クリクラ
最終更新日

クリクラの口コミ・評判|サーバー4機種の特徴や料金プランを解説

(提供:ゼロアクセル)
*本記事は2022年6月3日時点の情報を掲載しています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、掲載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いします。

クリクラのウォーターサーバーの導入を検討している人のなかには、「どんな機種があるのか」「電気や水代など導入後はどのくらいの費用がかかるのか」と気になっている人もいるでしょう。

そこで本記事では、クリクラのウォーターサーバー4機種の特徴・料金プランについて詳しくご紹介していきます。利用するメリットやデメリットも解説しているので、口コミや評判を見て、クリクラを利用しようか迷っている人はぜひ参考にしてみてください。

記事の後半にはお得なキャンペーン情報をご紹介していますよ。

クリクラの基本情報

クリクラ

クリクラは、ウォーターサーバーの中でも知名度が高く、独自の製造システムにより品質の高い安心・安全な水を提供しています。

国際的な食品安全の認証規格「FSSC22000」を取得していることから、世界基準の安全性が認められています。

クリクラで扱っている水はRO水です。最先端技術のRO膜(逆浸透膜)によって原水に含まれる不純物や有害物質を除去し、ミネラル成分をバランスよく添加して飲みやすい味に仕上げています。

まろやかな口当たりの軟水で、そのまま飲んだりお茶やコーヒーを淹れる際に使うのはもちろんのこと、赤ちゃんのミルク作りや料理にも活用できますよ。

クリクラのサーバー4機種を紹介

クリクラには、4種類のサーバーがあります。それぞれのサーバーの特徴を理解しておきましょう。

クリクラサーバー

クリクラサーバー

クリクラサーバーのおすすめポイント
  • ゴミやホコリを徹底的に取り除く高性能フィルターを搭載
  • 床置き型と卓上型があり、スペースに応じて選択可能
  • チャイルドロック機能搭載で、小さな子どもがいる家庭でも安心

スタンダードタイプのクリクラサーバーは、HEPAフィルターと呼ばれる高性能フィルターが搭載されているのが特徴です。

HEPAフィルターによりゴミやホコリが徹底的に取り除かれるため、雑菌の繁殖を防いで使用できます。

サーバーは、床置き型とコンパクトサイズの卓上型があります。サーバーの設置スペースを確保するのが難しい人は、テーブルやキッチンカウンターの上などに置いて使用できる卓上型がおすすめです。

クリクラサーバーにはチャイルドロック機能が搭載されているため、小さな子どもがいる家庭でも安心でしょう。

チャイルドロック機能は温水のみに付いていますが、希望すれば冷水にも取り付けられます。
サイズ(cm) ・床置き型:幅30.5×奥行35×高さ99

・卓上型:幅27×奥行46×高さ51

重量 ・床置き型:約16kg

・卓上型:約15kg

クリクラFit

クリクラfit

クリクラFitのおすすめポイント
  • 横幅24.5cmのスリム設計
  • 水ボトルが見えないおしゃれなデザイン
  • 再加熱機能を搭載
  • 3段階に引き出し可能な水受けトレーを採用

クリクラFitは、機能性にもデザイン性にも優れたウォーターサーバーです。水ボトルが見えないスタイリッシュなデザインで、インテリアに馴染みやすいです。

横幅はわずか24.5cmで、ウォーターサーバーの中でも特にスリム設計なため、場所を取らずに使用できます。

再加熱機能搭載で、最短約3分で温水を90℃に上げられます。インスタントラーメンや味噌汁などもすぐに作れて便利でしょう。

また、引き出し式の水受けトレーになっているのも特徴です。用途に応じて3段階に引き出せて、奥行きを調節できるので小鍋などもトレーに置いて給水できます。

衛生的に使用できるよう、ボトルの差し込み口には抗菌加工が施されていますよ。
サイズ(cm) 幅24.5×奥行38.3×高さ98.7
重量 約15〜16kg

クリクラ省エネサーバー

クリクラ省エネサーバー

クリクラ省エネサーバーのおすすめポイント
  • 熱効率が良いシーズヒーター採用により電気代を節約できる
  • 床置き型と卓上型の2種類を展開
  • 水受けトレーのカラーを選べる

コストをできるだけ抑えてウォーターサーバーを使用したい人には、クリクラ省エネサーバーがおすすめです。

熱効率が良いシーズヒーターを採用することで、従来のクリクラサーバーと比べて最大で約半分もの電気代を抑えることを実現しています。

クリクラ省エネサーバーも、床置き型卓上型の2種類があります。水受けトレーは、ブルー・グリーン・ペールピンクの全3種類から好きな色を選べます。

一般的に1ヵ月にかかるウォーターサーバーの電気代は1,000円程度です。しかし、クリクラ省エネサーバーの場合は約756円と割安になっていますよ。
サイズ(cm) ・床置き型:幅28.7×奥行35.7×高さ99.3

・卓上型:幅27×奥行45.2×高さ53.8

重量 ・床置き型:約16kg

・卓上型:約15kg

マルチサーバー クリクラShuwa

マルチサーバー クリクラShuwa

マルチサーバー クリクラShuwaのおすすめポイント
  • ボタン1つで強炭酸水が作れる
  • UV殺菌機能を搭載
  • 子どもが容易に解除できない設計のチャイルドロック機能付き

マルチサーバー クリクラShuwaは、冷水と温水だけでなく強炭酸水も飲めるウォーターサーバーです。

ボタン1つで簡単に強炭酸水を注水できることから、作れる飲み物やお酒の幅が広がります。

冷水の給水時にUV殺菌をするUV殺菌機能付きで、衛生的な水をいつでも飲むことが可能です。

また、子どものいたずらを防止するチャイルドロック機能も付いています。小さな子どもがいる家庭でも安心して利用できるでしょう。

90℃以上のお湯が利用できる再加熱機能も搭載されており、多機能サーバーを使用したい人に一押しですよ。
サイズ(cm) 幅32.6×奥行43.7×高さ103.4
重量 約34kg

クリクラの料金プラン

クリクラには、通常の料金プランのほかに、子育て家庭に嬉しいお得なプランもあります。料金プランについて詳しく見ていきましょう。

通常の料金プラン

電卓

出典:unsplash

クリクラの通常料金プランは、以下のとおりです。

クリクラサーバー クリクラFit クリクラ省エネサーバー マルチサーバー クリクラShuwa
初回費用 無料 ・2,200円(税込)

・再加熱機能付き:4,400円(税込)

※カバーありの場合は別途1,320円(税込)

7,700円(税込) 無料
水の料金 ・12L/本:1,460円(税込)

・5.8L/本:860円(税込)

・12L/本:1,460円(税込)

・5.8L/本:860円(税込)

・12L/本:1,460円(税込)

・5.8L/本:860円(税込)

・12L/本:1,460円(税込)

・5.8L/本:860円(税込)

サーバーレンタル料 無料 無料 無料 2,200円(税込)
配送料 無料 無料 無料 無料
あんしんサポートパック料 460円(税込) 460円(税込) 460円(税込) 無料

※サーバーレンタル料に含む

あんしんサポートパック料には、専任スタッフによる対応・年に一度のサーバーメンテナンス・故障時の無償対応・チャイルドロックの仕様変更などが含まれています

マルチサーバー クリクラShuwaは、炭酸カートリッジ代3,850円(税込)/5本もかかりますよ。

クリクラSMILEベビープラン

クリクラSMILEベビープランは、妊婦中から1歳未満の子どもがいる家庭が加入できるプランです。クリクラSMILEベビープランでは、下記が全て0円になります。

  • ボトル3本(12L)
  • サーバーレンタル料
  • 入会金
  • 宅配料

ただし、クリクラFitはエリアによって取り扱いのない場合があるので注意が必要です。

※クリクラFitは初回2,200円(税込)がかかります。カバーは別料金1,320円(税込)となります。

クリクラSMILEキッズプラン

クリクラSMILEキッズプランは、妊婦さんや7歳未満の子どもがいる家庭が加入できるプランです。初月は水ボトル(12L)1本分の料金で3本が届くので、かなりお得です。さらに、初月はあんしんサポートパック料がかかりません。

また、年1回のメンテナンス時には、12Lの水ボトルを4本もらえます。毎年水ボトル4本もらえるため、水代の節約につながります。

クリクラのメリット

クリクラを使用するメリットには、以下が挙げられます。

コストを抑えて使用できる

お金

出典:pixabay

天然水を使用するウォーバーサーバーの場合、水代が12L/本あたり2,000円程度します。一方、クリクラでは12L/本あたり1,460円(税込)とリーズナブルな価格のRO水を扱っているため、水代を抑えられます。

また、初期費用やサーバーレンタル料が無料のサーバーもあり、使い続けやすいのが魅力です。

毎月あんしんサポート料がかかりますが、故障があった際に別途修理代が発生するようなことはありません。余計な支出を心配する必要がないのも嬉しいところです。

無料でお試しできる

クリクラには、サーバーを無料で1週間お試し利用できるシステムがあります。

実際に使って水の味や使いやすさ、サイズ感などをチェックした上で契約できるのは大きなメリットです。

1週間のお試し期間中は、12Lの水ボトルが1本無料で利用できます。契約してから後悔しないために、無料お試しは有効活用するとよいでしょう。

実際にウォーターサーバーを使ってみて、イメージとの相違点が見つかることも少なくありませんよ。

クリクラのデメリット

人によってはクリクラのウォーターサーバーに、以下のようなデメリットを感じるかもしれません。

ボトルの交換が大変

水出典:pixabay

クリクラのウォーターサーバーは、サーバーの上部にボトルをセットする設計になっています。重たい水ボトルを持ち上げて交換しなければならないため、人によってはボトル交換が大変に感じるかもしれません

ボトル交換の負担を軽減するために、5.8Lの水ボトルを使用するのも選択肢の1つです。ただし、12Lの水ボトルよりも料金は割高になってしまいます。

空ボトルの保管に場所を取る

水ボトルは、1回使い捨てタイプの「ワンウェイボトル」と、ウォーターサーバーメーカーが回収して再利用する「リターナブルボトル」があります。

クリクラで採用しているのはリターナブルボトルで、空になったボトルは専任スタッフが回収にくるまで保管しておかなければなりません。

水の使用量が多いほど空ボトルの保管場所が必要になるので、邪魔に感じてしまうことが考えられますよ。

クリクラのキャンペーン情報

クリクラのウォーターサーバーを利用するなら、お得なキャンペーン情報についても知っておきましょう。クリクラでは、現在お得なキャンペーンを実施しています。(2022年6月3日時点)

新規申し込みキャンペーン

プレゼント出典:unsplash

クリクラでは新規申し込みで、12Lの水ボトル1本Quoカード3,000円分プレゼントのキャンペーンを実施しています。

サーバーレンタル料・入会金・宅配料0円で気軽に始めやすいといえるでしょう。

※株式会社ゼロアクセル調べ・クリクラ公式サイト対象(キャンペーン終了時期:未定)・2022.6.3

乗り換えキャンペーン

クリクラでは、乗り換えキャンペーンも実施しています。他社からの乗り換えによる新規申し込みで、12Lの水ボトルを12本、総額17,520円(税込)分プレゼントしています。

ただし、乗り換えキャンペーン適用には、乗り換え前のウォーターサーバーの利用状況が分かる書類が必要です。解約時には、解約証明書や利用証明書を必ずもらっておきましょう。

新規申し込みキャンペーンと同様に、サーバーレンタル料・入会金・宅配料0円で始められますよ。
※株式会社ゼロアクセル調べ・クリクラ公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年6月30日まで)・2022.6.3
※マルチサーバー クリクラShuwaはレンタル料がかかります。

クリクラの申し込み手順

クリクラの申し込みの流れは、以下となります。

クリクラの申し込み手順

手順1|公式サイトから必要事項を記入して申し込む

手順2|実際に1週間無料で利用する

手順3|継続するかどうかを伝える

手順1|公式サイトから必要事項を記入して申し込む

PCを使用している女性出典:pixabay

クリクラ公式サイトの申し込みページにアクセスし、氏名や住所、連絡先などの必要事項を記入して送信します。

電話やFAXからでも申し込み可能ですよ。

手順2|実際に1週間無料で利用する

クリクラでは1週間の無料お試し期間を経て、継続使用するかどうかを決めるシステムになっています。申し込みが完了すると、担当者からサーバーの設置日をいつにするかの連絡がくるので、都合のよい日を伝えましょう。

手順3|継続するかどうかを伝える

1週間の使用後に継続する場合は、本契約となります。継続しない場合は、専任スタッフがサーバーを回収してくれます。

まとめ

本記事では、クリクラのウォーターサーバー4機種の特徴・料金プランについて詳しくご紹介しました。クリクラは水の価格がリーズナブル、子育て中のママ・パパに嬉しいお得な料金プランがあるなど、使い続けやすい要素が揃っているのが魅力です。また、サーバーの種類が多いため、自分に合った機種を選びやすいでしょう。

今なら新規申し込み・乗り換え対象者にお得なキャンペーンを実施しているので、ぜひこの機会に導入してみてはいかがでしょうか。ぜひこの記事を参考に、自分に合った1台を選んでください。

(提供:ゼロアクセル)

参考サイト

ウォーターサーバー・宅配水はクリクラ 天然水ではないROミネラル水 2022.6.3
https://www.crecla.jp/
宅配水業界最速生産・日本最大のクリクラ本庄工場がFSSC22000(食品安全)認証を取得 – 株式会社ナックのプレスリリース 2022.6.3
https://www.value-press.com/pressrelease/164818


メーカーの関連記事
おすすめの記事