アクアセレクト
最終更新日

アクアセレクトの口コミ・評判|全2機種の特徴や料金を徹底解説

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)
※本記事は2022年6月23日時点の情報を元に作成されています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、記載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いいたします。

アクアセレクトの口コミ・評判はどうなの?」「使い続けやすい料金なの?」と疑問をもっている人もいるのではないでしょうか。ウォーターサーバー選びでは、サーバーの機能や水の味・品質、料金など重視する点が多く、悩む人も多いでしょう。

そこで本記事では、アクアセレクトのサーバー全2機種の特徴や料金プラン、メリット・デメリットを徹底解説します。記事の後半には、お得に利用できるキャンペーン情報や、詳しい申し込み手順も紹介しているので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

※1 国土交通省「全国一級河川水質調査」(令和2年) 2022.6.23

アクアセレクトの基本情報

アクアセレクト

アクアセレクトは、良質な天然水を楽しめることで知られているウォーターサーバーです。アクアセレクトが提供する天然水は、三重県南部を流れる「宮川」の最上流部から採水されています。

日本屈指の清流である宮川は、国土交通省が行っている一級河川調査で、過去17回も水質1位を獲得しています※1。宮川の湧水をボトリングした天然水は、味・品質どちらもこだわりたい人にうってつけです。

アクアセレクトの天然水はコーヒーやお茶を淹れるのはもちろん、料理にも活用できますよ。

アクアセレクトのサーバー全2機種を紹介

アクアセレクトには、床置き型と卓上型の2種類があります。ここでは、それぞれの特徴をご紹介します。

床置き型

アクアセレクト 床置き型

床置き型のおすすめポイント
  • 機能がシンプルで扱いやすい
  • 温水コックにチャイルドロック機能を搭載
  • 電気代を抑えられる省エネ設計

アクアセレクトの床置き型サーバーは、扱いやすいシンプルな設計のウォーターサーバーです。青のコックが冷水、赤のコックが温水と見ただけですぐ区別できるようになっています。

温水コックにはチャイルドロックが搭載されており、小さな子どもの誤作動によるやけどの事故を防いで安全に使用できます。

また、省エネ設計になっているのも特徴です。一般的にウォーターサーバーの1ヵ月あたりの電気代は、1,000〜1,200円程度です。アクアセレクトの床置き型の電気代は、月に750円程度なため電気代を抑えられます。

希望に応じて、冷水コックにもチャイルドロックを無料で取り付けてもらえます。小さなお子さんがいる家庭でも、安心して利用できますね。
サイズ(cm) 幅32×奥行32×高さ124(ボトル込み)
重量 18kg

※1 国土交通省「全国一級河川水質調査」(令和2年) 2022.6.23
※株式会社ゼロアクセル調べ・アクアセレクト公式サイト対象 2022.6.23

卓上型

アクアセレクト 卓上型

卓上型のおすすめポイント
  • チャイルドロック機能を搭載
  • ホワイトカラーのシンプルなデザインで、インテリアに馴染みやすい
  • 置き場所を選ばずに使用できる

アクアセレクトの卓上型ウォーターサーバーは、コンパクトサイズながらも床置き型と同様にチャイルドロック機能搭載・省エネ設計となっています。

ボトルを含めてもサーバーの高さは81cm程度しかないため、床置き型と比べて圧迫感を与えにくいといえるでしょう。

テーブルやキッチンカウンターなど、設置場所の選択肢が多いうえに、サーバーの移動が比較的楽にでき、使い勝手がよいと利用者から評判を集めています。

コンパクトサイズの卓上型はすっきりとした見た目なため、部屋の印象がごちゃごちゃしてしまうのを防げますよ。
サイズ(cm) 幅32×奥行32×高さ81(ボトル込み)
重量 15kg

※株式会社ゼロアクセル調べ・アクアセレクト公式サイト対象 2022.6.23

アクアセレクトの料金プラン

アクアプランの月額料金は、以下のとおりです。

初期費用 無料
水の料金 11.35L×2本:3,132円(税込)
サーバーレンタル料 無料
配送料 無料※1

1配送あたりの水ボトルの配送は1箱(11.35L×2本)単位で、水の料金は3,132円(税込)です。1箱以上注文の場合、2箱目以降は2,710円(税込)で、422円割引になります。

毎月のサーバーレンタル料・配送料※2 も無料なので、使い続けやすそうですね。

※1 国土交通省「全国一級河川水質調査」(令和2年) 2022.6.23
※2 北海道・沖縄県・離島を除く。
※株式会社ゼロアクセル調べ・アクアセレクト公式サイト対象 2022.6.23

アクアセレクトのメリット

ここでは、アクアセレクトのメリットについて解説します。

1. 初期費用・サーバーレンタル料・配送料・初回の水代が0円

アクアセレクトはサーバーレンタル料や配送料が無料なため、月に支払う料金は水代だけで済みます。

初回事務手数料やサーバー設置費用がかかるウォーターサーバーもありますが、アクアセレクトは初期費用が無料なうえに、web特典で初回は水1箱(税込3,132円相当)がもらえます。

ランニングコストを抑えて利用したい人や、初期費用を抑えて使い始めたい人におすすめですよ。

沖縄県、北海道、離島については有料です。

2. お手頃価格でおいしい天然水が楽しめる

水

出典:pixabay

アクアセレクトでは、お手頃価格でおいしい天然水を楽しめます。一般的にウォーターサーバーの天然水12Lの価格は、1本あたり2,000円程度のことが多いです。

一方で、アクアセレクトでは1本あたり1,566円※2 と約500円も安く購入できます。さらに、2箱目からは割引価格で購入でき、お得な料金制度は大きな魅力と言えるでしょう。

良質な天然水を楽しめる、コスパがよいウォーターサーバーを選びたい人にうってつけですね。

※1 国土交通省「全国一級河川水質調査」(令和2年) 2022.6.23
※2 11.35L×2本:3,132円(税込)÷ 2 = 1,566
※株式会社ゼロアクセル調べ・アクアセレクト公式サイト対象 2022.6.23

 

3. 使い捨てボトルだから省スペースで利用できる

アクアセレクトでは使い捨てボトルを採用しているため、メーカーが回収しにくるまで空きボトルを保管しておく必要がありません。そのため、スペースを圧迫することなく利用できます。

また、アクアセレクトのワンウェイボトルは、柔らかいプラスチック素材です。潰してコンパクトにし、資源ごみとして処分する際も場所を取りません。

特に水の使用量が多い家庭にとって、空ボトルがかさばらずに省スペース化が図れるのは嬉しいところですね。

4. 災害時の備えができ安心

アクアセレクトの水は、災害時の備蓄水として利用できるのもメリットです。

停電になった際、冷水と温水は出ないものの、コックをひねれば常温水は出水できます。

また、災害時に水が確保できるだけでなく、効率よく備蓄水を用意しておけるのもメリットです。水ボトルは毎月決まった数量が配送されるため、普段使用しながらも予備のボトルは一定量キープされます。

アクアセレクトの水の賞味期限は、未開封の状態で6ヵ月間です。ボトルを古い順に使って常に新しいボトルが常備されることで、水の鮮度をキープしながら備蓄できますね。

5. オフィス・業務用としても使いやすい

オフィス

出典:unsplash

アクアセレクトは水代がお手頃なうえに、初期費用やサーバーレンタル料もかからないため、オフィスや店舗での利用にも向いています

1配送あたり6箱まで注文可能ですが、7箱以上必要な場合でも事前にコールセンターに連絡をしておけば対応してもらえるため、利用人数が多いオフィスでも使用できます。

ウォーターサーバーを導入すれば、社内でいつでも温水・冷水が利用でき、福利厚生の充実にもつながるでしょう。

アクアセレクトのデメリット

アクアセレクトには、メリットだけでなく以下のデメリットもあります。

1. メンテナンス料が3,520円(税込)かかる

アクアセレクトは、メンテナンス料が3,520円(税込)かかる点がデメリットとして挙げられるでしょう。アクアセレクトのウォーターサーバーには、クリーン機能が搭載されておらず、定期的なメンテナンスが必要です。

一般的にメンテナンスは自宅に作業員が訪問して洗浄してくれるケースが多いですが、アクアセレクトの場合は、サーバーを自分で梱包してアクアセレクトに送付しなければなりません。

衛生的なおいしい天然水を飲むために、年に1回のメンテナンスが推奨されています。サーバー内部の掃除は自分でできないため、メンテナンスは必須です。そのため、費用が負担に感じてしまうかもしれません。

送料は利用者負担なため、メンテナンス料にプラスして数千円の送料もかかりますよ。

2. 注文ノルマがある

電卓

出典:unsplash

アクアセレクトには注文ノルマがあり、最低でも月に1箱(11.35L×2本)は注文しなければなりません。そのため、1人暮らしの人や、仕事やプライベートで長期にわたって家を空けることがある場合、水が余ってしまう可能性があります。

水を消費しきれない場合は、定期配送を一時的に停止することも可能です。しかし、停止期間中は1ヵ月につきに440円(税込)の事務手数料が発生します

水は定期配送されるため、使い切らないと余計な水代がかかってしまいます。あらかじめ1ヵ月に23L以上水を使いそうかシミュレーションしておきましょう。

3. 1年以内に解約すると違約金が発生する

アクアセレクトの最低利用期間は1年と決められています。もし1年に満たないうちに解約した場合は、6,160円(税込)の違約金が発生します。

そのため、「使ってみて不満があったら解約すればよいだろう」と、お試し感覚で契約しないよう気をつけましょう。

アクアセレクトに限らず、ほとんどのウォーターサーバーには最低利用期間が設けられており、早期に解約すると違約金が発生しますよ。

4. ボトル交換が大変

ガロンボトル

出典:pixabay

アクアセレクトのサーバーのボトルの設置位置は、サーバーの最上部にあります。力があまりない人や腰痛持ちの人などにとって、約11kgものボトルを高い位置まで持ち上げて交換するのは大変です。

ボトル交換の負担をできるだけ減らしたい場合は、卓上型サーバーにするもの1つの選択肢です。卓上型は設置場所によって高さを変えられます。

低めのスツールやサイドテーブルなどに卓上型サーバーを設置すれば、床置き型よりもボトルの設置位置が低くなり、ボトル交換がしやすくなるでしょう。

アクアセレクトのお得なキャンペーン情報

アクアセレクトでは、オフィスや店舗にウォーターサーバーの導入を検討している法人を対象としたお得なキャンペーンを行っています。キャンペーンの内容について見ていきましょう。

法人様限定キャンペーン

法人様限定キャンペーンは、アクアセレクトの公式サイトから新規申し込みをした法人限定のキャンペーンです。キャンペーンを利用して申し込むと、水ボトル4本(税込6,264円相当)を無料でもらえます

公式サイトのトップページにある「法人のお客様はこちら」をクリックし、「法人様限定キャンペーンお申込み」から必要事項を記入して申し込むと、キャンペーンが適用されます。

法人様限定キャンペーンは、他のキャンペーンと併用できません。

※1 国土交通省「全国一級河川水質調査」(令和2年) 2022.6.23
※株式会社ゼロアクセル公式サイト調べ・アクアセレクト公式サイト調べ(キャンペーン終了時期:未定)2022.6.23

アクアセレクトの申し込み手順

ここでは、アクアセレクトの申し込み手順について解説します。

手順1|サーバーの種類・配送情報を選択

女性

出典:pixabay

公式サイトのトップページにある「お申し込み」とクリックし、希望するサーバーの種類・初回配送日・水ボトルの配送周期を選択します。

配送周期は、4週間・3週間・2週間・1週間ごとから選択可能です。基本的に、水ボトルの初回配送本数は2本(1箱)です。2本以上希望の場合は、「追加本数」から追加する本数を選択してください。

全ての入力が終わったら、「お客様情報の入力へ」をクリックしてください。

友人や知人の紹介で申し込む場合は、「キャンペーンID」欄に紹介者の氏名と電話番号を入力してくださいね。

手順2|契約者情報を入力

氏名・住所・メールアドレスなどをはじめとした契約者情報を入力し、「決済情報の入力へ」をクリックします。

※1 国土交通省「全国一級河川水質調査」(令和2年) 2022.6.23

手順3|決済情報を入力

決済方法は、クレジットカードによる支払いのみです。カード情報を入力し、「ご入力内容の確認へ」をクリックします。入力内容に誤りがないかを確認して完了をクリックすれば、申し込みは完了です。

まとめ

本記事では、アクアセレクトのサーバー全2機種の特徴や料金、メリット・デメリットなどについて徹底解説しました。アクアセレクトは、天然水をお手頃な価格で購入できるのが大きな魅力です。それだけでなく、味も品質も高く評価されており、水にこだわりのある人でも満足できることでしょう。サーバーの搭載機能は少ないですが、それゆえに扱いやすいため、自宅での使用だけでなくオフィスや店舗での利用にも向いています。

現在アクアセレクトでは、法人を対象としたお得なキャンペーンを開催中です。オフィスや店舗にウォーターサーバーを導入しようか検討しているようであれば、キャンペーンを活用してアクアセレクトを導入してみてはいかがでしょうか。

※1 国土交通省「全国一級河川水質調査」(令和2年) 2022.6.23
※株式会社ゼロアクセル公式サイト調べ・アクアセレクト公式サイト調べ(キャンペーン終了時期:未定)2022.6.23

(コンテンツ提供:ゼロアクセル)

参考サイト

ウォーターサーバー天然水安さNo,1の【アクアセレクト】 2022.6.23
http://www.aquaselect.jp/
国土交通省「全国一級河川水質調査」
(令和2年) 2022.6.23
https://www.mlit.go.jp/report/press/mizukokudo04_hh_000138.html


メーカーの関連記事
おすすめの記事