ウォーターサーバーいらない
最終更新日

ウォーターサーバーはいらない・意味ない?その理由とは?

(提供:ゼロアクセル)
*本記事は2022年7月26日時点の情報を掲載しています。そのため、記事を閲覧いただく時期によっては、掲載内容が実際の内容と異なる場合がございます。あらかじめご了承いただけますようお願いします。

自宅でおいしいお水がいつでも気軽に飲めるウォーターサーバー。しかし中には、「ウォーターサーバーはいらない・意味がない」などネガティブな意見を持っている人もいるでしょう。

ウォーターサーバーを導入する際にはコストがかかります。利用を開始して後悔しないためにも、どんな人がウォーターサーバーをいらない・意味ないと考えているのか知ることは大切です。

そこで本記事では、ウォーターサーバーが「いらない」「意味ない」と考えるのはどんな人なのか紹介します。本記事の項目をよく確認し、自分はウォーターサーバーがいるのか、必要性があるのかをぜひ確認してください。

ウォーターサーバーがいらない・意味ないと考える理由は?

そもそもウォーターサーバーがいらない・意味ないと考える人たちにはどんな理由があるのでしょうか。ウォーターサーバーを導入すべきか悩んでいる人もしっかり把握しておきましょう。

ウォーターサーバーがいらない・意味ないと考える理由
  1. 水道の水で満足しているから
  2. ペットボトルの水を購入するのを苦と感じていないから
  3. そもそも水の消費量が少ないから
  4. 水を沸かすのが面倒ではないから

1.水道の水で満足しているから

水道水出典:Pixabay

ウォーターサーバーの水は、一般家庭の水道水と比べると品質や味は高いといえますが、それに応じて水の価格も高く設定されていることが多いです。そのため水道水で満足している人には、ウォーターサーバーは必要がないものといえるかも知れません。

水道水で十分な人はウォーターサーバーのメリットはあまりないかも知れません。

2.ペットボトルの水を購入するのを苦と感じていないから

家庭の水にペットボトルのミネラルウォーターを使用している人も多くいます。ペットボトルはウォーターサーバーを契約するより安く水を購入でき、ランニングコストも抑えることができます。

ただし、水を自宅まで運ばなくてはいけない点や、買ってきたペットボトルを自宅で保管するスペースが必要になる点などのデメリットがあります。

反対に、上記の2点のデメリットが全く苦ではないと感じる人は、ウォーターサーバーの必要性がないともいえます。ウォーターサーバーの水はペットボトルの水と比べると少し高いです。ペットボトルで水を購入するのが面倒だという人のためのサービスといえるでしょう。

ペットボトルで水を購入するとゴミの量も増えてしまいますよね。

3.そもそも水の消費量が少ないから

ペットボトルの中の水出典:Pixabay

ウォーターサーバーのメーカーには、毎月の水の購入ノルマを設定している場合が多く見受けられます。契約をしても毎月の水の消費量が少ない人は、水の消費がノルマに追いつかなくなり、毎月の購入ノルマが負担になってしまいます。

そのため、水の消費量が少ない人にはウォーターサーバーはあまり向いていないといえるでしょう。特に一人暮らしの人は水の消費が追いつかず、毎月の水が貯まってしまう人が多くいます。

一人暮らしでウォーターサーバーの契約をしたい人は特に注意しましょう。

水の購入ノルマはメーカーによってさまざまです。必ず確認するようにしましょう。

4.水を沸かすのが面倒ではないから

お湯を沸かしているところ出典:Pixabay

ウォーターサーバーのメリットとして、お湯をすぐに利用できる点があります。しかし、お湯を沸かすポットなどがすでに家庭にある場合、高いお金を出してまでウォーターサーバーを契約する必要がないともいえます。

ポットなどでお湯を沸かして、お茶やコーヒーを淹れることを面倒だと感じていない人は、ウォーターサーバーを導入してもあまり大きなメリットがないかもしれません。

家庭にポットやケトルなどがあればお湯はすぐに沸かすことができますよね。

ウォーターサーバーの利用がおすすめな人

ここからは、ウォーターサーバーの利用がおすすめな人の特徴を紹介していきます。以下の項目に当てはまる場合は、ウォーターサーバーの導入を前向きに考えてみてもよいでしょう。

ウォーターサーバーの利用がおすすめな人
  1. 赤ちゃんのミルクを作る人
  2. コーヒーやお茶を自宅でよく飲む人
  3. ミネラルウォーターの購入頻度が多い人
  4. ペットボトルのゴミを出すのが面倒な人

1.赤ちゃんのミルクを作る人

ミルク出典:Pixabay

ウォーターサーバーは、80℃以上のお湯の給湯をすることができるものがほとんどです。そのため、赤ちゃんのいる家庭では、ミルクを作るときにかなり役に立ちます。

赤ちゃんのミルクは粉ミルク内の菌の殺菌のためもあり、70℃以上のお湯で作ることが推奨されています。

通常70℃以上のお湯を作るには、ポットやヤカンなどでお湯を沸かしてから、赤ちゃんの飲むことのできる温度まで冷ますことが必要です。ミルクを作ろうと思ってから20分以上の時間がかかる場合がほとんどだといえます。

ウォーターサーバーの給湯機能温度調整機能を使うと、すぐにちょうどいい温度のお湯を出水可能。ミルクを作る時間の短縮になります。赤ちゃんのいる家庭ではぜひ、ウォーターサーバーの導入を考えてみましょう。

ウォーターサーバーを選ぶときは、赤ちゃんの体に負担の少ない軟水のものを選ぶようにしましょう。

2.コーヒーやお茶を自宅でよく飲む人

コーヒーを飲む女性出典:Pixabay

上記のポイントにも似ていますが、ウォーターサーバーは、お湯を作り、出水することができるものがほとんどなため、暖かいお茶やコーヒーを淹れることができます。

朝にコーヒーをよく飲むけど、毎回お湯を沸かすのが面倒だと感じている人は、ウォーターサーバーを導入がおすすめ。ウォーターサーバーでコーヒーを作るようにすると、忙しい朝の時間時短にもつながるかも知れません。

ウォーターサーバーの中には、コーヒーメーカーと一体化した機種もありますよ。

3.ミネラルウォーターの購入頻度が多い人

ミネラルウォーターをペットボトルで購入、消費量が多い人はウォーターサーバーを契約するほうがおすすめです。

店舗でペットボトルの水を購入すると2〜3Lのペットボトルを自宅へ運ばなくてはいけません。しかしウォーターサーバーなら、ネットから注文もすぐにでき、自宅まで水を届けてくれます。

特に家族や2人以上でペットボトルの水を消費している場合は、ウォーターサーバーを契約したほうが運ぶ手間も省けるため良いでしょう。

注文もネットで簡単にでき、配送もすぐ来るため、水の購入は楽になりますね。

4.ペットボトルのゴミを出すのが面倒な人

大量のペットボトル出典:Pixabay

ペットボトルで水を購入する場合は、ペットボトルのゴミについても考えなくてはいけません。反対にウォーターサーバーは水ボトルが大きいため、契約することでペットボトルのゴミを減らすことができます。

ペットボトルの大きさは大きいもので2L、ウォーターサーバーの水ボトルは大体7L〜12Lほど。ペットボトルで換算すると3〜6本ほどです。

また、ウォーターサーバーの水ボトルは使い捨てタイプのワンウェイボトルと使い終わったボトルを業者に返却するリターナブルタイプがあります。リターナブルタイプのものは、ゴミが出ないため、ゴミを減らしたい人は、おすすめです。

ゴミを出さないのは家庭だけじゃなく、地球にも優しいですね。

ウォーターサーバーは一人暮らしや高齢者だけの家庭にも必要?

水の使用量がそこまで多くない1人暮らしや高齢者だけの家庭の場合、「ウォーターサーバーは必要ないのでは?」と思うかもしれません。しかし、利用人数を問わずウォーターサーバーを利用することには、以下のようなメリットがあります。

ウォーターサーバーを利用するメリット
  • 習慣的に水分補給するようになる
  • 時短につながる
  • ペットボトルのゴミが減る
  • 災害時の備蓄水になる

習慣的に水分補給するようになる

水

出典:pixabay

ウォーターサーバーがリビングや寝室にあれば、わざわざキッチンまで行かなくてもその場で水を飲めます。そのため、水分補給をする習慣が自然とつくようになることも少なくありません。

ウォーターサーバーがあることで水を飲む習慣ができれば、脱水状態になるのを予防できます

特に高齢者は、水を飲むことを習慣化しておきたいところです。高齢になると水分を蓄えるための筋肉量が減ることで、体内の水分量が減少します。加えて、喉の渇きが感じにくく、水分の補給が不足しがちです。

ウォーターサーバーがあれば白湯も簡単に作れるため、健康や美容のために白湯を飲む習慣をつけたい人にもおすすめですよ。

時短につながる

ウォーターサーバーがあれば、コーヒーやお茶などを飲みたいときに水を沸かす必要がないため、時短につながります

また、インスタントラーメンやカップスープなどでサッと食事を済ませたいときも、ボタンを押して温水を注ぐだけでよく、短時間で準備できます。

温水だけでなく5〜10℃前後の冷水もすぐに出るので、冷茶なども短時間で出来上がりますよ。

ペットボトルのゴミが減る

ペットボトルの水

出典:pixabay

市販の水を日常的に購入していると、ペットボトルのゴミが増えてかさばってしまうことも少なくありません。

一般的にウォーターサーバーでは、12Lの大容量の水ボトルが使用されているため、ペットボトルのゴミが減ります。

さらに、空になったボトルを洗浄して再利用する”リターナブルボトル”を採用したウォーターサーバーを使用した場合は、水ボトル自体もゴミになりません。

近年、プラスチックゴミの自然環境に及ぼす影響について懸念されています。環境配慮の観点からもウォーターサーバーの利用はおすすめです。

災害時の備蓄水になる

備蓄水としても活用できるウォーターサーバーもあるので、防災対策をしながら使用できます

ウォーターサーバーは、「1回の注文は◯本以上から」といったように注文単位が決められていることがほとんどです。そのため、常にボトルのストックがある状態になるので、断水をしても水を確保できます。

また、レバー式などの電力を使用しないで給水できるウォーターサーバーの場合は、停電時でも使用可能。いざというときでも安心です。

水ボトルを古い順から使用し、定期配送によってストックが補充されていくことで、賞味期限が切れてしまうことなく水を備蓄できます。

ウォーターサーバーおすすめ3選

プレミアムウォーター

プレミアムウォーター
プレミアムウォーターのおすすめポイント
  • 今なら新規申し込みで1ボトル(12L)無料でプレゼント※1
  • 乗り換えキャンペーンで最大16,500円のキャッシュバック!※2
  • 子育て応援プランで、基本プランより月間約1,000円お得に
  • 2019年から3年連続ウォーターサーバーシェア・顧客満足度No.1※3
  • ウォーターサーバーシェアNo.1※4
  • 2018年度グッドデザイン賞受賞5
  • アプリでいつでも簡単にお届け日を確認・変更可能

機能面だけでなくサーバーのデザインにもこだわりたいなら、プレミアムウォーターがおすすめです。有名ブランド「amadana」とコラボしたものや、グッドデザイン賞を受賞したものなど、サーバーの種類に富んでいます。

2022年モンドセレクションでは、優秀品質最高金賞・優秀品質金賞を受賞。※6 味・品質ともに高い評価を得ています。

プレミアムウォーターは、子育て応援プラン「MOM CLUB」も魅力です。妊婦さんや5歳以下の子どもがいる家庭が対象で、基本プランより月間約1,000円もお得に水を購入できます。

LINEや公式アプリで24時間いつでも簡単にお届け日を確認・変更ができて便利ですよ。
水の種類 天然水
水代 2,117円(税込)(12L)×2本
サーバーレンタル料  0円※7
配送料  0円※8
電気代 約500円〜※9
メンテナンス料 0円
月額料金 4,734円(税込)※10
※1  株式会社ゼロアクセル調べ・公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年9月4日まで)2022.7.27 ※2  株式会社ゼロアクセル調べ・公式サイト対象(キャンペーン終了時期:未定)2022.7.27 ※3 マイボイスコム調べ・利用経験者対象(2021年7月時点)2022.7.27 ※4 株式会社ゼロアクセル調べ・プレミアムウォーター公式サイト対象(日本流通産業新聞社調べ(2021年12月末時点)) 2022.7.27 ※5 公益財団法人日本デザイン振興会・ウォーターサーバー [YWS-001] | 受賞対象一覧 | Good Design Award 2022.7.27 ※6 Premium Water Fuji (7L) – 優秀品質金賞 モンドセレクション2022   2022.7.27 ※7 一部サーバーは、1,100円(税込)/ 月。 ※8 北海道・青森・秋田・岩手・沖縄は、220円(税込)/1セット。石垣・宮古島エリアの場合は、715円(税込)/1セット。 ※9 スリムサーバーIII (ロングタイプ)をエコモードで利用した場合。電気代は使用状況・サーバーの種類によって異なります。 ※10 水代2,117円(税込)(12L)x 2本 + レンタル料0円(スリムサーバーIIIを使用した場合) + 配送料0円(※8) + 電気代 500円(※9) + メンテナンス料= 4,734円(税込) サーバーの種類や居住エリア、使用頻度によって月額料金は異なります。

フレシャス

フレシャス
フレシャスのおすすめポイント
  • 今なら新規申し込みで、天然水1箱プレゼント※1
  • 他社からの乗り換えで最大16,500円キャッシュバック※2
  • コーヒー機能付きサーバーがある
  • 子育て応援プランで最大17,000円相当プレゼント※3
  • 全国送料無料!
  • グッドデザイン賞※4キッズデザイン賞※5W受賞
  • 軽量のためボトル交換が楽

小さなお子様がいる家庭に特におすすめなのが、フレシャスです。ウォーターサーバーのなかではめずらしく、グッドデザイン賞※4・キッズデザイン賞※5をW受賞しています。

チャイルドロックの搭載はもちろん、子どもの手が届かない位置に給水ボタンが配置されています。いたずらや火傷などに配慮した設計で、安心して利用できるでしょう。

他にも、毎年お子様の誕生月に水ボトル1本無料でプレゼントといったお得な子育て応援プランもあります。初回限定でストローカップや今治タオルがもらえるなど、お得なプレゼント情報があるので必見です。

全国送料無料なので、地方に住んでいる人でもコストを抑えて利用できますね。
水の種類 天然水
水代※6 FRECIOUS富士:1,155円(税込)(7.2L)× 4 
サーバーレンタル料  0円※7
配送料  0円
電気代 約330円~※8
メンテナンス料 0円
月額料金 4,950円(税込)※9
※1  株式会社ゼロアクセル調べ・フレシャス公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年7月31日まで)2022.7.27 ※2  株式会社ゼロアクセル調べ・フレシャス公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年7月31日まで)2022.7.27 ※3  株式会社ゼロアクセル調べ・フレシャス公式サイト対象(キャンペーン終了時期:未定)2022.7.27 ※4 公益財団法人日本デザイン振興会・ウォーターサーバー [FRECIOUS dewo フレシャス・デュオ] | 受賞対象一覧 | Good Design Award(2015年度) 2022.7.27 ※5 特定非営利活動法人キッズデザイン協議会・ウォーターサーバー FRECIOUS dewo bottle |  キッズデザイン賞 | キッズデザイン賞検索サイト(2018年度) 2022.7.27 ※6 水の種類・量によって料金は異なります。 ※7 一部サーバーは、条件付き無料。 ※8 フレシャス・デュオで、3つのエコ機能を使用した場合。 ※9 水代1,155円(税込・FRECIOUS富士)7.2L x 4本 + レンタル料0円(SIPHON+を使用した場合) + 配送料0円 + 電気代 330円(※8) + メンテナンス料0円 = 4,950円(税込) サーバーの種類や居住エリア、使用頻度によって月額料金は異なります。

コスモウォーター

コスモウォーター
コスモウォーターのおすすめポイント
  • 今なら新規申し込みで、抽選でギフト券最大50,000円分プレゼント※1
  • のりかえキャンペーンで現金5,000円キャッシュバック!※2
  • 2022年度モンドセレクションで最高金賞を受賞※3
  • 初期費用・サーバーレンタル料※60円で料金は水代のみ
  • ランニングコストNo.1※4
  • ユーザー継続率98.5%以上※5
  • 下置きタイプでボトル交換が簡単

コストを抑えて天然水を楽しみたいなら、コスモウォーターがおすすめです。コスモウォーターは、ランニングコストNo.1※4を誇るウォーターサーバーです。

初期費用・サーバーレンタル料※6・配送料※7・メンテナンス料はすべて0円。毎月かかる費用は水・電気代だけなので、無理なく続けやすいでしょう。

また、ランニングコストが抑えられるだけでなく、品質の高さも魅力です。2022年度モンドセレクションでは最高金賞を受賞しており、味・品質ともに高い評価を得ています。※3

今なら他社からの乗り換えで、申し込みした人全員に現金5,000円キャッシュバックを行なっていますよ。※2
水の種類 天然水
水代 2,052円(税込)(12L)× 2
サーバーレンタル料  0円※6
配送料 0円※7
電気代 約400円〜※8
メンテナンス料 0円
月額料金 4,504円(税込)
※ 株式会社ゼロアクセル調べ・コスモウォーター公式サイト対象(日本マーケティングリサーチ機構調べ(2021年11月実施))2022.7.27 ※1 株式会社ゼロアクセル調べ・コスモウォーター公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年7月31日まで) 2022.7.27 ※2 株式会社ゼロアクセル調べ・コスモウォーター公式サイト対象(キャンペーン終了時期:2022年7月31日まで) 2022.7.27 ※3 日田の誉 - 優秀品質最高金賞 モンドセレクション 2022  2022.7.27 ※4 株式会社ゼロアクセル調べ・コスモウォーター公式サイト対象(日本マーケティングリサーチ機構調べ(2021年11月実施))2022.7.27 ※5 コスモウォーター公式サイト調べ(2018年実施) 2022.7.27 ※6 smartプラス(ウッド・ライトウッド)の場合のみ、初回に限定カラー料2,000円(税込2,200円)が別途かかります ※7 北海道にお届けの場合は、お水1本につき送料200円(税込216円)が別途かかります。 ※8 smartプラスの場合。また、お客様の使用状況により異なります。 ※9 水代2,052円(税込)12L x 2本 + レンタル代0円 +配送料0円(※7) + 電気代 400円(※8) + メンテナンス料0円= 4,504円(税込) サーバーの種類や居住エリア、使用頻度によって月額料金は異なります。

 

ウォーターサーバーに関するよくある質問

ウォーターサーバーに関する、よくある質問をまとめました。それぞれの疑問について見ていきましょう。

ウォーターサーバーは日本でいらない?
日本の水道水は、厚生労働省が定めた水質基準を満たしており、世界的に見ても衛生的といわれています。水道水の品質や味でも十分という人にとっては、ウォーターサーバーの必要性は感じられないでしょう。一方、カルキ臭や水道管のサビが混入していないかなどが気になる人や、極力不純物が含まれていない水を赤ちゃんや子どもに飲ませたいといった人は、ウォーターサーバーの利用が向いています。
ウォーターサーバーが必要な家庭は?
水道水の臭いが気になる、水のまとめ買いの負担を減らしたい、消化機能が未発達な赤ちゃんがいる、水を沸かす頻度が高いなどの家庭は、ウォーターサーバーがあると便利です。ウォーターサーバーの天然水やRO水は、ミネラル含有量が少ない軟水が多いため、赤ちゃんのミルクや離乳食作りに適しています。
一人暮らしにウォーターサーバーはいらない?必要性は?
多くのウォーターサーバーメーカーは、水ボトルの注文ノルマを設けています。ノルマは、1回の注文で24L以上となっていることが多いです。そのため、家にいる時間が少なく、水の消費量が少ない1人暮らしの人の場合は、水が余ってしまう可能性があるので、ウォーターサーバーの必要性は低いといえます。逆に、家にいる時間が長く、コーヒーやお茶などをよく飲む人や、自炊に力を入れており料理にもおいしい水を使用したい人などは、1人暮らしでもウォーターサーバーを有効活用できるでしょう。
おすすめのウォーターサーバーはどれ?
おすすめのウォーターサーバーは、サーバーのラインナップな豊富なフレシャスです。フレシャスには、サーバーレンタル料無料のシンプルな機能のスタンダードタイプから、デザイン性と機能性を兼ね備えたグッドデザイン賞受賞の機種やコーヒーマシン一体型サーバーまで幅広く展開。用途に応じて選びやすいのが魅力です。
ウォーターサーバーのメリットは?
ウォーターサーバーのメリットは、冷水と温水がいつでも使用できる、高品質なおいしい水で飲み物や料理を作れる、防災対策も兼ねて使用できる、水の購入や持ち運びの手間がかからない、などが挙げられます。水道水浄水型ウォーターサーバーにおいては定額制なため、水代を気にすることなく使用できるのが大きなメリットです。
ウォーターサーバーにかかる月額料金は?
月額料金は、水代・サーバーレンタル代・配送料・メンテナンス代・電気代です。これらの費用の中でどのウォーターサーバーを使用しても毎月必ず発生する料金は、水代と電気代。水代(24L)は2,700〜4,200円程度、電気代は500〜1,000円程度です。配送料は、沖縄や離島などの一部のエリア以外は、無料のことが多いです。サーバーレンタル料は無料〜1,000円程度と幅があり、多機能なサーバーは有料の傾向にあります。メンテナンス代も無料のことが多いですが、月に500〜2,000円程度のサポート料がかかるウォーターサーバーも存在します。
自分に合ったウォーターサーバーの選び方は?
ウォーターサーバーの機能は、省エネ機能や再加熱機能、チャイルドロック機能などさまざまで、搭載されている機能数は機種によって異なります。そのため、用途やライフスタイルに合った機能が搭載されているウォーターサーバーを選びましょう。また、ボトル交換のしやすさや部屋のスペースを圧迫しないサイズ感かなども重要なポイントです。力があまりない場合は、ボトル下置き型のサーバーがおすすめ。部屋が狭い場合は卓上型が向いています。
ウォーターサーバーは毎月必要な分だけ頼める?
注文ノルマがないウォーターサーバーであれば、好きなタイミングで注文できます。しかし、毎月必要な分だけ注文するのは、難しいといえるでしょう。注文ノルマがなくても、1回あたりの注文での最低本数が決まっている場合がほとんどだからです。また、毎月注文しなくてよいものの、直近数ヵ月間に決められた本数を注文しないと手数料が発生するルールになっている場合もあります。
ウォーターサーバーの水が足りなかったときは追加で頼める?
定期配送以外に追加注文することは可能です。基本的に、公式サイトの追加注文フォームから申し込めるようになっています。
次の配送までに水を飲みきれなかった場合は?
水が余ってしまった際は、翌月の配送をスキップできます。配送スキップは無料でできますが、2ヵ月連続でスキップすると、一時休止手数料として800円程度かかることが多いです。

まとめ

本記事では、ウォーターサーバーがいらない・意味ないといわれる理由について解説しました。ウォーターサーバーは便利なサービスですが、ミネラルウォーターを買いに行ったり水を沸かしたりするのが面倒でない人にとってはあまり必要ではないといえます。一方で、仕事や子育てで忙しく、少しでも時間を節約したいと考えている人にとってはメリットが大きい商品でしょう。

ウォーターサーバー選びに迷っている人は、ぜひ本記事でご紹介したウォーターサーバーを検討してみてください。ウォーターサーバーのなかには、契約前に無料でお試しできるものもあるので、気になる人は実際に1度利用してみるのがおすすめです。

(提供:ゼロアクセル)

参考サイト


ノウハウの関連記事
おすすめの記事