが可能です。ひとりで練習するときには気づけなかった点も、修正できるでしょう。

また、ワークポートでは、無料転職講座「すぐに転職講座」でも面接に関するノウハウを学べます。面接でよく聞かれる質問や、身だしなみなど幅広い知識が身につきます。

面接日程の調整は、転職コンシェルジュにおまかせできますよ。

内定・入社

無事内定をもらったら、入社条件の確認を行います。ワークポートでは、年収交渉や入社日の調整を転職コンシェルジュに代行してもらうことが可能です。

ワークポートは、入社後も転職コンシェルジュが利用者を定期的にフォロー。「働いてみたら条件が違った」「合わなかった」など、入社後の悩みも相談できるので安心です。

このように、入社後まで利用者のキャリアアップを長期的に支援してくれるのは、ワークポート最大の強みであると言えるでしょう。

入社後も転職のプロにキャリアの相談をできるのは、心強いですね。

ワークポートを最大限に活用するためのコツ

ワークポートを最大限に活用するために、どんなことができるのでしょうか?ここからは、ワークポートを活用するためのコツを4つに絞って紹介していきます。

転職コンシェルジュには本音で話す

話し合う男性出典:Unsplash

ワークポートを活用するためには、転職コンシェルジュに本音で話すことが重要です。本音で話すことで、転職活動が効率よく進むだけでなく、転職後のミスマッチも防止できます。

転職コンシェルジュは、利用者の意見を聞いて求人を紹介してくれます。本音で話すことで、コンシェルジュも利用者に合った求人を紹介しやすくなるでしょう。

例えば、紹介してもらった求人に対しては、「ここが良かった」「ここが合わないと思った」など具体的かつ正直に意見を伝えるのがおすすめです。

コンシェルジュには退職理由や経歴など、後ろめたいことも隠さず伝えましょう。

面談前に経歴・スキルは整理しておく

ワークポートで面談を受ける際には、話す内容を事前に整理しておきましょう。具体的な転職希望時期や、業界・職種が決まっていれば、できるだけ詳しく伝えてください。

事前に経歴や転職先の希望条件などを整理しておくと、転職コンシェルジュが利用者に合わせたサポートを提供しやすくなるからです。

また、転職の目的や転職先の希望条件が明確であるほど、転職活動はスムーズに進められます。特に自己分析は、転職活動を始める前に徹底的に行なっておくのがおすすめです。

話す内容を紙やノートに簡単にまとめておくと、面談当日もしっかり伝えられますよ。

担当者が合わない場合はすぐに変更する

顔文字 不機嫌出典:Pixabay

ワークポートを利用していて、「転職コンシェルジュとの相性が悪いかもしれない」と感じた場合には、すぐに担当者を変更しましょう。

担当者との相性が悪いと、希望条件とは異なる求人が紹介されたり、情報共有が上手くできなかったりして転職活動が長引く恐れがあります。

一般的に転職エージェントでの担当者変更は、めずらしいことではありません。我慢せず、問い合わせ窓口から変更を申し出ましょう。

相性のいい担当者が見つかれば、転職の成功率もグッとアップしますよ。

他の転職エージェントも併用する

ワークポートを利用する際、他の転職エージェントを併用するのがおすすめです。エージェントを併用すると、さまざまなメリットがあります。

転職エージェント併用のメリット
  • より多くの求人から比べられる
  • より多くのアドバイスを得られる
  • それぞれが得意なサービスを使い分けられる

ただし、併用する転職エージェントは、2社程度にとどめておきましょう。一度に多くのエージェントに登録してしまうと、管理しきれなくなってしまうからです。

ほとんどの転職エージェントが無料で利用可能なので、希望のエージェントがあればまずは登録・相談してみましょう。

まとめ

本記事では、ワークポートの特徴・メリット・デメリットを詳しく解説しました。ワークポートは、「やばい・最悪」など気になる評判・口コミもありましたが、利用者の長期的なキャリアを見据えて、丁寧にサポートしてくれる転職エージェントであることが分かりました。

ワークポートでは、転職活動支援アプリ「eコンシェル」や、履歴書・職務経歴書作成ツール「レジュメ」など、さまざまな転職サービスを無料で利用できます。未経験からエンジニアになりたい方・IT業界への転職を目指す方は、ぜひ登録してみてください。

(コンテンツ提供:株式会社ゼロアクセル)

参考サイト

リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度上半期~』 (2021年4月~2021年9月) 2022.7.20

https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/27889/
転職相談するなら転職エージェントのワークポート 2022.7.20
https://www.workport.co.jp/


転職サービスの関連記事
おすすめの記事