ウォーターサーバー 料金
最終更新日

ウォーターサーバーにかかる料金はいくら?コストを抑える方法も紹介

(提供:ゼロアクセル)
*本記事は2022年7月27日時点の情報を掲載しています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、掲載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いします。

ウォーターサーバーの使用を検討している人にとって、「月にいくら料金がかかるのか」は気になることの1つではないでしょうか。ウォーターサーバーの月額料金は、メーカーによって差があります。

無理なく使い続けられるウォーターサーバーを利用できるよう、この記事ではウォーターサーバーの使用でかかる料金や、維持費用を抑えるためのポイントを紹介します。

どのウォーターサーバーにすればよいかコスト面で迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

ウォーターサーバーにかかる料金

はじめに、ウォーターサーバーの使用で、どのような料金がかかるのかを知っておきましょう。

ウォーターサーバーにかかる料金
  • サーバーレンタル料
  • 水代
  • 配送料
  • 電気代
  • メンテナンス料
  • その他料金

サーバーレンタル料

サーバーレンタル料は、無料の場合が多いですが、多機能サーバーやグッドデザイン賞を受賞しているおしゃれなサーバーなどは、月1,000程度のレンタル料がかかることもあります。

高濃度の水素水が生成できるなどの特別な機能を搭載しているサーバーは、レンタル料がより高い傾向にあります。

水代

水が入ったグラス

出典:pixabay

多くのウォーターサーバーメーカーは、1回の水ボトルの注文単位を24Lとしていることが多く、水ボトル24Lの料金は、2,700〜4,200円程度と差があります。水の料金に差があるのは、水の種類によるものです。

ウォーターサーバーで使用する水の種類は、主にRO水と天然水の2種類で、一般的にRO水の方が安い傾向にあります。

天然水は4,000円程度のことが多いですが、契約期間が長いと割引価格で水を購入できるお得なプランを提供しているメーカーもあります。

水の種類にこだわりがなければ、水代が比較的安いRO水にするものよいでしょう。

配送料

ほとんどのウォーターサーバーメーカーは、水ボトルの配送料を無料としています。ただし、北海道や沖縄、離島など一部の地域は、配送がかかる場合が多いです。

また、配送料が無料であっても、決められた注文単位以下での注文の場合は、配送料が発生することがあります。

地域によっては、配送料が1,000円近くかかる場合もあるので、契約前に自分の住んでいる地域が配送料無料の範囲内なのかをチェックしておきましょう。

電気代

コンセント

出典:unsplash

一般的にウォーターサーバーの使用でかかる電気代は月1,000円程度、省エネ機能が付いたサーバーの場合は、500〜700円程度です。

メンテナンス料

サーバー内を衛生的に保つ「クリーン機能」が搭載されているウォーターサーバーの場合は、サーバー内においてはメンテナンスをしなくてよいので、メンテナンス料自体が不要です。メーカーによっては数年に一度、新しいサーバーに無料で取り替えるサービスを実施していることもあります。

また、メンテナンス・故障対応サービスが受けられるプランがあり、任意加入としているケースもあります。

メンテナンス料の月額料金がかかったり、サーバー本体交換やクリーニング際に別途料金かかったりなど、メンテナンスの料金体系はウォーターサーバーメーカーによってさまざまなので、しっかりとチェックしておきましょう。

その他料金

お金

出典:unsplash

水代やサーバーレンタル料などの毎月発生する費用のほかに、一時的にかかる費用もあります。

初期費用

初期費用は無料のことが多いですが、初回登録事務手数料やサーバー設置費用がかかる場合もあります。初回登録手数料は3,000円程度、サーバー設置費用は9,000円程度が相場です。

初期費用が無料の場合、サーバーの配送は玄関先までしてくれるものの、設置は自分で行わなければならないこともあります。

配送停止手数料

配送停止手数料は、定期配送を一時的にストップした際に発生する費用です。定期配送を1回ストップする場合は無料で、2ヶ月以上連続でストップすると1,000円前後の配送停止手数料がかかるケースが多いです。

基本的に水ボトルは、最初に指定した数量が定期配送される仕組みになっています。配送停止手数料は意外と見落としがちなので、どんな条件で発生するのかしっかりとチェックしておきましょう

しばらく水を注文しなかった場合、配送停止手数料が毎月かかるだけでなく、一定期間を過ぎると自動的に契約解除になることもあります。

解約料

ウォーターサーバーメーカーが定めている最低契約期間内に解約すると、解約料が発生します。解約料は10,000〜15,000円程度のことが多く、決して安い金額ではありません。

また、契約から解約までの期間に応じて解約料の金額が設定されていることもあり、その場合、早期に解約するほど解約料は高くなります。

ウォーターサーバーとペットボトルの料金比較

ウォーターサーバーと市販のペットボトルの水を購入するのとでは、どちらが安いのか気になる人もいるのではないでしょうか。そこで、ウォーターサーバーの500mlあたりの水代と、500mlのペットボトルの水代を比較してみました。

水の種類 500mlの水の料金
ウォーターサーバー(RO水) 56円程度
ウォーターサーバー(天然水) 87円程度
500mlのペットボトルの水 40〜110円程度

ペットボトルの水は、ネット通販などで一度にまとめて購入すれば40円程度で購入できることもあります。スーパーで購入した場合は70〜80円程度、コンビニにおいては100〜110円程度かかることも少なくありません。

一方、ウォーターサーバーの場合は、56〜87円程度です。水代以外に電気代やサーバーレンタル料などがかかることを考えると、ウォーターサーバーの方が割高になります。ただし、ウォーターサーバーには水を買いに行く手間がない、定期配送されるので水を切らす心配をしないで済むなどのメリットがあります

とにかく安さを重視したい場合はペットボトルの水が、多少割高になっても利便性も求めたい場合は、ウォーターサーバーが向いているといえるでしょう。

ウォーターサーバーの月額料金を抑えるには?

ウォーターサーバーの月額料金をできるだけ抑えたい場合は、以下を行うのがおすすめです。

ウォーターサーバーの月額料金を抑えるためのポイント
  • 注文ノルマがないサーバーを選ぶ
  • 省エネ機能搭載のサーバーを利用する
  • 自分に合った機能が付いているサーバーを利用する

注文ノルマがないサーバーを選ぶ

水

出典:unsplash

1〜2人暮らしで水の使用量がそこまで多くない場合は、水ボトルの注文ノルマがないサーバーを選ぶのも1つの選択肢です。

注文ノルマは12Lボトル×2本と設定されていることが多く、単純計算で最低でも1日800ml使用しないと水を消費できず余らせてしまいます。

注文ノルマをこなすために水を使用するようでは本末転倒で、水代が無駄にかかっていることになります。注文ノルマがなければ、水が少なくなったタイミングで注文できるので余計な水代が発生しません。

仕事で家を空けることが多い人も、注文ノルマがないサーバーを検討してみるとよいでしょう。

省エネ機能搭載のサーバーを利用する

省エネ機能が搭載されたウォーターサーバーを利用すれば、電気代が節約できます。主な省エネ機能は、スリープ機能エコ機能です。

スリープ機能は、光センサーが部屋の明暗を感知し、サーバーの使用が少ない夜間の時間帯に自動で温水のヒーターがオフになる仕組みになっています。エコ機能は、エコモードをオンにすると消費電力が抑えられる機能です。

省エネ機能付きで、かつレンタル料が無料のサーバーを選べば、より維持費用を抑えられます。

自分に合った機能が付いているサーバーを利用する

水を持っている人

出典:pixabay

ウォーターサーバーには、再加熱機能やクリーン機能、チャイルドロック機能、カフェ機能など、さまざまな機能が搭載された多機能サーバーもあります。多機能サーバーは便利で魅力的ですが、その分サーバーレンタル料が有料であることも少なくありません。

搭載機能の多さに比例してサーバーレンタル料は高くなる傾向にあるので、維持費用を抑えるには、用途やライフスタイルに合った機能が付いているサーバーを利用することが大切です。

月額料金が安いウォーターサーバーおすすめ3

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのおすすめポイント
  • 今なら新規申し込みで1ボトル(12L)無料でプレゼント※1
  • 乗り換えキャンペーンで最大16,500円のキャッシュバック!※2
  • 子育て応援プランで、基本プランより月間約1,000円お得に
  • 2019年から3年連続ウォーターサーバーシェア・顧客満足度No.1※3
  • ウォーターサーバーシェアNo.1※4
  • 2018年度グッドデザイン賞受賞5
  • アプリでいつでも簡単にお届け日を確認・変更可能

機能面だけでなくサーバーのデザインにもこだわりたいなら、プレミアムウォーターがおすすめです。有名ブランド「amadana」とコラボしたものや、グッドデザイン賞を受賞したものなど、サーバーの種類に富んでいます。

2022年モンドセレクションでは、優秀品質最高金賞・優秀品質金賞を受賞。※6 味・品質ともに高い評価を得ています。

プレミアムウォーターは、子育て応援プラン「MOM CLUB」も魅力です。妊婦さんや5歳以下の子どもがいる家庭が対象で、基本プランより月間約1,000円もお得に水を購入できます。

LINEや公式アプリで24時間いつでも簡単にお届け日を確認・変更ができて便利ですよ。
水の種類 天然水
水代 2,117円(税込)(12L)×2本
サーバーレンタル料  0円※7
配送料  0円※8
電気代 約500円〜※9
メンテナンス料 0円
月額料金 4,734円(税込)※10
※1  株式会社ゼロアクセル調べ・公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年9月4日まで)2022.7.27 ※2  株式会社ゼロアクセル調べ・公式サイト対象(キャンペーン終了時期:未定)2022.7.27 ※3 マイボイスコム調べ・利用経験者対象(2021年7月時点)2022.7.27 ※4 株式会社ゼロアクセル調べ・プレミアムウォーター公式サイト対象(日本流通産業新聞社調べ(2021年12月末時点)) 2022.7.27 ※5 公益財団法人日本デザイン振興会・ウォーターサーバー [YWS-001] | 受賞対象一覧 | Good Design Award 2022.7.27 ※6 Premium Water Fuji (7L) – 優秀品質金賞 モンドセレクション2022   2022.7.27 ※7 一部サーバーは、1,100円(税込)/ 月。 ※8 北海道・青森・秋田・岩手・沖縄は、220円(税込)/1セット。石垣・宮古島エリアの場合は、715円(税込)/1セット。 ※9 スリムサーバーIII (ロングタイプ)をエコモードで利用した場合。電気代は使用状況・サーバーの種類によって異なります。 ※10 水代2,117円(税込)(12L)x 2本 + レンタル料0円(スリムサーバーIIIを使用した場合) + 配送料0円(※8) + 電気代 500円(※9) + メンテナンス料= 4,734円(税込) サーバーの種類や居住エリア、使用頻度によって月額料金は異なります。

フレシャス

フレシャス
フレシャスのおすすめポイント
  • 今なら新規申し込みで、天然水1箱プレゼント※1
  • 他社からの乗り換えで最大16,500円キャッシュバック※2
  • コーヒー機能付きサーバーがある
  • 子育て応援プランで最大17,000円相当プレゼント※3
  • 全国送料無料!
  • グッドデザイン賞※4キッズデザイン賞※5W受賞
  • 軽量のためボトル交換が楽

小さなお子様がいる家庭に特におすすめなのが、フレシャスです。ウォーターサーバーのなかではめずらしく、グッドデザイン賞※4・キッズデザイン賞※5をW受賞しています。

チャイルドロックの搭載はもちろん、子どもの手が届かない位置に給水ボタンが配置されています。いたずらや火傷などに配慮した設計で、安心して利用できるでしょう。

他にも、毎年お子様の誕生月に水ボトル1本無料でプレゼントといったお得な子育て応援プランもあります。初回限定でストローカップや今治タオルがもらえるなど、お得なプレゼント情報があるので必見です。

全国送料無料なので、地方に住んでいる人でもコストを抑えて利用できますね。
水の種類 天然水
水代※6 FRECIOUS富士:1,155円(税込)(7.2L)× 4 
サーバーレンタル料  0円※7
配送料  0円
電気代 約330円~※8
メンテナンス料 0円
月額料金 4,950円(税込)※9
※1  株式会社ゼロアクセル調べ・フレシャス公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年7月31日まで)2022.7.27 ※2  株式会社ゼロアクセル調べ・フレシャス公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年7月31日まで)2022.7.27 ※3  株式会社ゼロアクセル調べ・フレシャス公式サイト対象(キャンペーン終了時期:未定)2022.7.27 ※4 公益財団法人日本デザイン振興会・ウォーターサーバー [FRECIOUS dewo フレシャス・デュオ] | 受賞対象一覧 | Good Design Award(2015年度) 2022.7.27 ※5 特定非営利活動法人キッズデザイン協議会・ウォーターサーバー FRECIOUS dewo bottle |  キッズデザイン賞 | キッズデザイン賞検索サイト(2018年度) 2022.7.27 ※6 水の種類・量によって料金は異なります。 ※7 一部サーバーは、条件付き無料。 ※8 フレシャス・デュオで、3つのエコ機能を使用した場合。 ※9 水代1,155円(税込・FRECIOUS富士)7.2L x 4本 + レンタル料0円(SIPHON+を使用した場合) + 配送料0円 + 電気代 330円(※8) + メンテナンス料0円 = 4,950円(税込) サーバーの種類や居住エリア、使用頻度によって月額料金は異なります。

コスモウォーター

コスモウォーター
コスモウォーターのおすすめポイント
  • 今なら新規申し込みで、抽選でギフト券最大50,000円分プレゼント※1
  • のりかえキャンペーンで現金5,000円キャッシュバック!※2
  • 2022年度モンドセレクションで最高金賞を受賞※3
  • 初期費用・サーバーレンタル料※60円で料金は水代のみ
  • ランニングコストNo.1※4
  • ユーザー継続率98.5%以上※5
  • 下置きタイプでボトル交換が簡単

コストを抑えて天然水を楽しみたいなら、コスモウォーターがおすすめです。コスモウォーターは、ランニングコストNo.1※4を誇るウォーターサーバーです。

初期費用・サーバーレンタル料※6・配送料※7・メンテナンス料はすべて0円。毎月かかる費用は水・電気代だけなので、無理なく続けやすいでしょう。

また、ランニングコストが抑えられるだけでなく、品質の高さも魅力です。2022年度モンドセレクションでは最高金賞を受賞しており、味・品質ともに高い評価を得ています。※3

今なら他社からの乗り換えで、申し込みした人全員に現金5,000円キャッシュバックを行なっていますよ。※2
水の種類 天然水
水代 2,052円(税込)(12L)× 2
サーバーレンタル料  0円※6
配送料 0円※7
電気代 約400円〜※8
メンテナンス料 0円
月額料金 4,504円(税込)
※ 株式会社ゼロアクセル調べ・コスモウォーター公式サイト対象(日本マーケティングリサーチ機構調べ(2021年11月実施))2022.7.27 ※1 株式会社ゼロアクセル調べ・コスモウォーター公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年7月31日まで) 2022.7.27 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・コスモウォーター公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年7月31日まで) 2022.7.27 ※3 日田の誉 - 優秀品質最高金賞 モンドセレクション 2022  2022.7.27 ※4 株式会社ゼロアクセル調べ・コスモウォーター公式サイト対象(日本マーケティングリサーチ機構調べ(2021年11月実施))2022.7.27 ※5 コスモウォーター公式サイト調べ(2018年実施) 2022.7.27 ※6 smartプラス(ウッド・ライトウッド)の場合のみ、初回に限定カラー料2,000円(税込2,200円)が別途かかります ※7 北海道にお届けの場合は、お水1本につき送料200円(税込216円)が別途かかります。 ※8 smartプラスの場合。また、お客様の使用状況により異なります。 ※9 水代2,052円(税込)12L x 2本 + レンタル代0円 +配送料0円(※7) + 電気代 400円(※8) + メンテナンス料0円= 4,504円(税込) サーバーの種類や居住エリア、使用頻度によって月額料金は異なります。

ウォーターサーバーの料金に関するよくある質問

ウォーターサーバーを使用するにあたり、料金面の疑問は解消しておきたいところです。そこでここでは、ウォーターサーバーの料金に関する、よくある質問をご紹介します。

毎月ウォーターサーバーにかかる料金はどれくらい?
月々にかかる料金は利用する人数によって変わってきますが、3,000〜5,000円程度が平均的です。具体的な費用は、水代・電気代・サーバーレンタル代・メンテナンス代です。水代はRO水か天然水かによって異なり、24Lで2,700〜4,200円程度かかります。電気代は、月に500〜1,000円程度が目安です。多くのウォーターサーバーは、サーバーレンタル料が無料ですが、機能が充実しているサーバーなどは、800〜1,000円程度のレンタル料がかかる傾向にあります。
コスパのいいおすすめのウォーターサーバーは?
コスパがいいおすすめのウォーターサーバーは、コスモウォーターです。サーバーレンタル料・配送料が無料で、月にかかる費用は水代のみです。サーバーには、清潔に保つ「クリーンエアシステム」が搭載されており、サーバー内の定期メンテナンスが不要なことからメンテナンス代も発生しません。初期費用もかからず、最低注文ノルマ(24L)の水代4,104円(税込)から始められます。
料金が安いウォーターサーバーの選び方は?
1ヵ月あたりの水代・サーバーレンタル代・配送料・メンテナンス代・電気代の総額を比較して選ぶようにしましょう。水の消費量が多い場合は、水代が安いウォーターサーバーや、定額制で水が使い放題の水道水浄水型ウォーターサーバーを選ぶのがおすすめです。また、省エネ機能が搭載されている機種を選べば、月々の電気代を節約しながら利用できます。
ウォーターサーバーはペットボトルの水と比較してお得?
ウォーターサーバーの水代(24L)を500mlに換算すると50〜80円程度です。コンビニのミネラルウォーター500mlは90〜110円程度なため、ウォーターサーバーのほうがお得になります。ネット通販などでペットボトルの水をまとめ買いする場合は、ペットボトルの水の方が安くなるかもしれません。ただし、ウォーターサーバーは、高品質なおいしい水が飲めるだけでなく、いつでも冷水と温水が使用できます。よって、コストだけを重視するのか、コストにプラスして利便性も重視するのかで、人によってどちらがお得なのかは変わってくるといえます。
ウォーターサーバーには契約期間・解約金がある?
ほとんどのウォーターサーバーには、契約期間と解約金が設けられています。契約期間は1〜3年程度、解約金は10,000〜20,000円程度のことが多いです。解約金は、契約期間内に解約した場合に発生します。ウォーターサーバーによっては、契約日から解約日までの期間に応じて解約金額が異なる場合もあります。
ウォーターサーバーは契約前にお試しできる?
無料お試しキャンペーンを実施している場合は、契約前にウォーターサーバーを試せます。お試し期間は1週間のことが多く、実際に使ってみることで、水の味や温度、水の消費量、使いやすさ、サーバーのサイズ感、動作音の大きさなどが確認できます。
ウォーターサーバーの設置費用はいくら?
宅配水型のウォーターサーバーは、設置費用がかからないケースが多いです。ただし、玄関先でサーバーを受け渡すのであれば無料、専任スタッフがサーバーの設置までを行う場合は、オプションサービスとして有料としているウォーターサーバーメーカーもあります。設置費用は、3,000円程度が平均的です。水道直結型のウォーターサーバーの場合は、取り付け工事をしなければならないため、9,000円程度の設置費用がかかります。
ウォーターサーバーは電気代が高いって本当?
省エネ機能がないウォーターサーバーの電気代は、月に1,000円程度です。ウォーターサーバーを使用しない時間帯に温水の温度が低めに保たれるエコ機能や、部屋が暗くなると自動で温水のヒーターが切れるスリープ機能などが付いていると、400〜700円程度に電気代を抑えられます。
ウォーターサーバーの定期メンテナンスは無料?
定期メンテナンス代は、無料のことが多いです。しかし、ウォーターサーバーによっては、定期メンテナンスや経年劣化によるサーバーの交換サービスなどが含まれた、サポート料が月々かかるケースもあります。
もし故障や不具合が起こったら、修理費用にはどれくらいかかる?
基本的に通常使用の範囲で故障や不具合が起こった際は、無償で対応してくれます。しかし、利用者の過失による故障や破損の場合は、修理にかかった費用を負担しなければならない場合があります。

まとめ

ウォーターサーバーにかかる毎月の費用は、水代だけでなくサーバーレンタル料や電気代などもあります。そのため、トータルでいくらかかるのかを想定し、無理のない範囲で使い続けられるサーバーを選ぶことが大切です。

維持費用をできるだけ抑えたい場合は、レンタル料無料や注文ノルマなしのサーバー、省エネ機能付きサーバーなどを検討するとよいでしょう。各ウォーターサーバーを比較し、コスパの良い理想の機種を選んでください。

(提供:ゼロアクセル)

参考サイト

【公式】サントリー天然水のウォーターサーバー 2022.5.20
https://www.suntoryws.com/
天然水ウォーターサーバーはプレミアムウォーター【公式】 2022.5.20
https://premium-water.net/


おすすめの記事