転職サイト 薬剤師
最終更新日

【薬剤師向け】転職サイトおすすめランキング|求人数も徹底比較

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

※本記事は2022年8月5日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

「薬剤師に特化した転職サイトが知りたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。薬剤師の転職には転職サイトの活用が欠かせません。しかし、さまざまな転職サイトがあるなかで、一体自分はどれを選べばいいのか分からず迷ってしまう人も多いでしょう。

そこで本記事では、薬剤師におすすめの転職サイト9選をご紹介します。また、転職サイトを活用するメリットもあわせて解説するので、最後までチェックしてみてください。

求人数比較ランキングも掲載していますので、薬剤師の転職サイト選びで悩んでいる人はぜひ参考にしてくださいね。

薬剤師におすすめの転職サイト9選

薬キャリAGENT

薬キャリAGENT

おすすめポイント
  • 最短即日・最大10件の求人を紹介してくれる
  • 市場に出ていない求人もチェックできる
  • 求人票の裏側まで調査してくれる
スピーディーに転職活動を終わらせたいなら、薬キャリAGENTがおすすめです。薬キャリAGENTでは最短即日に最大10件まで求人を紹介してくれます。すぐにでも求人を閲覧したい人にとって、重宝するサービスといえるでしょう。
市場に出ていない非公開求人を多数保有しているのも特徴です。市場に出回っていない求人は、ライバルが少なくねらい目といえます。

求人票だけではわからない情報も、コンサルタントが事前にしっかり伝えてくれるので、転職後のミスマッチを防げるでしょう。

本当に働きやすい職場なのか、職場の雰囲気や勤務体制など詳しい情報も事前に知っておきたい人には必見ですよ。
公開求人数 30,905件
主な機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 交渉代行
利用可能地域 全国
運営会社 エムスリーキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・薬キャリAGENT公式サイト対象・2022.7.14現在

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 利用者満足度No.1※1
  • 丁寧で親身なヒアリング
  • アフターフォローが充実

薬剤師としてどう進むべきかといったキャリア相談をしたいなら、マイナビ薬剤師がおすすめです。薬剤師の転職に精通したキャリアアドバイザーが親身になって、あなたの悩みごとや仕事の価値観を深掘りしてくれます。

例えば、「薬剤師としてキャリアアップしたい」「年収アップを目指したい」「自分に合った働き方を見つけたい」など、気になることがあれば率直に相談してみてください。

マイナビ薬剤師は、転職後のアフターフォローも充実。全国15拠点あるので、引越しを伴う転職をしたとしても、変わらず相談にのってくれます。※2転職後にわからないことや困ったことがあれば、心強い味方になってくれるでしょう。

マイナビ薬剤師では強引に転職を進めることはありません。あなたの「働きたい」という気持ちを大切にしてくれますよ。
公開求人数 要問い合わせ
主な機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社マイナビ

※1 マイナビ薬剤師公式サイト対象・薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査・アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社(2021年7月)・2022.7.14
※2 株式会社ゼロアクセル調べ・マイナビ薬剤師公式サイト対象・2022.7.14現在

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

おすすめポイント
  • 転職相談満足度96.5%※1
  • 多種多様なテーマ別求人特集
  • 都道府県別の人気求人ランキングを掲載

ファルマスタッフでは全国で無料相談会を実施しています。相談会ごとにテーマが設けられており、例えばUターン・Iターン転職や若手薬剤師向け、はじめての転職相談会などさまざまです。

オンラインで参加可能・休日に開催している相談会もあるため、仕事や育児で忙しい人も気軽に利用できます。

また、都道府県別の人気求人ランキングを掲載しているのも魅力です。希望する勤務地の人気求人を知っておくだけでも、視野が広がります。新たな気づきを得られる可能性が高いので、登録したらすぐに確認しておきましょう。

なかには、住宅手当あり・転勤なしの求人特集もあるので、希望条件が明確な人は一度目を通してみてくださいね。
公開求人数 42,287件※2
主な機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 無料相談会
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社メディカルリソース

※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在
※2 株式会社ゼロアクセル調べ・ファルマスタッフ公式サイト対象・2022.7.14現在

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

おすすめポイント
  • 1日平均5件の好条件求人を紹介
  • 希望先の職場を徹底調査
  • 働きながらの転職を徹底サポート

さまざまな求人を見比べたいなら、リクナビ薬剤師がおすすめです。リクナビ薬剤師では1日平均5件の好条件求人を紹介してくれます。

リクナビ薬剤師は自分に合った求人を紹介してくれるだけでなく、希望先の職場を徹底調査してくれるのも魅力です。

例えば、「どのような人が働いているのか?」「スキルアップできる環境なのか?」など、転職前に気になることを事前に知れるチャンスといえます。

特に、転職後のミスマッチに不安を抱えている人はリクナビ薬剤師がうってつけです。事前に知っておきたい内容をリストアップしておくことで、今抱えている不安を解消できるでしょう。

転職スケジュールの提案や条件交渉を代行してくれるので、働きながら転職を考えている人にもおすすめですよ。
公開求人数 要問い合わせ
主な機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社リクルート

※株式会社ゼロアクセル調べ・リクナビ薬剤師公式サイト対象・2022.7.14現在

お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめポイント
  • 紹介後の定着率95.6%※1
  • 転職先の事情を把握したコンサルタントによる面談
  • 転職後もコンサルタントに相談可能

お仕事ラボは業界トップクラスの高い定着率を誇ります。お仕事ラボでリサーチされた情報によると、入社3ヶ月後の定着率は95.6%※1と高い水準でした。腰を据えて長く働ける職場を探している人におすすめです。

転職先の事情を把握したコンサルタントによる面談も、お仕事ラボを利用するメリットといえます。

希望に合った働き方を最大限実現できるよう、コンサルタントが事前にしっかり情報を伝えてくれるので安心です。

転職後もコンサルタントによるアフターフォローが充実しています。もし転職先で困ったことや不安なことがあれば、遠慮なくコンサルタントに相談してみてください。

職場で生じたちょっとした戸惑いや悩み相談も可能です。ぜひ友達に相談するような感覚で、アフターフォローを利用してみてくださいね。
公開求人数 32,540件※2
主な機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • アフターフォロー
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社AXIS

※1 お仕事ラボ公式調べ(「求職者への3カ月間定着確認」2018年2月実施)・2022.7.14
※2 株式会社ゼロアクセル調べ・お仕事ラボ公式サイト対象・2022.7.14現在

ワークポート薬剤師

ワークポート薬剤師

おすすめポイント
  • 転職決定人数No.1※1
  • 調剤薬局・病院の求人多数
  • 薬剤師の転職に特化したコンシェルジュが多数在籍

調剤薬局・病院の求人を探したいなら、ワークポート薬剤師がうってつけです。大手から中小・地域密着の個人の薬局まで、幅広く取り扱っています。

ワークポート薬剤師は、転職決定人数No.1。紹介企業とのコネクションを生かした条件交渉が魅力です

ワークポート薬剤師には、薬剤師の転職に特化したコンシェルジュが多数在籍しています。薬剤師の転職がはじめての人にとっても、心強い味方になってくれるでしょう。

応募書類の添削や面接対策を受けられるので、しっかり選考対策したい人にも向いていますよ。
公開求人数 15,671件※2
主な機能
  • 求人検索
  • 選考サポート
  • キャリア相談
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社ワークポート

※1 リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度上半期~』(2021年10月~2022年3月) 2022.7.14
※2株式会社ゼロアクセル調べ・ワークポート薬剤師公式サイト対象・2022.7.14現在

ファーマキャリア

ファーマキャリア

おすすめポイント
  • オーダーメイドで求人を提案してくれる
  • コンサルタントの質が高い
  • コンサルタント1人あたりの薬剤師数を制限

ほかの転職サイトをみても希望の求人が見つからなかった人は、ファーマキャリアがおすすめです。ファーマキャリアではすでにある求人を紹介するのではなく、求職者の希望に合わせて求人をオーダーメイドしてくれます。

希望の勤務地で一番良い条件を提示できる病院や薬局、ドラッグストアに目星をつけ、交渉を重ねていくスタイルです。

また、コンサルタント1人あたりの薬剤師を制限しているのも魅力です。ファーマキャリアでは、薬剤師の数を絞っているので、丁寧なサポートが期待できます。

コンサルタントの教育体制がしっかりしており、質の高さもメリットです。2人3脚で転職活動を進めたい人におすすめですよ。
公開求人数 15,662件
主な機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
利用可能地域 全国
運営会社 エニーキャリア株式会社

※株式会社ゼロアクセル調べ・ファーマキャリア公式サイト対象・2022.7.14現在

アプロ・ドットコム

アプロ・ドットコム

おすすめポイント
  • 薬剤師の転職支援実績20年以上
  • 求人票に掲載されていない情報がわかる
  • フェアな立場で求人を紹介してくれる

アプロ・ドットコムに登録すると、ライフスタイルにあわせてさまざまな雇用形態から求人を探せます。フルタイムで働く正社員はもちろん、育児と両立可能なパート・アルバイトや副業にもおすすめのスポット勤務まで多種多様です。

専属のキャリアアドバイザーがあなたの希望をしっかりヒアリングしてくれるため、雇用形態を決めかねている人でも一度相談してみてください。

アプロ・ドットコムのキャリアアドバイザーは企業・求職者の両方を担当しています。そのため、求人票に掲載されていない情報がわかる点がメリットです。職場の雰囲気や働く人の様子なども事前に知れるので、ミスマッチを防ぎたい人におすすめといえます。

独立型の転職サイトなので、フェアな立場で求人を紹介してくれます。転職するかどうか悩んでいる人にもうってつけですよ。
公開求人数 22,608件
主な機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
利用可能地域 全国
運営会社 株式会社アプロ・ドットコム

※株式会社ゼロアクセル調べ・アプロ・ドットコム公式サイト対象・2022.7.14現在

JobBuddy

JobBuddy

おすすめポイント
  • 内定後を見据えた中長期的なサポート
  • おすすめの働き方を提案してくれる
  • 面接に同行してくれる
JobBuddyでは「見えないものが見える転職」をコンセプトに掲げて、求職者の転職支援を行っています。内定を勝ち取ることをゴールに設定するのではなく、入職後に活躍できるかどうかを見据えてサポートしているのです。
薬剤師として今後どのようなキャリアを歩みたいのか、いまひとつイメージできない人も、一度JobBuddyに相談してみるとよいでしょう。

JobBuddyを利用することで、おすすめの働き方を提案してくれます。例えば、育児中でフルタイムの勤務が難しいと感じている人でも、その人に合うような働き方と求人を提案してくれるのが魅力です。

希望があれば面接にも同行してくれます。面接が不安な人でも、自信をもって本番に臨めるでしょう。
公開求人数 要問い合わせ
主な機能
  • 求人検索
  • 求人紹介
  • 選考サポート
利用可能地域 首都圏
運営会社 株式会社スタイル・エッジCAREER

※株式会社ゼロアクセル調べ・JobBuddy公式サイト対象・2022.7.14現在

薬剤師におすすめの転職サイト求人数比較ランキング

※記事内で紹介した転職サイトの公開求人数を比較し、多いものから順にランキング形式で発表します。
※情報は2022年7月14日時点のものです。最新情報とは異なる場合があります。

1. ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

おすすめポイント
  • 転職相談満足度96.5%※1
  • 多種多様なテーマ別求人特集
  • 都道府県別の人気求人ランキングを掲載

※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

2. 薬キャリAGENT

薬キャリAGENT

おすすめポイント
  • 最短即日・最大10件の求人を紹介してくれる
  • 市場に出ていない求人もチェックできる
  • 求人票の裏側まで調査してくれる

3. お仕事ラボ

お仕事ラボ

おすすめポイント
  • 紹介後の定着率95.6%※1
  • 転職先の事情を把握したコンサルタントによる面談
  • 転職後もコンサルタントに相談可能

※1 お仕事ラボ公式調べ(「求職者への3カ月間定着確認」2018年2月実施)・2022.7.14現在

薬剤師転職サイトの失敗しない選び方

薬剤師転職サイトの選び方
  • 求人数
  • 非公開求人の有無
  • 運営会社
  • 薬剤師の転職支援実績

求人数

パソコンと女性出典:Unsplash

薬剤師転職サイトを選ぶ際は、求人数をチェックしましょう。求人数が多ければ勤務地、希望業務、雇用形態など複数ある選択肢の中から自分の希望に一番近いものを選べるからです。

求人数が多いからといって希望の企業が必ず見つかるとは限りませんが、極端に求人数の少ない求人サイトだと選択肢が狭まり、職探しに苦労する可能性があります。

ほとんどの大手転職サイトは4〜5万件を超える求人数を保有しています。

自分の希望する働き方や業務内容がどの程度あるかは転職サイトによっても異なりますが、転職サイトではまず求人数の多さを確認しましょう。

※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

非公開求人の有無

転職サイトでは非公開求人の有無を確認しましょう。非公開求人は、ネットには掲載していない高収入の求人や人気企業の求人が多いうえに、その転職サイトだけが独自に持っていることがあります。

非公開求人に好条件のものが多いのには、理由があります。好条件の求人は大々的に募集をかけると応募が殺到し、その対応に追われてしまいがちだからです。

非公開求人なら、転職エージェントから紹介された厳選された人材だけを選定できるので企業側にとっても都合が良いのです。

非公開求人を取り扱っている転職サイトに登録しておくだけでも、転職選びの幅がグッと広がりますよ。

運営会社

チェックリスト出典:Pixabay

転職サイトの運営会社のチェックもしましょう。例えば大手調剤薬局が運営している転職サイトは調剤薬局の求人が多く、全国規模で展開している転職サイトは全国規模の求人が充実しています。

また、大手転職サイトや運営年数が長い転職サイトは業界のコネクションが強く、求人数が多い傾向があります。

上場企業のグループ会社の転職サイトは信頼感がありますが、コンサルタントとの相性、フットワークの軽さなど転職活動に対するサポート体制が整っているかが重要になってきます。

自分の進みたい道が決まっている人は、運営会社と系列の転職サイトを利用するのが良いでしょう。

※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

薬剤師の転職支援実績

転職サイトで欠かさずチェックしたいのが、薬剤師の転職支援実績です。

薬剤師の転職支援の実績が多い転職サイトでは、求人の充実度が高く、コンサルタントの質が高い傾向があります。

的確なアドバイスや転職活動のノウハウ、業界や企業の有力な情報が得られることで内定の確率も可能性も高くなるでしょう。

調剤薬局・ドラッグストア・病院・製薬会社・大手企業の中で、自分が目指す転職先の支援実績のある転職サイトを選ぶことで、希望業界への道が大きく開かれます。

事前に口コミサイトなどでコンサルタントの質や求人の充実度、サポート体制などの評判をチェックしておくことをおすすめしますよ。

薬剤師に特化した転職サイトを利用するメリットを解説

最後に、薬剤師に特化した転職サイトを利用するメリットをご紹介します。転職サイトに登録するか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

自分に合った求人を紹介してくれる

グッドポーズ出典:Pixabay

転職サイトに登録するメリットのひとつに、自分に合った求人を紹介してくれる点が挙げられます。

転職のプロによる丁寧なヒアリングを受けたうえで、希望条件に合致した求人が紹介されます。仕事さがしに時間を割けない人におすすめです。

自分に合った求人を紹介してもらうためにも、希望条件を事前に整理しておくとよいでしょう。給料や福利厚生などはもちろん、理想のライフスタイルをイメージした働き方を考えておくことが大切です。

希望の働き方が定まったら、キャリアアドバイザーに伝えてみてください。

※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

選考サポートを受けられる

選考サポートを受けられるのも転職サイトに登録するメリットです。例えば、履歴書・職務経歴書の添削を行ってくれます。

志望動機や自己PRなどをどのように書けばいいか迷ってしまうなら、一度添削してみてもらうのがおすすめです。

また、ほとんどの転職サイトが面接対策に対応しています。職場や企業で想定される質問をしながら、実践的な面接練習が可能です。

特に、面接が苦手だと感じている人は、積極的に選考サポートを活用しましょう。

日程調整・条件交渉を代行してくれる

転職サイトに登録すると、面接日時の調整や内定後の条件交渉を代行してくれる場合があります。企業との面接日時調整は意外にも時間を要する可能性が高いです。

その点、代行してくれる転職サイトなら、余計な時間をとられずに効率よく転職活動ができるでしょう。

また、給与や休暇数をはじめとした条件交渉を代行してくれるのも魅力です。自分から言い出しにくいことでも、転職のプロがしっかり先方と話し合ってくれます。

希望条件にこだわりが強い人や交渉が苦手な人は、転職サイトの利用を視野にいれてみてください。

※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

薬剤師転職サイトのデメリット

薬剤師転職サイトのデメリット
  • 転職を急かされる場合がある
  • 自分のペースで転職活動を進められない
  • 担当者によってサービスの質が異なる

転職を急かされる場合がある

パソコンを見てる男の人出典:Pixabay

転職サイトのデメリットは、転職を急かされる場合があることです。急募の求人は迷っているうちにライバルが内定を獲得しますし、好条件の求人であれば良い人材が確保でき次第応募を打ち切ることがあるからです。

また、転職活動は期間を決めずにダラダラ続けると、いつまで経っても転職先が決まりません。そのうち、転職自体億劫になって良い求人が出た時には心の準備ができていない、という事態も出てきます。

また、転職エージェントは、求職者の内定が決まることで企業側から報酬をもらう仕組みになっているので、転職活動を長期化させたくないという意図もあります。

お尻を叩く意味でも転職を急かすコンサルタントもいるでしょう。

自分のペースで転職活動を進められない

転職サイトに登録すると、担当のコンサルタントと二人三脚で転職活動をすることになります。良い求人情報があればコンサルタントから都度、連絡が入りますし、迷っている間もなく応募、面談の日程調整の提案があります。

これまで自分で企業を探し、応募してきた人にとっては、自分のペースで転職活動が進められないともどかしく感じるかもしれません。

しかし、自分の意思表示を明確にし、コンサルタントのアドバイスを柔軟に受け入れることで、コンサルタントのペースにのせられることなく、納得のいく転職活動を進められます。

あらかじめ転職活動のスケジュールを決めておくと、コンサルタントとのすれ違いも起こりにくいですよ。

担当者によってサービスの質が異なる

転職サイトでは、担当者によってサービスの質が異なることはよくあります。

例えば、業界経験が長く、薬剤師の転職について精通しており、的確なアドバイスをくれる担当者もいればそうでない担当者もいます。

口コミのなかには、行動が遅い担当者や、音信普通になった担当者がいたという報告も。また、担当者の合う・合わないは、相性によるところもあるでしょう。

少しでも合わないと感じたら、すぐに担当者を変えてもらうことをおすすめしますよ。

薬剤師転職サイトを上手に活用するコツ

薬剤師転職サイト活用のコツ
  • 薬剤師転職サイトは複数登録する
  • 転職先の希望条件をできるだけ明確にしておく
  • 転職活動のスケジュールを立てておく

薬剤師転職サイトは複数登録する

薬剤師転職サイトは複数登録しましょう。転職サイトによって扱っている求人は異なるため、複数のサイトに登録しておけばその分多くの求人に触れられるのです。

転職サイトにより、都市部や地方に強いサイトもあれば、大手企業や病院、調剤薬局など転職先ごとに特化したサイトもあります。

そのほか、正社員・派遣・パートなど雇用形態に特化したサイトなどもあるので、自分の希望条件にあったサイトを併用するといいでしょう。

転職サイトを複数利用することで、相性のいいコンサルタントに出会えるチャンスが増えたり、より多くのアドバイスが得られるメリットもありますよ。
※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

転職先の希望条件をできるだけ明確にしておく

チェックリスト出典:Pixabay

転職先の希望条件をできるだけ明確にすることは転職成功の近道になります。希望条件が曖昧なまま、今の職場から逃れたいがために転職活動をすると、今と同じような職場を選んでしまうかもしれません。

希望条件の一例として、希望勤務先や業務だけでなく「患者さんとの距離が近い業務がいい」最新の調剤機器や在庫管理ソフトが導入されている」など日常の業務で感じたことを伝えておくことも大切です。

転職活動の軸をもつことで、転職の失敗や後悔を防止できますよ。

転職活動のスケジュールを立てておく

転職活動では、いつまでに転職したいかをおおよそで良いのでスケジュールを立てておくことをおすすめします。

コンサルタントは、転職時期が近く意欲の高い求職者に力を注ぎがちです。そのため、スケジュールが何も決まっていないと後回しにされる可能性があります。

スケジュールを立てておくことで、いつまでに何をしなければならないかがはっきりするので、自然と転職に向けての行動も変わってくるでしょう。

また、急募の好条件の求人に出会った時も目先の利益に捕らわれることなく冷静な判断が下せますよ。
※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

薬剤師転職サイト利用の流れ

転職利用の流れ

1. 無料登録

まずは転職サイトのお申込みフォームから必要事項を入力し、無料登録します。登録時に必要な内容としては、一般的に以下の内容となります。

おもな登録内容
  • プロフィール情報(氏名・年齢・連絡先など)
  • 保有資格
  • 転職先の希望条件(勤務地・年収・業種など)
  • 転職時期

登録自体は1分ほどでできる簡単なものです。登録が完了したら、担当コンサルタントから連絡が入る流れとなっています。

連絡が入ったら、面談の日程調整に進みます。対面・電話・Webなど、転職サイトによって面談形式はさまざまです。

知らない電話番号だからと電話に出ないと先へ進めないため、あらかじめ転職サイトの電話番号を確認しておきましょう。
※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

2. 面談

面談の際、担当コンサルタントが求職者の希望を徹底的にヒアリングします。この時に自分の希望を正確に細かくコンサルタントに伝えることが重要です。あらかじめ、以下のことをまとめておきましょう。

面談で聞かれること
  • 希望業種
  • 希望条件(収入、雇用形態、仕事内容など)
  • 転職理由

ただ、まだ転職自体迷っていて今後の方向性が定まっていなくても問題ありません。コンサルタントに相談することで、客観的に転職が必要かどうかが分かるようになります

転職したほうがよいとなった場合には、どのようにしたらよいかの具体的なアドバイスもしっかり受けられますよ。

3. 求人紹介

壁を見る男の人出典:Pixabay

面談でヒアリングした内容をもとに、経験や資格と照らし合わせて公開・非公開求人の中から最適な求人を紹介します。コンサルタントは薬剤師の転職支援のプロです。

求人内容の詳細や職場の雰囲気、環境、企業情報のほか、評判など現場の生の声をもとにした率直な情報を提供してくれます。

第三者の客観的な目線で求人紹介してくれるので、自分では選ばないような思いがけない求人に巡り合えることもあります。

ハローワークやネットの求人票だけでは分からない募集求人の背景など有益な情報が得られるため、ぜひ積極的に担当コンサルタントに質問してみましょう。
※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

4. 応募・選考対策

興味のある求人が見つかったら応募・選考対策に進みます。

薬剤師業界に精通したコンサルタントがいる転職サイトなら、書類の添削や面接対策など選考サポートはもちろん、選考に向けて有益なアドバイスをしてくれるでしょう。

業界の傾向や業界の最新ニュースの情報提供、面接対策、履歴書や職務経歴書の書き方や添削に至るまで懇切丁寧なサポートがあるのも安心です。

転職活動を進める中で応募を辞めたい、転職活動自体考え直したいということであれば、無理せずコンサルタントに伝えましょう。

5. 面接

チェックリスト出典:Pixabay

書類選考を通過したら面接に入ります。企業にもよりますが、一般的に面接は1~3回程度です。

中途採用の面接では戦力になるかどうか、職場の雰囲気に合っているか、転職理由が妥当かどうかがポイントになります。

これまでの職場で培ったスキルや経験を存分にアピールし、転職先でどのように活躍できるかを自信をもって言えるようにしましょう。

また、面接は求職者自身が職場を選ぶための大切な場になります。自分の希望が叶う職場なのかを冷静に判断することも大切です。
※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

6. 内定・入社

晴れて内定が決まれば、コンサルタント経由、または求職者に直接連絡が入ります。

この時点で就労条件に希望があればコンサルタントに条件交渉を依頼しましょう問題がなければ入社日の調整に入ります。

現在の職場へは、退職の意思と退職日の日程を伝えます。退職には、業務の引継ぎや社内手続きに時間がかかることがあるため、1〜3か月後を目途に退職日を設定しましょう。

自分ひとりで迷うことがあれば、コンサルタントに円満退社のためのフォローをお願いすると良いでしょう。

薬剤師の転職に関するよくある質問

ここからは薬剤師の転職に関するよくある質問をご紹介していきます。

薬剤師におすすめの転職サイトはどれ?

薬剤師の転職サイトは支援実績22年の「ファルマスタッフ」がおすすめです。ファルマスタッフは、42,000件以上の公開求人のほか、非公開求人も充実。初めての転職にも、ハイキャリア志向の転職にも強く、キャリアアップ支援をおこなっているのでブランクがあっても安心です。全国に12拠点を持ち、対面でのカウンセリングで求職者の希望や経験を活かせる求人を紹介しています。転職した後のサポートがあるのも嬉しいポイントです。 参考:薬剤師求人・薬剤師転職ならファルマスタッフ(株式会社メディカルリソース)  2022.7.14

薬剤師転職サイトの仕組みは?
薬剤師転職サイトは、求職者が転職サイトを通じて採用が決まった場合、企業から一定の紹介料がもらえる仕組みとなっています。その紹介料で転職サイトの運営が成り立っているのです。その紹介料という収益のおかげで、求職者は無料で転職エージェントを利用できます。また、採用側も紹介料を支払ってでも早く優秀な人材をゲットしたいと思っているので、企業も求職者も転職サイトも三方良しの関係が築けるのです。
薬剤師の平均年収はどれくらい?
厚生労働省の統計によると、薬剤師の平均年収は約565万円というデータが出ています。しかし、都市別で見ると都市部が年収400万円台後半であるのに対し、地方が500万円前半という結果になりました。これは、地方は人材不足のため年収が都市部に比べ高く、人材が豊富な都市部では年収が低くなっているのです。また、大手企業や製薬会社、調剤薬局やドラッグストアなど勤務先によっても年収が大きく変わります。(※厚生労働省:賃金構造基本統計調査(令和2年)より)参考:賃金構造基本統計調査(令和2年)にみる年収 | 13hw編集部 シリーズ特集 | 特集記事【13歳のハローワーク公式サイト】 2022.7.14
薬剤師のおもな転職理由は?
薬剤師のおもな転職理由は「人間関係・労働環境・収入」の悩みや「やりがいのなさ」が挙げられます。特に調剤薬局のような狭い空間の限られた職員の中で、良好な関係を築くのが難しいと感じる人も多いようです。また、病院ではドクターや看護師などへの気遣いでストレスを感じる人もいます。残業が多く、仕事を頑張っても給料がアップせずやりがいを感じない職場や、スキルアップの機会がない職場に対して将来への不安を感じているのも転職理由の1つです。
薬剤師転職サイトを複数登録するメリットは?
転職サイトによって非公開求人の数が異なるため、複数登録することで求人の幅が広がります。また、他の転職サイトでは得られなかった情報が得られることもあるため、転職に有利になるのです。転職サイトにより、サポートの幅が異なるのと転職サイトが持つ強みも異なります。それぞれのサイトの良さを堪能しつつ、最終的に自分に合ったところで求人を探せるというメリットがあります。
祝金がもらえる薬剤師転職サイトは?
現在は祝金がもらえる転職サイトはなくなりました。以前は、就職すると祝金がもらえる薬剤師転職サイトが複数存在しましたが、2021年4月1日の法改正により「就職お祝い金」などの名目で求職申し込みの勧奨をおこなうことを禁止されました。(厚生労働省より)以降は、金銭の提供ではなく、職業紹介事業の質の向上とPRで就職あっせんすることが義務付けられたのです。参考:厚生労働省 2022.7.14

まとめ

今回は薬剤師におすすめの転職サイト9選と求人数比較ランキングをご紹介しました。薬剤師に特化した転職サイトは、多種多様です。日程調整や条件交渉を代行してくれるなど、自分に合ったサービスが受けられる転職サイトを選べば、効率よく転職できるでしょう。

今回ご紹介した転職サイトは、登録から内定まですべて無料で利用可能です。気になる転職サイトがあれば、まずは無料登録してみてはいかがでしょうか。薬剤師の転職サイト選びで悩んでいる人は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

※1 ファルマスタッフ公式調べ・お客様満足度アンケート(2018/7/25〜2018/8/22実施)・2022.7.14現在

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

薬剤師の求人・転職・募集なら【薬キャリエージェント】 2022.7.14
https://agent.m3career.com/
薬剤師の転職・求人・募集はマイナビ薬剤師/ご利用者満足度NO.1 2022.7.14
https://pharma.mynavi.jp/
薬剤師の転職・求人・募集はファルマスタッフ/求人数業界最大級 2022.7.14
https://www.38-8931.com/
リクナビ薬剤師 2022.7.14
https://rikunabi-yakuzaishi.jp/
お仕事ラボ 2022.7.14
https://www.oshigoto-lab.com/
薬局転職ナビ – ワークポート 2022.7.14
https://www.workport.co.jp/pharmacist/yakuzaishi/
ファーマキャリア | 薬剤師転職のオーダーメイド求人 2022.7.14
https://pharmacareer.jp/
薬剤師の求人・転職・派遣・単発ならアプロ・ドットコム 2022.7.14
https://www.apuro.com/
薬剤師専門の求人サイト|JobBuddy 薬剤師 2022.7.14
https://job-buddy.net/
リクナビNEXT『GOOD AGENT RANKING ~2021年度上半期~』(2021年10月~2022年3月) 2022.7.14
https://next.rikunabi.com/tenshokuknowhow/archives/27889/
賃金構造基本統計調査(令和2年)にみる年収 | 13hw編集部 シリーズ特集 | 特集記事【13歳のハローワーク公式サイト】 2022.7.14
https://www.13hw.com/special/special02_11.html
厚生労働省 2022.7.14
https://www.mhlw.go.jp/content/000747063.pdf


おすすめの記事